« ナイキフリー5.0モニター開始! | トップページ | 音楽と離れている世代 »

2006年5月26日 (金)

焼ラーメン初挑戦

 1995年夏、天神の野村證券の裏にある屋台で焼鳥を食べていた。
 博多の屋台で呑む時は夏ならば焼鳥、冬はおでんを肴にビール。最後にラーメンで締める。  お店は常連さんらしき人で混んでいる。店主と親しげに話しているのでそれとわかる。
 店主が焼きそばを作っている。お客の一人がつっこむ。

「前からいっぺん、焼ラーメンっていうとば食べてみたかったいね」
「してみるや?」と店主が応じる。

 野菜と肉を炒めたところにラーメンが入り、あっさりとしたソースで仕上げて
「はい、お待ち 焼ラーメン!」
食べたい!羨ましい!

 11年の時が流れ、博多では焼ラーメンが市民権を得つつあることは聞いていた。そこに永谷園が「焼ラーメン」を売りだした。家庭でも作れるような具材セットが400円ほどでセブンイレブンに並んでいる。
 作ってみたい。だけどあれをそのまま作るのは、気が乗らない。

 そして先日、広島風お好み焼き
を作ろうかとスーパーで焼きそば麺(ちゃんぽん麺)をみていたら、特売をやっている。
「うどん・そば・中華めん 2玉108円」

 え、中華めん?
 見た目は細麺、博多ラーメンに近い。しかもチャンポン麺ふうの扱いやすい雰囲気。
 予定は「焼ラーメン」初挑戦に変わった。
 

|

« ナイキフリー5.0モニター開始! | トップページ | 音楽と離れている世代 »