« ネットのケンカは1対1で | トップページ | 自民が一番怖い人 »

2006年4月 6日 (木)

1990年初めてパソコンを買った日

 ずっと欲しかったノートパソコン。
 
ダイナブックを見送り、98NOTEで手を打った翌週エプソン386NOTEAが発表された。すぐ98NOTEの発注を取り消し、NOTEAを予約。

 待つこと1か月、1990年秋、NOTEAが届いた。
 さっそく箱を開け、電源を入れると「ピー」っと音がした。
 モノクロ液晶に「no system disk」
 そうか、やっぱり甘くないな。また今度じっくり説明書を読んでからやろうと思って箱に戻した。
 だいたい、電気屋の店先でパソコンを見た時から手強そうだった。
 XFER?TAB?RETURN?
 なんで日本語で書いてないんだ?
 パソコンが僕に「おい素人は近寄るなよ!」と言うのが聞こえた。

 定価で39万円、友達に安くしてもらっても28万円した箱を飾っておくストレスに耐えられず、再び取り出したのは半年後。

 今ならばパソコンには初めから
Windowsが入っているが、当時はまずOSであるMS-DOSを入れるところから始まる。

|

« ネットのケンカは1対1で | トップページ | 自民が一番怖い人 »

パソコン」カテゴリの記事