« スペイン館ロエベショップ | トップページ | eビジネスが始まって8年 »

2006年1月30日 (月)

広島

 東京の人に聞くと、広島は修学旅行で行く学校が多いようだ。
 広島まで行ったことがある。でも広島から下は行ったことがないという。
 九州の人は東北のことを「東京の上」というが、東京の人に「広島より下」と言われると、その日本語は適切なのかと思う。

 仕事以外では初めて訪れた広島。
 飛行場がかなり広島から東にあった。

 レンタカー会社の人に「広島西飛行場の方が便利ですよねぇ」と水を向けると「尾道とかに行く人にはこっちが便利です」とにべもない返事がが返ってきた。地元の人の反感を買ったようだ。

 カーナビを頼りに原爆ドームをめざす。愛・地球博のマンモスと同じくらいに、広島と言えばここを見なければ来た気がしない。

 警備員のおじさんに駐車場を尋ねると「その先の橋を左にいきゃええよ。みやすいよ」と教えてくれる。これは広島、山口に住んだひとじゃないと違う意味にとるだろう。

 「みやすい」とは、易しいという意味であり、見やすいではない。お国言葉が懐かしい。

 さて、原爆ドームだが・・

  小さかった

 この驚きはシンガポールでマーライオンを見た時と匹敵する。なぜだろう。この両者は、大きさがばれるから、人間と一緒に撮影してはいけないという観光条例でもあるのかと思った。

 広島城も小さかった。というか、あることも知らなかった。
 広島市民球場が原爆ドームの真ん前、市のど真ん中にあるのに驚いた。
 夕方に通りがかり、応援の太鼓でも鳴っていれば、見ようと思っていなくても、つい入ってしまいそうなよい立地。だが、テレビ中継を見ていると巨人戦でさえ空席がかなり目立つ。よほど、娯楽として愛されていないのか。
 最後にお好み焼きを食べた。僕はお好み焼きと言えば、幾重にもかさねていく広島のそれだと思っているが、一般的には具を混ぜ込んで誰にでも焼ける大阪風がお好み焼きと認知されていて、関東では広島のそれは「広島焼き」などというありがたくない名前を授かっている。

 地元の方が勧めてくれた「ひろしちゃん」には行く時間がなかったが、広島球場から地下に降りてすぐの、みっちゃんいせやで食べた。15年ほど前に、みっちゃんで食べた時はそばを事前に茹でる行程はなかったと思う。手順もずいぶんと変わっていた。キャベツがしんなりして美味かった。

|

« スペイン館ロエベショップ | トップページ | eビジネスが始まって8年 »