« 佐世保玉屋のサンドイッチ | トップページ | 旅行代理店さんとの交渉 »

2007年8月16日 (木)

佐世保と言えばコーヒーゼリー

近年、佐世保と言えばハンバーガー

手作りのハンバーガーであれば、佐世保バーガーと名乗るだけで人が並ぶ。

佐世保に初めてマクドナルドができた頃、町に出ると「きょうはマクドナルドで食べようかね」というと、ずいぶんと豪勢な気分がした。個人が経営している手作りのハンバーガーショップは、高いし、美味しいかどうかの評判もわからないし、客がはいっていないので入りづらいし、見向きもしなかった。

今、その時代を耐えて生き残った、一部のお店が商売繁盛の風を享受している。

 来年には佐世保と言えばサンドイッチになっているかも知れない。

 だが今年、佐世保と言えばコーヒーゼリーなのだという。この風説、地元の友達に聞いても知っている人、知らない人に分かれる。以前、メディアが「佐世保では知らない人はいない おでんタネ 人工衛星」というのを取り上げていたが、僕も含めて地元の人は誰も知らなかった。メディアは平気でネタ話を作り上げるのだ。

 さてコーヒーゼリーが佐世保というのは、米軍基地がある港町ということで、気分としてはわかる。確かに驚異的な**を誇るお店もある。近年このお店は地元の人達の間でもクチコミで広まりつつある。だが、白十字パーラーのチャレンジパフェのようにメジャーな存在とまではいかない。お店は開くとすぐ満席に近くなるが、かと言って人が並ぶほどではない。

 さて、この夏「佐世保と言えばコーヒーゼリー」は定着するだろうか。

 「サンドイッチといえば佐世保」と並んで、これも来年の夏、帰ってきた時にチェックしよう。

|

« 佐世保玉屋のサンドイッチ | トップページ | 旅行代理店さんとの交渉 »