« ポルトガル優勝 | トップページ | ハイブリッド+スポーツカー報道 »

2006年6月23日 (金)

地球がもし100人の地球村だったら

 地球の人口を100人と見立てて比率をわかりやすくした表現方法。

 地球が100人の地球村だったら、70人は字が読めない、50人が栄養失調・・のようにいう。

 これは、ずいぶん昔からある表現方法で、今から22年前の
1984年、村上龍のエッセイ「アメリカンテクノロジー」に紹介
されている。

 2001年12月にこの表現方法をテーマにした単行本が出版され
ベストセラーとなった。
 
「世界がもし100人の村だったら」 ダグラス・スミス マガジンハウス 2001年12月11日初刷

 比率がわかりやすく、新たな問題点を認識するのに都合がよい。

 ただ、この表現方法で指摘されることの大半は南北問題。

 こうして指摘された貧困に接して感慨を持つだけでなく、想像力
を働かせてみよう。
 その想像力とは、自分がその立場だったらどうだろうか、今の
自分にできることは何だろうか。

 他人のためにできること、そして、自分のためにできることは何だろうか。

|

« ポルトガル優勝 | トップページ | ハイブリッド+スポーツカー報道 »

教育/常識」カテゴリの記事