« 白糸の滝を制覇せよ! | トップページ | カンペオン・デコ »

2007年10月 6日 (土)

森永ジャンボ 105円

 9月24日にアイス冬眠を決めた。
 さぁ、30日までの1週間はアイスさよならウィークだ。

 山口百恵全国縦断お別れコンサート・ツアーのようなものだと思ってもらったら、わかりやすいだろうか。
 九電記念体育館でアルバイトをしていた僕は、コンサートを終えてアンコールの嵐が鳴り止まぬなか、すでにタクシーに乗り込んで会場を後にする百恵ちゃんを見て、現実的な選択に感心したものだった。

 さて、さよならアイス・ウィーク初日
 まずはこれ、セブンイレブンで森永「ジャンボ」
 ジャンボといえば、ジャンボ鶴田

 五島列島に住んでいた頃、町に全日本プロレスが来た。
 それは鶴田が入団して最初の「ジャイアント・シリーズ」
 外国人の目玉はミル・マスカラスだ。

 僕はとても見に行きたかったが、親に「プロレスにつれてって」と言わなかった。
 少欲なこども時代だったのだ。
 月刊プロレスにはボクシングとキックが載っているが、別冊ゴングはプロレス専門。しかし、350円もするその本を買うことはできなかった。一度だけ父と本屋に行った時、
「お、出ている別冊ゴング」
 と言ってみたが、
「我が家では、そういうものを推奨していない」
と一刀両断にされた。

 プロレスの雰囲気だけでも接したい。
 ある秋の日曜日、となり町の体育館に自転車を走らせた。
 僕が着くと、体育館からちょうどフレッド・ブラッシーがでてきた。

 ブラッシーは裸だった。
 ファンサービスなのだろうか。
 (パンツは履いてるからね)
 思いのほか小さい。しかし体が厚い。体が赤い。前座試合でグレート小鹿にチョップでも浴びたのだろうか。

 汗をふきながら歩いていたブラッシーは、五島のおばちゃん達に囲まれると
「五島うどん、アゴさいこう」
とは言わずに、
「おう、たくしー、たくしー」
と愛想を振りまきながら、待たせていたタクシーに乗り込んで行った。
 リングでは、鑢で歯を研いで怖い彼も、テレビに映っていないところでは、ファンにとても優しいのだと知った。

 えっと、なんの話だっけ

 あ、ジャンボだ。
 これはチョコだけでなく、もなかまでがパリパリしていて食感がいい。

 ・・どうやらこのアイスには、固有の思い出がないようだ。

(また、13日につづく)



|

« 白糸の滝を制覇せよ! | トップページ | カンペオン・デコ »