« アンダルシアといえば | トップページ | 花見ラン »

2008年3月31日 (月)

ガソリン値下げの大局

 あなたの時給はいくらですか?

 時給で働いている人はすぐわかりますね。
 サラリーマンの場合は、給与明細に時給換算賃金が載っていればすぐわかりますね。
 では、つづいて
 あなたは1時間あたり、いくらの価値の人間ですか?

 これは難しいかも知れません。

 時給だと5千円の人も、いやぁ俺って5千円の価値あるかなぁと思うかも知れないし、いや、俺は1万円の価値はあると思うかも知れない。

 先週末、環状八号線沿いで一番安いと思われるガソリンスタンドでは、レギュラーガソリンは144円~146円。
 ただ、見かけた客の車はゼロ台。
 今週末になれば、25円安くなるからでしょう。

 144円の店は25円下げて119円にするでしょうか?
 ちょっと怪しいと思いますが、チェックしてみようと思います。

 通常の土曜日午後、セルフで最安値の店にはいつも行列ができていました。
 道路の外にまではみ出していて、その台数は平均すると2台。

 さて、今週末その行列は多少延びるでしょう。
 もし行列に15分かかったとしたら、失う時間は15分。

 1時間価値が5千円の人ならば、失うのは1,250円。
 ガソリンタンクの容量を60リットル、満タン給油量が50リットルだったとすると、25円下がることによる値下げ総額は1,250円。
 収支プラスマイナス0。

 1時間価値が2千円の人ならば、失うのは500円。
 ガソリンタンクの容量を60リットル、満タン給油量が50リットルだったとすると、25円下がることによる値下げ総額は1,250円。
 750円のお徳。

 安いから、たくさん入れたいのが人情。
 安いのは4月末までなので、ドライブを4月に計画し直した人も多いでしょう。
 くれぐれも、安いからと言って、空ぶかししたり、回り道をして、事故のリスクを増やすことのないよう、気をつけたいものです。

 給油している途中にお店のガソリンが底を突いて、メーターが止まっても、それをネタとして楽しみましょう。

 15分待った挙げ句「品切れです。他のお店へどうぞ」と言われても、そこにある箱ティッシュ1つよこせ!とか、みっともないことを言うのはやめましょう。

 どんなことが起きても、悪いのはガソリンスタンドの店員さんではありません。大局より政局が大好きな人たちなのです。

|

« アンダルシアといえば | トップページ | 花見ラン »

自動車/交通」カテゴリの記事