« スポーツは力、今君はそれを手にしている | トップページ | あなたの歴史を書き出すフォーム集 »

2008年2月22日 (金)

IE7はこなかった

 Microsoftは2月13日、日本のWindows XPユーザーを対象に、自動更新でInternet Explorer7の配布をおこなう。・・・はずだった。

 この 「IE7騒動」 は静かに日本のあちこちの企業で起きていたはずだ。

Ie7_annai3_2

 自動更新のダウンロードが終了した後、更新画面で「インストール」を選んだ次の画面で、このような画面が出る。 ・・・と、Microsoftのページには書いてある。

 アプリケーションの中には、IE7に対応していないものがある。
例を挙げるならば、SAP-ECC(製造元:ドイツのSAP)がそうだ。

 画面を遷移する時に、ウィンドウをポップアップさせるアプリケーションは、IE7では使えない。
 IE7は複数のウィンドウをウィンドウではなく、タブという単位で管理するためだ。
 IE6でも「ポップアップブロックが無効」の状態にしなければ使えない。

 IE7のようにタブで新しい画面を開くブラウザーを「タブ・ブラウザー」という。
 タブ・ブラウザーに対応していないアプリケーション(この言葉はシステムに置き換えてもよい)は多い。
 世界で一番売れているERPと自称しているSAP-ECCが対応していないのだから、推して知るべしだ。

 SAP-ECCなどのタブ・ブラウザー非対応アプリケーションを導入している企業の情報システム部門は、マイクロソフトが公開した情報を元に、IE7に備えていたはずだ。

 ユーザーは新しくて便利なものを使いたがる。
 Windows XP を勝手に WindowsVISTA に入れ替える人はいないが、IE6 を IE7に替えるのは、タダなんだから個人の自由だと思っている人が少なくない。

 タブ・ブラウザーへの対応は、基幹システム全般で数千万円規模のお金が必要だというのに、お客さん気分、いや王様気分で、とにかく新しくて便利なものはすべて我が輩によこせ!と言い張る人がいる。

 ど素人からある程度詳しい人まで、いろいろな人が集う「会社」では、なぜIE7を入れてはいけないのかを理詰めで説いておく必要がある。

 IE7を勝手に入れて「エラーが起きました」と言って他人に手間をとらせたら、即座にクビ!
と言える会社だったらいいのだが、なかなかそうはいかない。

 ユーザーは自分が勝手に入れておいて、何かエラーが起きれば
「IE7が勝手に入った」
「IE7が突然入った」
 と、切り札である "勝手に" "突然"を使い無罪を主張する。

 2月13日に予定されていたWindows Update の自動更新によるIE7ダウンロードでは、IE7が "勝手"に入ることも、"突然"はいることもない。

 ただし、事前に情報が与えられていないと
 「知らなかったから、自分は悪くない」
 「情報システム部門が説明責任を果たしていない」
と "聞いてないよ攻撃"に出る。

 各企業の情報システム部門は「2月13日になれば、このような画面が出ますから、この順番でボタンを押すのですよ」
 と赤子に諭すように事前周知をしていたはずだ。

 ところがである。その IE7はこなかった。
 Yahoo!やGoogleでニュース、ブログを検索すると「IE7がくる」という話ばかりで「IE7がこない」という話が出ていない。個人ユーザーがブログで「来た」と書いているのがわずかに見つかる程度だ。

 何かからくりがあるのか
 狐につままれた気分だ。
 マイクロソフトという会社はよくわからない。



|

« スポーツは力、今君はそれを手にしている | トップページ | あなたの歴史を書き出すフォーム集 »