« 高千穂のうなぎ | トップページ | ブラジル戦のシナリオ »

2007年2月 3日 (土)

節分の思い出

子どもの頃、早く大人になりたい
歳をとりたいと思っていた。

節分の日だけ。

歳の数だけ、豆が食べられる。
プレーン大豆はいくつでも食べて良いと親に言われていたが、砂糖で包まれた豆は歳の数しか回ってこない。

親は40粒とか食べられる。
僕は9粒とかで終わってしまう。

大人になった。
豆はとてもそんなには食べられない。

子どもの頃、自分の豆を早々に食べ終えて
「あぁもう終わってしまった」
という顔をしていると、父が少し分けてくれた・・

と言いたいが、そういう記憶はない。
父は、あの大量の豆を全部たいらげていたのか。
よほど、豆が好きだったのだろうか。

この夏に里帰りしたら、聞いてみなければならない。

皆さんも、いらっしゃったらご両親に、子どもの頃の節分について、尋ねてみてください。

|

« 高千穂のうなぎ | トップページ | ブラジル戦のシナリオ »

くらし」カテゴリの記事