« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の30件の記事

2007年11月30日 (金)

中谷彰宏ワールドとブレーキ

 中谷彰宏は京都の社長に教えてもらった。
 「入社3年目までに勝負がつく77の法則」1998年
 京都の社長はこの本を自分で買って、新入社員全員に配っているのだという。
 この作品は中谷彰宏を300冊読んだ今、記憶に残るベスト5に入っている。

 中谷彰宏で困ることは同じ本を二度読んでしまうこと。
 読み始めると、なんだか読んだ気がする。いくつかのエピソードが記憶の底にある。そこで、エクセルに記録した読書リストを検索すると2回めだとわかる。
 これまでに一番多いのは、同じ本を4回読んだことがある。

 ある地域の図書館データベースを「著者:中谷彰宏」で検索すると429冊が書誌登録されていた。蔵書でないものも登録しているが、これですべてが網羅されているわけではない。

 この429冊をエクセルにコピーして、自分の中谷彰宏読書リストとぶつけたところ、最初は未読が283冊あった。
 中谷本にはタイトルに「 」、。が入っているものが多い。
 これを整備したら、216冊になった。

 中谷彰宏の著書数は、2007年1月の「夢を実現するために、今すぐできる50のこと」に750冊と記されている。
 中谷彰宏をコンプリートするには、まだあと450冊を読まなければならない。
 1年に60冊ペースで書いていると著書にあるので、中谷彰宏だけを読んだとしても、今の読書スピードだと半年かかってしまう。

 この間の講演会で加藤眞由儒さんがこう言っていた。

「選択肢に迫られたとき 流れ、方向というものがある。
 クルマに例えるならば、ブレーキとアクセル。
 重要なのはブレーキ。
 世の中にはブレーキのない人が多い」

 中谷本をコンプリしたいという、このコレクター精神にはブレーキが必要だと思うのだが、中谷ワールドの "読みやすさ" という誘惑はかなり手強い。





|

2007年11月29日 (木)

説明責任を果たせ!という説明を聞かない人

 一ヶ月後に3億円が当たるということを知らない人は、目の前で売っている宝くじに見向きもしない。
 その情報を取り込むスイッチを入れるのは、その時々の本人の興味と関心である。

 興味のないものごとにはスイッチは入らない。
 後から「なんだよ、3億円当たる運命だったなんて聞いてないよ。説明責任を果たせよ、
みずほ銀行」と思うだけだ。

 説明して欲しいと言う人は説明を聞かない人だ。
 聞く耳を持つ人は、説明がなかったとは言わず、わからないことは聞きに行く。
 聞く耳を持つ人は、その場で説明してくれれば、それに感謝する。

 説明がなかったという人が「なかった」という説明は、実は過去に行われている。
 ただ、本人に感心がなかっただけだ。
 関心がなかったけれど「今日説明してくれたからわかったよ。ありがとう」と言える人は、聞く耳を持つ人。そういう人は好かれる。
 聞く耳がない人は、聞いていなかったのに「関心のない自分にもわかるように説明がなかった」と怒る。

 至れり尽くせり、手取り足取り、何もかも他人が自分の下部のようにやってくれる。
 アラブの石油王の王子でもない限り、そんなことはあり得ない。
 こういう人は口で言ってもわからない。
 聞く耳がないからだ。

 このような人のために、米粒に書いたような小さい字で書いた説明書は存在する。

 過去と人は変えられない。

|

2007年11月28日 (水)

げっぷのように話したい

 生まれたばかりの赤ん坊は、母乳やミルクを一生懸命に飲む。
 そして、おなかいっぱいになると、ふーっと一息つく。
 飲む意欲が失せたな?と思ったら親の出番。
 抱っこして、お腹を肩のあたりで軽く圧迫しながら、背中をとんとんと叩いてげっぷが出るのを助けてやる。

 これを短時間で手際よくやると、まもなく「げふ~っ」と長い音のげっぷが出て、すやすやと眠りにつく。
 その音を聞き寝た顔を見ると、親に安心と達成感が生まれ、とても気持ちがいい ・・・

 物語には 起・承・転・結 がある。
 誰かがネタを話す時、聞き手は早く 「結」 つまりオチを聞きたい。

 ところが、飲み会の席でオチを異常なほどひっぱる人がいる。
 ネタの振り始めの「起」でみんなの食い付きが良いと見るや、それは始まる。

 ■「起」からさらに古代に遡り 「起」の前振りから始める。
 ■「起承転」まで行ったところでまた「起」に戻り「起」の別バージョンを展開する。
 ■「起承転結」が終わったのに、間髪を入れず「承」から言い回しを変えたリフレーンに入る。

 話は手際よく、スピード感をもってオチまでいかなければ、おもしろくない。
 懇親の席ではプラスのストロークを送るという礼儀に則り、その日は皆楽しそうに聞いているが、次からその人と会うのが億劫になる。

 げっぷは一気に出ると気持ちいいが、げっぷを出すためにわざわざ空気を飲み込んでいる人を見るのは、気持ちが悪い。

げっぷが出ないようにする

|

2007年11月27日 (火)

ハンドルネームを検証する

 最近はハンドルという言葉を使う機会が少なくなった。
 パソコン通信時代からの仲間とオフで会った時でも、ほとんど登場しない。

 ハンドル=ハンドルネーム
 オフをオフ会というのが「オフ会会」に相当するのと同じで、冗長なく言うならばハンドル。

 パソコン通信時代、メールアドレスは「ABC00000」のような英数字の配列だった。
「ABC00000さん、こんにちは」
 というのでは味気ないし、呼びづらい。かと言ってネットの世界で本名を出すのは抵抗がある。
 そこでネット上のペン・ネームとしてハンドルが使われるようになった。

 インターネット時代の今、メールアドレスそのものにハンドルを使う人が大半を占める。
 私用メールアドレスにおいて、サトウイチロウさんが sato_ichiro@***.jp というアドレスを使うことは希。たいがいはニックネームをID(=@の左側部分)にする。
 こうして、ニックネームが一般的になったため、ハンドルという特別な言葉を使う必要はなくなっている。

 ハンドルは自由に名乗れるし、ネット上の場所によって、違うハンドルを使い分けるのも自由。
 ただ、ディズニーランドのファン・サイトで「ミッキーマウス」と名乗るような、自己中心的な態度は嫌われる。
 パソコン通信時代のニフティでは、フォーラムによっては「自粛したほうがよいハンドル」のガイドラインを示していた。
 当時は「の」でつなぐ長い名前が多く、オフでは皆「の」の前だけで呼んでいた。
(例:萩の月さん→萩さん)

 オフでは、ハンドルで呼び合うので、やたらと長い名前や「睾丸の美少年」とか、口に出せないようなハンドルも避けた方がよい。

 呼ばれる方も辛いが、呼ぶ方も辛い。

 拗音、促音、長音を除いて2音が「さんづけ」「ちゃんんづけ」どちらでも呼びやすい。
 3音以上でも、先頭の2音に「さん」「ちゃん」を付けて呼べると助かる。

|

2007年11月26日 (月)

坂内食堂 心のチャーシューメン

 ずっと、そういうラーメンが食べてみたかった。
 チャーシューが器を覆っていて、麺が見えない。

 ただこの写真の肉そばが食べられる坂内食堂は福島県。
 いつかまだ見ぬ福島県へ旅した時の夢にとっておいた。

 ところが2007年9月、坂内食堂がお台場にできた。
 フジテレビの目の前アクアシティの5階。
 新横浜にあるのは「ラーメン博物館」だが、こちらは「ラーメン国技館」
 ラーメンは客商売だと思うのだが、芸術や国技に持ち上げる人たちに呆れるし、それに乗って客をにらむようにポーズを決める店主には引く。

 ラーメン屋では、暖かい接客を受けた記憶よりも、そうでない記憶のほうが多い。
 京都の長浜では、なんにしようかなと言ったら「男ならしゃきっとしようぜ!」と怒鳴られたし、ナゴヤの錦では「ほれ、サービス」とニンニクの揚げカスを勝手に丼に放り込まれた。

 さて、お台場。
 国技館なので、それぞれの店員が店先で待ちかまえているのだが、坂内食堂の店員は特に感じがよかった。

 ずっと、こういうラーメンが食べてみたかった。

Photo
 喜多方ラーメン坂内食堂「焼豚ラーメン」850円

 時は移り変わっても、この気持ちだけは抑えられない。


 目の前にこの器が現れたらどんな気持ちになるだろう。
 1枚目のチャーシューを頬張ったらどんな味だろう。
 チャーシューが半分まで減ったらどんな気分だろう。
 いつも、この写真を見ながら想像していた。

 ところが食べ終わるまでの10分ほどの時間
 長く憧れていたラーメンへの憧憬がどこかへいってしまった。

 幸せは手に入れてしまうと、実感するのが難しくなる。
 人はそこにない新たなものを「幸せ」だと考えてしまう。

 今、手にしている心のチャーシューメンを自覚して
大切にしなければいけない。



|

2007年11月25日 (日)

デビッド君誕生

 「残念なお知らせです。デコは8月4日に第4子 David君誕生のため、北京からサンパウロへ移動しました」

 あっと驚く情報とはこのことだ。
 デコファンにとっては、自民党と民主党の連立成立!に等しいニュースバリューだ。
 まさか、そうくるとは思わなかった。


 デコは8月5日のFCバルセロナ対北京国安(北京フェングタイ・スタジアム)以降のアジアツアーをキャンセル。およそ半月の間クラブを離れることになった。

 これから出産に立ち会うというのならば、まだわかる。
 公式戦ではないとはいえ、たくさんのファンが待っている。
 デコ本人も8か月ぶりの日本行きを楽しみにしていたはずだ。
 秋葉原ショッピング用に、大好きな電気製品を紙に書き出していたかも知れない。

 この日のためにチケットを買った人。
 会社を休んで、遠くから飛行機で駆けつけ東京に滞在した人。
 2007-08のデコのマーキングユニフォームを新調した人。
 もしこの後、デコが移籍でもしようものならば、もう会えないかも知れない。
 CWC涙の敗戦がお別れとなったら、哀しい。
 皆、途方に暮れた。


 8月6日、来日したその日にソシオ限定公開練習を日産スタジアムで実施。

 この日の練習鑑賞は、WOWWOWでチケット・プレゼントがあった。そのチケットをオークションで38,000円で落札した人がいるという(あるサッカーショップの店員さんの話)

 ソシオになれば、2万円足らずで会員特典が享受でき、もちろんこの練習も鑑賞できる。情報を知らないということは何とももったいないことだ。


祝!ポルトガル代表 ユーロ2008出場権獲得!

|

2007年11月24日 (土)

お年玉つき年賀ハガキのノルマ

 今年もぼちぼちと年末恒例「喪中につき年末年始のご挨拶を控えさせていただきます」ハガキが届き始めた。
 年賀状を出さないのは、今年から不躾者になったわけじゃないですよ。と言い訳の先制攻撃をする目的の挨拶状。
 調べたことはないが、ここまで礼儀正しい風習は世界中で日本だけだろう。

 「お年玉付き年賀はがき」が今年も11月1日に発売された。
 このハガキは1949年12月1日登場。2007年で59年めの販売となる。

 お年玉付き年賀はがきの抽選は「1月15日の成人の日」と決まっていた。それが成人の日が2000年から第2月曜日に移ってから、わけがわからなくなった。

 抽選日
2008年 1月27日(日)
2007年 1月14日(日)
2006年 1月15日(日)
2005年 1月16日(日)
2004年 1月18日(日)
2003年 1月19日(日)
2002年 1月14日(ハッピーマンデー
2001年 1月14日(日)

お年玉プレゼントの歴史


 喪中挨拶状が届き始める頃、去年までならば郵便局に勤める親戚から「ノルマがあるから年賀ハガキを買って!」と電話がかかってきていた。それから去年出した枚数を思い出して、購入枚数を伝える。
 ところが、今年からはもういいですよというハガキが来た。
 会社が細分化されて、簡易保険の会社になったので、郵便はがきのノルマはなくなったらしい。会社が違うのだからそれが自然な姿だ。
 ただ、事情を知らない外部の人間からみれば、郵政民営化されてさらに商売に熱心になるのではと身構えているのに、商売から足を洗いましたというようなノリには拍子抜けした。



|

2007年11月23日 (金)

無料の期日指定メールとは?

 パソコン通信ニフティサーブでメールを送っていた頃は、文面のヘッダーとフッターにタグを書いていた。
 今で言えば、HTMLタグのようなものだ。

 その先頭行に sdate:940101
 と未来日付を書くと、1994年1月1日にメールを送ることができた。
 もちろん無料で。

 期日指定メールサービスは未来日付を指定して送ることができるメールのサービス。
 メール文面をFAXで送るサービスは有料だったが、こちらはタダだった。

 ところが、2006年3月31日で「ワープロ・パソコン通信」サービスが終了すると、なぜか後継の「Webメール」では期日指定メールは有料(105円/月)になった。
 自社の都合でパソコン通信を停止しておいて、代替手段は有料ですというのが、いかにもニフティ・クオリティだ。

 現在は 楽天が運営している infoseek に期日指定メールサービスがある。
 利用は無料。
 翌年末までの日付と時間も指定できる。

 「明日の9時にこの用事を思い出さなきゃ」という時には、自分宛のリマインダーメールを送る。

 「MSアウトルック」には期日指定メールを送信する機能があるが、大半の人は Outlook Expressを使っているだろうから、現実的には infoseek が唯一の無料サービスと言えるだろう。

|

2007年11月22日 (木)

バウワウのシグナルファイア

 BOWWOW (バウワウ) と言えば「シグナルファイア」だ。
 シグナルファイアはバウワウが1977年7月に出したセカンドアルバム。

  この一枚もしらべるが提唱する「二枚目最強論」を裏付ける。

  当時はCDがない時代なのでLPレコードで発売された。
 ヤフオクでは300円で売られている。
 亡くなったXのHIDEのような玄人から、素人までVOWWOW(1983年改名)のファン層は広い。
 その名盤だけに13年後の1990年、CD化されている。

 

 CDにボーカルでありギタリストの山本恭司がライナーノートを書いている。
 当時はメンバー4人が同じ家に住んでいたという。
 ジャケットに写っているメンバーの、いかにもロックバンドという髪型、服装がいい。リッチー・ブラックモアが「やめてくれ」と泣いて頼んだのに髪を切ったグラハム・ボネットが「Since you've been gone」を歌う映像を今見ると、ポップスバンドかと思ってしまう。
 やはりハードロッカーはカーリーヘアに限る。ただ今みると山本のそれはアフロに近い。

 

 「シグナルファイアは僕個人、いちばん思い出が深くて、いちばん好きなアルバム」
 山本もそう言っている。

 

 「プレリュード」が厳かに流れ「天国行き超特急」のイントロ・グルーブにつながる。
 ここで達する興奮は、後に出る
佐野元春「アンジェリーナ」にも劣らない。

 

 当時、ロック少年の間で絶賛された「シグナルファイア」だが、唯一の難点として合意されていたのは、山本恭司の唄がヘタだと言うことだった。

 歌詞が曲に乗り切れていない。
 
サザンオールスターズ、佐野元春が始めた音符に倍以上の歌詞をのせる手法を山本がやっていたら、さらにすごかっただろう。
 それこそ、思い出の一枚ではなく、ロック界の金字塔と言われていたかも知れない。

 

 2006年には「紙ジャケ」も出て、新品が1,901円で手に入る
 きっと今も、どこかの図書館で書庫に眠っている。

|

2007年11月21日 (水)

大場、長谷部の快投を祈る

 2007年3月9日、西武ライオンズがアマチュア2選手にかつて金銭を渡していたことを公表。東京ガス木村雄太(2006年ドラフトで横浜の指名を拒否)に270万円、早稲田大学の2007年度4年生野手におよそ1,500万円(うち500万円は一場靖弘問題後に手切れ金として渡していた)
 一場靖弘を巡る裏金問題で巨人阪神横浜のオーナーが退陣していた頃、西武は大学生に手切れ金を渡し、ばれなければよいとほっかむりしていた。

 その後さらに、西武では既に入団した選手に出来高の上限を超える支払、契約金の前渡しなどルール無視の悪行が発覚。
 横浜も那須野巧に申し合わせを大幅に超える契約金を渡していたことが公表されたが、那須野は何の自粛もなく、そのまま投げ続けた。
 NPBが横浜にペナルティを課さない理由は「申し合わせであり、ルールではない」ということだが、それならばルールにない「空白の一日」で江川は大手を振って巨人に入れるべきだった。

 西武のルール違反を契機に希望入団枠が廃止され、半年後に迫ったドラフト会議から、選手側に選択の自由がなくなった。
 悪いのは西武。不祥事の責任を大場や長谷部にとらせてどうする。

 大学生・社会人の有望選手は春先まで希望球団に行けると思っていたところ、西武の不祥事のために選択の自由が奪われてしまった。
 大場翔太はファンだったという巨人斎藤コーチの師事を仰ぎたかっただろうし、愛知工業大学の長谷部康平は中日に入りたかったかも知れない。
 ただ、これからプロ野球で飯を食うためには、その不満を口にすることは許されず「12球団どこにでも行きます」と明るく言わなければならないのが哀しい。

 大場は6球団が1位指名してソフトバンク、長谷部は5球団が1位指名して楽天がそれぞれ交渉権を得た。恐らく2008年が最後の指揮となる昭和世代の名選手、王・野村の元に奇しくもドラフトNo.1、2の選手が行く。
 選択の自由を奪った西武を相手に、二人の若者の快投を祈る。



|

2007年11月20日 (火)

2007年ドラフト会議

 1965年(昭和40年)第1回開催で堀内恒夫巨人に入団して以来、43回めのドラフト会議が行われた。

【 ドラフト会議2007スケジュール 】
9月15日
高校生のプロ野球志望届け締切

10月3日
高校生ドラフト開催

10月27日~11月10日
大学生・社会人プロ野球志望届け提出期間

11月19日
大学生・社会人ドラフト開催

 ドラフトは開始以来28年間、指名順位を抽選で決めてから指名していたが、1993年に逆指名(1球団2人まで)が導入され、同年にFAも始まった。
 2001年ドラフトから逆指名が自由獲得枠に替わる。
 2005年ドラフトからは高校生と大学生・社会人を分離開催。希望入団枠(1人)となる。

 1993年に逆指名が始まってから、不人気球団は大学・社会人の有望選手を獲得できなくなった。その代わりに選択の自由がない高校生の有望選手は競合が減り獲得しやすくなっていた。
 だが、2005年に高校生ドラフトが分離されると、そのうまみすらなくなった。これは人気球団のご都合主義と言われたが、選択の自由がない高校生にとっては希望球団に入るチャンスが増え、福音だった。

 プロ野球ファンやメディアは球団間の戦力均衡という視点に偏っている。
 讀賣新聞だけが有望選手のMLB流出を憂い、選手の側に立っている。
 現在のルールでは有望選手は、日本のプロ野球に入らなければならない。
 ドラフト会議で指名されなかった選手は、MLB球団に入ることができる。だが、有望選手を全球団が揃って指名しないということはない。

 ドラフト会議の前に提出する「プロ野球志望届け」を出さなければ、ドラフト会議で指名されないが、そのうえでMLB球団に入団する強者はまだいない。

 大場や長谷部が希望球団でのプレーを夢見て迎えた大学3年の春、事態は一変した。(つづく)



|

2007年11月19日 (月)

正しい箸の持ち方

上の一本を中指と人差し指ではさみ、親指で支える。
下の一本を親指と薬指で支える。

これが正統な箸の持ち方。

ポイントは中指が上の箸を支えていること。

「正しい箸の持ち方」の本を見ながら、練習してみる。
2本の箸先を合わせようとすると、うまくカチカチといってくれない。
ただ、それは問題ない。
実際の食事では箸と箸の間に食べ物が入る。箸どうしがカチカチいうほど、ふれあう必要はない。


 練習に使ったのはナチュラルローソンでもらった割り箸。
 この箸は秀逸だ。
 ビニル袋から出すと、もうすでに割ってある。
 割り箸ではなく、箸だ。

 そして、形状も作り込まれている。
 割り箸は箸の先が四角いが、この箸は削ってあり、普通の箸と同様、先にいくほど細くなっている。
 先が細ければ、カチカチと合わせるのが難しい。
 今回の箸の練習にはとても好適だった。

 いつもは、割り箸は使い終わるとゴミ箱に捨てていたが、この箸は洗ってまた使いたいと思う。

 割り箸は少々、持ち方が下手でも先がカチカチと合う。
 おそらく、割り箸の方が食べやすいという割り箸愛好家がいるのだろう。

 小さい子供に箸の正しい持ち方を教える親がいる。
 子供が箸の持ち方を習得する器具も売っている。

 だが、大人になってからでも一日あれば、正しい持ち方はできるようになる。
 理解力がある分、大人は何をしても速い。
 大人になってから直しても、決して遅くはない。

 箸づかいが悪いことで、病気をしがちだったはずだとか、脳の発達が遅れたとか、食べる姿が不細工なばかりにいい女を逃したはずだとか、いろいろと意見はあるだろうが、どれも言葉遊びに過ぎない。

 子供の箸の持ち方がおかしいからと言って、神経質になることはない。
 それは世の中がIT社会だからと、子供にパソコンを教えているのと同じだ。

 いずれ、時期がくればできるようになるし、今その時期にやることは他にたくさんある。

|

2007年11月18日 (日)

とっておきの情報

 FCバルセロナの選手たちがどこのホテルに泊まるのか。
 いつどこで練習するのか。
 大まかな情報はFCバルセロナの公式ウェブサイトに掲載される。

 初めはなんと良識的というか、無防備というか、さすがスペイン人は日本人とは考え方が違うと思ったものだ。

 だが、何度か追っかけをしているうちに、この情報があてにならないことがわかってきた。
 ウェブサイトの情報に沿って競技場で待ちかまえていたら、その日は練習が中止になったり、書いてあった場所とは別のところで練習したり、練習は中止だと聞いていたのに、中止じゃなかったり。

 携帯電話が普及して、情報の伝達は速くなったが、情報が速くて多い分、精度は落ちている。
 信頼できる仲間、信頼できる情報源をいかに確保できるかが鍵になる。

 今回のツアーでは、仲間の活躍により新たな情報獲得方法を編み出した。
 もちろん、仲間との財産なので公の場で書くことはできない。

 以前、パソコン通信時代のCUGには、そのような情報を書くことにためらいはなかった。
 だが、インターネット以降は、CUGに情報を得るためだけに入ってくる人が増えた。
 グループに入ってきたものの、自己紹介もしない。書込もしない。当然、なんの活動にも参加しない。だが、そこに書いてある情報は獲得できる。
 そうなってくると、CUGのなかでもさらに情報の開示方法を工夫しなければならなくなる。
 幸い、デコファンクラブには、他のCUGと比べてそのようなメンバーが少ない。

 2006年の来日時は、インターネットの掲示板で選手の行動についての情報が書かれていたが、2007年は見受けなかった。

 結局、宿泊ホテルの正確な情報が入ったのは来日の2日前。
 ちょうどその頃、自称「関係者」という方とメールのやりとりをしたが、こちらが情報をつかんでいると話すと「そんなはずはない。今回は我々関係者でさえ、一部しか知らされていない」とのことだった。
 ところで、ホテルは何処ですか?という質問が来たが、もちろん応えなかった。

 情報を獲得した仲間が、その情報をファンクラブのコミュニティ「でこむ」に書こうとした、まさにその時、別の仲間からにわかには信じられぬ書き込みが入ってきた。

|

2007年11月17日 (土)

ビートルズが代表する音楽世代

 大上段に構えて言えば、20世紀 音楽界に最も大きな足跡を残したロックバンド、ビートルズ。
 ほとんどの楽曲をポール・マッカートニー、ジョン・レノンが作った。
 メンバーは他にジョージ・ハリスン、リンゴ・スター。
 バンド名は beetle と beat を合成した。

1950年 ジョンとポールがアマチュア・セッションを開始
1962年 デビュー
1963年 英国内でトップグループとなる
1964年 世界的なトップグループとして認知される
1966年6月29日、来日。日本で3公演
1966年8月、コンサート活動停止を発表
1970年 解散
1980年12月8日 ジョン・レノンが暗殺される
2001年11月29日 ジョージ・ハリスンが肺ガンで亡くなる
2000年11月13日、英米でのナンバー1ヒットばかり27曲を集めたCD「1」発売。

 ビートルズの全オリジナル・アルバム
PLEASE PLEASE ME
WITH THE BEATLES
A HARD DAYS NIGHT
BEATLES FOR SALE
HELP!
RUBBER SOUL
REVOLVER
MAGICAL MYSTERY TOUR
SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND
THE BEATLES (WHITE ALBUM)
YELLOW SUBMARINE
ABBEY ROAD
LET IT BE

 ビートルズ初心者で、ヒット曲だけを手に入れたいならば「1」
 ビートルズに敬意を表してオリジナル・アルバムの代表作を押さえるならば「アビーロード」「サージェントペパーズロンリーハーツクラブバンド」(英国で22週連続1位を獲得、最高傑作)「THE BEATLES (ホワイトアルバム)」

 シンセサイザーとコンピューターがなかった時代の音楽は、1980年代以降の音楽とは明らかに違う。
 1980年以降に出たポップス、ロックを今聴いて「古くさい」と感じないのは、1980年を境にコンピューターによる音楽の大量生産が確立されたことに関係がある。

 1980年頃にできあがったポップスとロックの制作手順は、そのまま変化していない。ゆえにほぼ30年前に作られた曲にも古さを感じない。歌詞の意味がわからない洋楽については、新曲だと言われてもわからないだろう。

 コンピューター制作が確立した1980年代以降。
 シンセサイザーが登場して、手作りのスタジオワークと混在した1970年代。
 手作りながら、スタジオワークに凝り始めた1960年代。
 スタジオワークに凝らなかった1950年代。

 1970年に解散したビートルズは、手作りでスタジオワークにこり始めたパイオニア・ロックバンドである。

| | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

ゼロ媒体とアンチ・クリッキティス

 広告の五大媒体はテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、インターネット。
 もっとも後発のインターネットでは、キーワードに関連した広告の取り扱い金額が急速に伸びている。

 その五大媒体とは別に「ゼロ媒体」がある。
 商品パッケージを広告媒体に見立てた考え方。

 たとえば、かっぱえびせんを買うとする。
 パッケージの裏面にはえびについての豆知識が載っている。
 さらに詳しい情報が知りたいならば「かっぱえびせんのウェブページへ」ということで、URLや二次元バーコードが印刷されている。

 商品を手に取っているユーザーとメーカーの距離は限りなく、"ゼロ"に近いことから「ゼロ媒体」

 メーカーはさまざまな工夫をしている。
 手にとったユーザーがウェブページですぐ商品内容を知ることができるよう、企業ドメインではなく商品毎の専用ドメインを用意して商品パッケージに記載する。

 かっぱえびせんについて、知りたいのにカルビー全体のウェブサイトからかっぱえびせん情報を探せと言われたら、すぐ帰りたい。

 このようにwebサーフィンしているユーザーが、サイトがつまらないと「クリック一つで次から次へと移動してしまう」ことを「クリッキティス」という。

 物理的なモノを持っている企業は「ゼロ媒体」を活用できるが、インターネット・ビジネスをしている大半の人たちはモノを持たず、知恵で勝負している。

 Web界に従事する誰もが、どのような情報が「アンチ・クリッキティス」なのかを知りたがっている。だが、それを自ら公開するお人好しは滅多にいない。
 それを解析できたならば、それだけで立派なコンサルティング会社が成り立つだろう。

|

2007年11月15日 (木)

佐世保のお菓子と言えばぽると

 佐世保には銘菓「ぽると」がある。
 ぽるとは洋菓子店「白十字パーラーぽると総本舗」が販売する洋菓子。

 白十字パーラーは店の奥と2階が喫茶店。大ビアジョッキに入ったジャンボパフェ「チャレンジフルーツ」「チャレンジバナナ」そしてこの夏加わった「マロン」各900円 が有名。佐世保の旅行ガイドブックには必ず載っているし、テレビCMも放送している。

 白十字パーラーは1925年に開店しているが、開店当初にはぽるとはなかったようだ。「長崎佐世保2006」成美堂出版 には40年前から売られていると書かれている。

 ぽるとという名前はポルトガルのポルト市に因んでいる。デコUEFA CLを制したあのFCポルトがあるポルトである。

 ざらめのついたクッキーでゆずの味がほのかに漂うザボンの餡をはさむ。現在、ザボンは原材料に入っていない。


 数年前より白十字パーラーでは、ジャンボぽるとが売られている。525円、1050円 2種類の大きさがある。



 
ぽるとは一度に2個食べるとくどい。一人一回につき一個までがちょうどよい。
 40年ほど前から売られているが、ヒット商品として脚光を浴びた時代はなく、チロリアン 博多通りもんのように大きな賞を受けたわけでもない。
 佐世保バーガーは有名になったが、ぽるとは佐世保四ケ町で細いながらも、長く愛されている。

 子どもの頃はチロリアンや「長崎物語」のような、わかりやすい甘さのお菓子に目が行き、この独特な風味のお菓子を遠ざけていた。だが、大人になって食べてみるとお茶や珈琲、水にさえ合うことに気づく。

|

2007年11月14日 (水)

2010年問題とジェネリック医薬品

 「2010年問題」とは、2010年前後に売上が大きい大型薬の特許が一斉に切れることで、製薬会社の収入源がゆらぐこと。

 「****年問題」もいろいろあるが、国民にとってはどこが問題なのかがわからない問題もある。2010年問題もそのひとつだ。

 世界上位10品目のうち、7品目の特許が2011年までに切れる。
 特許が切れると、各社が一斉に後発薬=ジェネリック医薬品を発売する。
 特許に守られて売上を確保していた製薬会社は、たちまち苦境に立つ。

 そのため2010年に向けて、日本では大手製薬会社の経営統合が進んでいる。

 新薬(先行医薬品)の特許期間は20~25年
 特許が切れると他のメーカーが同じ成分、効果の薬を製造できる。
 後発薬は有効成分の変更は不可だが、添加物は変更できる。
 先発医薬品と同じ速さで、同じ成分が血液へ入るかを検査して合格している薬が後発薬。

 2006年3月まで
 医師が処方箋にジェネリック医薬品そのものの名称を書かなければならなかった。
   ↓
 2006年4月より
 処方箋に「後発薬への変更可」という署名欄ができた。
 医師がそれに署名すれば、薬剤師と患者が相談のうえ、ジェネリック医薬品を選択できるようになった。
 このため、この頃一斉にジェネリック医薬品を製造販売する製薬会社のテレビCMが始まった。だが、このところ見なくなった。

 「後発薬変更」に署名する医者がいないのである。
 医者にしてみれば、医療の安全性を盾に取れば、署名しないことに正当性を主張できる。
 そして、薬の販売会社が従来通りの高い薬を売って、高い金を利用者から受け取ることができる。

 2007年10月
 2006年4月の処方箋の改訂が功を成さず、後発薬の切替が進んでいないため、中央社会保険医療協議会が処方箋のさらなる改訂を決めた。

 メディアの皆さんは、老人医療費の問題を論うのと同じくらいの労力を、後発薬報道に充ててもらいたい。

 2010年問題が起こらなければ、それは2010年大問題である。

からだの健康用語事典



|

2007年11月13日 (火)

メディアが民主党寄りな理由

 法律の専門書では法律の上に憲法が書いてあり、憲法が法律の親分のように位置づけられている。ただし、憲法も一つの法律であり六法のひとつ。
 憲法は日本国の最高法規であり、日本の立法府(国会)がつくる法律は、憲法と整合性がなければならない。

 立法府と国民の約束である憲法が、言論の自由を保障している。
 これは国が国民に、それを保証しているということ。

 佐藤さんが鈴木さんに対して、思っていることを何でも言ってよい。
 ファンが芸能人に罵詈雑言を浴びせてよい。
 上司が部下にダメ人間と言ってよい。

 ということを保証しているのではない。

 従って、国民が民主党に対しての感想、憶測を公に口にするのは「言論の自由」に守られているとは言い難い。
 民主党は「国」を代表していないからだ。

 一方で、自民党と公明党は国を代表している。
 ただ、自民党長崎県連がそうかというと、そうではない。
 政権与党の国会議員が、国を代表して、国民の声を受け止める立場だ。

 従って、与党の国会議員は少々の批判に激高することなく、いちいち皮肉を言ったりせず、深い目をして聞く耳を立てなければならない。それだけの成熟が求められる。

 メディアの報道をみて
 「自民党ばかり批判しているなぁ」
 「民主党寄りだなぁ」
 と思うことがあるのは、このような理由からである。

 メディアは言論の自由を盾にとり、ものごとの本質の追求よりも、視聴率という数字の追求をしていられるのである。





|

2007年11月12日 (月)

言論の自由

 あなたは「自分には言論の自由がある」と思っていないだろうか。

 民主党の鳩山が「テロ特措法反対。戦争には反対ということだ」
とメディアのぶら下がりインタビューに答えているのが、11月8日夜の「ニュース0」で報道されていた。

 戦争反対?
 いったい誰が戦争をする、あるいは戦争を容認する法律を出すと言っているのだろう?
 少なくとも自民党が出している法案には、その影はない。

 あ、いた。
 小沢一郎は、連立協議の中で恒久法として、国連決議さえあれば武力行使も認められるとする外交姿勢を打ち出していた。
 なるほど、鳩山はメディアを通して自民党を糾弾するふりをして小沢を批判していたのか。

 いや、実は鳩山もひと芝居打っているのかもしれない。

 連立拒否、辞任、辞任撤回の一連の騒動は、小沢一郎+民主党が世論を揺さぶるために自作自演で仕組んだものだ。

 と言い切るのは自由か?これは言論の自由に守られていると言えるだろうか?

佐藤 「お前のかあちゃん、でべそ」
鈴木 「失礼な、なんていうことを言うんだ?」
佐藤 「日本には言論の自由がある」

 この場合の佐藤さんの考えはまちがい。
 佐藤さんは、鈴木さんに対して何を言ってもよいという言論の自由はない。

■ 言論の自由は、1947年5月3日施行の日本国憲法に規定されている。
      ↓
■ 憲法は、立法府が人民の利益を損なわないように定めた約束。
      ↓
■ 憲法は、立法府と国民の契約である。

つづく

|

2007年11月11日 (日)

もう大丈夫、デコ

 7月26日
 2007-08プレシーズン初の親善試合
 ダンディー・ユナイテッド(スコットランド)○1-0
 デコはスタメンを外れて、後半から出場。紅白戦でのサブ扱いがそのまま試合にも適用された。
 こうなると少々ことは穏やかではないが、それでも、ライカールトは、シーズン中デコを休ませるケースを想定してテストをしているのだろうと推察した。

 

 7月29日
 親善試合 ハーツ・オブ・ミドロシアン(スコットランド)○3-1
 初めて水色のセカンドユニフォームを着たこの試合も、デコは後半からの出場となった。
 親善試合の場合、レギュラーは前半に先発。顔見せを終えて後半に交代することが多い。
 それが「レギュラー扱い」というものだ。実際に出場する時間は同じでも、どちらに扱われるかは大きな違いだ。

 

 チームはスコットランドキャンプを打ち上げて北京へ移動。
 いよいよデコがアジア入りした。

 

 この夏のツアー概要は4月初旬に明らかになった。
 カテゴリー1のチケットは8,400円。決して安い値段ではないが、去年のCWCが3万円だったのに比べれば、タダのようなもの。
 日本でのスケジュールは、8月7日横浜Fマリノスとの1試合のみ。

 

 

 それでもデコはやってくる。
 この1か月間、デコが移籍しはしないかと、Webのニュースボタンを恐る恐る押していた。
 だが、デコはもう北京まで来ている。ここまで来ればもう大丈夫。

 

 僕らファンクラブは試合に着ていくユニフォーム確保、そして追っかけのためのホテル情報収集に集中することにした。

|

2007年11月10日 (土)

アホか?と言いたくなるビジネス電話

 職場にかかってくる電話には、思わず「アホか?」と言いたくなるものがある。

「どうしようかな~」

相手「○○さんいますか?」
自分「会議中です」
相手「どうしようかなぁ~」
 (人の時間を奪うな!)

相手「会議長引きそうですか?」
 ( 超能力者じゃあるまいし、わかるか、そんなもん )

「どれくらいで、戻りますか」

相手「○○さんいますか?」
自分「席を外しています」
相手「どれくらいで戻りますか」
自分「行き先が書置きしてないんですよ」

相手「戻りますか?」
 ( いつかは戻るだろうねぇ・・ )

「○○部です」

自分「はい、経理部です」
相手「総務部ですけど、佐藤さんいますか?」
 ( おまえの名前は総務部か? )

「かけ直します」

相手「鈴木さんいますか?」
自分「今日は終日、会議のようです」
相手「では、こちらから、かけ直します」
 ( 下手に出ているつもりだろうけど、何度も取次ぐのは、こちらの時間が奪われるのだが・・ )

「そうなんだぁ~」

相手「○○さんいますか?」
自分「ただいま、会議中です」
相手「そうなんだぁ~ じゃぁ電話くれる?」
 ( いきなりタメグチかよ ) これは 女性にとても多い。

「はぁ・・・・」

相手「○○さんいますか?」
自分「ただいま、席を外しています」
相手「そうなんですか・・・  はぁ.....     
 ( おーい、人生は終わりかぁ~ )




|

2007年11月 9日 (金)

ベンダー社員とのつきあい方

 ITベンダーとはソフトウェアの製造販売業者。
 IT業界では、特に企業向けソリューションパッケージの業者をこう呼んでいる。

  vendor の意味は、販売人、行商人、自動販売機。

 「飼い犬には餌をやらない」
 という言葉が日本にはあるが、ITベンダーは一度契約してしまうと、手のひらを返す。
 クライアント(顧客)に対して、飼い主のように振る舞う会社が多い。

 お金を出しているのはこっちなのだから、ITベンダー社員には礼節をわきまえて、最大限の仕事をしてもらいたい。それにはいくつかの技がある。

相手の上司の前で誉める。
 「とてもよく面倒をみてくれます」
 「改善の提案をしてくれました」
 というように、これからそうしてもらいたいことを、相手の上司の前で言って誉める。相手企業の社長など、上層部が表敬訪問に来た時は「佐藤さんの冬のボーナスは2倍にしてあげて」などとジョークを言う。
 このジョークは水商売の店で言う「ケイコちゃん、今日もキレイだねぇ」と同じくらい定番だ。

議事録をこちらで作って残す。
 議事録は依頼内容の証拠物件。トラブルの時にはもちろん役立つが、日頃の仕事で相手の負担を軽減してあげられる。IT技術者は元々日本語が書けない人が多いので、とても喜ばれる。

約束ごとは些細なことも守る。
 打合せ時間の約束。納品請け書は期日までに送る。日頃から約束を守り合う関係が、事故を防ぐ。

コーヒーを出す。
 生え抜きで情報システム部門にいる社員は、お客さんにはお茶を出すものだという考えがない。どこの企業でもそうなので、ITベンダー社員にとっては、お茶が出ることが珍しく、大切にされている印象を持つ。

見積りが高いと思ったら、穏健にきちんと言う。
 ベンダー社員に "いい人" と思われると、自分は気持ちいいが、会社の利益にはならない。ベンダー社員の中には、クライアントが組しやすいと思うと、工数を多めにふっかけてくる輩がいる。

 独占的に取引をしていると、こちらの主務担当者以外には横柄な態度をとるベンダー社員が多い。
 そういう社員がいる会社が相手の場合は、時折あいみつをとってプレッシャーをかける。

|

2007年11月 8日 (木)

フットメザ

 ブラジルにはテーブルでするサッカーがある。

 「昼は努力しろ、夜は夢を見ろ」
 はデコのお父さんのコトバだが、ブラジルのサッカー少年は昼は外で球を蹴り、夜はテーブルで戦略を学ぶ。

 テーブルボタンサッカー。日本での愛称は「フットメザ」
 試合開始前、プラスチックのボード上に選手に見立てた「ボタン」を配置。
 バルセロナの布陣で行くならば、4-3-3でボタンを並べる。

「フィッシャー」というスティックでボタンを弾き、
 フェルトでできている「ボール」を蹴ってゴールを狙う。

 日本では、ブラジルテーブルサッカー協会(CBFM)の承認を受けた Futmesa Japan が普及活動をおこなっている。
 2007年2月25日以来、川崎市の国際交流センターで競技イベントを開催しており、11月の大会に行ってきた。


公式戦用のテーブルで競技中
服装も靴も特別なものではない。写真のようにサッカー選手のユニフォームを着る必要はないが、着るとやはり気分は盛り上がる。


こちらは一回り小さいテーブル。練習や遊技で使う。



指でフィッシャーを弾き、ボタンを前方にあるボールに当てて転がす。

 プレーの感覚は子供のころ遊んでいた指で球を弾く野球ゲームに似ている。
 ただ、戦略性はビリヤードのもの。
 エポック社のサッカーゲームでは、ボールは地面を行くが、フットメザの上級者が打つシュートはドライブがかかり、宙を舞う。

 会場には多数の来場者、メディアの取材が入っていた。
 これから、どのように普及していくか注目したい。


Futmesa Japan のウェブサイト

|

2007年11月 7日 (水)

カルビー素材まるごとート

 「レジ袋要りません」運動が広がっている。
 10月の一ヶ月間、グリーン購入ネットワークによる買い物でレジ袋を断る一斉行動が行われた。
 それが終わる頃、届き始めたのがカルビーの懸賞プレゼント「素材まるごとート」
 カルビー製品についている応募券2枚で応募。
 10回の締め切りがあり、合計10万人に当たる。
 (第一回締切 2007年10月9日)
 絵柄はえび、じゃがいもなど10種類。
 どれが欲しいかの希望を書いて応募する

素材まるごとート
えび 




耐荷重:30kg
素材:綿

 さっそく「レジ袋いりません」デビュー
 マチが広くて深い。スーパーの水タンクを入れてもまだまだ入る。
 ポケットがついていてポイントカードや財布、携帯電話を入れるのにも便利。

 ただ、昔からの備品であるスーパーの買い物かごは、マイバッグ持参を想定していない。バッグを手に持てば両手がふさがるし、買い物カゴにバッグを入れるとモノを入れづらい。
 買い物カゴにマイバッグを入れる仕切りが欲しい。


裏面にもえび! 


 第一回締め切りの当選者には10月25日頃一斉に届いた。
 ブログには「当たったよ」報告が多数書き込まれ、そのうちいくつかは「即ヤフオク行き」と書かれていた。
 YAHOO! オークションで「えび」の価格を監視していたところ、最初の落札は500円、その後は1200円前後だった。
 11月6日に「素材まるごとート (-はがき 応募)」で検索したところ20点がヒットした。

 これから高級ブランドの「マイバッグ」トートが登場することだろう。



|

2007年11月 6日 (火)

ハウステンボスの挑戦

 CAS ViLLAGEは長崎を「食の発信基地」とすることをめざし、レストラン、ショッピング、ブライダルを三本柱とする。
 経営する会社は(株)CASジャパン。この会社はハウステンボスとは関係が無い。
 しかし、わずか7か月で自己破産を申請して閉園した。

 ハウステンボスは2003年2月26日、会社更生法の適用を申請。
 同年6月、メインバンクの興銀(現:みずほ銀行)から202億円の債務免除を引き出したのを機に、神近氏は経営責任をとり辞任した。

 辞任時点でハウステンボスの負債総額は2,400億円。
 大まかにいえば、4,000億円で街をつくり、1,600億円の借金を返したところでの挫折と言うことになる。
 1992年の開場から11年、バブルの崩壊や長期経済停滞などの逆風のなか、さほど市場が大きいわけでもない日本の西端でよく健闘したと言える。

 経営破たん直後の4月4日、日本経済新聞が朝刊トップで支援企業は「オリエンタルランド最有力」と報じる。
 オリエンタルランドは確かに経営権取得の意欲は示したが、後に「とても採算に合わぬ」と切って捨てた。
 結局は12月6日、野村プリンシパル・ファイナンスと支援契約。竹内大介氏(前野村証券アジア室長)がCEOに就任した。

 同業他社を救済すると見せて「やっぱりダメだ」とメディアに語ったのは、武士の情けに欠ける行為だった。

 世の中の誰もまだ「環境」の「か」の字も口にしていなかった1992年。
 住みよい地球を次世代の子ども達に残すという強い意志で始まった「環境と経済の両立」ハウステンボス・プロジェクト。

 神近義邦氏の「ハウステンボスの挑戦」は11年で終った。
 だが、千年の時を刻む街ハウステンボスの挑戦はまだ、つづいている。

|

2007年11月 5日 (月)

創業者は役場の職員

 東京ディズニーランド生みの親は高橋政知氏(故人)
 オリエンタルランド2代目社長。その後会長に就任。
 京成電鉄がディズニーランドプロジェクトから手を引いた後を受け社長就任。
 親会社三井不動産、ディズニー・プロダクションズの間に入り、東京ディズニーランド(TDL)開園にこぎつけた。
 高橋氏の存在なくしてTDLはなかったという後世の評価により、TDL生みの親と呼ばれる実業家。

 一方、長崎オランダ村、長崎バイオパーク、長崎ハウステンボスを起業した神近義邦氏は長崎県西彼町役場の職員。農林指導員だった。

 町役場の職員が総事業費4000億円の街づくり、ハウステンボスプロジェクトを起こす奇想天外な半生が「ハウステンボスの挑戦」に書かれている。

 オランダ村は、風光明媚な大村湾に沿ってオランダの風車や帆船、街並みを再現したテーマパーク。
 1983年7月22日オープン。全国のテーマパーク「○○村」乱立のはしりとなった。

 東京ドーム33個分という広大なハウステンボスとは違い、手ごろな広さのため半日ほどの滞在で十分にリゾート気分を満喫できる。九州最大の都市、福岡からも日帰りで行ける人気の行楽地となった。
 大村湾の風と西九州の強い陽射しを受けながら、テラスで飲むオランダビール「グローリッシュ」は最高だった。

 オランダ村はハウステンボスがオープンした1992年以降も営業をつづけたが、2001年10月21日に閉園した。
 その後、2003年12月、西彼町が地域振興基金1億9400万円を充て跡地を買収。
 2005年3月、オランダ村敷地跡にCAS ViLLAGEがオープンした。

つづく

|

2007年11月 4日 (日)

控え扱いのデコ

 6月26日
 モナコからコートジボワール代表MFトゥーレ・ヤヤを獲得。4年契約 ユニフォームナンバー24

 6月29日
 リヨンからDFエリック・アビダルを獲得。4年契約 ユニフォームナンバー22

 7月10日
 リーガ開幕直前にビッグクラブをカンプノウに招く親善試合「ジョアン・ガンペール杯」
 ジョアン・ガンペールはFCバルセロナを創設した人物。
 今年の公式パンフレットに登場したのはエトー、ロナウジーニョ、アンリ、メッシの4人。デコはそこに入らなかった。

 7月11日
 サラゴサからDFガブリエル・ミリート(アルゼンチン代表)を獲得。4年契約 ユニフォームナンバー12(後に3に変更)

 2007年7月23日
 バルサはスコットランドのセントアンドリュースで合宿開始。
 昨年のプレシーズンキャンプでは、ドイツW杯出場選手は参加を免除された。
 デコは今年はもちろん初めから参加する。

 2006-07シーズン、バルサMF3人のレギュラーはデコ、イニエスタ、シャビ。
 この時点では、ビッグネームのMFトゥーレ・ヤヤを獲得しても、デコにはなんの影響もないと考えられた。

 だが7月25日、スコットランド合宿初の紅白戦
 デコが入ったのは控えチーム。
 レギュラー組のMFはシャビ、イニエスタ、トゥーレ・ヤヤだった。

 6月中旬の「2ヵ月後ここにいるかはわからない」という発言。
 外されたジョアン・ガンペール杯パンフレット。
 そしてキャンプでの控え扱い。
 いったいデコの周囲に何が起こっていたのだろうか。

|

2007年11月 3日 (土)

ハウステンボスへ旅する方へ

 ハウステンボスはオランダの街作りに学び、隅田川・荒川の水辺に栄えた江戸の町の思想と現代日本のハイテク技術で作り上げた街。
「ハウステンボス」はオランダ・ベアトリクス王女が住む宮殿の名前で「森の家」という意味。
 環境と経済の両立、千年の時を刻む街をめざして1992年3月に開業した。

 ハウステンボスができた発端はオランダ村にある。

 1983年開業の長崎オランダ村(2001年閉園)は九州地区で大変な人気を博し、週末になるとオランダ村につながる片側一車線の国道は渋滞が激しかった。

 一方、高度成長期に造成した針尾工業団地が、グンゼが撤退して広大な荒れ野原になり佐世保市はとても困っていた。

 そこで、佐世保市はオランダ村側に 針尾をオランダ村の駐車場にして、観光客をそこから船でピストン輸送することを提案。
 針尾の視察に訪れた神近義邦(オランダ村創業者、ハウステンボス創業者 現在は退任)が山と海に囲まれた立地をみて、かねてからの夢だったハウステンボス構想を針尾で実現した。

 ハウステンボスの住所は、佐世保市ハウステンボス町1-1
 Google MAP で検索すると、園内に細かく番地が振られていることがわかる。
 敷地は50万坪で、東京ドーム33個分の広さ。

 2003年2月26日、会社更生法適用を申請、同年12月6日、野村プリンシパル・ファイナンスと支援契約、現在も営業を続けている。

 ハウステンボスを訪れた人の評価は大きく二つに分かれる。

■園内ホテル(ホテルヨーロッパ、デンハーグ、アムステルダム、フォレストヴィラ、迎賓館の5つ)の宿泊経験者
「テーマパークと言うよりはリゾート地。また泊まりたい」

■数時間訪問した人
「一度行けば十分」

 せっかくのハウステンボス旅行を楽しむならば、るるぶやまっぷるをチェックした後に、創業者の神近氏が書いた「ハウステンボスの挑戦」を読むとよい。
 そうすれば、事実とはこれほどまでにドラマティックなのかという驚きに溢れた旅になる。

11月5日につづく

|

2007年11月 2日 (金)

冷蔵庫の閉め方

 冷蔵庫は生まれた時から家にあった。
 年代によって、生まれた時の状況は違う。

 テレビが白黒だった
 洗濯機が二層式だった
 電話がなかった
 テレビゲームがなかった
 携帯がなかった

 冷蔵庫はそのどれよりも先輩格
 テレビを見ない日はあっても冷蔵庫を開けない日はない。

 旅先でホテルにチェックインすれば、まず冷蔵庫を開ける
 一度抜いたら課金されてしまうジュースがびっしり入っていることもあれば、がらんとして何も入っていないこともある。
 製氷室がついているもの、冷凍庫もついているもの。
 風呂に行くにしろ、町に出るにしろ、冷蔵庫を見なければ夜が始まらない。

 物心付いた子どもから老人まで、誰もが開けている冷蔵庫。
 実はその「閉め方」に人柄が出る。

 職場で席の隣りに冷蔵庫がある。
 恐らく1980年頃の製品で、冷凍と冷蔵の2ドア、高さ150cmとそこそこ大きい。
 一日に20人ほどが冷蔵庫を開けに来る。
 お目当てのものを取り出して、8割の人が20cm以上手前で手を離し、惰性で扉を閉める。

 ばたん
 これを毎日16回聞いていると、いい加減うるさくなってきた。

 冷蔵庫は静かに閉めてください!

 紙を貼ってみた。
 それまで、30cm手前から勢いよく締めていたおばさん二人が、なにやらひそひそと話している。
 やがて、冷蔵庫の近くは静かになった。

 一週間過ぎた。
 再び、ばたん!とやる人が現れた。
 貼り紙に目が慣れたのだろう。

 自分が日ごろ疑問も持たずにやっていることは、自分では気付かないものだ。



|

2007年11月 1日 (木)

かすみがうらマラソン

 11月1日より、かすみがうらマラソンのエントリー受付が始まった。

 「かすみがうらマラソン」は茨城県土浦市で4月に開催されるマラソン

 最近では9月20日、10月28日にTBS系列で放送されたテレビドラマ「マラソン」のロケ舞台となった。
 ドラマは自閉症の主人公がマラソンに挑戦する物語。
 自閉症とは、特定の物事にこだわりが強く、ことばでのコミュニケーションがとれない症状。
 自閉症という語感は悪く、周囲に自閉症の人がいない人にとっては、偏見を与えがち。
 痴呆を認知症と言い換えるならば、自閉症もなにか違う言葉に置き換えたほうがよい。
 その原因は特定されていない。親の子育ての方法や環境に原因があるという説は可能性が低い。ことばで意思の疎通がとりづらいのは、本当に切ない。

 主演の二宮和也は、とてもよく演じている。
 筋立てや台詞は専門書や取材でいくらでも組み立てられるだろうが、見たままの姿に何処で接し、役造りしたのかと興味深かった。

 舞台となった霞ヶ浦とは西浦、北浦、外浪逆浦(そとなさかうら)という3つの湖と常陸利根川を含む地域の総称。茨城、栃木、千葉の3県にまたがる。
 湖面面積は219.9平方kmで琵琶湖に次いで日本2位。ほとんどの岸辺がコンクリートで護岸されてしまい、水質汚染が進んでいる。1994年に生態系を取り戻す市民運動「アサザプロジェクト」が始まった。
*参考文献「よみがえれアサザ咲く水辺~霞ヶ浦からの挑戦~」鷲谷いづみ 飯島博 文一総合出版 1999年6月

 第一回大会は1991年1月に開催。
 同じ茨城県で1981年に始まった「つくばマラソン」に次いで、関東の市民マラソンでは2番めに歴史が古い。(荒川市民マラソンが始まったのは1998年)
 参加人数の過去最高は8,798人(1997年)
 2001年~2006年は5,000人台だったが、2007年は増加に転じた。
 制限時間ペースを上回ると、交通規制が解除されていくが、引き続き歩道を走ることが許されている。

時期:4月中旬の日曜日に開催
コース:川口運動公園を始点・終点とする周回コース。往復コースではないので景色に変化がある。

スタート:10時0分
制限時間:6時間
関門:1か所 17km2時間15分
参加費:3,700円
距離表示:1km毎
前年参加者:7,399人

 ナンバーカードを事前送付するので、東京マラソン湘南国際のように前日と当日2度行かなくて済む。マラソンでは最も遅い午前10時の号砲といい、東京、神奈川からの参加者を視野に入れた賢明な運営。

 エントリー締め切りは2008年2月18日。
 東京マラソン落選者10万人の受け皿となる関東の春マラソンは荒川とかすみがうらの2つだけ。
 テレビドラマ放送で知名度もほんの少しだけ上がっており、どれだけランナーを集めるに注目したい。



|

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »