« 千鳥屋のチロリアン | トップページ | 問題ありませんか? »

2006年8月24日 (木)

イスラエルはアジアの国ではない

 ソフトブレーンのメールマガジン『効率化の最後の聖域へ』
第52号に宋文洲代表が
知ってびっくり-「イスラエルはアジアの国ではない」
という文章を寄稿している。

 学生の頃からイスラエル・ファンである僕は、何を言っているん
だろう、アジアの国なわけがないじゃんと思った。
 文中には「日本人はイスラエルをアジアの国だと思っているのは
なぜだろう」という問いかけがあるが、おかしな話だ。

 日本人はイスラエルが "どこの国" というイメージさえ持ってい
ないのではないか?
 イスラエルはどこの国?と問われて「中東」と答える人でも、
では 中東の定義は? 中東はどこからどこまで?という質問に答え
られる人は少ないだろう。

 イスラエルは観光立国でもなければ "*流ドラマ" のようなエン
ターテインメントやイスラエル・ロックのような音楽もない。
 世界地図を広げて「あ、ここだ!」とやる機会のない国だ。

 そんなイスラエルに興味を持ったきっかけは落合信彦の著書。
 それによれば、イスラエルは豊かな資源があるわけでもなく、
周囲を敵国に囲まれているが、独立を守りつづけている。それは
国の情報戦略に理由があるとあった。アメリカのCAI、ソ連のK
GB、それに匹敵する情報収集力を持つモサド。

 日本ではまだ、パソコンが一般企業に導入されていなかった19
80年代初頭、電子技術を駆使して情報を収集するという遠い国に
興味を持った。欧州に興味はないが、イスラエルだけは一度行って
みたかった。

 その念願が叶い、2005年に仕事でイスラエルを訪問する機会
が訪れた。だがイスラエルは、外務省海外安全ホームページでは
渡航延期勧告~危険度3。西岸、ガザ地区には退避勧告~危険度4
が発出されていた。
 しかたなく、費用が安くて交通の便がよいスペインのバルセロナ
が代替地となった。
 その地で偶然デコと出会いファンになったのだから、人生どう
転ぶかわからない。



世界の平和実現

|

« 千鳥屋のチロリアン | トップページ | 問題ありませんか? »

旅行・地域」カテゴリの記事