« ミロよ!びいなす | トップページ | 確信と不安 »

2006年7月15日 (土)

香港に到着

 わずか3時間睡眠で起きる。
 ビール3本の酔いが全然抜けていない。
 なんとか朝食を取るが、なんとも寝ぼけた調子。

 船は香港の湾にはいった。
 8:00予定の接岸は、香港側から先乗りしてきた水先案内人が
慎重すぎたため 9:15になる。
 船長があんなに慎重になることはないんだと文句を言っている。

 上陸してバスに乗り込む。
 とにかく日差しが強い。蒸し暑くてたまらない。
 まず、タイガーバームパークへ。

 ガイドの林さんはまじめな人柄で
 「スリに気を付けて」
 「物売りに騙されないで」
としきりに警告してくれた。

 海底トンネルを通って香港島にわたり、高台の展望台から香港の
街を見おろす。所狭しと高層ビルが並ぶ。林さんの説明によると
香港では地震がないので、耐震はほとんど考慮されていないらしい。

 企業視察を終えて、最初のお目当てである飲茶へ。

 給仕が次々に「これはどうだ?」と持ってくる。
 大食漢の一人が、それを全部受け取って食べ続けている。勘定書き
が怖いので 「そろそろやめておいたら?」と皆が牽制する。
 だが、思いのほか安く、一人チップ込み150HK$で済んだ。

 一人がシンガポールに続いて、ここでもシャネル詣でをしたい
と言うので、一同 ペニンシュラホテルへ。
 そこからノーザンストリートを徒歩で北上する。バスのエンジン音、
ブレーキのきしむ音をメインにものすごい騒音。バスの2階に当た
りそうなほど、せり出した看板・・・
 まさにイメージ通りの香港の姿が目の前にある。

 男人街の散策にはいる。
 セブンイレブンに最近人気の新聞「アップルデイリー」の空の
ラックだけが置いてある。朝早く売り切れるらしい。記念に欲しかった。
 水槽に魚やしゃこを泳がせていて、それを調理して食べさせる食堂
がたくさんある。ちょっとグロテスク。

 日本にいる時もゲームセンターがあれば、UFOキャッチャーを
必ずチェックする。だが、香港のゲームセンターにはそれはなく
スロットが並ぶだけの怪しい雰囲気だったので、早々に退散。

|

« ミロよ!びいなす | トップページ | 確信と不安 »

旅行・地域」カテゴリの記事