« 紆余曲折 | トップページ | これがさしみカレーだ! »

2006年8月28日 (月)

さしみカレー

 2005年夏、念願のうなぎカレーを試してみた。

 うなぎカレーは、カレーの「ココ壱番屋」のリクエストはがきでリクエストしたところ、実際に期間限定で商品化されたらしいが、食べることはできなかった。

 うなぎは大好きだ。カレーも大好きだ。
 だが、うなぎカレーはきっとまずいだろうと思っていた。

193928693_89s

 

これが意外と美味しかった。

 揚げ物、生卵、納豆、うなぎ・・
 カレーとの組合せで、たいていのものは試してしまった。
 他になにかないだろうか?

 おぉ、刺身が残っていた。

 去年、きっとまずいだろうと思っていた鰻があれだけ美味しかったので、意外と大発見!ってことになるかも知れない。

 そして決行日を決めた。

 僕は10年ほど前から、呑んだ後にカレーを提案しているが、いつも「気持ち悪い」「無理」と仲間から却下されている。
 だが、この夏、カレーのテーマパーク「横濱カレーミュージアム」(中区伊勢佐木町1、TEL 045-250-0833)では "呑んだ後のカレーフェア"「〆(締め)カレー・ブーム記念祭」が開催された。
(期間: 2006年 8月 1日~31日)

 「100匹目の猿現象」という言葉がある。
 ある範囲の中で、ある行動をする者の数が一定の量になると、その行動が距離や空間を超えて広がっていくとする仮説。
 米国の科学者、ライアル・ワトソンが理論化した。
 "ある地域で猿が食べものを水で洗って食べ始めたところ、その数が一定を超えた時、遠く離れた場所でも同じ行動をする猿が現れた"というエピソードが発端になっている。

 「呑んだ後のカレー」を考える見知らぬ仲間がいるくらいだから 「刺身カレー」も先達がいるかも知れない。
 Googleで "さしみカレー"を調べてみた。
 9件ヒットしたが、実際に試してみた人のレポートは見つからない。

 ということは日本人初!
 いや刺身を食べるのは日本の食文化だからきっと世界初!

 ということで「世界初!さしみカレーを食べる男」となる日、緊張の面持ちでカレーと刺身を買いにスーパーを目指した。

明日につづく



|

« 紆余曲折 | トップページ | これがさしみカレーだ! »