« 夢と夢占い | トップページ | 旧1号の日2 »

2007年9月14日 (金)

豆子郎あざみ野店

 外郎(ういろう)は小豆を主原料とする蒸し菓子。
 およそ600年前、神奈川県小田原市の外郎家が作った。

 「外郎」は山口である。山口市の御堀堂は外郎の老舗。
 もっさりした名古屋のそれとは違い、ぷるぷるとした食感がたまらなく美味い。

 外郎は
名古屋の名物と思われているが、名古屋の人はほとんど食べていない。
 「かさ(大きさ)があって安い」
を喜ぶナゴヤ人好みということで、贈る側は喜んでいても、もらう側は喜んでない。

 外郎に小豆が入った豆子郎がまた美味い。

 【 とうしろう 】 外郎に小豆が入っている山口県の銘菓。

 山口の外郎は日本一美味い。それに小豆が入っているところが珍しい。
 冷やして食べるとさらに美味い。ただし生絹(すずし)豆子郎だけは冷やさないで食べる。

 山口県人へ里帰りのお土産をねだるならば豆子郎。
 豆子郎は宇部空港、山口市、山口県東部で売られている。
 
下関市には豆子郎は売っていなくて、本多屋の「豆外郎」が売られている。味はほとんど変わらない。

 豆子郎はウェブサイトを開設しているが、インターネットでの販売はしていない。
 山口県以外では神奈川県横浜市青葉区の「
豆子郎横浜あざみ野店」で購入できる。
 なぜ、唯一の飛び地が、あざみ野なのかは興味深いところだ。
 次に訪れた時に聞いてみようと思う。

|

« 夢と夢占い | トップページ | 旧1号の日2 »