« スマートではない家電とは? | トップページ | ロエベで独りぽっち »

2007年3月30日 (金)

ミッドシップとは?

 ミッドシップとは何か?
 後輪の車軸の前にエンジンを置き、後輪を駆動する自動車の通称。

 F1の車はミッドシップ。市販しているフェラーリもミッドシップ。
 重心が車の中央にあるため旋回性がよく、曲がるのが楽しい。
 エンジンが後ろにあるため、ラジエーターへの空気吸入孔がボディの横(ドアの後ろあたり)にある。

 2007年3月現在、日本メーカーにミッドシップ車はない。三菱「i」はカタログにはリアミッドシップと書いてあるが、エンジンは車軸の上にあり、ディーラー社員は「後輪駆動」と呼んでいる。
 唯一のミッドシップ車だった トヨタMR-Sは2007年1月より発売した「ファイナルバージョン」が完売し、販売が終了した。あとは受注分を7月まで作り、そこで生産が終る。

 ミッドシップ車終了を記念してトヨタはMEGA WEBでミッドシップスポーツヒストリー展を開催中。(2007/3/20~2007/6/17)
 F1に参戦しているもう一つの日本メーカーであるホンダはビート、
NSXを製造中止して以来、ミッドシップ車を作っていない。

 MR-Sはトヨタ製、「ミッドシップ」「オープン」「2シーター」スポーツカー。
 MR2の後継車。先に発売されていたホンダ
S2000、マツダロードスターの対抗車種。

 MR-Sがいよいよ残り1000台で製造終了すると聞いた。
 終了の予定は 7月とトヨタのホームページに書いてある。
 1000台といえば、この車の年間販売台数に近い数だけに、まだまだ大丈夫だろうと高をくくっていた。
 ところが3月下旬の日曜日、近くのネッツに行くと
「この間、最後の1台が終わりました」
 という。カタログも最後の1枚だった。

 つづきは4月2日



しらべる

|

« スマートではない家電とは? | トップページ | ロエベで独りぽっち »

MR-S」カテゴリの記事