« サッカーの産業としての発達 | トップページ | エクアドルの知識 »

2006年6月26日 (月)

ハイブリッド ダイハツHVS

 「トヨタが1.8Lクラスのハイブリッド・スポーツを出す可能性がある」  自動車雑誌「ベストカー」2004年2月10日号に、その情報が掲載された。

 続報はその年の 「ベストカー」11月26日号。
 3種類の可能性があると論評した。

アレッサンドロ・ボルタ
MR-S後継 1500ccクラス
3,300ccクラス

 だが、明けて2005年「ベストカー」1月26日号では、「Vitzとプリウスのコンセプトを足した FFハイブリッド」開発の可能性を論評。トヨタが ミッドシップの採算を見限った旨が書かれており、MR-S後継、ミッドシップでのハイブリッドは不透明になった。
 同年「ベストカー」2月10日号は、トヨタの新車予定図に 「MR-SⅡ」を掲載。
 本文ではここ2~3年の中では発売の見込みがないというニュアンスが書かれた。

 同年「ベストカー」4月26日号では、"トヨタ新車攻勢"の記事中、MR-Sに似たミッドシップ車が北海道で寒冷地試験を行っていることを紹介。2007年12月にも発売の可能性があるとした。
 さて、2006年
 「ベストカー」3月26日号では、トヨタのグループ会社である ダイハツが、その100周年記念車として、「コペン」の兄弟車「HVS」を発売予定と紹介。そこには
 ハイブリッド 1.5リットル、4WD、オープン、2シーター・・
と、食指をそそる肩書きが並ぶ。

 そして本丸 "トヨタもデザインを替えて発売" という。

 コペンは2シーターとしては珍しく売れている人気車種。
 "ミッドシップ"の冠が落ちているのは不満だが、ハイブリッド、2シーター、オープン、スポーツカー発売の期待は、ここで一気に高まった。



しらべる

|

« サッカーの産業としての発達 | トップページ | エクアドルの知識 »

自動車/交通」カテゴリの記事