« 日本でコンピューターの教育利用が進まない理由 | トップページ | 情熱の国?スペイン »

2007年1月26日 (金)

情報システム部と営業がやるべきこと

 システム部門と営業部門は仲が悪い。
 だが、お互いを攻撃する前にそれぞれが最低限やらなければいけないことがある。

■情報システム部側
 ユーザー要求の実現、納期に間に合わせることに最大限知恵をしぼる。

■営業
 事業計画を100%達成する。(計画比と前年比とも)

 情報システム部は、"制作が作った商品を営業が売り上げてできた利益にぶら下がっている部署である" という立場を忘れてはならない。

 営業は "営業は計画を100%達成する" という立場を忘れてはならない。

 「営業に専念できるよう、すべてを完璧に用意するのがシステムの仕事だろう」
 「管理部門は徹夜してでもやれ。数字1つ違ったら、全然意味がない」
と言ってもよい営業社員は、会社と約束した数字を100%達成した人だけである。
 得てして、数字の悪い社員のほうが、文句が多い。

|

« 日本でコンピューターの教育利用が進まない理由 | トップページ | 情熱の国?スペイン »