« 人事部のコンピューターシステム | トップページ | 荒川に吹いた風 »

2006年4月12日 (水)

シラソラモラ代

 パソコン通信時代(1990年代前半)にユーザーの間で「電話代」を意味したことば。
 キーボードの「N」「T」「T」の位置はひらがなの「み」「か」「か」の位置であることから、電話代=NTT代=みかか代という隠語が生まれた。

 現代では
常時接続、つなぎ放題が主流で、プロバイダー費用とは別に電話代を支払っている人は少数派。
 だが、パソコン通信時代は電話代を別に支払っていた。
アクセスポイントが市内にない場合、市外料金を払っている人もいた。

 
チャットにはまると すぐ電話代が数万円となることから
「みかか代が怖い~」
が、嫌な男から女の子が "落ちる" 決めぜりふとして重宝された。

 "落ちる"=今入っているチャットから抜けること。チャットをやめること。深夜のチャットから抜けて寝ること。

 当時は電話といえばNTT独占、3分10円。3時間、5時間・・と長時間にわたるチャットを日々繰り返していると、バカにならない金額になった。

 今ならば、シラソラモラ代か。



しらべる

|

« 人事部のコンピューターシステム | トップページ | 荒川に吹いた風 »