« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の31件の記事

2008年7月31日 (木)

国民を信頼させておいて揺さぶりをかける

 三ヶ月見直し法
 IDOの任期は五年。
 就任して一年が経過した頃から、国民が僕に依存し始めているのを感じた。
 すべてIDOがうまくやってくれる。任せておけばあと四年は安心という空気だ。

 平和の保証は総理の専権事項、技術開発の舵取りはIIDO、経済政策の道筋はEIDO。
 そして、真っ当に生き、他人のために役立とうと思えば、それが自分に返ってくることを僕が保証している。
 格差や不平等のイメージを煽ることに終始していた2000年代ならば、今の時代は「希望の時代」と定義されただろう。
 しかし実際には、保証に満ちた社会は怠惰な社会。平和もない希望もない国でこそ、国民はスリリングな毎日を送ることができる。そのままでは「思考停止の一〇年」を再現することが容易に想像できた。

 日本にIDOが生まれ、理想の国を作ることが計画ではない。
 それまでの世界とIDOの作る世界。IDOが作った世界と、その後の世界。それぞれの糸をどう紡ぐか。
 それを国民が考える体験を、この実験国を舞台に行うことが計画。これがIDO生みの親である高橋総理の想定にはない、僕だけの計画だ。

 真っ当に生きている人は、どんな法律ができても罰せられることはない。もし僕が、痰を吐いたら死刑と決めたとしても、痰を吐かない人は死刑になることはない。横着か、真っ当かの違いだけがそこにある。

 僕が立法する度に、レアケースを開陳して反論する人々が、日本中のあちこちにいた。
 彼らは怒り・苦しみ・辛さを自ら吸い寄せている闇との会話者。世の中が変わらないと、自分が変わらないと思い続けている。
 2012年以降「自分が変われば、世の中が変わる」そう気づいた人は、もう随分先に行っているというのに。闇と会話すれば人生を無駄に費やすだけなのに・・・
 この言葉は闇との会話者には届かない。

 就任後一年が過ぎた 2035年10月。「僕が独裁者になったら」に届くメールの30%が僕へのお例メールになり、提案がめっきり減っていた。
 週刊法律三誌には、IDO礼賛の記事が並び、早くも四年後の留任を求めていた。
 まだ一年しか終わっていないという時に。

 僕はおもしろくなかった。IDOは夜警の番人として生まれたのではない。
 就任後一年三ヶ月が過ぎた2036年2月「三ヶ月見直し法」を施行した論拠がここにある。
 すべてのIDO法は、IDOまたは国会が維持手続き、修正をしない場合、三ヶ月で白紙に戻る。人々は手に入れた安心を三ヶ月で失い、自らの頭で考えなければならなくなった。
 三ヶ月後、それまでにつくった390法のうち、39の法令がなくなった。
 「三ヶ月見直し法」の規定に則って「殺人を禁止する法」も廃止されたが、だからといって、一斉に殺し合いが始まることはなかった。

 そう。誰も悪いことをしたいわけではない。
 法律は社会で生きていくうえで、やってはいけないことなどを決めたものだと思われがちだが、従来法の多くは、自由を奪うことを目的とした「自由法」。
 社会の規範は法律の中にではなく、自らの心の中にある。法が消えた時、人はそれに気づく。真理を灯火とすれば、法は空なのだ。

 実は就任当初から、このタイミングを計っていた。
 初めから、すべての法令を三か月で見直すという「自主的な安全弁」は考えてあった。
 ただ、最初は隠しておいた。そして、国民が僕を信頼して、安心しきったところで揺さぶりをかける。この策は当たり、再びたくさんの提案が舞い込むようになった。



|

2008年7月30日 (水)

かな漢字変換ができない

 ある日、突然、何もしていないのに、かな漢字辞書(ATOK)の変換がおかしくなった。

 「突然」「何もしていないのに」
 はコンピューターシステムユーザーの2大常套句。
 自分は何も悪くないのに・・ 何も設定を変えていないのに・・ 「他人のせいで、自分が不便になった」 という被害者立場を明らかにする時に使う前置きだ。

 元々、ソフトにバグがあったのではないか?
 Windows update によって、何らかの障害が起きたのかも知れない。
 たちの悪いウィルスに感染したのではないか?

 ユーザーはまず、こうした「他人のせい」を疑う。
 思いこみの激しい人は、ここですぐ、メーカーや情報システム部に殴り込んでしまう。

 だが、こういう時、大概の原因は自分のパソコンの中にある。
 反政府活動をしていたり、その告発を密かに計画していたりしない限り、悪意のある第三者が自分のコンピューターを狙い打ちにすることはない。そういうのを日本では古(いにしえ)から「テレビの見過ぎ」という。

 何か設定を変えたのかも知れない。
 経年使用による不具合の要因はないか?
 パソコンの性能に問題が出てはいないか?
 冷静な人間は、自分のパソコンを疑うことから始めるものだ。


 さて、かな漢字変換の不具合調査が始まった。

 まずは、発生している環境を書き留める。
発生するソフト:秀丸、メモ帳、IE7(あらゆるかな漢字変換)

 つづいて、再現性。どのような時に必ず起きるかという現象を書き留める。
現象
 ソフトを起動して、最初のうちは問題なく変換できる。
 文章を書いていると、途中で変換できなくなる。

【 例 】
エクセルソフトは時々、開かなくなることがあります。
[変換キー]押下 
そうなると、もうお手上げです。
[変換キー]押下 
ファイルのないようを 
← ここで表示が遅くなり、変換キーを押下しても、変換候補が現れない。


 つづいて解決への道のりが始まる。

【 0 】まず最初に ATOK20U1.DIC のコピーをとる(=バックアップを取る)

【 1 】ATOKを再インストール。
  ↓
急がば回れ。最後の手段と言われている再インストールを最初にやってみたが、解決せず。

【 2 】冷たいタオルを敷いてパソコンを冷やす。
  ↓
調子が悪くなり始めたのが、暑くなってからだったので、熱を疑った。解決せず

【 3 】ジャストシステムのウェブサイトからATOK2007のアップデートモジュール(2007/3/29公開のもの)をダウンロードしてインストール。
  ↓
メーカーがずいぶん前に公開しているアップデートツールがあった。しかし、解決せず。

【 4 】パソコンの設定を2点変更
4-1 デスクトップを右クリック>画面のプロパティ>「設定」タブ>「画面の色」32bit→16bitに変更
4-2 コントロールパネル>キーボード>速度のタブ>文字の入力 表示までの待ち時間を短く(一番右)側にする。
  ↓
パソコンのパフォーマンスを下げると、うまくいくことがあるが、ここでは解決せず。

【 5 】辞書のプロパティを起動。「辞書・学習」タブ>標準辞書にチェックを入れて>詳細設定>ユーザー辞書のクリア(5,の作業の前に、バックアップをとったことをもう一度確認する)
  ↓
ここからは、ATOK固有の設定に踏み込んでいく。解決せず。

【 6 】ユーザー辞書(ATOK20U1.DIC)を整理
 ATOKの登録単語を一斉に変更する手順でファイルサイズの減量を図る。
   ↓
 5,700KBあったユーザー辞書が、2,700KBになった。
  ↓
そして、10日経過したが、障害は起きていない。

 ATOKのバージョンアップに伴い、何代も辞書を引き継いだこと。ATOKの登録単語を一斉に変更する手順に難点があって、辞書内容が膨らんでいたのが原因だった。

 侵略者の陰謀だと騒がなくてよかった。

|

2008年7月29日 (火)

若い世代の無軌道ぶりは許せない。

 六 見直し

【公共の場所で迷惑をかけない法】
 「公共の場所で迷惑をかけない法」は公共の場所で、音楽・ゲーム・馬鹿笑い・大声で周囲に迷惑をかけてはいけないと定めている。
 どれくらいが大声なのか、それは真っ当な心があればわかる。
 IDO法には「30デシベル以上が大声です」といったサブマニュアルは一切ない。
 通報により逮捕されると、国家公安委員会が管理する前歴データベースに登録される。
 店舗・施設側には30分以内に警察または自警団に通報する義務がある。裁判員制度開始の10年後に成立した自警団法により、地域には有志の自警団が組織されている。IDOにとって国家公安委員会は管轄外だが、自警団で活動される方には、日本ポイント制度による表彰ポイントを付与している。

 「いつも日曜日の朝九時になると、近くの図書館に行き、本を読むのが楽しみです。朝の時間帯は空いていて、ゆったりとした時間が流れています。ただ、土曜日が六時間授業になったせいなのか、このところ、日曜の朝が高校生で混むようになりました。
 彼らは思い思いに音楽を聴き、電子ゲームをしていたかと思うと、それをリンクスピーカーでバーチャルにして流したりするのです。突然、臨場感のある音楽が流れ、周りの人もびっくりします。
 しかし、IDOが次世代教育に力を入れて以来、若者は増長しています。義を見てせざるは勇無きなり。私は言うことは言う男です。
 注意したところ『俺たちがこれから養ってやるんだぞオヤジ』と言われました。図書館NPOの人たちも見て見ぬふりです。嫌ならば行かなければいいと言われるかもしれませんが、我々の給料は10年前から二割減っており、図書館は唯一の娯楽なのです。あのような若者が日本を背負うわけがありません。抜本的な対策を望みます」

 この法は、東京都の公務員Kさん(56歳)から「僕が独裁者になったら」に寄せられた意見を元に考えた。Kさんは妥当と考える量刑欄は、プルダウンメニューから死刑を選択していた。
 5年間やってきて、このような意見はとても多かった。

 自分はささやかに、真っ当に人生を歩んでいる。だから若い世代の無軌道ぶりは許せない。IDOは手ぬるい。もっと法律で若者を縛るべきだ。

 怒りとつきあうのはよくない。闇に住むもう一人の自分と会話を始めると、人はさらに闇を引き寄せてしまう。
 心の闇と会話して、連想の世界でいくら人を責めても、明るい展望はみえてこない。むしろ、さらに悪い状況を引き寄せるだけだ。
 闇との会話を始めたら、自らそれに気づき、打ち切る習慣、打ち切る技術を身につける必要がある。

 だが怒りが努力の原動力になることもある。
 時に怒りとつきあうことが、横着者と対峙する力となる。かつて、国民の金を自分に回して、豪邸や外車を買った人たち。罪刑法定主義にあぐらをかいて、法令にない犯罪で生業を得た人たち。そういう人たちを皆が水に流してはいけない。時に怒る人も社会には必要だ。

 Kさんのような、邪魔者は法で縛れといった“法万能主義”が、全体主義につながるから危険だとは、僕は思わない。ただ社会を「自分が良くしよう」という気概のない人が、法に頼るのは健全ではない。
 とは言えども、常識や倫理が廃れた世の中だからこそ、IDOが誕生した。
 だから健全な社会規範を僕がつくる。より多くの国民がそれを信頼してくれるようになった時、一人一人が愛を持って、社会の人に接することができるようになるだろう。

 ただし、それは5年ではできない。
 日本人が真っ当に生き、他人のために役立とうと思う社会の実現は、次のIDOの時代に委ねることになった。
 僕は法令内容が性急なものにならぬよう心がけてきた。次のIDOのあなたに、国民の動向をみて見直してもらいたい。



次回は7月31日に掲載します。

「独裁者」もくじ

|

2008年7月28日 (月)

結婚禁止法と離婚禁止法

 『結婚禁止法』
 結婚の廃止。結婚してはいけない。ただし同棲はあり。
 主旨は今までの結婚という概念につかり、愛の営みのない生活、家と家のつきあいに縛られず、独立した個人を保ち、愛のある者だけが共に暮らす。愛がなくなれば離れるということ。
 一緒にいたいと思ったら、愛を育む努力をする。
 先人は“結婚は誤解で結ばれて、理解で暮らしていくもの”と言った。親子は血がつながるが、夫婦の血は永遠につながらない。本来、結婚とは壮絶な努力の連続だ。
 同棲が五年以上を経過すると、財産分与と相続については、従来法の結婚の定義を適用する。

 『親子離籍法』
 子供が同棲を始めたら、子離れしたという認識で子どもは親から離籍する。
 親は子供を育てる過程に喜びと幸せを享受する。老後に子どもからのお世話は享受しない。女が相手の家に入り、義父母の面倒や親戚付き合いをすることから解放する。
 もちろん、離籍しても親子の同居はできる。同居できず身寄りがなくなる親には国が福祉政策で対応する。

 『一夫多妻・一妻多夫法』
 一夫一妻制にくわえて、一夫多妻と一妻多夫を認める。ただし経済力がない者にはその資格を与えない。
 納税証明書をもって自治体に申請する。基準は税込み年収一千万円で二人、二千万で三人の配偶者を持てる。納税状況により、年収が下がった場合は、適宜人数が可変する。

 『離婚禁止法』
 第一子が満三歳を迎えたら、最終子が満二〇歳になるまでの間、離婚を禁止する。
 家族は最高の教育機関であり、父母からのバランスのよい指導があってこそ、健全な人格が形成される。
 そして人間として、子どもの気持ちになって考える。自分がこの世に命を与えた子どもを、放り出してよいか。自分が子どもの時、両親が離婚していたら、自分はどういう気持ちになっていたか。

 このように、僕の想像を超える提案が日々投稿された。
 結婚をしてはいけないという法を考えては消し、離婚をしてはいけないという法を考えては消す。一対一ではない夫婦関係はうまくいくのか・・・

 そして今この時も、苦心しながら結婚生活を続けようとしている人がいる。僕がなにかを立法化すれば、それを契機に壊れてしまうものもある。悪意のある横着者をこらしめる法律ならば逡巡しないが、結婚生活を続けている人たちは犯罪者ではない。

 愛というテーマは余りにも、連想することが多い。このテーマだけは、後先を考えずに決められない。歯切れの良さが僕の取り柄だが「愛」だけには歯切れが悪い。
 五年かけて、何も答えが出せなかった原因を分析すると、ここにたどりつく。

 愛は独りで考えるものではないということだ。



|

2008年7月27日 (日)

心の幹が強い男

 7月17日に背番号20が発表されたデコ。
 やれやれひと安心、これで後は開幕を待つばかり。
とニュース・チェックの緊張を解いたところに、デコが喋り始めた。

7月18日、ランパードに残留して欲しい
7月19日、ドログバに残留して欲しい

 移籍・退団の噂が報道されているチェルシーの主力2人へのラブコールだ。
 いずれも「2008-09シーズンのCLで、チェルシーが初優勝するためには・・」というテーマと紐付けている。
 以前からチェルシーにいる選手からの、この二人の去就についての見解は報道されていない。

 ランパード(イギリス国籍)は 2000-01シーズンオフにウェストハムから移籍してきて、ここまで、チェルシーで7シーズンを過ごした。報道によると、本人は前チェルシー監督のモウリーニョが監督に就任したインテル(イタリア セリエA)への移籍を希望しているようだ。契約はあと1年。今すぐ移籍するとチェルシーには移籍金が入る。来年の夏には契約が切れるため、移籍金なしで自由に移籍することができる。
 掲示板で見る限り、ランプスという愛称で親しまれており、ファンはチームの顔として接しているようだ。

 ドログバはチェルシーのエース・ストライカー。
 2008年5月のCL決勝では、終了間際に相手選手にビンタをはって退場。ドログバ不在のために、お鉢がまわってきたテリーが、優勝を決めるPKを外すという展開につながった。
 あのビンタがなければ、今頃デコが着ているユニフォームは違う色だったかも知れない。

 ドログバが退団した場合、エトーやロビーニョを獲得するという報道がされている。
 デコとエトーはバルセロナで4シーズンを共にした。変わり者と言われるが、男気のある選手で、デコは好意的に評している。
 ただ、怪我をしやすく試合出場が少ない。
 バルサがクラブ世界一を取りに来たCWC2006の時も、彼は怪我による長期離脱中で、チームにいなかった。
 エトーを獲るよりもドログバが残ったほうが、プラスだろう。

 チームの主力が出て行けば、チーム力が落ちないわけがない。
 だが、それに取って代わる選手が入団すれば、相対的にチーム力は上がるかも知れない。
 何がチームにとってプラスなのかは、そのシーズンが終わり、結果が出なければわからない。
 この時期、選手個々が抱く移籍の意図に、いちいちコミットすることは、実りが多くない。

 場合によっては「一選手のくせに僭越だ」という印象を、首脳陣やファンに与えかねない。
 「そんなの関係ない」と口にチャックを決め込むのが一般選手だ。

 だがデコは言う。
 誤解や軋轢を怖れず、信じる言葉を公に発する。

 人によっては「新参者が監督気取りかよ」と言うだろう。
 だが、それこそデコにとっては「そんなの関係ない」のだ。

 人間としての軸がぶれないデコ。
 体の軸がぶれないことを「体幹が強い」と言う。世の中は今、体幹ブームだ。
 デコは世界中のフットボール選手のなかで、最も「心の幹が強い選手」と言えるだろう。



|

2008年7月26日 (土)

のぞみ号E列確保

N700系で行く品川博多の旅【 3 】

「今年は8月12日がふるさとに帰る乗客のピークで、今日は終日、どの便も乗車率200%となりそうです...」

 夏の風物詩
 お盆になるといつもテレビから流れる、ぐったりとした乗客。ゲームに没頭する子どもの映像。

 お盆ウィークの朝一便。
 いったい、どれくらいの人が、初日にお盆の列車を申し込むのかがわからない。
 果たして希望通り、のぞみ99号の切符はとれるだろうか?

 えきねっとの事前受付から1週間。
 JRの切符は乗車1カ月前同日10時から販売が始まる。
 事前受付で申し込んだ結果は、いつも 10:02頃メールが届く。
 「東京マラソン」の当落通知もそうだったが、メールで届く通知には、格別の緊張感がある。

 10:02「JR指定席をおとりできました【えきねっと】」

--------------------------------------------------
●お申込内容
のぞみ99号
品川 06:00発→博多 10:45着
おとな 1名、こども 0名
座席種別 普通 禁煙席
座席位置希望 直接指定(E) 
購入予定代金 22520
              (運賃:13440/特急料金等:9080)
--------------------------------------------------

 希望通り、E列で席がとれていた。
 えきねっとは列指定をした場合、その列が取れないと予約が成立しない。
 もしも「JR指定席をおとりできませんでした」というメールだったら、すぐ次善の予約を打ち込まなければならない。だが、結果メールが届くのは一般販売開始後なので、一気に席が売れてしまうかも知れない・・・

 今回は、幸い希望通りのE席をとることができたが、結果が届くまでは、とてもらはらした。
 できれば「希望の列がとれない時は、他の列でも予約を取得する」というオプションが指定できるとよい。

 さて、E列の席がとれたことはわかったが、何号車-何番という情報はメールにはなく、発券してみなければわからない。

 発券は乗車当日の23時までできるのだが、発券を急ぐことにした。
 この「何号車」かという情報を知る必要があったからだ。

不定期で続く

ど素人!新幹線講座

|

2008年7月25日 (金)

新・三億円事件

 traffic 道路交通
 道路交通法は、再周知の観点で改正した。

 横断歩道で歩行者に待たせたら、罰金50万円。
 従来法でも信号のない横断歩道では歩行者が優先であり、車が一時停止して、歩行者を渡らせなければならない。だが、実際には歩行者が停まって車を通していた。

 【起点加害者賠償責任法】
 路駐していた車が原因で事故が起きた場合、全ての賠償責任は路駐していた車の保管義務者が負う。
 あの「新・三億円事件」は2038年も押し迫った12月に起きた。

 千葉市の会社員袴田さんは、ハッピーバーガーで100円のコーヒーを飲んでいた。
 お店の駐車場は満車だった。隣りにコインパーキングがあったが、そこに停めると15分100円。ゆっくりしているうちにコーヒーより高くついてしまう。

 お店の前の通りは、片側三車線の広い道路。
「少しくらいいいだろう」と思って路駐した。取り締まりが来たら、すぐ車に戻れるよう、車が見渡せる窓辺の席に座る。
 冬の夕暮れ、さっきまで差し込んでいた西日が落ち、帳が下りる。
 袴田さんは読みかけの文庫本に指を挟み、しばし車の速い流れを見ていた。
 「ついてないなぁ。昨日洗車したばかりなのにな」
 昨日の夜半に降った雨で汚れた袴田さんの車が、闇に沈んでいる。

 その時、マイカーの右手から観光バスが視界に入ってきた。その奥には1台のタンク・ローリー。
 バスの運転手は、二回りは年下と思われる可愛いバスガイドの方を見て笑っている。
 バスガイドから、視界を前方に戻した運転手が、路駐した袴田さんの車を捉えた。
 「危ない!」間一髪、運転手は急ハンドルを切って、袴田さんの車をかわした。

 危なかった・・
 運転手が胸をなで下ろした瞬間、すぐ右下に原付がいた。
 やばっ!
 すぐさま、ハンドルを左に切り返す。
 大型車で最もやってはいけない、瞬時の切り返し。本来ならば、プロはまずやらない。

 原付に乗った若者は、ひらりと右にかわした。幸い、右から後続車は来ていなかった。
 だが、若者のバイクすれすれに、バスはゆっくりと横転。横倒しのまま滑っていく。
 袴田さんには、薄暮に散る火花が花火に見えた。
 滑走したバスは 30m先で 底を後ろに見せて停まった。車の底には光を反射する保安部品が何もない。
 店の客が一斉に、窓ガラスに顔をすりつけた。
 バスは、三車線をせき止めるように塞いで停まっている。

 けが人は出ただろうが、人が死ぬほどではないだろう。
 もしも、人が死のうものならば「起点加害者賠償責任法」が適用されて、えらいことになる。
 袴田さんは、とっさに店内を見回した。
 今、この店にいる誰かが、あの車を僕が停めていたことに気づいているだろうか。
 何とか逃げられないか・・

 横着者の算段が頭をよぎった瞬間、袴田さんは、生まれて初めての爆音を聞いた。
 3億1千万円。
 違法行為は免責のため、保険は一切下りなかった。
 観光バス1台、炎上したタンクローリー1台、死者3人、重軽傷30人、道路復旧費。洗車が不要になったマイカー代は含んでいない。

 大きな負担になる恐れがあるから、違反はやめようと思わせる一般予防法。
 従来の車両放置違反は 5万円程度で済んでいたが、この法では実際に3億円かかることもある。路駐する人はいなくなった。

 【自転車運転免許法】
 長崎県の上五島では70年前から、小学生に免許制度が敷かれている。
 道幅が狭く、路線バスと乗用車がすれ違う時は、100メートル間隔で儲けられた離合場所で互いをやり過ごす。海沿いの道路にはガードレールがなく、運転を誤ればフグと友達にならなければならない。そんな環境では、自転車乗りにも一定の技術が要求された。

 自転車免許法試験は、一本橋・スラローム・八の字・交差点通行・直進と制動、実技五種目50点と学科試験50点、合計100点満点で80点を取れば合格。
 運転免許証の原付の隣りに「自転」がはいった。
 原付のように普通車に無条件でついてくるわけではなく、必ず自転車運転免許試験をパスしなければならない。反則金の点数制度、更新もすべて乗用車等の運転免許と連動する。

 通行人の洋服をひっかけたり、車両に傷をつけても、小回りが利くのをいいことに当て逃げする自転車が多かった。
 逃げたら自転車も自動車と同罪。同法では、逃走した自転車を通報して逮捕に結びつけた場合、協力ポイント10倍で 5万ポイントとした。

 【  】
 日本国用語集のカテゴリー数は20。だが5年間ついに一つも立法できなかったのが love 愛。
 こんな法律を作ってくださいウェブの「僕が独裁者になったら」に、結婚制度についての法案が来ない日はなかった。



次回は7月28日(月)に掲載します。

「独裁者」もくじ

|

2008年7月24日 (木)

PK廃止法

 mind こころ
 【更正寛解施設法】
 刑法三九条を廃止した。
 旧刑法三九条は、精神鑑定の見解が心神喪失ならば無罪、心神耗弱ならば刑が軽減される法律。

 人を殺した時に心神喪失状態にあったと鑑定されると、責任能力がなかったということになり無罪になる。
 被害者となった側からすれば論外の法律だが、心神障がい者の人権擁護の側からすれば不可欠の法律。
 廃止議論の歴史は長く、裁判員制度が始まってからは、国民の大半がその問題点を認識していた。

 心神喪失者が無罪では、国民は安心して暮らせない。有罪にしただけでは、再犯の恐れがある。そこで受刑能力によって行き先を換えることにした。
 心神喪失の状態にある者が犯罪を犯したならば、寛解を目指す。そのために、刑務所、少年院、精神科、福祉施設、この四要素を組み合わせた六通りの更生緩解施設を設立した。

 Sport スポーツ
 【PK廃止法】
 「2035年シーズンより、フットボールのルールからPKを廃止したい」
 僕がそういうと、スポーツ担当の谷村総務大臣は穏やかな口調で「それだけはやめた方がいいですよ」と切りだした。

 守備側が自陣ペナルティエリア内で直接フリーキックに相当するファール(10種類)を犯した場合、当該選手は退場となるが、試合はGKのゴールキックで再開される。審判がオブストラクションをとって試合を流した後にゴールが決まれば得点が認められる。

 谷村大臣は、僕が提示した素案の善し悪しには言及しなかった。
 「相撲のルールを変えるならまだしも、イングランドで生まれたフットボールのルールを変えるのは、敬意に欠けるような気がするんですよね」
 僕は敬意という言葉に弱い。
 敬意こそが、進化した生物の証。敬意なき人はどこかに進化を置き忘れたのだと僕は思っている。

 女子アナ発言でひんしゅくを買った谷村大臣は、いつもいなり寿司みたいな色のセカンドバッグを持っているので、IDO室のメンバーは“イナリ”と呼んでバカにしている。だが、失敗に学び、僕との接し方に変化をつけてきた。この時は「バカは死ななきゃ直らない」の例外として、死なないでも直るバカがいるのだと感心した。

 「相撲がビデオをいち早く取り入れたように、スポーツ全体にビデオを取り入れるってのはどうですか?」
 「PK廃止法」は、谷村大臣が持ってきた私案を元に僕がひねりを加え「スポーツデータ二次判定法」となった。

 審判に判定を委ねるあらゆるスポーツでは、映像記録装置による映像、電気的なセンサーを二次基準として採用する。
 フットボールであれば、ゴール前の競り合いでディフェンダーを押していなかったか?
 野球であれば、観客がボールを触ったのがフェンスの内外どちらだったか。
 あらゆるスポーツで、ビデオとセンサーの導入が検討され、結果的に同法の適用を受けなかったのは、マラソンだけだった。

 2000年以前は、団体競技の勝敗を左右するのは個人能力の総和と考えられていた。
 2000年代に入り編成、監督の能力、チームのバランスの良さに重心が移った。フットボールで言えば、資金力に任せて、ストライカーばかり補強するようなチームは勝てなくなった。
 すると、2000年代の国際試合では、PKの 1点による 1対0の試合が目立ち始める。
 ファンはそこで気がついた。試合を決めていたのは、選手でも監督でもなく審判だったのだ。

 「倒れずに行けたけど、PKがもらえるならば、もらっておこうと思って」
 「PKでも、とりあえず、勝ててよかった」
 プロ選手が堂々とこうコメントする。それを子供達が読む。
 倒れないバランスよりも、相手に足を出させるフェイントが重視される。
 ストライカーは居残りシュート練習を減らして、相手に足を出させる「居残りPKゲット練習」に時間を費やすようになった。
 スポーツとはこういうものだ。美しさは要らない。勝たなければ誰の記憶にも残らない。ファンはとりあえず勝てば喜んでくれる。
 自分だけがよければよい大人、ご都合主義を学ぶ子供。
 誰も警鐘を鳴らさない。だがIDOは鳴らすことができる。
 僕にしかできないことは、何でもやろうといつも思っていた。

|

2008年7月23日 (水)

東京マラソン2009落選者数予想

 2008年7月22日、東京マラソン2009(2009年3月22日開催)のエントリー受付が始まった。

第1回(2007年)
参加費:10,000円
募集定員:25,000人
申込者数:77,521
 およそ、52,000人が落選

第2回(2008年)
参加費:10,000円
募集定員:25,000人
申込者数:130,062人
 およそ、105,000人が落選

第3回(2009年)
参加費:10,000円
募集定員:30,000人
申込者数: ?

 第2回までと、第3回の変更点
1.開催月が2月から3月になった。
2.募集定員が5,000人増えた。
3.過去の落選者を優遇当選させるかについて、アンケートが行われた。
(以前、mixiのコミュニティでおこなった分析では、抽選において過去履歴は参照していないことが推察されている)

 東京マラソンは、日本中で開催されるあらゆるマラソン大会と異質である。
 異質にさせる要因は2つ。
(1)全国ネットのテレビ中継がある。
(2)100万人規模の沿道応援がある。

 エリートランナーが走るとはいえ、市民(も走る)マラソンが全国ネットでテレビ放送されるのは東京だけ。
 沿道の応援人数も桁が違う。
 つまり、東京は「見られる」「目立つ」大会なのである。ここが他のレースにはない要素だ。

 見られるということは、見られたい人、目立ちたい人を引き寄せる。
 日頃、走る習慣がなくても、一度出てみたいと思う人が現れる。
 とりあえず応募して、当選したら走りだそうという人も現れる。

 大都市圏(=大市場)を抱えていると、一度軌道に乗ったものは好転を続ける。
 参加費が2万円になろうが、5万人の大会になろうが、エントリーが募集定員を切ることは難しいだろう。
 地方都市の人は「東京だから、何をやってもうまくいくんだよ」とねたむかも知れない。もちろん、それも一理ある。
 だが、祭りには少々のことは目をつぶって力を貸すという風土があって、初めてできることでもある。

 もし、コース沿道の各商店街が、東京マラソン反対の決議をしていたら、7時間制限で、コースを変えずに 3度続けることはできない。
 軸がぶれない推進力と、それを容認する人々がいて初めて、魅力のあるプロジェクトは実現する。

 多くの目に見られて、認められる東京マラソンは、今回もまた10万人を超える落選者を出すと、しらべるでは予想している。

|

2008年7月22日 (火)

痴漢逮捕協力法

living 暮らし
【痴漢えん罪防止法】
 痴漢は被害者が唯一の目撃者であることが多く、他の性犯罪と比べてえん罪率が高い。その気はないのに、手が胸に当たったというだけで 5年の懲役と職を失うのはきつい。

 同法では被害者が現場で第一声を上げること、現場に居合わせた人は駅員に氏名と住民基本台帳番号を言い残す義務を課した。証人としてより多くの情報を得るためだ。ただし、捜査段階で協力義務はなく、えん罪裁判となった時だけ、証言義務が発生する。

 痴漢は常人逮捕が可能で、警察官でなくとも誰でも身柄を拘束できる。
 だが、触られた男を駅員に突き出せる女性は少ない。そこで「痴漢逮捕協力法」により、被害者が「痴漢です」と周囲に一声かけた時、居合わせた人に逮捕協力義務を科した。
 逮捕した人には日本ポイント制度により 1万ポイントが付与される。痴漢既遂者の量刑は懲役 5年以上。「痴漢防止法」により、見張りを立てるなど計画的な犯行の場合、共犯者もすべて同罪。また裁判で被害者と加害者が同席しないなど、被害者の個人情報保護と心情に配慮した。

 一連の痴漢対策法施行前の2034年時点で、鉄道通勤電車の70%に女性専用車両があった。そして同法施行により、痴漢にまちがわれたくない、痴漢被疑者を逮捕する自信がないという男性から「女性とは乗りたくない。男性専用車両も作ってほしい」という要望が鉄道各社に多数寄せられた。
 その結果、通勤電車は先頭から女性専用車、男女共用車、男性専用車が交互に編成された。
 「痴漢防止法」施行後、バス各社は男性専用バス、女性専用バスを走らせていたが、ただでさえ少ない便数がさらに減るので不評だった。そして法施行1年後、一台のバスを半分で間仕切りしたバスが開発された。ワンマン運転で後部の料金確認ができないため、100%プリペイドカード支払となった。前が男性、後ろが女性。女性が後ろなのは、進行方向に向かって後ろだと、男性客からじとーっと見られることがないためらしい。

 【かんたん説明法】
 社会保険庁年金ホームページのサービス「もらえる年金額メール」は、同庁の全ウェブページの中で、最もページビューが多い。
 自営業・サラリーマンの種別、住基番号を入れると10分以内に指定したメールアドレス宛に回答が届く。このサービスは「匿名メールアドレス禁止法」が前提となり実現した。

 「これから60歳まで毎月2万円ずつ支払うと、61歳から死ぬまでの間、毎月5万円もらえます。あなたが支払う掛け金総額は480万円。80歳まで生きたとして総額1,140万円を受け取ることになります」

 従来の情報開示では、年金は絶対大丈夫。自分で勉強して試算してくださいというだけで、かなり調べないと自分がいくらもらえるのかがわからなかった。
 「かんたん説明法」は、すべての国と地方のサービスについて、簡易かつ数字が一目瞭然の説明を求めている。

 「社会情勢により流動的です。だから、数字は言えません」
 これでは心が通わない。国民の側の足かせとして「あげあし取り禁止法」があり、善意の説明に対して、悪意で言質をとる行為は禁止されている。

 【犯罪被害者と災害被災者の報道規制法】
 犯罪被害者と被害者周辺への取材を一部規制。被害者の氏名・所属する団体等・住所の報道、写真の掲載を禁止した。

 「ご遺族のお気持ちをお察しします。私にも家族がいます。このような取材が悲しみを増幅させるかも知れません。しかし、エゴかも知れませんが、一人の報道に携わる者として、この悲しみを多くの人々に知ってもらう必要があるのではないかと思うのです」

 そういうのを、まさにエゴというのだ。

 暴力や危険運転致死で家族を殺された被害者宅に報道陣は押し寄せる。
 優しいことばで取り入って、大切な写真を“借りて”帰る記者がいる。
 写真を借りる目的は掲載だけではなく、他社に写真が渡らないよう(つまり、自社が独占するために)に遺族から取り上げること。同法では取材を通しての写真・物品の借り受けを禁止した。

 また事件現場ではメディアの人、機材、車両によって被害者の救護、捜査に大きな支障が出る。節度ある行動をしてもらうために、現場では独立通信委員会が配布している社名入りビブスの着用を義務づけた。

 葬式に行けば“涙の絵・怒りと哀しみのコメント”がとれることはわかっている。現場に赴く時、いったい何を考えているか。記者クラブにリリースを取りに行く時と同じノリで行っていないか。

 犯罪の背景を問い、対策を考えるならば行き先が違うだろう。
 被害者親族にいったいどんなコメントを期待しているのか。

 「そうですね。貧富の差が拡大し犯罪が凶悪化するという状況を冷静に分析して、日頃から危機管理意識を高めておく思慮がわれわれ遺族一同に欠けていたかも知れません。これを機会にいま一度身の回りのことを考え直してみたいと思います。国民の皆さんには今回のことを他山の石として、より想像力を高めて日々の暮らしを送っていただければ、亡くなった者も浮かばれると思います」

 遺族は普通、そんなことは言わない。



次回は7月24日に掲載します。



|

2008年7月21日 (月)

びっくりみそかつと櫃まぶし日本一弁当

N700系で行く品川博多の旅【 2 】

 朝6時に品川を出て、10:45に博多に着くまでの4時間45分。
 前の晩を軽くして、朝食を抜いても、食べられる駅弁は2つまでか。

 駅弁のガイドブック5冊をくまなくチェックして、東海道・山陽新幹線で食べられるものをリストアップしていく。

・崎陽軒シウマイ
 新幹線といえば定番はこれ。
 出張の度に買うので、いつの間にか、ひょうちゃんコレクターになってしまった。
 「シウマイ弁当」もあるが、お腹いっぱいにしたくないのでいつも単品。そしてビール。
 ただし、社内販売は「お持ち帰り用真空パックのみ」
 駅で買うしかない。
 このシウマイ、けっこうにおいがきつい。
 隣に見知らぬ人が座っていると、気の小さい僕は、買って乗ったものの、そのまま家に持って帰ったこともある。

・びっくりみそかつ
 みそかつ弁当はいくつかあるが、やはり元祖「だるま」の「びっくりみそかつ」は避けられない。
 豚ロース180g
 実際、どれくらい大きいのか想像がつかない。
 おかずはそれだけ、あとはご飯。
 「名物だけ食べたい」「余分なものは要らない」という旅心をよく読んでいるではないか。

・抹茶ひつまぶし日本一弁当
 日本一の一色町うなぎ、日本一の西尾の抹茶、そして日本一長い大根でつくる守口漬。3つの日本一のそろい踏みで、この命名。
 妥協がない。
 これも、びっくりみそかつと同じ「だるま」が作っている。
 この会社には「自分が客だったらこう思う」という思考回路が働いている。
 櫃まぶしだから、もちろん最後はお茶漬けで食べる・・・
 とガイドブックに書いてあるが、実際のところ、
 抹茶でお茶漬けにするのか?
 お茶は別に買い求めるのか?
 食べてみなければわからない。

 共に名古屋駅売りの2つの弁当
 果たして、短い停車時間で、ダブルゲットできるか?
 次はその調査だ。

 食べ物は、これで精一杯だろう。
 これ以上食べると、博多のうまいもの が入らなくなってしまう。
 だが、新幹線車内販売限定のスジャータのアイスは食べる。
 かちかちに固いので、コーヒーも買う。
 どうしても食べなければならないというわけではないが、これを外しては旅のストーリーが完結しない。
 新幹線のコーヒーの味が、この3年でどう変わったかも試したい。

 不定期でつづく

|

2008年7月20日 (日)

デコ チェルシーでの背番号決まる

 「チェルシーのユニフォームが入荷しております。近いうちにご来店くださいませ」
 留守電にショップからの伝言が入っていた。

 7月5日、大手スポーツ量販店にチェルシー2008-09のユニフォームが入荷した。
 新シーズンのユニフォームはいつものチェルシーデザインと大差はないが、白い襟がついている。
 もしも襟がなかったら、街で着ていると「日本代表ファンかっ」とつっこまれそうだ。

 チェルシー2008-09シーズンの1stユニフォーム。
 デコにとって、チェルシー1年めのHOMEユニフォーム。
 もちろん、即ゲット。

Uni_200809_1st_f

■ メーカー:アディダス
■生産国:タイ



Uni_200809_1st_ura

■裾の内側に CHELSEA FOOTBALL CLUB 1905 のネームが入っている。


■裾にクライマクールのロゴが入っている。
 クライマクールは体をクールに保つ機能の名称。

Uni_200809_1st_horo
■ホログラムの入ったアディダスの立体ワッペン

 adidasのユニフォームは、ナイキと比べると、格段に偽物対策が施されている。

■費用
 半袖ユニフォーム 9,975円
 マーキング(デコ)4,158円
 マークの内訳 ネーム315×4 ( D E C O ) 数字1,449円×2 ( 2 0 )

 背番号と書体が確定し次第、取り寄せてもらうことにして、ユニフォームを持ち帰る。
 そして、待つこと10日あまり。
 7月17日、チェルシー公式サイトでデコの背番号が20であると発表された。

 前シーズン20をつけていたのは、ポルトガル代表の同僚であるパウロ・フェレイラ。
 もしかしたら、デコはフェレイラの番号を奪うことを嫌い、他の番号に甘んじるのではないかという不安があった。

 その予感が当たったかと思ったのが、7月16日付けの公式サイト。
 新シーズンに向けてのキャンプ初日。アップをしているデコのジャージには「19」
 19は前シーズンの空き番号だ。

 やはり、そうか。
 まぁ、こういうところがデコらしいな。

 そう思うのも、つかの間、ポルトガル代表の仲間、フェレイラと番号を交換し、20をつけるから、ショップで買ってね。というお知らせが掲載された。
「喜んで番号を交換するよ」というフェレイラの談話も載っている。
 これには、ほっとした。

 親の転勤で泣く泣く、引っ越した転校生の気分
 転職したサラリーマンが、新しい会社に出社した気分

 フェレイラやカルバーリョといったポルトガル仲間は、フォロウしてくれるだろうか。
 数年前に移籍してきて、今やチームの顔と言われている英国人は、話しかけてくれるだろうか。
 プレミアの荒くれ者が後ろからタックルしてきて、怪我をしないだろうか。
 ファンは暖かい声援を送ってくれるだろうか。

 デコのことなのに、我が身に起こるできごとのように、心配である。

|

2008年7月19日 (土)

怪獣に敬意を払っておけばよかった

目の前の大きな窓越しに怪獣が見えた。
テレビの特撮ドラマでは見たことがあるが、実際に目の当たりにすると言葉が出ない。

道路を歩いていた怪獣がビルに触れて、ビルが崩れる。
すると怪獣は、その痛快さを学習したかのように、あたりのビルを壊し始めた。

外を眺めながら友達に電話をしていた僕は
「怪獣がビルを壊してる」
と受話器に絶句する。

あくる日、別の怪獣が街に現れた。
今日の怪獣はさらに凶暴で手当たり次第
街を壊していく。
たくさんのビルが壊れた。

その日のうちに対策会議が開かれることになった。
小学校の校庭に町内会ごとの隊長が集められた。
でもなぜか皆、子どもだちだ。
僕もその一人。
町内会の役員がしゃべり始めた。
だが、なぜか彼はうちの会社の総務課長だ。

夢の設定は、いつもはちゃめちゃで、展開が速い。

「え~今日は隊長の皆さんにおあつまり・・」
そう言いかけた時、遠くに怪獣がすっくと立った。

総務課長は背後に気づかず、メガホンで喋りつづけている。
誰も隊長が話すのを止めようとしない。

その頃、街の反対側ではウルトラマンとその味方の怪獣が
2人で街をパトロールしていた。
怪獣の味方がいるのはウルトラセブンではなかったか・・

当たりを見回していたウルトラマンが、しくじって一つのビルに触れてしまった。
すると、次々とビルが将棋倒しになっていく。
あれよあれよという間に、一つの町内が全滅した。

こどもたちは
「あぁぁ龍ちゃんの家もなくなっちゃった」
と叫んでいる。
僕の家も、あのあたりだ。

暴れていた怪獣は、さらに次なる獲物を物色するように街を歩いていく。
こっちに気付かれぬよう、僕らは息を潜める。

目の前に怪獣がいることが、こんなに怖いとは思わなかった。
ウルトラマンやミラーマンを見る時、もっと怪獣に敬意を
はらっておけばよかったと思ったが、もう遅い。

陽が暮れた。
隊長たちは、それぞれ、あるかどうかもわからない
自宅の方角に向かって車で帰っていった。
クルマは1988年式の白いファミリアだった。

つづきません



|

2008年7月18日 (金)

命を守るためにIDOが決断する

 リベロから来たボールをアタッカーにバックトスした瞬間、見たことのない映像が脳内を流れた。
 なんだ、今のは?
 あたりをきょろきょろと見回した時、監督の叱咤が飛ぶ。
 「リュウイチ!ぼーっとするな!」

 バレーボール部の練習を終えて帰宅すると、いつもは灯っている玄関の電気が消えていた。
 胸騒ぎが襲う。アパートは空っぽ。
 食卓の上には「銀次を探しに行く」という姉の走り書き。

 さっき僕の頭に浮かんだ映像には、学校の屋上のような場所と赤いチューリップが見えていた。
 カバンを放り出すと、急いで靴を履き直し、闇に沈む冬の校舎に駆けつける。
 正面玄関を突っ切って、まっすぐに裏庭の花壇をめざす。
 そこに、銀次が大事にしていたチューリップがあったはずだ。

 凜と咲く冬のチューリップをなぎ倒したその塊を、最初に僕が見ることになった。

 難しい場面に立った時「もしも、ここが砂漠だったら」と考える。
 (砂漠に立ちつくす子ども 空っぽになったペットボトルを右手に握りしめている)
 あるいは、爆撃機からミサイルが降り注ぎ、逃げまどっている自分を想像してみる。
 (焼け野原で、やせこけた子ども達)
 食べるものもなく、水もない。今まさに命を奪われようとしている。そんな時、人は本能的に生きようとする。

 「逆縁自殺を認めない法」施行時に制作して配信したイメージ映像の一コマ。
 涙の筋が乾き、砂漠に立ち尽くし夕陽をにらむ少年。
 画面が暗転し、ディゾルブで白抜きの文字が浮かび上がる。

 自分の力で生きる権利がある君が、死んでいいはずがない

 【AED法】
 本来AED(自動体外式除細動器)は実習を受けていなくとも、音声ガイドに従えば操作できるように設計されている。だが、AEDを知らない人が、救命作業をした事例はない。存在を知らない人には、ただの箱に過ぎなかった。

 2004年のAED一般解禁以降、公共設備に配備され始め、東海大震災の経験を経て、2030年には公的施設すべてに配備された。だが2034年の「心室細動事例調査報告書」によると、そばにAEDがあるのに使用されず、救急車の到着を待っているうちに亡くなったケースが60%もあった。
 10分で死に至る心室細動で、救急車を待っていては助からない。

 「AED法」では、50席以上の私立施設への設置、スポーツチームでの常備を義務化。
 解禁当初 3社だったメーカーは、現在19社となっている。
 AED製造メーカーには、厚生労働省の専門チームが張り付いており、より素人に使いやすい改良を求めている。
 許認可権を新設しないという僕の軸に則り、価格管理はしていないが、どのメーカーも真摯な低価格で出して頂いている。AEDメーカーさんには足を向けて寝られない。
 そして、AED実習を国民の義務とした。罰則はないが助け合いの精神を根っこに持つ日本人だけに、敏感に反応した。
 実習では三大救命措置のあと二つ、CPR(心肺蘇生術=人工呼吸、心臓マッサージ)も紹介する。同法施行後、CPRによる救命事例も、全国で毎年二千件以上報告されている。

 2000年には年間 4万件を超えていた心室細動による突然死は、2030年は3.5万件。「AED法」施行1年を経過した2036年は 2万件となった。
 人口が2005年より減少に転じており、一概に比較はできないが、当該死者数は著しい減少を見せている。日本は2030年以降、心室細動死者において、対前年減少率世界一を続けている。

 土地が高すぎて都市の過密が問題になった1980年代。
 食糧問題の観点からも、人口が減ることを歓迎する人たちがいた。
 しかし、2010年代にはいり、国の仕組みが維持できないとわかると、そう考える人はいなくなった。

 人口が減り続ければ、やがて国の信義を保てなくなる日がくるかも知れない。
 人の命を救うことは、日本の信義にもつながっている。

 こうした目標法には、免責例外やサブマニュアル的なチェック基準を設けていない。
 自治体は実習を主催するが、出欠も受講率の統計もとらない。
 国民の義務ではあるが、義務を果たさぬからと言って、自由を奪われることもない。
 心に訴えることが法の目的であり、行為には焦点を当てない。
 要は"管理のための管理"に、のめり込まないこと。
 "管理のための管理"は、公務員に新たなお役所仕事を生む。公務員には税金というお金がかかっている。実効性の乏しい仕事にお金を使うのは、止めなければならない。

 命を扱う法律は、誰かが決断しなければ前に進まない。
 1997年に成立した臓器移植法は、立法化が検討された日から制定まで13年の歳月を要している。
 当時「時間をかけて議論を尽くすことは尊いことだ」と学者達が言っていた。
 だがそれは、皆が責任を取るのを恐れていただけだった。

 「臓器移植は医学の永遠の課題です。倫理に照らし慎重な国民的議論が必要です」
 「私の子どもは親の肝臓を移植すれば助かると言われていました。でも先生から法律で禁じられていると、手術を断られて死にました」

 倫理 対 感情
 倫理を盾に、一見最もらしく、実は出口のない議論をして、お互いよくやったとたたえ合う予定調和な人たち。政治家と学者はそれで済む。
 だが、人は感情で生きている。命をつなぎ止めるために、その法律を必要としている人。一日千秋の思いで成立を待つ人は、涙声で訴える。

 人の命がかかっている時、求められる法律は、倫理・論理なにかが欠落していても、それをIDOが決断するよう、心がけた。



次回は7月22日(火)に掲載します。

「独裁者」もくじ

|

2008年7月17日 (木)

逆縁自殺禁止法 痰にまみれるグローブ

 「なぜ死んではいけないの?」という子どもの無垢な問いに、親が明快に答えるのは難しい。
 だが「逆縁自殺を認めない法」が施行されたことで、一つの回答例として「法律で罪になるから」という選択肢ができた。
 国が自殺を認めない姿勢を打ち出すことは、利こそあれ一害もない。
 それでも死にたい人は死んで行く。だが、死人に鞭打つ罰則はない。

 同法は行為に注目した法ではあるが、条文では自殺、自傷という行為に注目するのではなく、親が「つらい」「それ以外に途がない」という心に寄り添うことを求めた。

 2036年1月の施行時には、最終項に「対象を40歳未満とする」という条文をつけた。対象の下限を設定した法律はあっても、上限を設定した法律はこれが初めてだった。そして、三か月後の改正でこの最終項を削除した。
 「週刊新法」に竹田記者がこう書いている。

 逆縁自殺禁止法の第三項目「40歳未満とする」が削除された。逆縁自殺に限って禁止するという法律は、目標法というIDOが提唱する新たな概念について、国民的議論を巻き起こそうという狙いが垣間見える。
 ただ、逆縁に限定したことは理解し難い。誰かが自殺すれば、親に限らず、子、友人、知人みなが悲しむのだ。目標法として禁止を謳うならば「自殺禁止法」とするのが、衆目の一致するところだろう。今回ばかりは、自殺で肉親を亡くした人を中心に非難の声が高まっている。
 百歩譲って法律の意義は後世の評価を待つとして、今回削除された最終項は、施行時から不可解だった。40歳という年齢を設定することに、いったいどんな意味があったのか。
 40歳と言えば、その両親は概ね70歳を越えている。高齢者が希望の灯火とするわが子を、自殺という形で失う。その孤独な心中は察するに余りある。逆縁を悲しむ気持ちは、年代を超えた普遍のもの。法曹界にとどまらず、各界から疑問の声があがっていた謎の第三項は三ヶ月で姿を消した。

 穿った見方をすれば、第三項はもともと国民に問題を提起するための条項だったのではないか。法律に上限年齢を定めるという新たな取組。40歳を越えた年齢での自殺では、悲しむ両親が老いているのだという想像力。確かに、多くの国民が新たな二つのテーマについて、考えさせられることになった。いつものことだが、IDOの心を知る術はない。

 記事の向こうに、東大「昭和ヒーロー研究会」の仲間、竹田のVサイン映像が見えた。おとぼけ振りはなかなかのものだ。彼は意図的に「衆目の一致するところ」「声がある」といった"曖昧メディア語"を多用して、読者を揺さぶっている。一方的に、相手をやりこめるのではなく、メディアもこの程度ですよと内情を晒してしまう。もう何年も会っていないが、僕らは糸電話のようなもので、いつも話していた気がする。

 最終項を削除した意図は竹田の言う通り。
 初めに40歳という年齢を設けていたのは、同世代を生きる仲間へのシンパシー。
 一度や二度の挫折くらいで死ぬなよ。だけど、三度も四度も挫折が続けば、死にたくもなるよな。十分に頑張って、責任を果たして来たんだ。自分の命をどう扱うかまで、法律で決められたくはないよな。子どもと大人は違うんだから。
 ただ、子どもには、生きて欲しい。

 「今日の放課後、屋上に来い」
 地獄に突き落とされるような命令を受けて、過ごす午後の2時間。
 屋上に行けば、辱めにあうことが約束されており、逃げて帰ろうものならば、さらなる辱めが約束される。
 放課後までの途方に暮れる長い時間。死刑台に上るかのような屋上への階段。 カバンに入れていたグローブは兄からの借り物。

 「ウルトラスポーツか。なんや、田舎もんがかっこつけて。ちょっと使いやすくしてやろうか」
 一人が右手を入れるポケットに唾を垂らす。ほらお前も、グローブは三人の間を一巡する。
 「あ、痰のほうが手に馴染むかも」
 二巡めは「なかなか痰が出ないな」と2倍の時間がかかる。
 「どうかな、銀ちゃん。ちょっと試してみてよ」
 まるで親友に語りかけるように、言葉に親しみを込める執行人たち。
 痰にまみれたグローブは青白く濁る。ぬるぬるとして、痰に宿っていた体温を感じることもなく冷たい。

 にいちゃん、ゴメンよ
 にいちゃん、さようなら・・・



「独裁者」もくじ

|

2008年7月16日 (水)

戻り道

「7番アイアンっていつ使うの?」【 18 】

 プロゴルファー杉原輝雄が本を出した。
「ゴルフ人生50年、いまだ道なかば」学研 2008年5月

 

 タイトルを見て、おいおい50年で道半ばはないだろうと思った。
 日本初のプロゴルファー杉原と言えば、大変に成功したゴルファーであり、50年もやってきて道半ばでは、後に続く人は途方に暮れてしまう。

 

 東京大学の合格通知をもらった人が、今の感想を聞かせてくださいと尋ねられ「ようやく、今生まれ落ちた赤ん坊の気分です」と言うようなもので、そんな人が目の前にいたら、はり倒したくなる。

 

 だが、杉原を張り倒す気にはなれない。
 本の副題に「がん克服」とあるからではない。

 

 書名というものは、売るために、極端に象徴的な言葉を選ぶものだ。この「道半ば」という言い回しも、杉原は文中で使っていない。

 

 杉原は、まだ夢は続いており、向上心を持ち続けていることを書いている。
 よく有名な実業家や作家が「夢は諦めなければいつか叶う。諦めればそこで終わり」という。
 一般人からみれば、既に夢を叶え向こうの世界に行った人が、余裕をかまして言っている言葉である。

 

 「諦めればそこで終わり」は間違いないが、諦めなければいつか叶うは嘘だ。「叶う人もたまにいる」が正しい。

 

 杉原の人柄に惹かれる理由は、その謙虚さにある。
 杉原はこの本でここまでの成果を率直に喜び、幸せだと言っている。
 現状を幸せだと思うことは、よい未来をたぐり寄せるために、とても大切な心がけだ。

 

 「夢はきっと叶う!」という自己暗示を推奨する人は、信用できない。
 それよりも、今が幸せだと感じ、夢はそのうち叶うかも知れないな。でも、叶わないのかも知れないな。と思う程度が、ちょうどいい。

 

 

 20代の頃「40代で身につけるゴルフのマナー」の本を読み、いつもゴルフ場のトイレでは、置いてあるおしぼりで洗面台を拭いていた。
 ゴルフ場に向かって、クルマを走らせている時は、とても楽しかったが、帰りのクルマは、概ね自分に怒っていた。

 

 ゴルフに求めていたものは、紳士の称号か。好スコアという虚栄か。
 あるいは、何も求めてはいなくて、上達のプロセス、希に出る好打、自然の散歩が楽しかったのか。

 

 長くゴルフを離れていると、この次に戻った時には、とてつもなくうまくやれる気がする。
 その理由は、あれだけ多くのミスショットをしながらも、ゴルフを嫌いにはならなかったからだ。

 

 人は飽きることがある。事情により離れることもある。
 だが、嫌いにさえならなければ、またいつか、そこに戻ってくる。

(終わり)

7番アイアンっていつ使うの?もくじ

スポーツ |

2008年7月15日 (火)

移民法は帰化を求めず

 日本人と協調し、この地に生業を見つける者を歓迎する。
 犯罪行為を働くものを排除する。

 権限を与えられた者は権限の獲得ではなく、組織の繁栄のために働く。元々、日本は出稼ぎの対象国ではなく、ずっと住みたい国として、海外の人々が羨望のまなざしで見ていた。
 それは、日本の文化・環境・豊かさによる。だが一番大きな理由は、真っ当な外国人に対しては、日本人がとても優しく受け入れるということだ。

 日本人には島国根性などない。日本人を脅かす外国人に頑ななだけだ。礼節とルールに則った外国人には暖かい。

 「こんにちは佐野さん。この冬も寒くならないね」
顔を合わせるごとに、挨拶と笑顔を欠かさない外国人。

 「なに、見てるんだよカス」
という目でガンを飛ばす日本人。

 どちらの人に温かい気持ちになるか。どちらの人と同じ町で暮らしていきたいか。想像してみればすぐにわかる。
 暖かく迎えられ、定住権を得て、外国人は一生懸命に働く。それは、日本の繁栄につながっている。

 過疎地域では、それぞれ外国人の誘致に工夫を凝らしている。
 西欧人に人気の高い京都に近い兵庫県わかさ町では、週末には無料の京都散策バスツアーを組み、多くの外国人家庭を誘致した。

 移民法施行からこの4年で、旅行会社の企画商品「外国人永住者向けバスツアー」は全国に広がった。
 漁師の町、長崎県ごとう町では、漁業熟練者の多いベトナムに目を付けて、小学校の授業にベトナム語を取り入れた。
 町では毎週水曜日にベトナム語教室、土曜日には日本語教室が開催される。
 今では、町役場の会議室に入りきれず、近隣の魚目小学校の体育館を使っている。

 「ベトナム人街のような地域ができてしまうと、日本人の警戒感が首をもたげて、関係がうまくいかない。そのような垣根を極力つくらないように努めた」という原町長の言葉は、全国の自治体に大きな教訓となった。

 こどもの教育は、外国人家族にとって大きなネックである。
 世界の子供達を世界の大人が育てるという視点に立った対策が必要だ。
 たとえば「ベトナム人学校」のような私設校に通うには、年間平均50万円がかかる。授業料が払えないから学校に行かず、教育を受けない外国人の子供達。それでは、次世代の日本を支える人材として不安がある。

 外国出身子女への教育は、過疎自治体教委の腕の見せどころであり、現在のところ「ベトナム人学級」のような別編成方式と、通常クラスに出身国別に編入する方式に大別されている。
 新卒の教員採用試験では、外国子女クラス要員として別枠を設け、任意の外国語試験をおこなう自治体が増えている。その実情に合わせ、外国人クラス担任には毎月 3万円以上の手当を支給する「外国人クラス担任手当法」を施行した。

 「移民法」施行から3年経過時点の永住権取得者は20万人。この数値は施行時に厚生労働省が試算した通りだった。
 労働力を求めて、過疎地域と言われていた町や村に、企業の工場や電算処理センターが進出する。人が増えたことで、娯楽産業が進出する。
 そうして税収が増え、医療予算がつく。隣り町まで行かなければならなかった小児科や産婦人科の医者を、好待遇で呼ぶことができるようになった。

 従来法の国籍法では、日本に最低 5年住むこと、素行がよいことなどを条件に帰化を認めていた。
 日本語の「帰化」には日本国に同化するという意味もあり、国籍を取得することと民族に同化することは別ではないかという見解により、帰化ということばを使わないように配慮する人もいた。
 だがメディアとブロガーには問題意識がない人が多く、外国人の日本国籍取得=帰化ということばで片付けられてきた。

 果たしてアジアから日本に定住先を求めてきた人たちは、日本国の一員として徴兵された時、喜んで戦うだろうか。ブラジルから来たストライカーはセレソンを相手に、心に一点の曇りなく戦っていたのだろうか。
 「移民法」は労働力の確保を目的とした法律であり、一定の基準を満たした外国人に永住権取得を認めるが、帰化は求めていない。

 life 命
 【逆縁自殺を認めない法】
 親より先に死ぬ(逆縁)自殺を禁止する。親はこどもの辛さ、寂しさに寄り添う義務を負う。
 親より先に逝く自殺を禁じたのは、それが人として守らなければならない最低限のルールだと思うからだ。
 目標法であり、罰則はない。



次回は7月17日(木)に掲載します。

「独裁者」もくじ

|

2008年7月14日 (月)

公に尽くす動機 私欲のための動機

 health
 【小児科、産婦人科倍増法】
 小児科医、産婦人科医は名誉国民とする。ただし2010年以降に就職した者に限る。
 1990年代から、小児科医、産婦人科の不足が問題視され始めた。
 2010年に「小児科産婦人科特例法」が制定されて、医師の税制が優遇されたが、2020年までの10年期で医師の数は10%の伸びに留まり、同法は廃止された。

 「小児科、産婦人科倍増法」では当該医師・施設の所得、不動産を非課税とし、当該医療裁判の被告となった場合、専門の国選弁護人をつけ、裁判費用を国で負担した。
 名誉国民の称号を与えたのは、医師を目指す学生に、公僕としての働きを頼むというメッセージ。

 国民の暮らしを支える職業を公僕と呼ぶ。その職を目指す動機は人によって違う。次に挙げる6つの職業は特に二面性が強い。

 公に尽くす動機
1,子どもの教育に燃えているから、先生になる
2,公正な社会を築きたいから、弁護士になる
3,地域の役に立ちたいから、地方公務員になる
4,国の役に立ちたいから、国家公務員になる
5,地域をよくしたいから、代議員になる
6,人の命を救いたいから、医者になる

 私欲のための動機
1,地元で就職できて安定しているから、先生になる
2,世間体が良くそこそこに儲かるから、弁護士になる
3,地元で暮らせて安定しているから、地方公務員になる
4,給料が高く安定していて老後もおいしいから、国家公務員になる
5,利権に預かることができるから、代議員になる
6,いい暮らしができるから、医者になる

 公務員・弁護士・代議員は希望者が多く、なり手がいなくて困るということがない。
 だが、医者はなり手がいなくなると困る。

 2000年代、医療費の負担率が上がった時、メディアと野党は「医療の切り捨て」と言った。
 誰も言っていないのに「お年寄りは死ねというのか」と作り話をしていた。

 医療負担を上げざるを得なかったのは、当時の為政者が非情だったのではない。その前の時代に、みんなのお金を使ってしまった人がいたのだ。

 夜な夜な勝ち組の仲間と集い、高級外車に乗り、セキュリティ会社に守られる暮らし。本当にそれが公僕の志で、目指していたことか?
 人に羨まれ、妬まれる暮らしが望みならば、その公僕に国民の声は届かない。

 2010年代からの20年。公僕が小欲をもって、公に尽くす。
 この当たり前の価値観は遠い距離を超えて、日本のあちこちに芽吹いていた。だが、それが国民の共通理解になることはなかった。

 僕がやるべきことは、真っ当に働く彼らに、お天道様はいつも見ていると声をかけることだ。僕はブリーフィング以外では世間と接していない。一人一人に激励のメールを送る代わりに、法令でささやかな声援を送る。

 labor 労働
 【移民法】
 労働力の確保、過疎対策、二つのテーマを「移民法」で解決した。

 日本が2004年12月をピークに人口減少に転じて30年が過ぎていた。
 人口減少は、地方の過疎化を加速した。
 2017年度から導入された道州制により、国と地方の行政の枠組みは変わったが、過疎地域が過疎地域であることは何ら変わらない。

 労働力確保策としては、外国人定住者を、公式に移住者として認める政策が度々議論されていた。
 ただ、外国人は都市部に集中して住む傾向があるため、永住権の基準を緩和しただけでは、過疎対策が片づかない。

 移民法の前文には、こう記している。



「独裁者」もくじ

|

2008年7月13日 (日)

これもサッカーだよ~ん

 「判定に文句をいうのはいつも敗者」

 前バルセロナ監督 フランク・ライカールトの言葉だ。
 今日は、敗者として、大いに文句を言います。

 ユーロ2008観戦が終わった。
 全31試合。生と録画で初めから終わりまで見た。
 4年前のユーロ2004の時は、イタリア・リーグが「セリエA」で、スペインが「リーガ・エスパニョーラ」であることしか知らなかったので、当然 1試合も見ていないし「ユーロ」そのものを知らなかった。

 日本代表がW杯に出るようになってから、3度のW杯を見て、今回初めてユーロを見た。
 今回初めてユーロを見て、よくメディアとブロガーが言う「ユーロは、W杯よりレベルが高い」という論評が本当だとわかった。

 アジアが出ていないので、専守防衛の試合がない。
 足下でボールが止まらない選手もいない。
 アフリカが出ていないので、ドイツの上を行く、空中アスレチックサッカーを見なくて済む。

 ユーロ2004で、どのようなプレーをした国が優勝したかは風評しか知らないが、ユーロ2008は、それと比べれば「サッカーとは攻撃しあうスポーツだ」という志の監督と選手が多かったのだろう。

 今回、ポルトガルにとって、優勝はさほど難しい目標とは思えなかった。
 ただ、唯一歯車がかみ合わなかった試合に、その日だけ、歯車が2度かみ合ったチームと当たってしまったのが不幸だった。
 それだけの悪い状況でさえ、スコアは2-2だったが、注意力の低い審判が「これもサッカーだよ~ん」とバラックが奪った反則ゴールを無効にしなかったため、万事休した。

 決勝戦後、ドイツのGKレーマンはロゼッティ主審の判定に不満を漏らしていた。(Goal.com より)
「ロゼッティはとても傲慢な振る舞いだった」
「ポドルスキに対する頭突きでシルバを退場にすることもなかった」

 ポドルスキが「ほれほれ、ここに頭突きしてみな」とシルバに頭を突き出して挑発する映像を見て、下品な選手だと思っていたら、挑発に乗ったシルバを退場させなかったと、がっかりしている人がいた。
 しかも、このシーンは直接ゴールとは関係がない。

 そんなレーマンでも、きっとバラックの確信犯ゴールには「それもサッカーだよ~ん」と言うのだろう。

 いきつく結論はこうだ。
 サッカーは、レフェリーが裁くスポーツの一つに過ぎない。
 審判批判は、次の試合までの暇つぶしにはなるが、それ自体は、いかなる事実も変更しない。
 やり直しのきかない大会、テレビ朝日的に言えば「絶対負けられない戦い」だろうが、お構いなし。
 サッカーの試合は4人の審判の8つの目で決まる。VTRも、視聴者も、観客も何も決められない。

「審判が裁くスポーツでは、VTRやコンピューターなどの補助的判断材料を導入しなければならない」という法律ができない限り、判定にぶーたれることは意味を持たない。自らが心の健康を害するだけだ。

 サッカーを見続けるならば、この問題へのこだわりを忘れなければならない。

 敗因となったバラック・ゴールの反則シーンがリプレイされている時のこと。
アナウンサー「バラックがパウロ・フェレイラを」
解説奥寺さん「ちょっとね ^^;)」
アナウンサー「押したように見えましたが」
解説奥寺さん「ちょっとね ^^;)」

 あの日、バラック・ゴールに「これもサッカーだよ~ん」という寛容な姿勢を見せ、ご満悦だった奥寺さん。決勝戦後、日本のスタジオで、その表情が沈んでいるように見えた。



|

2008年7月12日 (土)

派遣の貞子さん 2

 派遣の貞子さんがようやく辞めたそうだ。

派遣の貞子さん(前回のお話)

 辞めたといっても、貞子さんが「これ以上、タダメシはいただけません」と自ら、身を引いたのではない。
 鈴木さんが「貞子 寝てますけど・・」と言うと「へへっ」と笑っていた上司から、派遣の契約更新時期が来たが、予算削減のため更新できなかったとメールが来た。
 予算削減がなければ、上司はさらに更新したのかも知れない。そう思うとぞっとしたと鈴木さんが言っている。

 その後も貞子は、欠勤、遅刻を繰返し、インターネットに飽きたらしく、最近はもっぱらWindowsに付属しているゲームをやっていた。
 日頃は寝ているのだが、3カ月に一度の更新が3期目に入った頃、突然張り切るようになった。
 向かいの席に、別の会社から男性派遣社員がやってきたのだ。
 いわゆるイケメン、推定年齢25歳の男性派遣社員がなにか「やっても~たぁ」などとネタを振ると、うきゃうきゃ言いながら、携帯を片手にぐるっとテーブルを回ってきて、写真を撮りまくる。
 周囲はどん引きを通り越して、凍り付いていたという。

 イケメン君が来て以来、貞子は起きていることが増えた。
 ただ、困ったのは、頻繁にイケメン君に話しかけるのである。
 電話が少ない商品を担当している貞子に比べて、売れ筋商品を担当しているイケメン君は忙しい。電話を切ったら、それをデータベースに記録して、手順書を書き換えて、提案してくれる。
 身内の社員にも居ないような、活躍である。

 だが、イケメン君に貞子は話しかける。
「総務部の田中さんってぇ、いつも話が長いのぉ~。一度イケメン君からびしっと言ってくださいよぉ」
「いや、自分はそういう立場ではありませんから。それは佐藤さんのほうへ言われた方が・・」

 うぶな子ね、あなた。
 という目をして、イケメン君に納豆のような視線を送る貞子。
 だいたい、なぜお客様対応の係が、総務部と話しているのかが意味不明だ。

 貞子が去って1週間、佐藤さんが同僚の花沢さんと呑んでいた。
 花沢さんは定年退職間近の女性で、部署の庶務を担当している。

花沢「こないだまでいた派遣の娘、ひどかったねぇ」
鈴木「あぁ●●さん(貞子の名字)ですね」 花沢「だって、あの子、お水でしょ?だからお昼ずっと寝てるのよ。だいたい、派遣先に鎖じゃらじゃらつけて、5cmのヒール履いて来る?いつも、机の下でメール打ってたでしょ?確か■■社(有名な派遣会社)ってそういうの禁止だよね」

 鈴木さんは、苦笑いして聞いている。
花沢「だいたい、なんであの娘 2回も更新したの?ふつうは更新しないでしょ。9カ月だよね。給料泥棒よね。▲▲さん(上司)の好みだったのかな~?だとしたら、ひどい趣味だよね」
 この一件を仄聞して、学んだことは次のとおりだ。
 誰もが不思議に思っていることは、皆、そう思っているということ。
 だが、なぜかそれを不思議だと思わない人がいて、それは概ね「責任者」であるということ。

 責任者は独特の間合いでものごとをみて、多少のことには目をつぶりスルーしている。
 このスルーが好結果を生むこともある。
 我慢し続けた部下が、大ヒット商品を開発して大化けするといった時だ。

 このスルーが、大勢に影響ないこともある。
 貞子の一件はまさにそれ。派遣期間中、お客様との致命的なトラブルには至らず、貞子はいなくなった。

 このスルーが、致命的な悲劇を生むこともある。
 法令非遵守、偽装、着服
 最悪の場合は、組織が壊滅することもある。

 どう転ぶかは、責任者の想像力にかかっている。



|

2008年7月11日 (金)

世界が真似できない「故障率公開法」

 日本国民一人当たりが飲むペットボトル飲料(500ml換算)は、1993年には 8日に1本だったが、2035年には1日1本になった。

日本におけるペットボトルの生産量
1993年  12万トン
2004年  51万トン
2035年 100万トン

日本におけるペットボトルのリサイクル Recycle 率
1993年  0%
2004年 47%
2035年 57%

「リサイクル率は伸びています」と環境省は説明するが、それは数字のトリック。
リサイクルされないペットボトルは増え続けている。
1993年  12万トン
2004年  27万トン
2035年  43万トン

「リサイクル率」とは、リサイクル施設に持ち込まれた率であり、その86%(2035年実績)はリサイクル施設を経由しただけで、ごみ焼却場に向かう。そのため、再利用 Reuse されたペットボトルの量はさらに少ない。
1993年  1万トン
2004年  3万トン
2035年  5万トン

ペットボトル事業に使う石油(製造、リサイクル、焼却の合算)
1993年  26万トン
2004年 188万トン
2035年 300万トン

 Recycle や Reuse では追いつかない。Reduce が必要だということは、2010年時点で大半の国民がわかっていた。だが、製造業界の反発は必至。国民には清涼飲料で食べている人も大勢いる。票に捕らわれずに行動することは、政治家には難しかった。

 「ジュース容器は紙パック法」は施行直後、メディアが反論したが、すぐに缶やペットボトルに劣らぬ強度と機能を備えた紙容器商品が出てきた。従来の自販機がそのまま使える紙容器飲料もできた。
 清涼飲料各社は概ね協力的で、荒れる子ども、環境という社会問題に対する日本企業の潔さ、即座に対応する高い技術力は、世界中のメディアから称賛を受けた。

 このように非行や社会悪の発生原因に対して「科学的なデータ」に基づいて規制することは、議会制民主主義の国では不可能とされてきた。
 「そのデータは信憑性が低い」
 「データがねつ造だった時は、誰が責任をとるのか」

 票にもならない仕事で、責任を取らされたらたまらない。
 だったら、止めておくかということになる。
 だが、僕は違う。独裁者だから。僕は投票で選ばれていない。
 僕はまず動く。法律を作って施行する。それで実効性がないとみるや、優秀な官僚たちが、僕から言われなくても、検証資料を上申してくる。そこには仮説に基づく検証、実際のデータ、代案、すべてがある。
 僕はそれをみて直ちに見直す。官僚たちは提出した資料がすぐ法律に反映されることで、さらに一層張り切ってくれた。

 hard モノ
 【故障率公表法】
 家庭電化製品メーカーは、品番ごとに故障率をウェブサイトで公開しなければならない。
 A社のメモリーチップは 5年以内に50%が壊れる。B社のフラッシュディスクレコーダーは、全社平均の2倍壊れる..こうした情報を消費者は知ることができなかった。

 2011年にテレビ放送がデジタル化されると、なぜか翌年から一斉に家電メーカーの不祥事が報道され始めた。C社が修理代を事業計画に組み入れていたことが発覚したのを皮切りに、家電 5社が同様に年間予算に組み入れていたことがわかった。
 人がそこにいる限り、組織は予算を立てなければならない。企業で事業計画を立てるのは当たり前のことだ。だが、ひとたび悪いと言われれば、坊主憎けりゃ袈裟まで憎しと徹底的に叩かれる。
 C社はサービスセンターを独立採算にしたのが間違いだったが、どこかの会社が叩かれるまでは、それが会社を揺るがす不祥事になるとは、誰も想像できなかったのだろう。

 施行直後に「故障率の公開は企業経営を困難にする」と論じた雑誌があった。
 だが、それはすぐに的外れであることが明らかになる。
 日本の家庭電化製品は世界一壊れにくい。外国のメーカーに故障率公開は真似ができない。故障率を公開したことで、さらに日本製品への信頼は高まり、外国工場生産、輸出分を合計すると販売量は25%伸びた。
 消費者への情報開示が目的だったのに、瓢箪から駒で輸出を伸ばしてしまい、EIDOと経産省からお褒めの言葉を戴いた。
 懸念を表明した件の雑誌ではその後、同法についての論評を見かけない。



次回は7月14日(月)に掲載します。

「独裁者」もくじ

|

2008年7月10日 (木)

おやつ禁止法

 IDO室での法案ミーティングでは、この法律が一番うけた。
 「6月21日はコスプレの日にする!」と言った途端、19人中2人が椅子から転げ落ちた。そのリアクションがとても嬉しかった。そして、猛烈な質問攻めにあった。関連提案数も、恐らくこの法律が一番多かっただろう。

 「基本的なことなんですが、どうしてコスプレなんですか?」
 関西三人娘の一人、経産省の西直子が大阪弁イントネーションでつっこむ。

 人には好きか嫌いかがあると思うんだ。
 こういうことは好きだけど、これは絶対パス!まるで運命で決まっているかのようにね。人は宿命の元に生きるけれど、運命は決まっているわけじゃない。毎日、目の前に訪れる分かれ道を、右に行くか左に行くかって選んでいく。そのルーティング次第で、運命は自分が変えていく。
 日本人の大半が、コスプレなんて一生せずに終わるのが人生だと思っている。だから、ちょっと風穴を開けてみるのはどうかなって思ってね。

 「それ、今つくったんでしょ?」西直子との掛け合いがつづく。
 あ、わかった?
 IDO室が結成してしばらく経つと、彼らもつっこみどころを心得てきて、ミーティングはいつも笑いに包まれる。法律の話しは、辛気くさい顔をしてしなければならないという法律はない。人が笑顔になれる法律だと思ったら、少々奇抜でも、みんなに諮るようにしていた。

 「きっと毎年同じコスプレになりますよ。来年は“二年連続同一テーマは禁止”の一文を入れましょう」
 そうだね
 「特定の部位を露出したい人が、出した場合、それはコスプレですか?」
 「あれはコスチュームとは言わないだろう」
 コスチュームでプレイするのが基本だから、脱ぐだけというのは禁止した。

 僕としてはコスプレ=ハロウィンという月並みな設定は避けたかった。最初に6月21日と提案したのは、6月は祝日が一つもないし、梅雨でうっとうしいから、何か楽しいことでもとしよういうことだ。今イチ弱いなぁという彼らの顔色を見ながら、じゃ  4月4日はどう?と水を向けると、何かの映像がよぎったのか、全員が一斉に首を横に振った。そうしてIDO室メンバーの武士の情けで、無難なコスプレが許される唯一の日、ハロウィンに落ち着いた。

 food 食糧
 【クジラをもっと食べる法】
 日本は農産物輸入量世界一を続けてきたが「自給可能食糧自給率100%法」により、自給できるものまで海外から入れるのをやめた。
 農産物に高い関税をかけると、外国からは保護貿易だと非難され、国内からは農民の票欲しさだと揶揄される。
 だが、世界には食糧問題というものがある。世界には、太りすぎが死亡原因第二位の国がある。一方では、依然として世界の40%の人々は満足に食べていない。
 「クジラをもっと食べる法」では、日本漁船で捕獲できる魚の輸入もやめた。

 施行当初、漁獲量が減っているのに、輸入をやめてどうするという批判があったが、これはクジラを捕ることで解消できた。
 1853年、鯨油を潤滑油に使っていた大国が来航。捕鯨寄港地確保のために、日本に開国を迫った。だが時代が変わり鯨油が不要になると、1982年には環境団体と手を組んで、商業捕鯨停止を決めた。

 農林水産省の努力が実り、2033年にようやくIWCで賛成国が4分の3を超え、50年ぶりに商業捕鯨が復活した。
 50年間獲らなかったためにクジラは増えつづけ、人間の3倍の魚を補食していた。
 「漁獲量の激減は、クジラを捕らないからだ!」
 かつてIWCの席で、どれだけ農水省がデータを元に主張しても、太りすぎでたくさんの人が死んでいる国は耳を貸さなかった。

 「クジラをもっと食べる法」の条文には、クジラをたくさん食べましょうという文言はない。
 日本漁船が捕獲できる魚の輸入を中止する。
という一文があるだけだ。輸入で魚が入ってこない。だからまず、クジラを獲る。クジラを獲れば、クジラによる魚の捕食が減る。そして、漁獲量が増える。結局、魚の輸入は不要となる。日本人は以前より安く、日本の漁師が獲った魚を食べられるようになった。
 これら立法の意図は、室内ミーティングとブリーフィングでしか話していない。謎かけのような法令は、メディアが大きく取り上げて話題になり、クジラを食べることで、魚はもっと食べられるということが伝わった。

 【おやつ禁止法】
 子どものおやつを禁止した。小学5年生から大学院までの就学者に、間食を与えてはいけない。本人が購入することは規制しない。
 幼少期、ご褒美として食べものを与えられていた子どもは、大人になってからも食べ物に依存する。
 「このチョコとポテチが、今日のご褒美なの」
 「あとでお菓子が入らなくなるから、ご飯要らない」
 ジャンクフードに依存した人生は暗い。いつも食べている人は太っているし、顔が辛気くさいのですぐわかる。本人も自覚しているのだが止められない。
 菓子メーカーには、次世代を担う日本の子ども達の育成という視点から、三食のなかで摂る製品の開発をお願いした。これには、田中一徳と西直子が所属省庁の文科省、経産省と粘り強く折衝して、二つの省による連名文書を作ってくれた。

 また“ジュースの過剰な摂取が暴力につながる”というデータを参考にして、18歳未満へのジュース販売を禁止した。隠れて飲むところまでは規制できないが、それは従来から禁止されていたタバコと同じ。売った側に役務 5万ポイントを科した。
 ミネラルウォーターと烏龍茶は禁止しなかったが、糖分のはいったスポーツドリンクは禁止。小売店団体から経産省に対して、わかりづらいから改善して欲しいと陳情があったので「販売規制飲料赤パッケージ法」で禁止飲料のパッケージは赤系統の色、そうでないものは赤を使わないとした。

 IDOは業界団体とパイプを持たないので、各省からの報告はIDO室の各省担当者経由で、立法ミーティングに上げてもらっている。
 環境カテゴリーの「ジュース容器は紙パック法」により、缶ジュース、ペットボトル飲料の製造は禁止。炭酸飲料に限り、ペットボトルを認めた。



「独裁者」もくじ

|

2008年7月 9日 (水)

素人は「叩いた」とは言わない

「7番アイアンっていつ使うの?」【 17 】

 ゴルフでは、打数は自分でスコアカードに書き込む。
 自分だけではなく、あとの3人の分も書き込む。
 お互いがズルしないよう、監視し合っているのだ。

 1ホールを終えて、グリーンを離れたところで、あとの3人にただ今のスコアを口頭で申告する。
 結果が悪いから内緒にすると言うわけにはいかない。

 素人にとって「12」とか「15」を数えるのは容易ではない。
 「え~っと あそこで池に入れて、あそこで空振りして、パットを4つ打ったから・・うーん ・・・14!」
などと言うと怪しくて仕方ない。そういう人はゴルファーとして信頼されない。
 そこで、素人に必携なのがカウンター。ゴルフ用品店で500円で売っている。
 グローブにはさんで留めておき、一打うつごとに「ぷちっ」と押す。桁数は1-0の数字がラウンドする1桁のみ。1と11と21を間違う人はいないので、1桁でも用が足りる。
 これならば、自分で数えなくて済むので、プレーに集中できるし、嘘を申告することがない。

 一人ずつ順不同でスコアを申告する。
「パー」 +0
「ボギー」 +1
「ダボ」 +2
「12」

 パー+3打を「とり」=トリプルボギーという略称が最大で、パー+4打を超えると、その実数で言う。
 「叩く」とは、実力者がダブりボギー、トリプルボギーを打つこと。それ以上打つと「大たたき」という。
 ど素人が少々打ったとしても、それが実力であり「叩いた」とは言わない。
 素人がトリ(+3)で「いやぁ、叩いちゃいました」と言うのは、謙遜にはならない。それは不遜とか、僭越という言葉に近い。
 「君の腕なら、トリでも上出来だろう」と、誰もが思っているからだ。

 素人は、好打には大袈裟にならぬ程度に喜び、ミスには淡々として、少し苦笑い。これくらいがちょうど良い。

 ラウンドした後のスコアカードは、机の引き出しにしまっておくとよい。
 次に同じコースを回る機会があった時は、前回どのホールをいくつで上がったかが参考になるのだ。
 2度同じコースを回ると、自分の得手、不得手のホールがわかる。
 前回よいスコアのホールでは、いいイメージが湧くし、前回大叩きをしたホールでは、せめて1桁で留めようと慎重なプレーを心がける。
 過去データがないと、同じ失敗を何度もくり返すことになる。

 一日のラウンドを通して、ど素人が、玄人ゴルファーに勝ることが一つある。 それは歩数、移動距離。
 ティーグラウンドからホールを結ぶ最短距離を進む玄人。
 その中心線の周りを折れ線グラフのように進む素人。

 距離は長いが、所要時間は同じだ。
 ということは、距離が長い分、走っているか、動いている時間が長いということになる。
 当然、消費カロリーが高い。
 大半の素人はそれを風呂上がりのビールでチャラにしてしまう。
 このチャラビールを控えれば、ゴルフはかなり負荷が高い健康維持活動である。
 万歩計で歩数を測っている人もいる。
 これからは、フォアアスリートなどのGPS腕時計をして、距離やカロリーを測る人も増えるだろう。

 一ラウンドの移動距離がわかれば、折れ線ゴルフも、楽しくなりそうだ。

7番アイアンっていつ使うの?もくじ

スポーツ |

2008年7月 8日 (火)

10月31日は「コスプレの日」

【教諭レベル維持法】
 数学の授業で、先生が生徒から解法の誤りを指摘される。
 国語の授業で、先生が生徒から誤字を指摘される。
 このようなことは1990年代から始まり、2000年代には研修の強化策が実施された。

 「先生たちは、お前らと違って忙しいんだ!」と居直る出世・命のエリート教諭たち。
 「へぇそうなの初めて知ったわ。すごいね!先生が知らないこともっと教えて」
生徒と一人の人間として接していく新米女性教諭。
 元アイドルの竹本梨香が主演した2010年のテレビドラマ「三年C組イカサマ先生」この人気番組で、教諭の体たらくぶりが、おもしろおかしく世間に知れ渡った。

 1991年度より、すべての小中高で学級定員が45人から40人となった。2012年度からは30人学級が実施された。
 少数指導をめざして2001年度から教職員定数改善計画が始まり、5年で252,500人の教諭を増員。2010年からの5年計画では5万人を増員した。
 行政の施策により教諭の“量”は足りており、新卒の質も落ちていない。落ちていたのは"既存の教諭の質"だった。

 「教諭レベル維持法」により、新規採用合格者は、学校卒業後に 1年6か月間「教諭学校」で研修を受ける。修了後の9月に赴任先へ仮配属されて、半年後に正式配属となる。またすべての教諭を対象に、5年に1度、教員免許試験の更新試験「教員定期試験」を行う。

 これは裁判官・検察官・国家公務員・地方公務員も同様で、それぞれの分野に関する基礎学科試験を受け、得点率が80%に満たない者は資格を停止され、再試験に回る。再試験は1か月に1度で、3ヶ月行われるが、その3度のチャンスでパスできない場合、直近の一般採用試験に回ることになる。

 この法律は珍しく、公布から施行までの間隔を広く空けた。
 2035年4月に公布。教諭学校の開校と第一回定期試験(初年度は60歳代から)は2037年度スタート。2年の準備期間を与えている。目的はレベルの維持であり、人員整理ではないからだ。

 中学の同級生だった俵山は、山口県とよだ町で中学校の数学を教えている。SNSのとよだ町コミュニティで30年ぶりに再会した。
 とよだ町は蛍で有名な町。毎年夏にはホタル青年団が結成されて、川の清掃や蛍の生息調査を行う。ホタル青年団のリーダーを、もう10年務めているという彼は、もっぱら、趣味の登山と豊田湖での釣りに精を出しているとプロフィールに書いていた。

 「教員定期試験」の対象は、10歳刻みで降りていく。2039年の今年、40歳代の俵山に定期試験の順番が回ってきた。5月の試験で落ちた彼は、8月の3次追試でもパスできず、9月の一般教員試験に回った。だが「教員定期試験」と比べれば、新採用の教員試験は格段に難しい。資格停止中は授業を持たない管理職を除いては出勤できない。彼は今、宅配便会社で荷分け作業のアルバイトをしながら、9月の一般教員試験に備えているという。

 「学校だけならええけど、部活やボランティアもあるけえ、俺ら、勉強やらする時間ないほよ。IDOさんは、もうちょっと現場を知ってもらいたいんやけどなぁ」
 IDO法による守秘義務のため、僕がIDOであることは身内にも伝えていない。

 「教員定期試験」で実施する科目は、その教諭が実際に教壇に立つものに限られる。専門科目の教諭はその科目。小学校でクラス担任をもつ教諭は算数、国語の2教科のみ。
 3次追試での俵山の得点は69点。同時期に行われたとよだ中学校1年生の定期試験「数学」の平均点は72点だった。出題内容こそ多少違うものの、教える側である俵山のレベルは、教え子並みということになる。
 俵山は自分の学校だけでなく、地域の子どもたちまで目配りしている。言わば真っ当に生きている男だ。その真っ当な男から職を奪うのは忍びない。倹約を強いられる家族は不憫だ。
 だが、彼は自分が公務員であるということを忘れてはならない。俵山は労働の対価として自分に投入されている税金が、いったい何を期待しているのかという原点に戻ってほしい。

 festival 祭り
 【コスプレ外出の日法】
 毎年10月31日は、コスプレで外出しなければいけない。

 コスプレのテーマは自由。サラリーマンはいつものスーツではなく、コスプレで電車通勤しなければならないし、教諭はコスプレで授業をしなければならない。目標法の1つであり、遵守しない者はマイナス1,000ポイントとなる。

 施行後、初のコスプレの日となった2035年10月31日。
 鉄道とバスは朝から混雑していた。乗車率は平日の20%アップ。
 ホームは人で..いや着ぐるみで溢れていた。

 いつもは体の密着を厭わぬ男女が、この日はなぜか人と間隔を置いている。いつもの電車に乗れずに見送るサラリーマン。遅刻件数は史上最高を記録した。
 「いやぁ長女が、これが一番無難だって言うからね」
 圧倒的に東急ハンズで買ってきた、黒いアフロヘアと革ジャンでラッパーのつもりというコスプレが多い。東急ハンズが売り出した「コスプレの日セット」の中では、これが398円で一番安かったからだ。
 女性はハロウィンお約束、黒いマントを羽織った魔女が多い。
 この日のためにサマンサタバサが発売した、ジャックオーランタン型トートバッグを5人に1人が持っている。いろいろと物いりだろうからと、かなりの廉価で発売してくれた。
 「これって毎日使ってもいいかなぁ」20代のOLはとても嬉しそうだ。

 こういう時、話し相手がいる人は幸せだ。
 年の頃、50歳前後、冬服セーラー服の紳士は、なぜそこに至ったのだろうか。
 それが人生の夢だったのだろうか。
 眉間に深いしわを刻み、誰に向けるでもない怒りを満面にたたえて独り立ちつくす。
 何度でも言いたいが、なぜ、セーラー服なのだろう。僕が子どものころ、そういうおじさんが街で歌っていたことはあるが・・・

 出勤時の独りぼっちがよほどこたえたらしい。
 夕方5時のチャイムが鳴ると、残業禁止法により加業のないサラリーマンたちの間では、退社方角別の集団下校ならぬ「集団帰宅」が催行された。

 「横浜方面、入沢さんについてきて!」
 「千葉方面はどこ、え゛っ? もう行っちゃったの?そんな殺生な~」
 施行2年めからは、計画的に出勤の集団出社も企画されるようになった。

 コスプレの日、全国の小学校はパニックに陥っていた。
 全校集会は警察署から借りてきた「ピーポ君」で決めた校長の訓辞で始まる。

 「おはよう!ピーポくんです。あ、ちがうか」
 ピーポ君の声色に、この時点で多くの子どもが腹痛を訴えた。

 ほとんどの女性教諭は、レオタードで授業をしている。
 いやよく見るとスクール水着だ。
 水着だとコスプレにならないと思ったのか、スパンコールをふりかけて、手にはボールやリボンを携えている。新体操のつもりらしい。
 よく見るとリボンではなく鞭の先生もいる。鞭はいかんでしょう鞭は...

 男性教諭はほとんどがボンデージや、昔はやったフレディ・マーキュリーのぴたもっこりスーツだ。

 「コスプレの日」を作った時、僕は肝心なことをすっかり忘れていた。
 かつて、佐賀で姉の結婚式に出た時、教諭仲間がコスプレの寸劇を始めたことがあった。先生のMCがはいる。
 「佐野先生おめでとうございます!今日は教員一同でオリンピックを再現して、お祝いに花を添えます」
 ここで帰りたくなった。

 海パンでじゅうたんの上を泳ぐ男性教諭。
 レオタードでラインダンスを踊る女性教諭。
 それのどこがオリンピックなのか。

 僕と同じ公務員とは思えなかった。
 彼らにも恐らく羞恥心というものはあるのだろう。だが、僕の考えるそれとは格段に次元が違う。羞恥心という概念も、多様なのだということを学んだ。

 WEBの投書箱「僕が独裁者になったら」には、翌日全国の小学生から「先生のコスプレだけは禁止する法を作ってください」という意見が2,000通ほど寄せられた。父兄からは「公務員は変態をしてはいけない法をお願いします」という投書が200通ほど寄せられた。利害関係に疎い子どもの方が、言いたいことが言えるのだ。
 IDOを5年間やってきてこの法ほど、人と人の板挟みに苦しむ中間管理職の痛みがわかったことはない。



|

2008年7月 7日 (月)

独りを慎ましく生きる人が社会を想う

 education
 【次世代教育法】
 僕は独裁者であり、スローガンや公約を掲げて国民に支持を呼びかける必要がない。ただIDO室のメンバーとは、IDO法の軸、IDOの使命と並んで、目標とする社会像を共有している。
 「千年後、この街に子供達の明るい笑顔が響き合う」
 子どもの頃に本で読んだ言葉がずっと頭の隅にある。今は毛筆で東京スカイツリーの絵の上に貼ってある。僕の字はミミズが這うような字というとミミズに申し訳ないくらい読みづらい。自分で書いたメモもその日のうちは、記憶を辿ってなんとか読めるのだが、数日も経つと、書いた時の状況を映像化しないと読むことができない。
 就任して最初の正月。書道二段の中村君に書いてもらった。

 ポートランド州立大学の学生キャロライン・デビッドソンは、このサイケデリックな半月のシンボルマークをデザインして、報酬はたったの35ドルだった。でも彼は誰も手に入れることのできない誇りという財産を、その心に刻んだ。一方君は、水野君が名古屋で買ってきた、その赤福一つしか手にすることはできないけれど、その胸に大きな誇りを刻んでくれるかな?

 ジャケットのスポーツメーカーのロゴをこれこれと指さして、僕が笑いながら言う。筆者の中村君は赤福を頬張ったまま、メモを取る仕草をして「今のいただきます」とおどけてみせた。メンバーとのかけ合いも随分とこなれてきた。

 次の社会は 次の世代の子どもたちが 自ら考えてつくるべきだ。
 先人は「児孫のために美田を買わず」と言った。遺産は子どもの脳の中に残すもの。
 「青春22海外留学制度」により、22歳未満の者は国費で海外へ短期留学できる。渡航費、6ヶ月間の基本生活費は相手国別に定めた金額を貸し付ける。返済は就職後、無利子で最長10年。施行後の1人当たり貸し付け平均額は84万円なので、毎月1万円ずつ返済していけば、7年で完済する。

 帰国後には、4,000字のレポートを提出する。文科省審査で、100点満点の60点以上とれば2割引、70点で3割引。80点以上とると全額返済免除となる。
 僕もすべてのレポートに目を通している。日本の良さを発見する者、新たな世界観を会得した者、親の大切さを痛感した者まで様々。彼らの活力はまぶしい。
 公表していないが、年間でおよそ1,200人が全額免除を受けている。1割引の者まで含めておよそ20億円の予算。この予算は未来への投資。次世代の彼らが社会に還元してくれる。
 日本は2000年の法整備で、海外からの留学生受け入れ10万人水準をクリアしていたが、海外への派遣には国としての道筋がなかった。

 「留学を通じて、親の有り難さがわかりました」
というレポートにヒントを得て「独り暮らし法」を施行した。
 22歳未満の者には留学で親元を離れる機会を設けたが、23歳以上にも親離れする機会が必要だ。
 2036年4月1日の施行時点で、30歳未満の者(2006年4月2日以降生まれ)は、40歳の誕生日までに1年以上の独り暮らしを経験しなければならない。独り暮らしの開始と終了に特別な届け出は不要。自治体が住民基本台帳で自動的にチェックする。

 朝は目覚まし時計をかけて自分で起きる。ゴミは自分で分別して出す。ご飯は自分でつくる。公共料金は自分で支払う。風呂掃除と便所掃除は自分でする。掃除機は自分でかける。洗濯は自分でして干して取り入れてたたんでタンスにしまう。食糧からトイレットペーパーまで自分で買ってくる。

 独り暮らしをしたことがある人にとっては当たり前のことを、経験しないで死んでいく人がいる。人は独りの時にしか成長できない。独り暮らしは心穏やかな時間よりも、深い孤独に沈む時間の方が長い。
 独りでいる時間を慎ましく生きることができて初めて、他人のために役立とうと決意することができる。



|

2008年7月 6日 (日)

デコ チェルシー移籍決定!

 デコのチェルシー入りが決まった。
 おめでとうデコ!
 30歳11か月で、ビッグクラブからの誘いがあることは、すばらしいことだ。

 発表はユーロ決勝翌日の7月1日。
 ユーロのまっただ中に発表してしまったスコラーリの一件は、ポルトガルファンに義理を欠いたが、デコはサッカー界に義理を欠かなかった。
 この義理堅さは、まさにニックネームの一つ「ハポネス(日本人)」

 スコラーリとデコ、この二人は2008-09シーズンは新天地へ旅立つことがわかっていたが、まさか同じクラブに移るとは思っていなかった。

 さて早速、デコのチェルシー入りを受け、次にデコと会える機会を整理してみよう。


●過去の来日
デコはこれまでに過去4回来日している。

■【 初来日 】
2004年 FCBarcelona on tour Japan2004
ユーロ2004終了後、FCバルセロナへの移籍が決まってすぐツアーに参加。テレビ番組には出演したが、負傷のため試合には出場しなかった。

■【 2度め 】
2005年6月 FCBarcelona on tour Japan2005
このツアーは試合チケット発売後に、ロナウジーニョが来日をキャンセル。
デコ日本初試合
横浜戦後半ではデコがロナウジーニョの位置に入り、珍しい「左サイドのラインで張って待つ」デコが見られた。

■【 3度目 】
2005年7月 プレシーズンマッチ
前月にロナウジーニョが来日しなかったため、その埋め合わせという名目で、急遽同一オフシーズン2度めのツアーが組まれた。

2005-06オフシーズンは、米国ツアーのため、日本ツアーは組まれなかった。

■【 4度目 】
2006年12月 CWC2006
初めて真剣勝負での来日。デコは大会MVPを獲得したが、決勝で敗れ、大きな宿題が残った。

2006-07シーズンオフ、FCバルセロナは日本ツアーを催行したが、デコは来日直前、私用のために参加をキャンセル。ファンをがっかりさせた。
FCBarcelona on tour Japan2007


 チェルシーは2007-08シーズンオフにアジアツアーを行うが、日本には来ない。これは来年のアジアツアーに期待するしかない。


 CWCとしての来日は当分ない。
 2008年12月に来日するのは、マンチェスター・ユナイテッド。ドログバのビンタ・レッドカードで、不得手なお鉢が回ってきたテリーがPKを外し、あと一歩でCL2007-08の優勝はその手をすり抜けた。
 CWC2009~2010は、日本ではなくUAE開催となるため、CLでチェルシーが勝っても、来日することはない。
 その次の日本開催は2011年。3年も先の話だ。


 クラブで可能性がないとなると、ポルトガル代表はどうか。
 可能性があるとすれば、日本代表が親善試合でポルトガルを招聘することだが、欧州のビッグクラブにいるロナウドやデコはオフシーズンも忙しい。もし、試合が組まれてもデコは来ないかも知れない。

 だが、どうしても来なければいけない大会がある。
 それはW杯。
 W杯2010が代替地開催となった場合、日本もその候補に入っている。そういうお鉢はどんどん回ってきてもらいたいのだが、現実には可能性はほぼ0%。32か国の代表とサポーターが南アフリカに行くことは動かし難い。

 結局、きょうの話の結論は、デコと会うには、ロンドンに出かけるしかないということである。

|

2008年7月 5日 (土)

N700系で行く品川博多の旅【 1 】

 鉄ちゃんならば、たまらないこのタイトル..
食いついてくれる人はいるでしょうか。

 夏の里帰りの 2か月前になったので、いつも通り
スカイマークのウェブサイトから飛行機を買おうと思った。
あ、別に1機まるごと買うんじゃないです。

 ところが、スカイマークのウェブサイトにアクセスすると、発売開始と同時に早割は「売り切れ」
 機長不足で欠航することを見越して、予約人数を抑えているのか?と思うくらい、あっという間に売れてしまった。
 もう、標準価格 28,800円の席しか残っていない。

 そこで「のぞみ」をしらべると、飛行機よりも 6千円安い。
 そういえば、まだN700系に乗っていなかった。

 N700系は初めて車両傾斜システムを搭載した新幹線車両。
 ほんの少し鉄道のことを知っている人ならば、車両傾斜システムがだいたいどういうものかはわかるだろう。だが、具体的にどういう仕組みで傾けているかを知っている人は少ないはずだ。

 バイクをカーブで傾けるように、運転手が外側過重で体重移動するのではないことはわかるだろうが、運転手がハンドル操作をして傾けるのでもない。
 新幹線システムを制御しているATCで、列車は自車の現在位置を把握している。カーブが近づくとその手前で、先頭車両から順に空気バネに傾斜角度をコンピューターが伝えていく。

 傾斜と言うと、バイクならば45度。まぁ新幹線だから10度くらいかと思っていたら、傾斜角は1度。
 わずか1度の傾斜でカーブでの減速を抑え、JR東海道区間ではカーブも270km/hで走行する。
 速く走るだけの列車をつくる国は他にもあるが、車体と線路の総合システムで、カーブを270km/hで走ってしまう。そんな国は日本だけだ。まったくもって恐ろしい。

 最高時速は500系と同じ300km/h。当初は270km/hと報道されていたが、ダイヤ編成時には300キロとなっていた。
 先頭の尖った部分は10.7m(500系は15m、700系は9.2m)

 トップスピードに乗るまでの加速性能も、700系より優れる。

 2000年4月より、JR東日本とJR西日本が共同研究を始め、2007年7月1日、営業運転を開始した。
 主に「のぞみ」運行に使用され、2009年度中には、すべての「のぞみ」がN700系に替わる予定。残念ながら、500系を大阪以東で見られるのも、あとわずかということになる(現在既に、1日2往復のみに減っている)

 車体傾斜システムの新幹線が、270km/hで駆け抜けるカーブ。
 大阪から西の直線は、最高300km/h。
 鉄道雑誌で「格段に静かになった」と書いてある車内居室・・・

 この夏は東京-博多をのぞみで帰ることにした。
 正確に言うと、品川-博多
 のぞみ1号東京発博多行きの5分前を走る、品川発のぞみ99号。
 日頃「99ショップ」のお世話になっているからというわけではないが、朝イチなのに 99 という意外性がいい。

 6:00に品川を出て、博多に着くのは10:45
 速すぎる・・
 もちろん、飛行機の速さにはかなわないが、新幹線には、車窓の景色、地名が西に流れていく旅情がある。

 そうと決まったら、まずは切符の予約。
 JR東日本の「えきねっと」は1か月+1週間前から事前受付が始まる。
 以前は「窓際」「通路側」しか指定できなかったが、今回操作してみると、A~E席が希望できるようになった。
 富士山が見える側のE席をリクエスト。
 果たして、希望通り、席が取れるだろうか。

 旅情といえば、車内販売。
 日頃は朝食をとらないので、その日初めての食事はお昼過ぎ。
 10:45に博多につくならば、車内で何も食べる必要はないのだが、せっかくならば、何か食べたほうがネタが増える。

 切符の結果を待つ1週間の間に、今度は、駅弁の検討に入った。

*不定期で、旅が終わるまでしばらくつづきます。

|

2008年7月 4日 (金)

パワーハラスメント規制法の廃止法

 【パワーハラスメント規制法の廃止法】
 2000年代のデフレを克服した日本企業は、効率至上主義、内部統制、法令遵守というたくさんの鎧をまとった。
 その結果、外国資本のIT企業が莫大な利益を上げたが、日本企業は活力を失った。
 傾きかけた英国で生まれたITILが、熟成した叡智を持つ日本国民に不要なことは冷静に考えればわかるのだが、何せ似非エグゼクティブは、形にはまった論理に弱い。

 未曾有の業績をあげながらも、自由に考えることが禁止され統制された企業は活力を失い、笑いが消えた。
 2020年代には「出世はアホがするものだ」という現在の価値観が定着した。
 高い給料と引き替えに「部下の世話」という雑用がのしかかるライン。
 そこそこの給料でやりたい仕事を極めるスタッフ。
 後者ならば「加業」もなく、夕方の5時には会社を出て、友達や家族と多くの時間を過ごすことができる。
 2020年代は、人間の評価は会社の中にあるのではなく、社会の中にあるのだということが、明らかになった十年だった。

 誰もがラインを嫌いスタッフをめざす。プロジェクトマネジメントを学び、プロジェクト・リーダーには手を挙げるが、マネージャーにはなり手がない。
 そしてスタッフに権威を振りかざすラインは、日本からいなくなった。そんなことをしても誰も相手にしないし、仕事が回らない。2012年に制定されて、過去の遺物となっていた「パワーハラスメント規制法」を僕が廃止した。

 computer コンピューター・情報処理技術
 【誕生日 4桁をパスワードにするのを禁止する法】
 すべての公的機関、金融機関と上場企業が提供するコンピューター・システムに対して、誕生日付 4桁とパスワードをぶつけて、エラーチェックするロジックの導入を義務づけた。ユーザーは誕生日をパスワードに使うことはできない。

 電話番号の末尾 4桁については、パスワードに使わないことを努力義務とした。電話番号は公的データベースでは管理していないので、一律にロジックで網が掛けられない。ただ、従来から個々のウェブサイトでは、電話番号末尾 4桁をパスワードに使わせないロジックを入れている。

 「誕生日をパスワードにするなんて、今どき、そんな人いるんですかねぇ」
 立法ミーティングの席で、伊藤君が嘲るような口ぶりで言うと、18人のうち 3人が下を向いていた。

 ecology 環境
 【環境維持法】
 企業には、事務所の屋上緑化 50%以上を義務づけた。
 またすべての新築物件とリフォームでは、ソーラーパネル発電か風力発電による自家発電装置の取付を義務づけ、関連部品とソフト代は消費税を非課税とした。

 これにより、マンションの発電所化が進んだ。
 従来は、電気を電力会社に売ることは一戸建てでしかできなかった。通常はマンション内で各戸に配電して従量課金し、余剰発生時のみ電力会社に販売する。それまでは、論理的には可能でもニーズがないため、コンピューター・システムを開発する業者が現れなかった。同法を契機にマンション向け電力管理システムが開発された。

 地球に住む生物は環境に寄り添って生きている。その中で、人間だけが環境を変える能力を持っている。
 一万二千年前、大阪湾から瀬戸内海にかけての一帯は森だった。
 大角鹿やナウマンゾウが暮らす湿地帯。それが、急激に気温が上がった数百年の間に海に沈んでしまった。
 もし、瀬戸内が海に沈まなければ、鳴門の渦巻きも早鞆の瀬戸の急流もなかった。四国の人々はたくさん橋を架けることなく便利に暮らしていただろうが、橋の代わりに、使われない文化施設の税負担に苦しんでいたかも知れない。

 現代人は環境を変える能力を持っている。
 瀬戸内は天変地異によって海に沈んだが、20世紀以降の地球温暖化は人為的なものだ。
 地球46億年の歴史に対して、人類の歴史は原人以降で50万年。地球の一生を24時間に換算すると、人類は生まれてまだ 9.4秒しか経っていない。そんな人類が地球を大きく変えていく。

 2008年から2012年の4年期で、日本は京都議定書の約束である「温室効果ガス-6%を2%しか達成できなかった。排出権国際取引、国際技術協力でみなし3%をようやく確保するに留まった。
 環境プログラムISO14001が1996年に制定されて以来、日本の企業、組織は取得件数世界一を続けている。2035年現在の3万件は、2位ドイツの 9千件を3倍引き離している。

 ISOやITILのような文書定義そのものには意義がある。ただし、その利権を維持するための権威づけに僕は与しない。
 このような行動規範としての規格は、なくても人がそのように動くべきであり、消滅することが望ましい。だが、問題解決のための臨時機関であるユニセフやUNHCRがそうであるように、長い間、問題が残っていると、いつの間にか、維持することが使命に替わる。IDO法では、支配する側の新たな権益は作らないという軸に沿って、サブマニュアル的な規格は一切作らなかった。

 環境対策の一つの柱は国による法律からのアプローチだが、もう一つの柱は、国民が自らライフスタイルを変えること。
 「環境を思う消費者法」は「ゴミを買わない。少なく買う習慣を身につけましょう」という前文で始まる。
 買い物にはマイバッグの持参、レジ袋拒否が義務となっているが、実際に取り締まりが行われるわけではない。お店側も、手ぶらで来た人に袋を出さないわけにはいかない。そこで日本ポイント制度と連動させた。
 レジ袋を断った消費者がクレジットカードまたは住基カードをレジにかざすと、レジ袋拒否の 5ポイントが加算される。同様にして、グリーン購入法特定調達品目を買うと売価の 1%がポイント加算される。いずれも2007年頃から、個々の大手スーパーがやってきたことを、国としてとりまとめた。
 こうして、法律を遵守した人が得をするという空気が生まれれば、2009年に裁判員制度が始まってから蔓延した「法を守った方が損だ」という発想がなくなっていく。

 2000年以降、毎年300億枚消費されていたレジ袋は、ほぼゼロになった。贈答用途として紙袋は規制しないため、紙袋の消費量、年間およそ28億枚は変わっていない。
 ポイントはポイントだった。



次回は7月7日(月)に掲載します。

「独裁者」もくじ

|

2008年7月 3日 (木)

民間には、仕事の計画をしない人がいるんですか?

 「残業禁止法」によって残業はなくなったが、自主的な「加業」ついては支援法をつくった。
 従前の「残業」に払っていたお金は、企業が余分に払っていたお金。誰もが 7時間で済むことを水増しして残業を作り出す。残業とは「残った業」ではなく「残した業」この人件費は馬鹿にならなかった。

 残業を禁止する一方で、「加業手当」の制度化を法人に義務づけた。残業と加業を見極めるためには、仕事の質を評価する人事考課制度が必要になる。それまで、仕事を時間でしか裁量できなかった企業が、工夫を凝らして、内容まで可視化できるようになり、日本企業の質はさらに高まった。

 然るべき加業に払うお金は、企業の生産性を高める。
 大半の人には「残業禁止法」は、サラリーマン保護の法律と映ったようだが、同法は企業財政の改善に大きく寄与した。

 旧態依然とした残業はできなくなり、基本的な定常業務だけの事務所は、17時には閉まってしまう。その帰結として、仕事帰りに街へ繰り出す人が増えた。外食レジャー産業、エンターテインメント、ハード、ソフト、金がよく回り、内需が高まった。

 残業禁止の次は「有給休暇消化法」により、有給休暇の完全消化策の実施を企業に課した。これにより大半の企業が、管理職の査定項目に部下の有休消化率を加えた。

「えっ?有給休暇?仕事は大丈夫だよね。そこは自己責任で頼むよ」
 部下が有休取得を願い出ると、以前は嫌みを言うのが仕事だと思っていた上司が「おぉ、そうか!まだあと7日も有休残ってるぞ!がんばって、休んでくれよ」と指折り数えて、せっつくようになった。

 ただ、これらの目標に対して、それでも権利を行使しないサラリーマン。制度の運用を妨げる管理職はいた。彼らは「残業を減らせば、人は人らしく暮らせる」といった根拠もない、紋切り型の改革と誤解したようだ。
 僕の狙いは、限定された就業時間内に仕事を終えようと、仕事の「計画」を立てる人が増えることにあった。

 「
 文科省の別府京子が僕に質問した。IDO室のメンバーは皆、官僚経験しかない。彼らは予算と計画に基づいて動いており、計画がないという事実がイメージできない。
 民間企業では、朝会社に来た時に、その日の計画がないサラリーマンが大変多い。管理部門には手帳を持っていない社員もいる。上流から流れてきた量をこなすだけ。量が少なければ、インターネットを見て遊び、多ければ、残業をすればいいと思っている。

 「忙しいよ。替わってよ。仕事終わらないよ。朝から全然メールが減らないよ・・」と苦り切った顔で多忙を自慢している、自称キーマンが大勢いた。彼らの仕事が終わらないのは、重要な仕事を抱えているからではない。自分が何の仕事をしているかを把握していないだけだ。だから、上流から流れてくる「会議の予定」「メール」を嬉しそうに、すべて受け入れてしまう。

 僕は大学在学中に日本効率協会の講習を受けて、社会に出てから20年間、毎日ABCをつけている。Activity Based Costing は行動管理を元に、自分にしかできない戦略的業務、他人に任せられる定型業務を分け、戦略的業務に特化することを推奨している。ただ、僕はそんな肩肘張ったことはしていない。

 この資料は17分でできるな。
 このシステムは、1人日 6万円の業者を入れて、30人日でリリースできる。
 この会議に出たら、60分のうち45分が無駄になる。
 この人との10分の雑談は、後々無駄にならない。
 この人と話すのは、1分でも無駄だ・・・

 ただ記録を付けているだけなのだが、始めて5年経った頃から、時間の読みが正確になった。今は2時間の仕事でも1分と誤差がない。

 日本のサラリーマンの時間を奪っているのは会議だ。
 全会一致、全員で薄く責任を分担する風土を持つ企業では、日々、お通夜のような会議が続いている。そうかと思うと独演会もある。

 こんなことを言ってはいけませんが..
 全然関係ないですが..
 遅れてきて言うのもなんですが..
 合意はとれていませんが..
 個人的意見ですが..

 民間の会議には、ルールが存在しない。業績の悪い企業の会議はまさに、子どもの「会社ごっこ」だ。
 そもそも、会議はなぜ必要なのか。
 会議の目的は「二人以上で話し合うこと」
 ということは、一人の独立した決裁責任者がものごとを決めれば、会議はしなくて済む。決めるべき立場の人が、アイデアも気概もないために、人を召集する。それが民間の会議だった。

 「日本人はもっと家庭を大切にしてほしいなって思います」
 残業禁止法は、横浜市の主婦Nさんの投書からつくった。元はと言えば、男性をターゲットにした法律だったが、家庭を大切にすると言う点では、働く母と子どもの時間を増やすことに大きな効果があった。

 一方、会社は出たけれど、家に帰らない男女が街に放たれる。彼らにはお金もさることながら、新たな友達が必要だ。社会人生活が長くなった者にとっての出会いの場は、30年前に日本に入ってきたSNS。
 そこでは、情報の発信ができない者、話しがつまらない者は相手にされない。そしてオフラインで会う機会を得たとしても、デブ・禿げ・青春卒業者は、気恥ずかしくてその場に出られない。美容・体系・服装に気を遣う人が増え、日本人はここ数年かっこよく綺麗になった。

「独裁者」もくじ

|

2008年7月 2日 (水)

成功するゴルフコンペ幹事の秘密

「7番アイアンっていつ使うの?」【 16 】

 ゴルフ場の朝。
 着替えてトイレを済ませると、まずキャディマスター室に向かう。

 キャディマスター室の前には、スコアカード、ボールマークが置いてある。
 グリーン上にボールが乗り、他のプレーヤーのパットの道筋にボールがある場合、ボールを拾い上げる。その際、ボールがあった位置の目印として、ボールマークを置く。

 そのゴルフ場のエンブレムなどがデザインされており、毎回2~3個持って帰る。自分で回ったコース数だけ、ボールマークがたまるのが楽しい。

 ボールマークは、ゴルフ場備え付けのモノを使うというルールはない。
 自分で持ち込んで使ってよい。今川焼きでは、他の人のボールが止まってしまうが、コインならば問題ない。
 「自分は、海外旅行に行く人なのだ」
 ということを自慢したい人がよく、外貨を使っている。

 ある日、ボールマークとして 500円玉を使っていた時のことだ。
 さて、パットを打とうと思ったらボールマークがない。
 仕方なく、ボールがあったと思われる位置から打った。

 次のホールに向かって歩きながら、その話をしたら「あ、あれって君のだったの?儲けたと思ってひろっちゃったよ。紛らわしいことするなよ」といいながら、同組のナカノさんがポケットから500円玉を出した。
 ナカノさんとのゴルフは、この日が最後になったのは、言うまでもない。

 ゴルフコンペの幹事となると、キャディマスター室では2つの質問をする。
「気をつける、ローカルルールが何かありますか?」
「ドラニアはどこがいいですか? ドラコン2回、ニアピン2回やろうと思ってます」

 ローカルルールはそのゴルフ場ならではのルール。
「14番ホールのウォーターハザードは、無罰で手前から打ち直す」
といった、特別な決めごとだ。

 ドラコンは、ティショット(第一打)を遠くに飛ばす(driving)ことを競う(contest)
 ティーグラウンドからみて、フェアウェイの見通しがよく、その距離が長いホールで行う。
 ロングホール(パーが5打のホール)で行うのが一般的だが、ロングホールのフェアウェイがドッグレッグしている(曲がっている)場合、ミドルホール(パーが4打のホール)が推薦される。
 遠くに飛ぶことを競うが、フェアウェイを外した場合は、距離は出ていてもドラコンの対象外となる。飛んで曲がらないことも大切なのだ。
 すべての参加者がフェアウェイを外した場合は、持ち越して、その後のホールで行うとよい。

 ニアピンは、ショートホール(パーが3打のホール)で、第1打がピンに近い(near)ことを競う。
 すべての参加者がグリーンを外した場合は、持ち越して、その後のショートホールで行うとよい。

 幹事はこれらの情報を収集したら、集合時間に皆を集めて朝礼を行う。

「おはようございます。今日は日頃の皆さんの行いがよいため、絶好のゴルフ日和になりました。」
とまず、天候の話題から入る。
 ここで「昨日、長崎で起きた玉突き追突事故は」といった時事ネタや「最近、すっかりメタボが気になり始めた佐藤部長の発案で開催する今日のコンペは・・」というような、楽屋ネタから入ってはいけない。

「では、早速ですが、ニアピンはアウトの13番、17番、インの5番、8番。ドラコンはアウトの14番、18番、インの3番、9番でおこないます」
 それを聞きながら、参加者はスコアカードのホールNo.に○をつけていく。
 ○つけが追いつかないような、早口で言わないようにしよう。
ゆっくり言っても「えっと、インのドラコンは何番?」と聞き返す人が必ずいる。人の話を聞け!と言うと相手と同レベルになってしまうので、にこやかに対応しよう。

 あとは、ローカルルールがあれば、それについて触れて
「それでは、今日一日、ゴルフを楽しみましょう!」
とにっこり笑って、爽やかに締める。
 お通夜のような辛気くさい顔をして「まぁ、せいぜい怪我して入院しないよう、気をつけてください」などと言ってはいけない。
 
 

 朝礼が終わると、残された幹事の仕事は、表彰式の司会くらい。
 表彰式では、優勝(実打数からハンディキャップを引いた打数が最も少ないゴルファー)、準優勝、ベスグロ(ベストグロス=最も打数が少ないゴルファーに贈る賞)以外に、次のようなお楽しみ賞を設ける。

・当日賞(20日ならば20位)
・大波賞(前半9ホールの打数-後半9ホール の数が最も大きい ただしマイナスはダメ)
・小波賞(前半9ホールの打数-後半9ホール の数が最も小さい ただしマイナスはダメ)
・BB (ブービー ブーのB つまり最下位の1つ上位)
・BM (ブービーメーカー つまり最下位)

 これらは、客観的に決まる賞だが「珍プレー賞」のように主観的に決めるもの、決めうちで贈りたい人がいる場合の「遠来賞」など、コンペの各賞は幹事が自由に発案できる。

 ゴルフの幹事は、とても楽しい。
 限られた予算で、参加者が笑顔になるような、賞品を発掘するのも楽しい。
 妻帯者が多いコンペでは「お父さん、やったよ!」と家族に自慢できる「食べもの」が喜ばれる。

 それなりに準備には時間をとられるが、一度経験してみるとよい。
 料理や酒の追加、部長のカラオケの好みまで、気を配らなければならない宴会の幹事と比べれば、楽なものだ。

 朝礼が終わると、個々の好敵手同士が「にぎり」の交渉にはいる。
 にぎりとは、賭けゴルフのこと。
 互いにハンディキャップ無しで「にぎる」場合は「スクラッチ」
 片方が1ホールにつき1打のハンディを与える場合「エブリワン」
 片方が1ホールにつき2打のハンディを与える場合「エブリツー」

 エブリツーで賭けるのは希。
 エブリスリーは聞いたことがない。
 1打につき、いくら賭けるのかは、賭けたことがないのでわからない。

 ゴルフコンペ参加者全員で賭けることを「総にぎり」と言う。
 総にぎりでは、ど素人は数万円単位の負けを背負うことがある。
 ゴルフ場のプレーフィー、食事代、会費だけでも数万円。さらに負けゴルフで数万円では、悲惨な気持ちになる。
 洒落にならないので、夢見るど素人ゴルファーのためにも、総にぎりはやめてもらいたい。

 って、賭けてるじゃん(笑)

「7番アイアンっていつ使うの?」もくじ



|

2008年7月 1日 (火)

SNSで知り合った東大の彼女

 世界に一つの教科書ソフト「世界の社会」の編集は、平坦な道のりとは言えなかった。
 ライター同士で、意見の対立が絶えない。
 日頃は温厚で分別ある学者や歴史小説家なのだが、特定の事実について、これだけは譲れないというこだわりを発端にして、諍いが起こる。そうなると、プロジェクトルームは、500年の時を越え、さながら銃をペンに持ち替えた戦場と化す。本当にペンをダーツ代わりに投げた学者もいた。
 亡くなったジェシカが、ある国のライターから、人種、性別、史実に関する陰湿な脅迫を受けつづけていたことを死後に知った。

 中学校での哀しい事件から20年。もう同じことは繰り返さないと自信があった。自分の能力を発揮できなかったことに愕然とした。
 世界の子ども達が、僕らの作ったソフトで目を輝かせる未来、世界が産業革命を迎えようとして、町が騒がしかった500年昔の映像、そればかり見ていて、目の前にいる人の映像を見てあげられなかった。

 人生で二度目、またも予期せぬ挫折だった。
 ジェシカのご両親は僕を怨むだろう。僕がこのプロジェクトを起こさなければ、彼女が死ぬことはなかった。僕が彼女を注意して見ていれば、手を打つことはできた。またも、身近な人が死を選ぶことを止められなかった。僕の力は社会には活かされていたかも知れないが、目の前の人を救えなかった。こんな僕に生きて行く価値はあるのか。次こそは僕の番ではないのか。
 僕は闇との会話にはまっていった。

 そんな時、僕を救ってくれたのが、next wave さんの言葉だった。
 彼女とは 6年前、SNSの東大法科大学院コミュニティで知り合った。東大に入ったばかりという彼女は、先輩OBの僕をとても尊敬してくれた。

 リュウ、元気ですか?
 辛いときの脱出方法。難しいよね。
 前に少し話したけど、私、高校のとき軽いうつになって、
 学校を休んでばかりいたのね。
 その時、親友のマリ子ってコが
 『何もできないなぁって時は音楽を聴くといいよ!
 ダマされたと思って聞いてみな』って、言ってくれたの。

 音楽はいつも聴いてたつもりだったけど、
 言われてみれば、辛くなってからは、ご無沙汰してたの。
 それで聴いてみたら、なんだかとっても楽になったのね。
 今だって凹んだ時は、今のリュウみたいに何もできなくなくなるけど..
 そういう時こそ、無理をしてでもプレーヤーのスイッチを押すの。
 音楽は不思議でね、聴いてるだけで不思議な力が湧いてくるよ。
 音楽お勧めです。やってみて!
 あんまり頑張らないように!
                     next wave

 彼女はどこか、人の心を見通しているようなところがあった。それは、僕に近いものに思えた。それを、糸でつながっているというのかも知れない。彼女の助言はいつも的確だった。
 僕は23歳頃まで毎日のように聴いていた音楽を、買い集めて聴いた。音楽の力は絶大だった。音楽を聴き、本を読んでいると、その間は時の流れが穏やかになり、闇との会話をせずに済んだ。

 「今できることをやればいいよ」
 彼女の言うとおり。音楽は、何ごとも起こらない平穏な今、この時こそが幸せなのだと教えてくれた。
 どんな状況にあっても、人は音楽を聴くことはできる。気力を振り絞る必要はない。ただ、スイッチを押すだけだ。

 出会ってすぐから、彼女に一度会いたいという気持ちが募った。彼女も僕が「会おう」ということばを待っているのではないか?そう何度も自問自答した。でも結局、一度も誘わなかった。そして、僕はニューヨークへ渡った。
 僕がユニセフでの敗戦処理を終え、クアラルンプールのFEに出戻りした年の秋、彼女から「結婚します」というメールが届き、連絡は途絶えた。
 僕はその姿を追うことなく、忘れることを選んだ。

 音楽は力。
 その力は深い絶望の淵にいる時だけ、威力を発揮するのではない。
 日々、音楽を暮らしに取り入れることで、心に青春を維持できる。

 business ビジネス
 【残業禁止法】
 2010年、サラリーマンの平均帰宅時間は、
 米国 17:30
 日本 21:00
 3時間半の開きがあった。
 25年後の2035年には経済情勢を反映して、
 米国 18:30
 日本 20:30
 その差は2時間に詰まってきた。
 そして「残業禁止法」施行後は、日米共に18:30となった。

 平均退社時間は17:30。会社は早く出ても、住宅事情は急には変えられない。首都圏の通勤時間は依然として平均70分であり、そこが短縮されない限り18:30の壁は破れない。



|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »