« 占いは転ばぬ先の杖 | トップページ | マジックハンド »

2007年12月21日 (金)

空港のカレーはなぜ美味しそうなのか

 出発間際にベジタリアンではない僕は
家で何も食べてこなかったことを思うわけだ。
そう、空港ロビーのサンドイッチスタンドで。

 でも僕は嗅覚がデリケートだから、となりのレストランから
流れてくるカレーの香りのせいで、福岡へ行くのを止めるかも
知れないね。

 って止めるわけはないのだが、いつも思う。

 なぜ、空港のカレーは美味しそうなのか。

 ある日、羽田空港の待合いロビーのコーヒーショップにたたずみ、となりのテーブルのおじさんが食べているカレーの香りの中で、その理由をじっくりと考えてみた。
 ネクタイを締めた頭髪がバーコードになったおじさんは、カートを向かいの席に立てかけて、一心不乱にカレーをかきこんでいる。

■空港のカレーは、街のカレーより本当に美味しい。
 食べ比べたことがないので、わからない

■カレーがそこにあるとは思っていなかった。
 空港に食事に行く人はいない。交通の手段として訪れた場所で、食べ物の強い香りを嗅がされることで不意を突かれる

■空港に行く時はお腹が空いている時だ。
 確かに満腹に食べた直後、さぁ飛行機に乗るぞと空港に乗り込んだことはない。

■カレーはどこでも美味しそうなのだ。
 そこが空港だからではない

 4つではキリが悪いのであと1つと、頭をひねっていたら、おじさんはカレーを食べ終えてしまった。
 さじを、それを置いていたナプキンに包み皿に置いた。
 ご飯粒はキレイになくなっているが、さじですくいきれなかったルウが皿にバーコードのように残っている。

 あれを舐めたい

 とはさすがに思わなかったが、もし今おじさんが、皿を舐め始めたら、いいネタができる。
 いや、舐めたことにしてしまおうか・・
 と考えていたら、視線に気づいたおじさんはそそくさと席を立っていった。

 カレーの余韻を楽しみたかったかも知れないのに悪いことをした。
 もうそれ以上、空港のカレーが美味しそうな理由は浮かばなかった。

 いつか、きっと同じ問題意識を持つ同士が、同様の考察をしてブログで発表してくれるだろう。
 そしてその数が100人に達した時、ハウスかS&B食品が「空港カレー」を発売するに違いない。

 早く食べたい。空港カレー

|

« 占いは転ばぬ先の杖 | トップページ | マジックハンド »