« アフリカのツメ | トップページ | 高橋尚子の姿勢 »

2006年11月14日 (火)

焼き鳥は博多

 焼き鳥と言えば博多である。
 全国にはまだ認知されていない。

 博多の焼き鳥が美味しいのは当たり前のことなので、博多の人はそれを声を大にして言ったり、観光名物にまつりあげたりしない。

 焼鳥のネタというと、豚バラ、鶏の四つ身、鳥皮、肝、つくね・・・とせいぜい10種類くらいだが、博多の焼き鳥は違う。

 以下に挙げるような串がショーケースにずらりと並ぶ。
 もちろんどれも美味くて、しかも安いので女性客が圧倒的に多い。家族連れにも人気が高い。
 居酒屋の一種ではなく「焼鳥屋」というジャンルの外食産業が確立している。

 人気の店は複数の店舗を展開し、昼間に1カ所で仕込み(串差し)を行い、値段を安くしている。

【 博多の焼鳥 】 これまでに見たことがあるもの

しそ巻き ニンニクの茎巻き えのき巻き にら巻き 手羽先 
じゃがいも ピーマン ピーマン肉詰め 椎茸 茄子 とうもろこし
うずらの玉子 赤いウィンナー 粗引きウィンナー 角天 
こんにゃく 厚揚げ豆腐 ぎんなん すずめ とんそく 
牛下がり 牛タン 牛すじ はつ 白 うなぎ ししゃも 
えび いか げそ 貝柱 豚足

 注文を終えると、飲み物と一緒に大皿にキャベツが出る。ざくっと切って、薄い酢醤油に浸しておいたもの。串でキャベツをつつきながら待っていると、その上に焼きあがった焼き鳥が乗るという寸法。

 博多の焼き鳥屋で1年ほど働いた。
 初めの2~3日、ハツとタンの見分けが難しかったくらいで、ネタはすぐに覚える。数年のベテランになると焼かせてくれるのだが、僕はアサリのバター焼きどまりだった。

|

« アフリカのツメ | トップページ | 高橋尚子の姿勢 »