« サイン係りはイニエスタ | トップページ | 会社を支えるのは »

2007年4月 2日 (月)

AE86かMR2か

 日本における市販ミッドシップ車第一号はトヨタMR2。
 「MR」はミッドシップレイアウトの略号。

 1983年11月、福岡から東京モーターショーへ出かけた。
 お目当てはヤマハのバイク
 当時ヤマハRZ350という2サイクルのバイクに乗っていた。
 このバイクは「街道レーサーGo」という漫画で「青い流れ星」「ナナハンキラー」と呼ばれていたスプリントバイク。
 ただ速いだけではなく、白地に青と水色のライン(ゴロワーズカラーと呼ばれていた)の優雅なスタイリングが秀逸。2007年の今、市販しても恐らくベストデザインと評価されるだろう。
 性能には美しさが伴わなければならない。

 2輪コーナーには500ccの2サイクルマシン「ヤマハRZV500」が発表されていた。
 500ccといえば当時のワールドGP最高峰500ccクラスの排気量。YZRの市販版といえるこのマシンには心臓が飛び出しそうだった。
 中型免許では500ccは乗ることができないが、そのまま乗って帰りたいくらいだ。
 4輪には興味はないが、せっかく船に乗って晴海まで来たので一応眺める。
 そこに「SV3」という車がトヨタブースに並んでいた。
 当時他にはない斬新なスタイル。自動車に興味がない僕がこの車にはショックを受けた。こんな車も有りなのか。
 普通免許をとってから、まだ一度も車を運転したことがなかったが、SV3には今すぐ乗って帰りたいくらい心奪われた。

 明けて1984年春に発売。同時に発売されたレビントレノAE86と同じ1600ccエンジンを搭載。
 2人乗りミッドシップという斬新さ(MR2)、4人乗れる美しい流線型のFR(AE86)の二者択一。
 結局は車の楽しさよりも、実用性を重視してAE86を選んだ。
 86はそれから9年乗り続け、一度も売りたいと思わなかった。いつもこの車が日本一かっこいいと思って乗っていた。

ミッドシップシリーズは、しばらく毎週(月)連載



|

« サイン係りはイニエスタ | トップページ | 会社を支えるのは »

自動車/交通」カテゴリの記事