« ユーロ2004グループリーグ突破 | トップページ | 元姓 »

2008年2月25日 (月)

鶴見でぶーがる

 佐野元春「アンジェリーナ」の歌詞に
「トランジスタラジオでブガルー」
という一節が出てくる。

 この曲を初めて聴いてからもう27年が過ぎているが、いまだにブガルーとは何だかわからない。
 調べようと思ったこともない。
 元春ファンの仲間に「ブガルーってなに?」と聞いてみたことがあるが、誰も知らなかった。
 恐らく、音楽のジャンル名なのだろう。

 京浜東北線「鶴見」の駅に降りたのは、その日が二度目だった。
 それはそれは寒い夜で、その店まで駅から20分と聞いた途端、仲間の一人は明らかに機嫌が悪くなるのが見て取れた。

 その店の名は「ぶーがる」
 ブラジル料理と沖縄料理の店らしい。
 仲間が雑誌に紹介されていたのを見つけて一度、下見をしてきていた。

 「駅から遠いし、ほんとにあたりはしんとしてますよ」
 偵察隊の言葉どおり、繁華街とは呼べず、どちらかというと地方によくあるシャッター通りに近い。

 土日限定で焼くというシュラスコ、ソーセージが美味い。(写真奥)
 メニューにハムサンドという名前が、居心地が悪そうに載っていたので頼んでみたところ、これがまた美味い。(写真手前)

Dsc05543 

 

沖縄料理方面では、ソーキソバを期待していたので、それがなかったのが残念だった。
 SPAMソーセージらしき肉をふんだんに使ったゴーヤチャンプルーは、後半に頼むにはちょっと重たくて残ってしまった。すると店のおばちゃんが「持って帰る?」と言って、お持ち帰りパックにしてくれた。

 お店のお客さんは僕らのグループ以外はすべてブラジル人。
 皆が、デコやロニーがよく喋っている、あの抑揚で話す。
 驚いたのは、この寒い中、数人は外でシュラスコを片手にビールを呑んでいる。
 南米か!
 じゃなくて、南米は暑そうだから、彼らがなぜこんなに寒さに強いのかわからない。
 しょっちゅうドアが空くので、寒風にすっかり酔いが覚めた。

 お値段は一人あたり3,000円弱。
 曜日によってメニューが変わる。仲間の一人が楽しみにしていたパンは金曜日のメニューだった。

 お店の名前の由来を尋ねたところ、ドイツ語でなんとかという意味だと息子さんが説明してくれた。だが、あまりの寒さに思考回路が記銘を拒否したようだ。
 駅から歩いてすぐだったら、また行きたい・・

|

« ユーロ2004グループリーグ突破 | トップページ | 元姓 »