2019年9月22日 (日)

GOYA METER ついに20点!

32節終了時点
14勝5分13敗
勝ち点47で11位
6位大宮とは7点差

昨シーズン(2018年)のJ2を振り返ると、6位だった東京Vの勝ち点は「71」
これをクリアするためにはあと24点。残り試合で「8勝」または「7勝3分」が必要となる。
「8つも勝たなければならない」と思うときついが「まだ2つ負けられる」という考え方もできる。


2019年9月21日(土)33節 18:03
V・ファーレン長崎-京都サンガF.C.
トラスタ

7月7日、西京極で対戦した21節は、前半10分、徳永がオウンゴール。0-1の惜敗だった。

<スタメン>
GK 富澤
DF 亀川 徳永 角田 香川
MF 大竹 カイオ 秋野 澤田
FW 呉屋 玉田

<ベンチ>
GK 鈴木
MF 翁長 吉岡 島田 黒木
FW 長谷川 畑

発表時点ではベンチにイバルボが入っていたが、アップ中のアクシデントで長谷川に交替。
角田誠が3試合ぶりに復帰して、黒木聖仁がサブに回る。
三日前の天皇杯4回戦にフル出場した翁長聖もベンチに入った。


手倉森監督
機運は高まっている。
(京都は前節から3バックに変更している)
2列めの速さを抑えつつ、ポゼッションも持たれっぱなしじゃいけない。握り返せる時間を作りたい。

<前半>
16分
呉屋大翔左から侵入して高速クロス
玉田圭司が至近距離シュート
DFがブロックしてCKに逃れる

去年から見始めた長崎は、自陣から当てずっぽに蹴って前に送ることが多いチームだった。
それが「お盆のトラスタ」あたりから、まるで別人。しっかりとつないで離さない。
それは、ボール奪取、キープ力に優れたカイオセザールの存在が大きい。

24分
ハンドをとられた呉屋に対して、主審が何やら話しかけているが、呉屋は相手にしていない。いい性格をしているというか・・
「3枚持ち」の呉屋だけに、どこかでもらいはしないかとヒヤヒヤする。

25分
香川が敵陣でパスカットしたボール。玉田から再び香川。クロスを上げたがコントロールできず

30分
圧倒的に京都にボールを持たれていたが・・
左に流れた香川のクロス、玉田がヘッドですらした所に呉屋がいて、胸トラップで落として即ゲット!長崎先制!
サポーターが誂えた「GOYA METER」に[2][0]の数字が入る。

38分
久しぶりに右サイド深く入った亀川諒史がマイナスパス
詰めてきた秋野央樹のミドルシュートは吹かしてしまう

40分
大竹がドリブルで持ち込んで(利き足ではない)右足でシュートはGK正面
攻撃のいいカタチが続いているのは長崎

V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史


V・ファーレン長崎ブログ

|

2019年9月21日 (土)

V長崎のことが話せる相手がいる幸せ

2019年9月18日(水)
天皇杯4回戦(ラウンド16)
V・ファーレン長崎 2-1 ベガルタ仙台

試合後コメント

長谷川悠
「3試合連続で天皇杯が延長になって、サポーターの皆さんの応援が長引いてしまうのは申し訳ないと思ったし、次の日の仕事に響かないよう、しっかりと90分で納めることができてよかった」

まるでサラリーマン経験者のようなコメント
憎いよ!このど根性ガエル!! ^^;)


手倉森誠監督
「格上と対戦した中で、やれないことはないということを示せた。チーム全体が高まっていることを示し、サポーターをその気にさせないといけない。そして今日は、サポーターにその気にさせられた。これからが、クライマックス。一緒に盛り上がっていきましょうということを伝えたい」

V長崎サポーターにとって、幸せな秋が訪れている。


天皇杯ラウンド16の翌朝
ソノギさん(東彼杵出身)が僕の顔を見るや、ニコニコ笑っている。
町田に住んでいながら町田戦に来なかったのは6月のこと。天皇杯の結果までチェックしているとは思わなかった。着実にV長崎への興味と関心を高めているのだ。
別に一緒にスタジアムに足を運んでくれなくてもいい。
こうして、V長崎のことを笑顔で話せる相手がここにいる幸せ。

「長崎、調子いいじゃないですか?ところで、天皇杯は出場に制限があるんですか?12試合しか出られないって聞いたんですけど・・」

僕は答える
12試合ですか?それは聞いたことがないですけど・・
同じ大会に前所属チームで出場していた場合は制限があります。
天皇杯2019の場合、鳥栖から来たイバルボ、湘南から来た草野がそうですけど、長崎では出場できないんです。
それは期限付き移籍でも完全移籍でも関係ありません。呉屋大翔の場合、ルヴァンカップ2019は大阪で出ていたので長崎では出られなかったんですけど、天皇杯は(大会が開幕したのは移籍後)出られたんです。
「なんだか、難しいですね~」
まぁ、そういうのを読み解くのも愉しいですけどねと僕は答える。

どうやらソノギさんは、長谷川悠についてwebニュース「スポニチアネックス」に記載されていた「2月の開幕戦でゴールを奪ったが、リーグ戦の出場は12と限られていた中、存在感を発揮した」を誤解したようだ。
ものごとを書き言葉で伝えることは難しい。


長崎はクラブ史上初の天皇杯ベスト8進出。
「元旦、オリスタ、こけら落とし」までいよいよあと2つ。
「あと4つ」の頃は淡い願望で書いていたが、今や明確な希望に昇格した。

ちなみに「こけら落とし」とは、新築後、初めての興行を言う。「こけら」は材木のくず。競技場、演芸場、映画館など「競技」「演目」が日々変わる施設で使われる言葉。
2019年11月に完成するオリスタのこけら落としは、2020年元旦の「第99回天皇杯決勝戦」
それよりも前に行われるASICS FIRST RUNは「興行」ではないため、こけら落としとは呼ばない。


ここに来て、長崎ファン・サポーターの「元旦、新国立」機運が高まってきた。
次戦、ラウンド8(ベスト8)
10月23日(水)19:00
V・ファーレン長崎-甲府
トラスタ

V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史


V・ファーレン長崎ブログ

|

2019年9月20日 (金)

仙台だけが有利な日程

2019年9月18日(水)
天皇杯4回戦(ラウンド16)
V・ファーレン長崎-ベガルタ仙台
トランスコスモススタジアム長崎

ラウンド16はベガルタ仙台だけに有利な日程で行われる。
その週末は、J1の日程が組まれていない。
J1同士の対戦の場合、そこは同条件だが、J2と対戦する仙台だけが有利だ。
渡辺監督がやろうと思えば「リーグ戦メンバー」を投入できるのに対して、J2のV長崎は3日後に大事な京都戦を控えており「カップ戦メンバー」で戦わざるを得ない。
ただ、勝負は何が起きるかわからない。
長崎は「お盆のトラスタ(天皇杯)」を境に調子を上げている。


ベガルタ仙台はかつて手倉森監督が指揮を執ったJリーグクラブ。仙台をJ1に引き上げ、最高位2位。それ以来、仙台は一度もJ2に降格していない。
手倉森監督は、その成功体験を元に2019年シーズンから、V長崎の舵を取る。
仙台での監督初年度はプレーオフで敗れてJ1昇格を逃したが、長崎ではプレーオフに進めるか否かの瀬戸際にいる。
ただ、長崎が目指すのは、今年J1に上がることではない。近い将来、J1に定着して優勝争いをするクラブにすることだ。


<スタメン>
GK富澤
DF翁長 米田 鹿山 イサンミン
MF吉岡 磯村 島田 新里
FW長谷川 畑

ベンチメンバーには呉屋、澤田、大竹、亀川、黒木。
ここぞという場面では本気のギアチェンジの予感漂う。

仙台は週末に試合がないものの、前戦から中3日ということで6人を入れ替え。これは長崎にとって僥倖となった。

<前半>
16分
翁長聖がロングシュート。ゴール左へ外れる

36分
フリーで受けた畑潤基、広大なスペースを利してロングシュート
怪しく回転するボールをGKが辛うじてパンチング
長崎がペースを掴んだまま0-0で後半へ

<後半>
2分
長谷川悠のクロスを畑潤基が胸トラップから振り抜く
長崎先制!

24分
吉岡雅和に替えて幸野志有人

41分
あとわずかというところで途中出場のハモンロペスに決められて同点
天皇杯はまたも延長なのか・・
長崎サポーターの誰もが予感しただろう

41分
畑潤基に替えて大竹洋平

42分
大竹の美しい縦パスから磯村-幸野-長谷川とつなぎ勝ち越し点

46分
additional time4分を凌ぐため、長谷川に替えて切り札の呉屋大翔を投入

長崎2-1仙台

つづく

V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史


V・ファーレン長崎ブログ

|

2019年9月19日 (木)

生涯初デリコの予習

生涯「初デリコ」が来週に迫ってきたので、僕は今回も予習して臨むことにした。

計画を立てるということは「あなたにとっての幸せを10個挙げてください」と言われたら遅くとも三番目あたりに挙げるほど、自分を機嫌良くさせることを自覚している。

世の中の音楽ファンの中には「情報遮断」「ネタバレ防止」で当日のドキドキを楽しむことを第一義に据える人もいるが、僕は違う。
「予習」で楽しみ
「本番」を楽しみ
「書いて」楽しむ

一粒で2度美味しいのはアーモンドグリコだが、僕にとって「ライブ」「マラソン」「旅」といったイベントは「3度美味しい」のである。


2019年9月24日(火)
Premium Acoustic Live “TWO OF US" Tour 2019

予習によると、このツアーは、KUMIとNAOKIが2人きりで演奏するアコースティックライブツアーらしい。
「初デリコ」なので、ロックバンドのLOVE PSYCHEDELICOでよかったのだが、映像を見るかぎり、この趣向はとても特別なもので、予習をして一気に動悸が激しくなった。


【 時系列の記録 】

2018年12月4日
ツアー情報リリース

2019年5月26日
初日 横浜ランドマークホール

2019年7月23日~24日
大阪サンケイホールブリーゼ

2019年9月24日~25日
東京 EX THEATER ROPPONGI

2019年9月29日
最終公演 静岡 アクトシティ浜松 中ホール


始まりは「数会場でやってみよう」ということだったらしいが、スケジュールが出て来た時には「全国20公演になっていた」とNAOKIが語っている・・
と馴れ馴れしく呼ぶほど、僕はまだよく彼を知らない。
それではKUMIの方はよく知っているかと言われると自信が無い。
SuperflyとKUMIの写真を並べてどっちですか?と聞かれたら間違えるかも知れない。

とにかく、これまで「音」しか聴いていなかったから。
初めて「LOVE PSYCHEDELICO」の存在を知ったのは2004年。
銀座の映画館でみた「ホテルビーナス」
劇中でアクセントとして突如流れる「Everybody needs somebody」にすっかり参ってしまい、すぐにすべての音源を集めた。


そして、近年「1度は見ておきたい」アーティストとしてライブ告知が出る度にチケットに応募したものの、これが連戦連敗。
東京マラソンに「4分の2」の確率で当たっている僕が「初デリコ」にたどり着くまでに2度空くじを引いた。


アコースティックスタジオライブ「“TWO OF US”Acoustic Session Recording at VICTOR STUDIO 302」が公式サイトとライブ会場で販売されており、そのセトリをパソコンで作り、この間の週末は「デリコ合宿」を張った。
これで、さぁ歌えと言われたらムリだとしても「なんか、知らない曲だなぁ」と宙を眺めることはなさそうだ。

 

|

2019年9月18日 (水)

イバルボ-呉屋大翔でV長崎4戦負けなし

2019年9月14日(土)
32節 徳島ヴォルティス-V・ファーレン長崎
鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム

<後半>
試合を支配していたにもかかわらず先制を許したV長崎。
その6分後、手倉森監督は「二枚替え」
その7分後、長崎に得点が生まれる

23分
右サイドに侵入したイバルボが弾丸クロス
呉屋がマークを外す動きで、DFの前を取り見事に面を合わせて同点

28分
イバルボが上げたボール
呉屋大翔のシュートは惜しくもDFに当たる
つづくCKはイバルボがフリーで強いヘッド、しかし惜しくも右へ外れる。ここがこの試合逆転する最大のチャンスだった。

31分
イバルボが重戦車のようなドリブルで持ち込み、呉屋とワンツーでシュートするがコントロールできず。今日はイバルボ自身のフィニッシュが冴えない。

36分
呉屋に替えて長谷川悠
なぜ?ここで呉屋?そう思ったが、呉屋は特に不平を顔に出してはいない。

「交代時、近くの境界線から退場」
というのが8月からの新ルール。従来は特に規定がなかった。
従ってリードしているチームは、選手交替時、とぼとぼ交代選手が待機する場所まで歩いてきて、ゆっくりハグでもして交代という時間稼ぎができた。
新ルールでは「競技者は境界線の最も近い地点から出なければならない」と規定された。

呉屋は長谷川が待つタッチラインまで来てハイタッチをして交替する。
そこはハイタッチラインかっ!
とツッコンだのは恐らく僕だけだろう。

43分
遠目から打った内田のシュートがクロスバーに当たる
あぶない!
疲弊した長崎DFの守備は、もうぎりぎり

+3分
タッチを割ったボールをカイオからイバルボが受け取る。
終盤名物、イバルボ・ロングスロー!
DFに跳ね返されて戻って来たボールをイバルボが弾丸クロス。
最後に猛攻をみせ、攻めきっての試合終了

勝ち点3が欲しいのはどちらも同じ。
アウェイで先制され、追いついての勝ち点1は、まだまだ次へつながるもの。これで長崎は「4戦負けなし」


呉屋大翔
(得点シーンは)ビクトルがいいボールくれたので。うまくマークを外せた。
終盤押しこんでいた。アウェイなんで同点が妥当かなと。
コンディションがよくなっている感覚がある。周りとのコンビネーションもよくなっている。負けなかったのは収穫だと思う。


手倉森監督
お互い同じ目論見のなかで痛み分けだった。
ホームで勝たせてもらった試合は勝ちに値しないゲームだったが、敵地にのりこんでのゲームは攻勢を保てた。残り試合に繋がる内容を示せたのかなと思う。
ポゼッションできたのは(最近の我々の戦いをみて)徳島が構えてくれた。一点とられたあと、やり返せた。ここから崩しきれるところを取り組んでいければ。
(二枚同時替えの狙い)
最初のメンバーで先制点とれれば、一枚ずつ仕留めにいこうと思ったが、二枚替えればこっちを観察してくれるかなと。ビクトルと吉岡はいいアクセントになってくれた。


この日、翁長聖に出番は無し。
翌週の水曜日(9月18日)には、中3日で天皇杯4回戦(ベガルタ仙台戦・トラスタ)が控えている。
あと3つ勝てば「元旦オリスタこけらおとし決勝」
そこに向けて、その溜まりに溜まった力を存分に発揮して欲しい。

V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史


V・ファーレン長崎ブログ

|

«腑に落ちない呉屋大翔の3枚め