« 東海テレビでデコ | トップページ | ピザリッチの実験 »

2006年10月16日 (月)

ピザポテトの歴史

 スナック菓子が年々、美味しく感じなくなっている。食べ始めはよいが、あとは惰性で口に放り込んでいる。

 2000年代のスナック菓子ではカルビー「ピザポテト」が一番美味い。
 他のお菓子とは思い切りが違う。作り手の「美味しいお菓子を食べて欲しい」という心意気が伝わってくる。

 発売以来、セブンイレブンの定番を守っている。店によっては一時期定番を外れることはあっても、また復活してくる。
 トッピングを増やして進化を続けている点において、スナック菓子としては異色の存在だ。

 そんなピザポテトにちょっとした事件があった。
 それを「ピザポテトの歴史(2000年以降)」で振り返ってみよう。

2000年春
ジェノバ風が発売されたが3ヶ月ほどで姿を消す。
2000年春
チェダーチーズ、ゴーダチーズの2種チーズ体制になる。
2000年
10月31日、つぶつぶトマトフレークを追加
2001年
10月22日、チーズパウダーを追加、パッケージをリニューアル
2002年
4月、ジェノバ風バジルとガーリック発売 80g448Kcal
2004年
2月、ホット&スパイシー発売。80g447Kcal
2005年
11月、NEWピザポテトと表記される。説明書きには「パルメザン&チェダーのWチーズをとろ~りトッピング」とある。80g434Kcal。カロリーは110円のかっぱえびせん(100gで486Kcal)とほぼ同じ。標準価格150円、実勢価格138円。
2006年
10月9日、ピザリッチ発売(関東地区コンビニ限定) 65g361Kcal 実勢価格158円 味はピザポテトと変わりない。等間隔にチーズラインが引いてあるが、ピザポテトのように一極集中でチーズがかかった部分が無く、チーズ量はピザリッチの方が少ないくらい。全然リッチではない。

 発売日にピザリッチをコンビニで見た時は、ピザポテトの「食べきりサイズ」の位置づけだと思った。でも、分量は少ないのに値段はピザポテトより高い。ピザポテトの特徴であるチーズの塊も見あたらない。しらべるに "リッチではない" と書いた。

 ただ、翌日、読み返してみて、ピザリッチだけを食べての独断はキケンだと考えた。カルビーのウェブサイトでリリースを見た。しかし、ピザポテトとピザリッチの違いは書いてない。

 そこで、実験を行うことにした。(17日につづく)

|

« 東海テレビでデコ | トップページ | ピザリッチの実験 »