« DECO20の文字が並ぶ | トップページ | 舌打ち男 »

2007年4月16日 (月)

MR-S発売

 1999年10月12日、MR-S発売(取扱店 ネッツ、ビスタ)
 MR-Sの登場によりMR2が姿を消した。
 1999年カーオブザイヤーの選考対象車。1位のヴィッツが獲得した518点に対してMR-Sは60点だった。
 価格は168~198万円。ホンダのFRスポーツカーS2000が338万円だから、かなり安い。
 ボディ7色×シート3色が自由に組み合わせられるのはかなり良心的。
 クルマ好きが本当に愛せるクルマを手に入れたい。そういう気持ちに応えるトヨタの姿勢だ。
 幌は手動開閉式、運転席に乗ったまま簡単に開閉できる。幌についている後部の窓はガラス。当時これがビニル製で評判が悪かったロードスターの欠点に、トヨタはしっかり対応した。
 これほどまでにメーカーの良心、懐の深さが体現された車種があるだろうか。
 それは500万円以上を出せばあるのかも知れないが、200万円という価格帯ではこの先もう無いのかも知れない。

 2000年8月、商品ラインにVエディションを追加。
 世界初のシーケンシャル5速マニュアルモデルを追加。
 シーケンシャルMT(Manual Transmission)は左足でクラッチ操作をしなくて済むMT。ギアボックスの[+][-]でギアを上下する。
 ハンドルにもボタンがついていてシフトチェンジができる。当時この技術はアルテッツァ、ハリアーにも搭載された。
 F1マシンに搭載されていた手元でのギアチェンジには憧れた。
 クラッチ操作は要らないがAT車ではなく、ギアチェンジをしなければ走らない。

 今は三菱、マツダも同様の機構を搭載している。そちらはATとの切り替えがボタン一つでできる。
 街乗りではオートマチック、気合を入れたい時はMTとして乗れるマツダや三菱の機構のほうが優れている。
 ハンドルにスイッチがついているため、カーブでハンドルを切っている時はボタンが押しづらい。 直線ではハンドルのスイッチ、カーブでは左手でギアを操作することになる。
 それでも、この機構がついていることが大切なのだ。



MR-S講座

|

« DECO20の文字が並ぶ | トップページ | 舌打ち男 »

MR-S」カテゴリの記事