« セビージャとUEFAカップ | トップページ | 卒業式の泣く場面 »

2008年4月 7日 (月)

ラーメンの歴史

 ラーメンは日本で生まれた。
 麺類はアジア大陸のどこかで生まれたのであろうが
「ラーメン」は日本で生まれた。

1872年
横浜の中華料理店街で支那そばが登場。

1922年
竹家食堂でこの食べ物が「ラーメン」と命名される。
店員の「好了(ハオラー=できたよ)」と言う言葉が命名のヒントになった。

昭和初期(昭和16年~1941年頃までか)までは支那そばと呼ばれていた。
支那は差別用語であるという人がいて、中華そばという呼称に移行していった。

1958年
8月25日、世界初の即席ラーメン「日清チキンラーメン」が初めて問屋に出荷された。
売価:35円
これにちなみ、8月25日は「ラーメン記念日」
 開発者であり日清食品会長の安藤百福(あんどう ももふく)が自ら記念日とした。
 発売当初チキンラーメンはお湯をかけて2分間で食べられた。

 チキンラーメンの登場を契機として、それ以降はラーメンという呼称が定着した。

1971年
9月18日、世界初のカップ麺「カップヌードル」を日清が発売。
売価:100円

 コンビニや大手スーパーの棚を巡る食品メーカーによる競争は激しく、売れ行きの出足が悪いとすぐ棚を外されてしまい、それは即生産終了につながる。
 そのためメーカーは次々と新製品を開発しなければならない。
 結局、万人受けする「UFO」や「ペヤング」などの無難な味付の商品が生き残り、個性の強い商品は短命に終わる。

1989年
カップ麺の出荷量が袋ものインスタントラーメンを追い越す。
カップ麺24.5億食、袋もの22.3億食

1994年
新横浜ラーメン博物館がオープン。

2007年
冬、原油高騰に伴う原材料価格上昇により、カップ麺、インスタントラーメンが一斉に値上げされた。

 同じ満足度、満腹感を求める時、弁当、サンドイッチ、おにぎりに比べて圧倒的にカップ麺が安くつく。
 これからインフレが進み、日本人の食卓が貧しくなっていく時、カップ麺はさらに食品全体の中でのシェアを伸ばすだろう。

 2007年暮れの値上げ以降、店頭実勢価格で20円強の値上げとなっている。
 原油先物取引で巨額の冨を得る富豪に、庶民が上納金を納めている現実は洒落にならない。
 洒落にならないが、この現実に立ち向かうことは大変に難しい。

参考文献
「ラーメンマニアックス」アスペクト 1998年2月5日初刷
「竹家食堂」ものがたり 大久昌巳 杉野邦彦 角川書店 2004年2月初刷



|

« セビージャとUEFAカップ | トップページ | 卒業式の泣く場面 »