« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の31件の記事

2008年12月31日 (水)

誇りと記念品が残るボランティア

東京マラソンを完走したい 【 5 】

2006年
 10月31日
 参加費払込締切

 11月15日
 追加当選通知メールを発信

 12月
 公式スポンサーアシックスが東京マラソンモデルのシューズ、ウェアなどを発売。

  1月
 ボランティア説明会

2007年
 1月、数回に分けてボランティア事前説明会。
 2月16日、17日 東京ドームで選手受付(当日受付無し)
 17日 東京ドームでボランティア直前説明会

 EXPOでにぎわうドームのグラウンドを尻目に、スタッフは階上のコンコースに集合。
 当日の割り当てが発表される。
 完走者全員にメダルが配られること、そのうち女性には花束が手渡されること。
 予想外の手厚いご褒美を聞き、ますますランナーが羨ましくなる。

 ふと疑問がわいた。
 どうやって女性と男性を見分けるのだろうか。
 同じようなランナーズウェア、目深にかぶったキャップ。
 女性なのに渡しそびれたり、男性に渡したり・・
 「私、女なのに・・」
 「おれ、男だけどいいの?」
 そんなやりとりを想像していたら、それを察したかのようなリーダーの話で謎はすぐ解けた。
 「女性はゼッケンナンバー(正式用語はユニフォームナンバー)の前に F がついています」

 ボランティアスタッフには、ユニフォームとしてキャップ、ポンチョが支給される。
 黄色いポンチョは外を着て歩けないが、グレー地に TOKYO MARATHON 2007 とネーム入りの大会記念キャップは今も愛用している。
 思い出と誇り、そしてこうして証となる記念品が残る。
 数あるボランティア活動の中でも、ちょっとおいしいプロジェクト。
 マラソン話の花が咲く時、走るのは無理という人も、このボランティア体験を話すと、それならやってみたいと言う。

 TOKYO BIG MARATHON FESTA 2007
 2007年2月18日(日)第一回東京マラソン
 第一回から2万5千人を走らせたマラソンは世界で初めてとなった。
 10kmの部を加えると3万人。
 3万人が走る市民大会は国内初。

 スタート地点の天候は雨。
 スタート時のロスタイムは、最後尾で19分。
 スタートライン前で最終ランナーがラインをまたいだ時、手元のデジタル時計は 9:29を表示していた。この数字は主催者の読み通りといえる。

 3万人ものランナーが、20分以内にスタートラインを通過できた理由は、片側3車線(中央分離帯あり)合計6車線という広い道幅にある。
 道幅が3分の1程度の荒川市民マラソンでは、例年その半分の16,000人が通過するのに20分を要している。
 2008年第二回大会、ニッテレの中継アナウンサーは「去年のロスタイムは30分」と言っていた。
 10分早く出発する車いすランナーの号砲からカウントしたのかも知れない。

[ 東京マラソンを完走したい ]
は東京マラソン2009開催まで、毎週水曜に連載する予定です。

ど素人!マラソン講座

|

2008年12月30日 (火)

2008年 しらべるが選ぶ5大ニュース

1、米国発金融不況に伴うドル安
2、ガソリン価格乱高下
3、野口みずき五輪マラソンを欠場
4、巨人13.5ゲーム差を逆転してリーグ連覇
5、新幹線0系車両引退・廃車

 品物を輸出して、代金をドルでもらう人。
 サービスを提供して、対価をドルでもらう人。
 ドル建てで収入を得ている人には大変な一年だった。

 クルマを1台1万ドルで輸出する。
 取引先が1万ドルをくれる。
 日本ではドルでは買い物ができないので、ドルを円に換える。
 為替レートが1ドル120円だった頃は、120万円がもらえる。
 だが、1ドル90円では90万円しかもらえない。

 収入は4分の3に減る。
 毎月40万円を家に入れていた人は、30万円しか入れられない。
 ざっとこういう計算になる。

 一方で、品物を輸入している人は収入が増える。
 ただ輸入の場合、その品物を売る相手は日本人。
 安く仕入れたのに、元のままの値段で売っていれば、いずれ客が離れていく。

 2007年の大連立失敗以来、政治はお遊戯になった。
 4月には、お遊戯の余波で生じたガソリン税一ヶ月限定撤廃。
 一度は110円台に下がったガソリン1リットル価格は、課税が復活すると一転、先物取引の暴走で180円台に突入。
 だが、円高の影響で12月現在、100円を割り込むところまで下がった。

 いかにして低燃費で走るか。外出を控えるかに汲々としていた走り屋の皆さんは、ローギアでの高回転走行をさぞかし楽しんでいることだろう。

 5大ニュースを選んでいて痛感したのは、驚きへの慣れ。
 その後に訪れるあきらめの速さ。
 この流れは 2009 2010 2011 2012 とさらに大きくなっていくのではないか。

 それでは、皆さんよいお年を!



|

2008年12月29日 (月)

予期せぬ来客

 「こんなことの後だから、ゆっくり行きましょう」
 CB750に乗る年長の男性が、皆に声をかける。

 ナナハンライダーは一目置かれる。
 教習所で免許をとった中免ライダーの僕らとは違い、彼らは試験場の一発試験で合格した実力派ライダーだからだ。
 当時、限定解除と呼ばれていた大型自動二輪免許。
 別にナナハンに乗りたいとは思わないし、要らないや
 そう思って、受験しようとも思わなかった。

 それでもなぜか先導は僕のRZ350だった。
 このバイクも、やはり一目を置かせる存在だったのだろう。

 ログハウスの喫茶店にバイクを止め、それぞれが割り勘でコーヒーを飲む。
 当時はまだパソコン通信もない頃で、オフというものはなかった。
 ただ、ライダーたちはこうして喫茶店で、路肩の自販機の前で、あるいはユースホステルでバイクについて自然発生的に語り合っていた。
 何かのキーワードがあれば、すぐに友達になれることは今も昔も変わらない。
 一つだけネット社会の現在と違うのは、この出会いは一期一会だった。
 ネット社会の今、コミュニティやウェブページをたどり再会することは容易だ。その場で電話番号を交換する必要もない。
 当時、写真を後で送る時に住所を交換することはあったが、通常はその場の別れが永久の別れ。
 出会った友達は思い出の中にだけ生きている。

 二ヶ月後の八月
 今年は水不足になることもなく、福岡の街は夏の盛りを迎えていた。
 この夏休みは実家に帰らず、いつものバイトを続けながら、福岡のアパートで過ごしている。
 そんなある昼下がり、玄関のインターフォンが鳴った。
 インターフォンといっても、今時のマンションに常備されたものではなく、高校の技術家庭の時間で作ったものだ。
 ぴーっ とまるで夜行の貨物列車の警笛のような音がした。

 三ヶ月とったら一月タダにするという新聞の勧誘や、手をかざして病気を治してくれる人が時々やってくるが、特に警戒することもなくドアを開ける。
 そこには隣の部屋に住む商学部の同級生、荒野が立っていた。
 確か夏休みは、実家に帰ると言っていたはずだが。

 あれ?飯塚に帰ったんやないと?
 「いや帰っとったちゃけど、今日学生課に学生証明ば取りに行ったとさ。
 そしたら隣でこの人が学生課の人に motoさんていう人ば探しよるていいよるやん。学生課の人は名前だけじゃ、ちょっと・・って言うてね。
 そいで、あぁそいつなら隣に住んどーですよ。バイク?あぁ乗ってます。間違いなかですよっていうことになって。そいでお連れしたったい」

 荒野の背後に、初老のおいちゃんが立っていた。
 「その節は、息子が大変お世話になりました」
 学校名と名前を頼りに、学校に探しに来られたのである。

 どうですか?息子さんのお怪我は?
 「お陰様で、まぁ元通りに直るということですが、今はまだ歩けんので病院で寝たまんまです。
 まぁ私が言うともなんですが、バイクは気をつけてください。
 これは心ばかりですが・・」

 差し出された封筒を受け取るわけにはいかないと思った。
 救護に当たったのは僕一人じゃなかですけん。
 「いや、ばってんが他の方は名前もなんもわからんし」
 おいちゃんは一向に引く気配がない。

 「今、来る途中に聞いたばってん、お前が代表ってことで受け取ってあげたらよかやん」
 荒野が間に入った。
 確かにその通りだ。お礼の気持ちを胸にはるばる出かけて来たというのに、門前払いではおいちゃんの立つ瀬がない。
 ありがたく受け取ることにした。
 学生の一人暮らしゆえ、まぁ上がってお茶でもどうぞなどとは、これっぽっちも思いつかなかい。そもそも家には来客に出す飲み物がなかった。

 封筒には岩田屋の商品券が入っていた。
 ちょっと緊張しながら、初めてデパートで服を買った。
 アルバムの中に、青いトロイのポロシャツを着てRZ350と映った写真がある。
 一枚の写真から、その夏の出来事を思い出した。



|

2008年12月28日 (日)

プレミアリーグで優勝経験があるクラブは4つ

11月1日(土)
プレミアリーグ11節 サンダーランド (home) ○5-0
デコはCLローマ戦以来4戦連続のフル出場。
強い雨の中の試合、受けたボールをワンタッチではたくことを徹底していた。
ボールを持っていない時は、パスの出しどころを指示。
前半で大差がついたため、後半は無理なタックルをせず安全なプレーに終始した。

 Sunderland
 英国北端タイン・ウェアのサンダーランド市を本拠地とするクラブ。
 最後のリーグ優勝が73シーズン前の1935-36シーズンだが、それまでには 6度優勝している「昔は強かったクラブ」

■ホームスタジアム:スタジアム・オブ・ライト(48,300人)
■1stユニフォームカラー:白×赤縦縞

1879年
設立
1891-92
国内一部リーグ初優勝
2006-07
ロイ・キーン監督就任1年め。2部リーグで優勝してプレミアリーグ昇格を勝ち取った。
2007-08
プレミアリーグに昇格して1年め。勝ち点39で15位(プレミアリーグは全20クラブ)

11月4日(火)
CL2008-09グループリーグ第4節 ローマ (away) ●0-1
デコ イエローカード2枚で退場

11月10日(日)
プレミアリーグ12節 ブラックバーン (away) ○2-0
水たまりとなったグラウンドでの試合。大きな仕事はできなかった。
92分にパウロ・フェレイラと交代。デコに20番を譲ってくれたフェレイラは、このところほとんどスタメンの機会が無くなっている。

 Blackburn Rovers
 英国北部ランカシャー州ブラックバーンを本拠地とするクラブ。
 リーグ優勝歴が3度あり、ほどほどに強いクラブ。

■ホームスタジアム:イーウッド・パーク(31,400人)
■1stユニフォームカラー:白×青

1875年
設立
1911-1912
国内リーグ初優勝
1994-95
プレミアリーグ優勝
2007-08
プレミアリーグ7位
2008-09
ポール・インスが監督に就任。UEFA監督免許を持たず特例で認可された。
ただ12月16日、成績不振のため解任されており、チェルシーとの対戦はこの一度きりとなった。

 2007-08シーズン終了時点で、プレミアリーグ(1992-93~)の優勝歴があるのは、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーとこのブラックバーンの4クラブのみ。ビッグ4の一つリバプールはプレミアリーグに変わってからは優勝していない。

|

2008年12月27日 (土)

即席のライダー救護班

 一瞬にしてすべてを理解した。
 さっき、山頂で僕らの横をかっとんでいったRZ250

 このコーナーは、思いのほかRがきつい。
 バイクは土手につっこみ、ライダーはその脇で仰向けに倒れている。
 意識はある。

 「大丈夫ですか?」
 大丈夫なわけはないのだが、人は誰でも開口一番そう言ってしまう。
 バイクはガソリンが漏れ出すこともなく、ひとまず安全。
 ライダーの体に目をやる。
 ジーンズとジャケットの上からなので外傷はわからない。
 ただ、足がおかしな方向についていた。
 見たこともない方向に曲がった足をみて、思わず目を背けた。

 そこに後続のライダーが通りがかる。
 全員がバイクを止める。
 すぐに救護班は5人になった。

 当時まだ携帯電話はない。
 麓のドライブインまでいかないと電話がない。
 「じゃ、僕 警察に電話してきます」
 連絡係を買って出た。

 「お願いします」
 それぞれが、後続のクルマに迂回を求める者。破片を拾う者。倒れたライダーに話しかける者。
 できることを始める。

 急ぎたい。
 何度もオーバースピードになる。
 だが、下りの三瀬は怖い。
 ここで僕がやってしまったら、彼の救助が遅れる。
 ログハウスのような喫茶店に入り、公衆電話から警察へ連絡。
 「三瀬峠の頂上から福岡寄り5つめくらいのコーナーです」
 救急車の手配も頼む。

 つづいて、ライダーに連絡先を聞いておいた自宅にも電話を入れる。
 今思えば、初めてにしては気の利いた対応をしたものだ。
 「**さんが三瀬峠でバイクで転倒されて怪我をされました。
 意識はあります。しっかり話しておられますから大丈夫です。
 これから救急車が来て病院に運ばれます。
 またそちらから連絡が入ると思います」

 電話に出たのは初老の女性の声だった。
 お母さんだろう。
 「ご迷惑をおかけして申し訳ありません。ありがとうございます」
 とても冷静にお礼を言われた。
 「あの、お名前を教えていただけませんか?」

 ここで名前を言うことは、後日謝礼の対象になることは想像がついた。
 名字だけを言って切り上げようとしたが
 「どちらの?」
 と言われて、学校名を告げた。
 1万人からの生徒がいる学校である。
 これならば、個人を特定するのは難しいだろう。

 救急車がライダーを運んでいった。
 バイクはライダー自ら、バイク屋に連絡して搬送を依頼することに決めた。

 最年長の男性ライダーが
 「皆さん、どこかでお茶でも飲みましょうか」
 と提案した。
 僕らはすぐ賛同した。
 緊急事態に対応した仲間として、三瀬に集ったライダーとして、すぐに解散するのは名残惜しいということもあったのだが、僕らには興奮を冷まして、落ち着く時間が必要だった。



|

2008年12月26日 (金)

RZ350で三瀬を攻める (登りだけ)

 RZ350では時々、三瀬峠に走りに行った。

 日曜の午後、暇、雨が降っていない、ガソリンが残っている
 この3条件が揃うと、行き先は三瀬峠(みつせとうげ)

 三瀬峠は福岡市内から30分も走れば、たどり着く山越えの峠道。
 早良区西新から263号線を下り、荒江、干隈、古賀を抜けやがて道は上り坂に替わる。
 登りは大小のヘアピンカーブの連続。
 登りゆえに、アクセルを開けてもさほどスピードが出ない。
 それが安心で楽しい。
 カーブに進入すると、ライダーは体の向きよりもさらに深く、カーブの出口にアタマの向きを合わせる。
 機械が方向を決めるクルマと違い、バイクは人の体が向きを決める。
 その体と頭の向きが違うところが絵になる。

 普通のカーブでは、頭は路面と水平を保つが、ここ三瀬ではカーブの出口を見上げる走りの連続。
 次はこいつか・・
 まるで苦行を楽しむかのように熱中する。

 山頂を越えるとそこは佐賀県。
 そこから佐賀県へ向かう下りは割とカーブが大きい。
 下りでスピードが乗り危険が増す。不安が募り、楽しさが消える。
 今は三瀬トンネルができている出口あたりにあるドライブインの駐車場で引き返す。

 再び山頂 福岡県との県境の手前で、路肩にバイクを止めて一息つく。
 そこに後から来たバイクが一台止まる。
 2人は必ず、どちらからか話しかけ、友達になる。

 これがクルマだったらそうはいかない。
 路肩に止まった二台の車。そのドライバーがクルマを降りてくる。
 そして、話しかける。
 そんな光景は想像できない。

 ライダーは体も剥きだし、心も剥きだしで走っている。
 だから、同じライダー同士が話しかけ、サインを送り合うことにためらいはない。
 そこには、マラソンランナーと沿道の観衆がハイタッチすることに通じるものがある。
 「走るでしょ?」
 RZ350に乗っていると、だいたい開口一番はこう言われる。
 走るでしょ?は、距離のことではなく、速さのことである。
 「いや、へたくそなんで、ゆっくり走ってます」
 そう自重して答えるのもお約束。

 そうして話す2人の脇を、一台の黒いマシンが2サイクルのエンジン音を響かせて駆け抜けた。
 「250っすね」
 「気合い、入ってるね」
 RZ250 車検がある350に対して、250は車検がないため、圧倒的に売れていた。

 じゃ、僕らもぼちぼち行きましょうか?
 福岡に向かって下る下りは怖いし、つまらない。
 さほどアクセルを開ける間もなく、すぐにブレーキング。
 下りのためアクセルでタイヤにトラクションをかけられないので、曲がり方もおっかなびっくりになる。

 やがて5本めの右カーブ
 そこは手前に短いストレートがあり、フルブレーキングしての直角コーナー。
 ブレーキングに入った時、ヘルメットのシールド越しに、横たわった黒いバイクが見えた。

|

2008年12月25日 (木)

三度、だめかと思った。

 RZ350発売当時、ヤマハから車体と同じカラーリングのヘルメット CLC350 が35,000円で販売されていた。欲しかったが、お金がなくて RZ50用のCLC050、15,000円をかぶっていた。

 バイクは盗難に遭うことが多い乗り物だが、特にこのバイクのオーナーには盗難経験者が多い。
 ある時、乗ろうとすると 鍵穴が壊されていた。
 盗難未遂である。
 そのバイク置き場は、壁一枚隔てたとなりが交番だった。そのバイク泥棒も肝が据わっていたものだ。
 よほど欲しかったのだろう。

 その頃、クルマを買って以来、バイクに乗る機会が減っていて、
バッテリーがあがらぬようマイナス側の接点を外していた。
 それで命拾いした。
 バイク泥棒は直結したのに、エンジンがかからず諦めたのである。

 このバイクでは三度怖い目にあった。
 一度めは福岡の峠道。
 初めて通るカーブが、思いの外奥が深く、曲がりきれなくなった。
 カーブは右カーブ。
 ガードレールはあるが、転倒して滑るとガードレールをくぐり抜けてしまう。
 その先は切り立った崖。
 まず助からない。
 その時、一瞬ケニー・ロバーツになった僕は、いつになく深くバイクを倒した。
 ステップが地面に接して音を立てた。
 すると何事もなかったかのように、バイクはコーナーをクリアして巡航をつづけていた。
 削れたステップはやがて、その部分から錆びていったが、その錆びは、ここまでバイクを倒したという証となった。少し誇らしかった。

 二度めは佐賀県から国見峠を越えて佐世保に下る道。
 一か所だけ極端に深い左カーブがある。
 親戚がセンターラインをオーバーしてきたクルマと正面衝突したことがあった。
 わかっていたが、曲がりきれずセンターラインを超えた。
 観念したが、対向車がこなかった。

 三度めは沖縄でのツーリング。
 琉球大学に進んだ旧友と5台で沖縄一周。
 南国の太陽でつるつるになった路面。見るからに滑りそうだ。
 そこを地元のやつらはお構いなしにとばしていく。
 RZ350に乗る僕が、XL125やRS250に置き去りにされる。
 負けられない・・
 そう思ったとたん、左カーブで曲がりきれなかった。
 対向車は・・
 
 なんと大型ダンプがきた。
 その距離が 3m 2m と近づいてくる。
 最期だと思った。
 そしてぶつかった。
 すごい音がした。

 1分後、路肩にとめたバイクに仲間が駆け寄ってくる。
 ところが、バイクは右ミラーが割れただけだった。
 不思議なことに、そのミラーのゴムパッキンが、左のチェンジペダルに絡んでぶら下がっていた。
 いったいどうやって、体勢を立て直したのかまったく覚えがない。

 他人と走るのはこれで懲りた。

つづく



|

2008年12月24日 (水)

落選をメールで知らされるという気分

東京マラソンを完走したい 【 4 】

 2006年3月31日
 石原都知事が会見して開催概要を発表した。

 4月10日
 開催要項正式決定。

 2006年4月12日
 参加資格について、エントリーセンターに確認した。
 過去のマラソン経験、持ちタイムが要項に含まれていたからだ。
 回答は「現時点では自己申告か、証明が必要かは未定」

 4月下旬に発売されたクリール 2006年6月号誌上では「証明不要」と書かれていた。
 そして、実際の受付では証明は不要で、持ちタイムは自己申告だった。

 4月14日
 公式サイト 
http://www.tokyo42195.org/ オープン

 5月
 アシックスが公式スポンサー契約締結を発表。

 2006年6月
 インターネットと郵便振替で、第一回東京マラソンの受付が始まった。

【 東京マラソンの概要 】
■参加資格:6時間40分以内で完走できる男女
■制限時間:7時間
■参加費:10,000円(+手数料500円)
■募集定員:25,000人

 8月18日
 申込受付締切。
 定員の3倍、およそ77,000人がエントリーした。
 主宰者は「10月上旬、抽選結果を本人にe-mail通知する」としている。申込み以後メールアドレスが不通になった人は、電話問合せにも対応する。

 10月6日
 申込者に結果通知。
 届いたのは落選通知のメール。
 試験の合否発表は文書、学校の掲示板、電話などで行われる。
 メールで当落を知らされるのは、生涯初。
 結婚を楽しみにしていた婚約者から突然「やっぱり別れます」とメールで言われたら、きっとこんな気分になるのだろう。

 10月24日
 インターネット経由申込者全員にボランティア募集のお知らせ、青梅マラソン参加の呼びかけをメール送信。

 記念すべき第一回、ランナーとしての参加はかなわなかったが、ボランティアとしてその場にいることに意義がある。
 スポーツ大会のボランティアというものを一度経験してみたい。
 そして、あわよくば第二回の抽選で有利になるかもしれない。そう考えてボランティアにエントリーした。

[ 東京マラソンを完走したい ]
は東京マラソン2009開催まで、毎週水曜に連載する予定です。

|

2008年12月23日 (火)

鍋いっぱいに茹でたシャコ

阪神淡路大震災の記憶がまだ新しい 1999年
芝エビの大漁は来る関東大震災を大いに予感させた。
ことあるごとに親しい人には警告も兼ねて話した。
だが、芝エビ発の大震災は起こらなかった。


「マルトミにクルマエビがあったよ」
母親には報告したものの、食べたいとか買って欲しいとは言わなかった。
盆地に来日したクルマエビは、外タレのコンサートチケット並に高い。
庶民の食卓の相場からすれば、それは「田舎をなめるな」と言いたくなるような法外な値段だった。

それから、一年後のことだ。
墓参りに行った帰り、親戚が大きなクルマエビを新聞紙にくるんで持たせてくれた。
初めてのクルマエビ。
帰宅するまでの1時間の車中。
あの大柄な肢体にパン粉をつけた、えびフライを想像した。

だが、夕飯の食卓に並んだのはアジフライだった。
母親はクルマエビを三枚に開いてパン粉をつけた。
それで、見た目がアジフライになってしまったのだ。
母は僕のえび好きを知っている。
クルマエビに噛まれたことは内緒だが、あの日、食べたそうにしていた記憶が残っていたはず。
パン粉の接地面積が広いほうが、長く楽しめるという配慮なのだろう。
初めてのクルマエビはおいしかった。
三枚におろしても十分に肉が厚い。
数十年が過ぎた今でも、その厚さは上下のアゴが覚えている。

オトナになって、中華料理店でクルマエビの躍り食いに出会った頃には、もうえびアレルギーになっていた。

盆地の町のスーパーには滅多にえびは入荷しなかったが、時々はいる「えび」がいた。
それはシャコだった。
当時はまだ、魚売り場に「切り身パック」はない時代。
すべての魚は皿やプラスチックのざるに並べて飾られていた。
だが、シャコは入荷したトロ箱にそのまま入って積んであった。
そこから、好きなだけ計って買う。
時々サクラエビらしき、小さいえびが混じっている。
シャコをかき分けてえびを探す。
するとサクラエビがぴょんぴょんと跳ねている。
恐らくその高さ5cmにも満たない跳躍だったのだろうが、
今、脳内で再合成している映像では、20cmは跳ねている。

シャコを買ってくると、家にある一番大きな鍋に入れて茹でる。
茹で上がると家族で囲んで鍋から直接食べる。
この経験で、えびの皮むきはプロ級になった。

Dsc00247

オトナになった夏の里帰り。
ずいぶん久しぶりにシャコを鍋で茹でた。
剥き方は体が覚えている(というほどのものでもないが)


えびアレルギーのため、一定の量を超えると体が反応して赤くなる。
一口味わうだけに止めるつもりでいた。
だが、いつまでも体は反応せず、食べ続けられた。

親子の思い出のひとときを守るために、脳が超法規指令を出していたのかもしれない。

|

2008年12月22日 (月)

図鑑45ページ えび

シャコをゆでて食べるのが楽しみだった。

 

小学校に上がりたての頃、いつも図鑑の45ページを開いてよだれを垂らしていた。
そこは図鑑「海の生き物」えびのページ。
山口の盆地の町には、海がない(当たり前だ)
魚屋はスーパーマーケットの魚売り場だけ。
当時は、今ほど日本人はえび好きではなく、えびが陳列されることは珍しかった。

 

えびのページでは、1ページの海底の絵に20種類ほどのえびが描かれていた。
右下、えびの横綱格はイセエビ
いったいどんな味がするのだろう。
いつも食べているえびの味しか想像できなかった。
数年後、長崎県の上五島に移住した際、魚屋の生け簀にいた彼に初対面した。
生け簀は店外にあり、ふたもしてなかったので、傘でつついて動きを観察した。
じっとしていた彼は、外敵を察知したとたん、まるで2サイクル500ccマシンのように鋭く加速して位置を変えた。

 

オトナになって結婚式の引き出物で、その味にたどり付いた時には、もうえびアレルギーになっていた。

 

その上に大関格のクルマエビ
ある時、盆地の町のスーパーに彼がやってきた。
図鑑で見るとグレー地に黒の縞模様だったが、実物はカクテル光線を浴びて七色に光っていた。
つい手が出た。
すると彼はまだ生きていて、噛みついてきた。
実際にはとげに当たっただけなのだろうが、人差し指から血が出たのを見て、噛まれたと思った。
彼は僕を噛むと、驚いた魚のように(魚ですけど)跳躍して、ショウケースを飛び出し、海に飛び込んでしまった(タイヤキ君か)
ではなくて、ショウケースの下に潜り込んでしまった。

 

慌てて彼の姿を追った。
彼はショウケースの下でもがいていた。
店員さんに見付からぬうちに元に戻さなければ。
そう思ったが、手が届かない。
その日は晴れていて傘も持っていない。
そうこうしているうちにゴムの前掛けをした魚売り場のおいちゃんに気づかれた。
「困るねぇ、僕 さわったらいけんよ」
おいちゃんは彼をつかむと水道でひと洗いして、元の皿に戻した。

 

芝エビ、さくらえび、手長えび 時々食べているえびはどのえびだろうか。
かっぱえびせんのパッケージに描かれているのは、どれだろう。
目を皿のようにして、来る日も来る日も図鑑を眺めていた。

 


1999年には、ニフティサーブの掲示板に芝エビ問題が書き込まれた。
ネットオークションや、BBSが軌道に乗る前で、ニフティ会員のみの
CUG
それによると東京湾で芝エビの大漁が続いている。
同じ状況は1995年の阪神淡路大震災の前にも起きていたのだと筆者は言う。

|

2008年12月21日 (日)

無敗記録など屁の突っ張りにもならんですよ

10月26日(日)
プレミアリーグ9節 リバプール

デコはフル出場した。
復帰後3試合目だが、依然として体調はいま一つ、攻守ともに無理をしているように見えた。
パスもシュートもほんの少しずつポイントがずれていた。

前半開始早々、味方DFに当たりコースが変わったボールがゴールインして失点。
あとはリバプールに守りきられてしまい、ホーム無敗の連続試合数が86で止まった。

ホームでの負けはよくないが、ここで記録が途切れたことは悪いことではない。
「無敗記録更新中だからポイント2倍」
といったルールはないので、もしもキン肉マンが実在すれば「無敗記録など屁の突っ張りにもならんですよ」と言うだろう。

欲しいのは記録ではなくタイトル。
この時期に止まってよかった。
これで記録の呪縛を逃れ、次からは伸び伸びと戦うことができるだろう。
・・とこの時は考えていた。

10月29日(水)
プレミアリーグ10節 ハル・シティ (away) ○3-0
ハル・シティは今シーズン初めてプレミアリーグに昇格してきたクラブ。
実力的には下位クラブのはずなのだが、6節には awayのエミレーツでアーセナルを破り、前節終了時点で勝ち点20の3位。
6勝2分1敗と、まるでビッグクラブのような戦績を納めている。

J sports ESPN での生中継は第3節に次いで二度目。
アウェイだが、1stユニフォームを着用。
デコはフル出場。これでアウェイ戦は3連続完封勝利となった。

 Hull city

■本拠地:英国ヨークシャーのキングストン・アポン・ハル
■ホームスタジアム:KCスタジアム(25,400人)
■1stユニフォームカラー:黄×黒の縦縞
■愛称:タイガース

【 ハル・シティの歴史 】
1904年 設立
2007-08シーズン チャンピオン・シップ(英国の2部リーグ)で3位。プレーオフを勝ち上がり、初めて1部リーグ(プレミアリーグ)に昇格。

|

2008年12月20日 (土)

アカシックレコードと重なるもの

 アガスティアの葉【 agathiyar 】
 インドの「アガスティアの館」に保管されている14章からなる予言書である。

 5000年前の人物と言われる古代インドの予言者「アガスティア」が「シヴァ神」に祈りを捧げ、未来を聞き書き記した予言書が「アガスティアの葉」。
 その人の名前、誰と結婚し、どんな仕事をし、いつ死ぬかまでも含めて一生のことが書かれている。

 日本には1994年に「アガスティアの葉」青山圭秀著(三五館)で紹介された。

 青山圭秀【 あおやま まさひで 】 
アガスティアの葉を日本に紹介した理学博士。
東京大学大学院卒。量子物理化学が専門。
1959年 広島県福山市生まれ

著書
1993年 「理性のゆらぎ」三五館(第1作)
1994年3月27日「アガスティアの葉」三五館(出世作)
2000年4月25日「最後の奇跡」幻冬舎

 インドの館へ行き、親指の指紋(男性は右手、女性は左手)を手がかりに自分の葉を探してもらう。
 108パターンに分類された葉があり「見に来る人の数だけ」の葉があると言われている。
 日本では、インドまで行っていられないという人のために訪問を代行する業者がある。
 「アガスティアの葉検索代行」は、南インドにあるアガスティアの葉を本人に代わり読みに行くサービス。
 申込みから2ヶ月程度で依頼した「室」の葉の内容の和訳が届く。
 全14室のうち読むのを依頼する「室」の数で単価が変わる。
 3つまでだと1室あたり30,000円だが、8室頼むと1室あたり25,000円というように、たくさん頼めば1つあたりの単価が下がっていく。
 葉が見つからないこともあり、その場合は返金される。

【 料金に含まれる内容 】
■「葉」の内容の和訳
■「葉」に書かれていた古代タミル語のノート
■「葉」を読み上げた時のカセットテープ

 「ユダヤ人大富豪の教え」の著者本田健はアガスティアの葉について「私は結果 原因の世界への旅」講談社 2005年1月刊~の中で次のように書いている。
(以下引用)
 本物の葉がマドラス大学に保管されていたのです。なんと15万枚もです。
(引用おわり)

 「アガスティアの葉」はアカシックレコードの一種である。
 アカシックレコードとは、古代から未来にわたる人類の行動の記録。

 古代インドでは地水火風につづく五番目の元素として空(サンスクリット語でアカーシャ)=天地を満たす精気があるとされた。
 そのアカーシャにあらゆる欲望、想念、感情、行動が記されていると考えられている。

 霊視能力者が読み解く未来と、アカシックレコードは本来、重なるものである。
 両者が極端に違うと言うことはない。
 ヒーラーと称する人が読んでいる未来も、アカシックレコードと重なる。

 真贋を競う一定数の人たちは、暇としか言いようがない。
 それを信じて参考情報として使うか、信じないで参考にしないか。
 自分で調べて、自分で決めて、それに沿う。
 それだけのこと。
 それを声高に他人と言い争うことは、人生に不要なことである。


|

2008年12月19日 (金)

「ん」変換のために3,465円

 ATOK for Windows mobile は、携帯電話、スマートフォン用のかな漢字変換ソフト

 2008年6月発売の WILLCOM 03 WS020SH(通称 W03)には使える。
 2006年7月発売の W-ZERO3(通称 es) には使えない。

■発売日:2008年9月30日
■メーカー販売価格:パッケージ版 5,565円。

 パッケージ版とは別に、ダウンロード版もある。
 過去にジャストシステムにユーザー登録していると安く買える。
 AAAダウンロード版は 3,465円で買えた。
 この商品はAmazon 、カカクコムで検索しても出てこなかった。

 設定はとても簡単。
 ダウンロードしてから、10分後にはW03で使えていた。

◆ダウンロード版をWILLCOM 03 WS020SH(以下W03)のmicroSDカードにインストールする手順
(前提:microSDカードを増設している)

▼パソコンでダウンロードしたファイルをダブルクリック
 ATOKPWM.CAB というファイルができる。
   ↓
▼ATOKPWM.CAB を パソコンから W03の program filesにコピー
   ↓
▼W03の操作
 ファイルエクスプローラで ATOKPWM.CAB を見つけて、クリック
 手順に沿って、インストール
 インストール先は「デバイス」「microSDカード」と聞いてくるので、microSDカードを選択
 再起動を求めるダイアログが出るので、再起動する。
   ↓
 これで、W03側では何も設定しなくても、ATOKが使えるようになっている。
 SDカードにインストールできるのは助かる。これで、本体メモリーを使わずに済む。

 ATOK for Windows mobile を買った理由は「ん」の変換に尽きる。
 標準辞書では「ん」の変換が大変なストレスだった。

みぶんが → 身分が
という変換を例に取ると、
ATOKでは m i b u n g a
標準辞書では m i b u n n g a

ATOKでnを省略できる変換に慣れていると、このn×2回打ちは耐え難い。
何度も "みぶnが"とやってしまった。

 単語登録も快適になった。
 標準辞書では、もうどうやっていいのか覚えられないほど、手順が複雑だったが、ATOKでは
 [Ctrl]+[.] で登録画面が開く。

 連文変換全体が快適なのは、パソコンで使っているATOKそのまま。
 これで 3,465円は安い。

■メーカー販売サイト
ジャストシステム ATOK for Windows Mobile 販売ページ

【 関連記事 】
MS-IMEからATOKへの引越し
ATOKからMS-IMEへの引越し
ATOKの違うパソコンへの引越し
ATOKの登録単語を一斉に変更する

ATOK17の使い方
ATOK2007
ATOKが使えなくなったら



|

2008年12月18日 (木)

ATOKの買い換え時

 ATOKは毎年買い換えるようなものではない。
 通常のかな漢字変換という作業において、環境がひっくり返るような画期的なバージョンアップはそう度々行われるものではない。

 久々にATOK2007でバージョンアップ版を購入した時は、ひっくり返った。
 登録単語の最大文字数が 100文字に増えていたのである。
 古いATOKでは最大文字数が少なかったため、文字数が多い語句は登録できなかった。

 文字数が多い語句の代表はURL。
 
http://silabel.o.oo7.jp/marathon/training_wear.html (62文字)
 ほとんどのURLは50文字を超える。
 以前使っていたATOKではフルパス(番地の先頭から末尾まですべて)を登録することはできず、
 
http://silabel.o.oo7.jp/ 共通部分
 marathon/training_wear.html ファイル名部分
 の2つに分けて登録していた。

 また、1人のユーザーが勤務先のパソコンと自宅のパソコンに、それぞれセットアップすることが許諾された。(同時に製品を使用しないという条件の場合)
 今でも大半のソフトでこれをやると「違法コピー」となる。
 かな漢字変換はパソコン操作の基本中の基本であり、家庭と会社と、環境にかかわらず同じものを使いたい。
 ジャストシステムのユーザー思いの企業姿勢が嬉しい。

 ATOK2007では人名変換辞書を標準装備した([F2]キーで操作できる)
 芸能人などの著名人があらかじめ登録されている。

●第一候補で変換された例
 妻夫木聡、柴咲コウ、深田恭子、相武紗季、藤井フミヤ

×変換されなかった例
 左卜全、浅丘ルリ子、勝地涼

 Office連携ツールをインストールすると、Internet ExplorerにATOKバーが常駐。
 「ATOKでページ内の単語を学習する」ボタンを押すと、自動的に単語を学習するというが、その効果はあまり実感できない。

 和暦・西暦変換機能が付いている。
 これは執筆で大変重宝する。
 そこれまで西暦←→和暦の読替は、いちいちwebで検索して調べていた。
 "2039年"と入力すると"平成51年"という候補が表示され、Shift+Enter で確定する。
 "昭和33年"と入力すると"1958" "1958年"と2つの候補が表示され、Ctrl+↑↓で選択し、Ctrl+Enterで確定する。

 その他、ATOK2007では「話し言葉モード」方言変換機能が全国対応した。
 おもしろそうだが、まだ使ったことはない。

 WindowsXP のパソコンを使っている時は、ATOK2007からバージョンアップする必要は感じなかった。
 だが、WindowsVISTAのパソコンでは、うまく動かない部分がある。
 VISTAが発売されたのが 2007年1月30日。
 VISTA対応版としては2度目のバージョンアップとなる ATOK2009(2009年2月6日発売)で買い換えよう。
 そう思っていた時に、ATOK for Windows mobile の話を耳にした。



|

2008年12月17日 (水)

うつ病に効果があるマラソン

東京マラソンを完走したい 【 3 】

 マラソンに備えながら「東京マラソンを完走したい」という小説を書いた。
 ある版元の新人賞に応募したが、一次選考にもひっかからなかった。

 その2ヶ月後、荒川市民マラソンを完走した。
 復路では大会史上最悪といえる、猛烈な逆風が吹いたが、制限時間の7時間ぎりぎりで完走した。
 完走と言っても走ったのは27kmまで。
 それでも完走は完走。
 心に広がる充実感はその後、1年間続いた。

 「えっ、マラソンって あの40キロのやつ?」
 「自分はぜったいムリ!」

 マラソンを完走したと誰かに話せば、おおかたの人から尊敬の言葉を送られる。
 日本国民の大半がマラソンに親しみと畏敬の念を抱いている。
 ルート2がいくつかは忘れても、円周率の 3.14 とマラソンの 42.195kmは知っている。
 読売新聞社の調査では、毎年好きな見るスポーツのベスト5にはいっている。
 トライアスロンのレースに出たと言っても、頭に「?」マークが浮かぶ人が多いが、マラソンに出たといえば「えっ、あの42kmの?」という承認を伴うまなざしが返ってくる。

 そして、他人からそうであるように、自分でも自分を尊敬できるようになる。
 その苦しさを知っているのは自分であり、成し遂げたことの価値を一番わかっているのも自分だからだ。

 自分に自信が持てない。
 誰かに認めて欲しい。
 共依存に悩んでいる。
 うつ病が長い。

 そういう人たちにマラソンは有効だ。

 モノを買うと幸せを感じる。
 だが、手にした途端に急速に冷めていく。

 お菓子やアイスを食べれば幸せを感じる。
 だが、食べているそばから、もうそれは薄れている。

 それらの幸せは、いずれも一過性のもの。

 他人からの承認は心の支えになる。
 だが、いつか慣れてしまい、ありがたみを忘れてしまう。
 そして、いつ相手から途絶えるかわからない。

 マラソン完走の幸せは長続きする。
 それは自分で自分を承認したからだ。



|

2008年12月16日 (火)

ATOKの歴史

 ウィルコムのスマートフォンW03を使い初めて3ヶ月。
 多機能な機械なのだが、ただ持ち歩くだけという状態が続いている。

 ワンセグは見ない。
 ゲームはしない。
 メールとネットはパソコンでやる。
 歩きながら音楽を聴くこともない。
 電話(PHS)機能がついていなかったら、そろそろ家に置きっぱなしになる頃だ。

 そんな時、mixi W03のコミュニティで、W03で使えるATOKが出ていることを知った。
 そうか、その手があったのか。
 これを手に入れれば、飛躍的にこの機械は使いやすくなるかも知れない・・・

 なぜ、そう思うかを話す前に、まず、ATOKを解説しよう。

 ATOK 【 えいとっく 】
 阿波踊りで有名な徳島県に本社を置くジャストシステムの製品。
 パソコンのかな漢字変換辞書。
 ゲーム以外のソフトが売れない日本ソフトメーカーの中で、唯一善戦している。
 ATOKは元々ワープロソフト「一太郎」用の辞書であり、パソコンがまだMS-DOSで動いていた頃から今日まで、息が長いソフト。

 ATOKという名前は、元々はジャストシステム本社がある徳島県にちなみ阿波徳島(Awa TOKushima)から名付けられた。
 現在、ATOKは Advanced Technology Of Kana-kanji transfer の略号であるとメーカーは説明している。

 Windowsパソコンのかな漢字変換辞書としては、マイクロソフト製の「MS-IME」が最初から付いているが、変換の快適さでは、日本語をどこまでも突き詰めるATOKにはかなわない。
 かな漢字変換辞書だけは、お金を払ってATOKを使うとよい。

 ただ一つMS-IMEと比べてATOKが使い辛い点は、辞書登録時のコメント付加方法。
 MS-IMEでは単語登録のダイアログでコメントも一緒に登録できる。
 ATOKでは辞書ユーティリティを立ち上げて、そこから単語登録のダイアログを立ち上げないとコメントの登録ができない。(ATOK2007で確認)

【 ATOKの歴史 】
1985年8月「一太郎」発売

2000年9月8日、ATOK X for Linux発売。

2001年3月9日、ATOK14 for Mac、VoiceATOK14(音声入力用)発売。

2002年2月8日、ATOK15 発売。

2003年2月7日、ATOK16 発売。

2004年2月27日、ATOK17 発売。

2005年2月10日、ATOK2005(ATOK18)発売。

2006年2月10日、ATOK2006(ATOK19)発売。

2007年2月9日、ATOK2007(ATOK20)発売。

2008年2月 8日、ATOK2008(ATOK21)発売
2008年9月30日、ATOK for Windows Mobile発売

2009年2月6日、ATOK2009(ATOK22)発売予定

 ATOKは年に一度、毎年2月に新版が発売される。
 2004年までは「ATOK17」のように2桁数字の連番が表に出ていたが、2005年からは西暦年となり、連番は補助表記されるようになった。

12月18日につづく



|

2008年12月15日 (月)

ネットで見られるのに、現場に足を運ぶ理由

 昨日、2008年12月14日 18:01にひかり354号新大阪発博多行きが博多駅のホームに到着した時点で、0系新幹線の営業運転が終了した。

 博多に住んでいれば、まちがいなく駆けつけたであろう0系最後の瞬間だが、何せ1300kmという距離は遠い。

 mixiの0系コミュニティには、今月にはいってからの「0系さよなら運転」を車外、社内で捕らえた写真、動画が多数アップロードされていた。

 わずか6両となり、あっという間にカメラアングルから消えてしまう車両。
 0系最後の運転を告げる車内放送。
 まさにその場にいるかのような臨場感だった。

 カンブリア宮殿に出演したJTB社長が、若者が旅をしなくなったことに危機感を抱いていると言っていた。
 今はインターネットで見知らぬ土地の写真、動画、情報に、自宅にいながら瞬く間に接することができる。
 街で拾ったインタビューでも若者は
「今はネットで見られるからね」とコメントしていた。

 確かに見られるから行かなくてもよいという論法はある。
 そこで、人がその場に行くことの目的を2つ挙げてみる。

1,思い出を心にやきつける。経験を積む。
2,写真・ビデオを撮る。それをネットで公開する。

 もし2だけが目的ならば、確かにその場に行かなくてもよい。
 お金と時間をかけずとも、誰かが自分の代わりに写真やビデオを撮ってきてくれる。
 自分が出かけて行って撮った写真も、他の誰かが撮った写真も、第三者からみればまったく同じ。
 だったら家でゆっくり過ごした方がいい。
 「プロ野球をライトスタンドに見に行くよりも、自宅で見たほうがリプレーも見られるし、相手の攻撃は早送りできるし」という発想と同じである。

 イベントの現場に足を運ぶ人がいる。
 スポーツを観戦する人がいる。
 旅行に出かける人がいる。

 彼らの目的は2の「媒体記録取得」だけではなく、1の「脳への記憶取得」と両方である。

 媒体の記録はブログやホームページで公開できるが、脳の記憶はわかりやすい形で公開できない。
 脳への記憶を得ることは、自慢や承認要求のためではない。

 だからこそ、奥が深い。
 そういった意図が人間を深くするのである。

 お金と時間との相談で、行けない時は他人の「媒体記録」を楽しむ。
 ここは一番、自分の出番だと情熱がほとばしる場面で、人は旅支度を始めるのである。

|

2008年12月14日 (日)

リバプールFCの歴史

2002-03
ミラン・バロシュが移籍入団。

Milan Baros
FW 国籍:チェコ 身長183cm、184cmと雑誌により2通りの表記有り。
1981年10月28日、チェコ生まれ。
出身地はオストラバ(WeSD)、バラサケ・メルジチ(WSM)と雑誌により2通りの表記がある。

1998-99 バニク・オストラバ(チェコ)入団 4シーズン在籍
2001-02 リバプールへ移籍
2002-03 リバプールでプレミアシップ・シーズン9得点。
2003-04 9月、ブラックバーン戦で足首を負傷。
復帰後もウリエ監督が起用せず、プレミアシップ・シーズン出場13試合1得点に終わる。
ユーロ2004、チェコ代表で準決勝進出(ベスト4)
5得点で大会得点王。チェコは大会を通して最も魅力的なサッカーをした。
2005-06 8月、プレミアリーグのアストン・ビラへ移籍。
2006-07 1月、冬の移籍市場でリーグ1のリヨンに移籍。
2007-08 プレミアリーグのポーツマスに移籍
6月、ユーロ2008出場 ポルトガル戦では、攻撃を牽引する大活躍を見せた。

2003-04
シーズン終了後、オーウェンがCL優勝を目指してレアル・マドリー(リーガ・エスパニョーラ)に移籍。UEFAカップを制したベニテス監督が就任。

2004-05
ユニフォーム・スポンサー:カールスバーグ(ビール)
ヘイゼルの悲劇から20年ぶりにCLでユベントスと対戦(準々決勝、2戦通算2-1で勝利)。
CL決勝、トルコのイスタンブールでACミランと対戦。
前半を0-3で折り返す。
後半15分までに3点とって追いつく。
延長前後半まで120分を戦い引き分け。
PK戦3-2(第5キッカーは余り)
キャラガーがGKデュデクに「(21年前の)グロベラーを真似しては?」と提案。
これを実行したヂュデクは即興の奇妙な動きを見せ、笑いを誘うと同時に相手のシュートを3本止めた。

CLには優勝したものの、プレミアシップは5位に終わり、前年優勝クラブがCL出場権を取れない初めてのケースとなった。

2005-06
7月13日、特別待遇でCL予選に出場。
翌シーズンより、CL優勝クラブには自動的に本戦出場権が与えられるようルールが替わった。
12月15日、FIFAクラブワールドチャンピオンシップ(第1回CWC)出場。決勝で敗れた。
5月13日、FAカップ7度めの優勝 0-2から追いつき、延長後のPK戦でレイナがシュートを3本止めた。このクラブ得意のパターンである。

2006-07
CL決勝トーナメントベスト16、当時デコがいたバルセロナと対戦。
カンプノウで2-1で勝利。アンフィールドでは0-1で敗れたがアウェイゴール数2-1で勝ち抜け。
5月23日、CL決勝 2年連続でACミランと対戦。1-2で敗れた。

2007-08
CL準決勝でチェルシーに敗れる。



|

2008年12月13日 (土)

「怒り」とつき合わない方法

 一日中怒っていることが生き甲斐の人、手を挙げてください。
 あ、ほんとに挙げないでください。
 周りの人がびっくりします。

 では、怒るのは疲れる。
 怒ると、結局あとで自分が嫌になる。
 怒りとつき合うのはうんざりだという方、このつづきをどうぞ。

 怒りに心が支配されたとき、立ち止まる、あるいは、怒りから逃れる方法をいつも考えている。
 本を読み、あるいは ふと思いつき、試してみる。
 その中から有効だったものを挙げてみよう。

 肉体面
■走る
■歩く
■寝る
■忙しく働く

 精神面 
●「ありがとう」を心の中で唱えることを習慣にする。

●「闇の声とは会話しない」と決める。
  心の闇との会話が始まったら、そう唱えて止める。

●「悪いこと、いやなことは3歩あるいたら忘れる」と決める。
 そして、実際にイチ、ニ、サンと数えて、はい忘れた!と自分にいい聞かせる。
 サンの時に声をひっくり返す必要はない。

●「復讐」の2文字を自分の辞書から消す。
 けっして、復讐はしない。と決める。

●「今できることをやろう」「自分のできることをやろう」と考える。

●他人の心の中を予想しない。

 誰か一人、ずっと腹を立てている相手がいる。
 その人に対して怒ることに疲れた。
 怒っている時間がもったいない。
 そういう場合は、
 「こんな人にも、この人を頼って生きている家族がいるんだ」
 「こんな人でも、愛おしく見守っている両親がいるんだ」
 と考える。
 そうすると、不思議に心は安らかになるものだ。



|

2008年12月12日 (金)

「言ってください」と言われても、誰も言えません。

「言ってください」
と言われて、本当に言う人は滅多にいない。

職場では毎日、決まった女性が流し台の掃除をしている。
来る日も来る日も同じ人だ。
別に「流し台担当」「水回り担当」「雑用担当」という役回りが決まっているわけではない。
男性も女性も、誰もが一般職である。

ある時、聞いてみた。
moto 「それって自主的にやってるの?」
サトウさん「まぁ、そうねぇ」
moto 「ほかの人はやらないの?」
サトウさん「 "言ってください" とは言われているんだけどねぇ・・」

 彼女に「言ってください」と言ったスズキさんは、言ったことで満足したのだろう。
 自分はそのことに気づき、声をかけた。
 だけど、サトウさんからはその後、手伝ってという声はかからなかった。
 だから、それでいいのだ。

 水曜日は私がやりますから・・
 といった提案がなかったということは、それは自分がする仕事ではない。
 サトウさんの "手伝い" を自発的に買って出ようとしたのだ。
 スズキさんは、自分は「気づき」のある人間だと思っているのだろう。

 ここで、はたと考えた。
 スズキさんのことはどうでもいい。
 自分はどうなのか?
 流し台の掃除は、女性がやるものと予見を持っている。
 だから、女性二人の物語で終わらせようとしている。

 この話は自分も含めた現場で起きているものなのだ。
 人のことを言う前に、自分はどうなのか。

 それ以来、誰も見ていない時を見計らい、拭き掃除をすることにした。



|

2008年12月11日 (木)

ぶつけるのはいつも駐車場 止めなければイタズラはされない

 クルマをぶつけるのはいつも駐車場であり、
 クルマに傷つけられるのは狭い道と駐車時である。

 飛行機では事故が多い離陸後3分、着陸前8分を「魔の11分」という。
 クルマをぶつけることも、それに似た黄金律がある。

 大切なクルマに傷ひとつつけたくない。
 もし凹んでも、修理代を払う余裕がない。
 そういう人は、具体的にリスクを確認して、気合いを入れて運転することが必要だ。

 「ぶつけるのは、いつも駐車時」
 初めて入れる駐車場では、入る前に輪留め、障害物の有無を目視確認する。
 輪留めがあると思っていたら、その枠だけ無いということもある。
 立体駐車場には、思いもよらぬ所に梁やパイロンなどがある。

 バックで駐車位置から発進する前には、車の後ろにポール、電柱などの障害物がないかを視認する。


 クルマに流れるようなかすり傷を負いたくないならば、  「注意すべきは常に自転車」
 一方通行の狭い道は、通ってはいけない。
 路肩がなくても自転車はお構いなし。老若男女、運動神経の有無に関わらず、前から強引に突っ込んでくる。
 自転車のスタンドは思いの外、車幅より出っ張っており、すれ違いざまドアに長い傷を付けられることがある。

 交差する道路が急な坂の場合、自転車が坂の上から突っ込んでくることがある。
 路地から飛び出した自転車が、車の横に当たることがある。
 歩道を横切る時、横っ腹に自転車が突っ込んでくることがある。
 こちらが被害者でも、相手が交通弱者。警察沙汰になれば、こちらにお咎めがくる。
 また、自転車は容易に逃げ切れる。

 「いたずらで傷をつけられるのは、必ず駐車中」
 走っている車に、追走していたずらする人は滅多にいない。
 傷をつけられたくなければ、止めないことだ。
 クルマを一度も止めなければ、いたずらされることはない。
 無理だが・・

 「絶対にしてはいけないのは路駐」
 路上駐車は歩行者の反感を買う。
 「この野郎、こんな所に置きやがって」
 と手に持っていた傘などの凶器が振りかざされる。
 また、走行中の車にぶつけられるリスクがある。
 その損害の大きさは、駐車場でドアを当てられる比ではない。
 傷が大きいだけに、当てたほうも逃走する。

 駐車場も選ばなければならない。
 枠が狭い駐車場には停めない。横幅が狭いスーパーの駐車場では、クルマに無頓着な人から思い切りドアをぶつけられることがある。

 また、風が強い日は屋外の駐車場には停めてはいけない。
 ドアを開けた時、風に煽られて、隣の車にぶつけたり、ぶつけられたりする。



|

2008年12月10日 (水)

一生に二度の「走るマラソン」

東京マラソンを完走したい 【 2 】

 

 2005年11月、「40歳からのフルマラソン完走」梅方久仁子 技術評論社 2005年11月 という本を手に取ったことから、見るマラソン人生が、走るマラソン人生に替わった。

 

 その本に、7時間制限の荒川市民マラソンならば、1km10分で歩いても完走できるといった主旨のことが書いてあった。

 

 7時間制限のマラソンがこの世にある。
 歩いても完走?

 

 これは衝撃だった。
 昨今、乱発される言葉でいえば「目からうろこ」
であるが、コンタクトレンズを経験した者にとって、どうもこの言い回しは気味が悪くてしかたない。

 

 「歩いてでも完走」
 一生に一度、見るマラソンを、自分で走るマラソンにする。
 そう決めた。

 

 荒川市民マラソンに向けて、まずはウォーキングを始めて1ヶ月。
 ランニング月刊誌「ランナーズ」に東京マラソンの記事が載った。

 

 2005年12月12日、第一回開催日を正式決定
 2007年2月18日(日)
 制限時間7時間 定員3万人

 

 前身の東京国際マラソンは 2月の第 2日曜に行われていたが、2007年はその日が建国記念日と重なり、十分な警備態勢がとれないため、第 3日曜開催となった。
 そのように、メディアは報じていた。

 

 

 大会事務局の責任者、遠藤雅彦が2008年2月の著書「東京マラソン」ベースボール・マガジン社~で次のように書いている。

 

(以下要約)
 東京マラソンは二月の二週、青梅は三週の開催予定だった。東京の翌週では青梅に影響が出る。青梅が先ならば両方走ることができる。そこで話し合いの末、青梅が第一週、東京が第三週となった。
(要約おわり)

 青梅マラソンという名前は聞いたことはあったが、あおうめマラソン?かと思っていた。
 (読みは おうめ)
 マラソンというから 42.195kmを走る大会かというと、30kmレースであることもここで調べてみて知った。

 

 開催が発表されたのは、第一回までまだ14ヶ月も前である。
 十分に準備時間があった。
 これだ。
 これに出たい。
 2006年に荒川を走り、2007年、記念すべき第1回東京マラソンで 「走るマラソン」人生に有終の美を飾ろう。
 すぐさま 一生に一度の目標を、一生に二度に修正した。

|

2008年12月 9日 (火)

文鎮のお地蔵さん

 Googleのロボットは最近、大変勤勉になったようで、土曜日に
> 「小さくて重い文鎮」で ・・Googleの2番めにその品はあった。
 と書いたところ、翌日の朝にはその上に、この「しらべるが行く」が乗っかって4番目になっていた。

 文鎮地蔵

■重さ:580g
 580gは置物タイプの文鎮では、群を抜いて重い。

■大きさ:4×3.5×高さ10cm
 買う前に 10cmときくと高そうに感じたが、お地蔵さんの頭部が丸いため、高いとは感じない。

■製造:南部鉄器協同組合
 箱に封入されたミニチラシには次のようにある。
 「この製品は、本場盛岡の伝統の製作技術と現代にマッチする意匠の追求によって生まれた商品でございます」

■販売:こだわりやさん・ドット・コム(茨城県)

Jizo

 平綴じの本がしっかり開いたままで固定できた。
 ページ数が少ない平綴じの本は閉まりやすい。
 130ページの平綴じ本に置くと、それでも固定できた。
 ただし、重さがあるためか、寝かせて置いた時、転がってしまう。
 お地蔵さんは丸く作らなければならないのかもしれないが・・。(想像)
 合わせた手をもう少し出っ張らせるなど、転がらないようになるとよい。

 さて、計量に使った秤は500gで針が振り切れるのに、なぜ580gと言い切っているか?
 ウェブページにも重さについては触れていなかった。
 (その後、改善されるかもしれませんが・・)
 それは、見つけてすぐ重さを問い合わせたところ、その日のうちに回答が届いたからである。

 苦節11年
 ではなく、曖昧に「欲しい」と思っていた11年。
 真剣になれば、答えはすぐそこにあった。
 思い立ってから手にするまで、わずか2日。

_01sbl_010

 時代のスピードはまちがいなく上がっている。

|

2008年12月 8日 (月)

スパナとエッシャーの人面鳥

 文鎮は 文具店では、ペーパーウェイトとも呼ばれている。
 文鎮を辞書でひくと「紙や書物をおさえる文房具」
 ペーパーウェイトを辞書で引くと「文鎮」 ・・・
 なので、ここでは文鎮で通す。

 2つめの文鎮はガラス板。
 クジラの文鎮から5年後、大掃除の日。
 同僚がゴミ箱の前で思案している。
 手に何を持っているのかと見やると、一枚の分厚いガラス板。

 邪魔でしかたないので捨てたいのだが、燃えないゴミ箱に捨てていいものかを悩んでいた。
 一目見て、これは文鎮に使えると踏んだ。
 透明だから、置いた上からでも文字が読める(・・とその時に思ったが、実際にそんなことはなかった)
 譲って欲しいと申し出ると、捨てるに捨てられずに困っていた。渡りに船と大変喜ばれた。

 今、量ってみたら・・
 500gの秤で針を振り切ってしまった。
 体重計で測ると1.0kg と表示された。
 確かにずっしり重い。
 平綴じの本でも閉じてしまうことがない。

_01sbl_009

 ただし、邪魔だった
 底面積が大きいのだ。一辺15cmの正方形。
 置物としても成立していない。
 やがて、これはプリンター(スキャナー)の重しになった。

 ある日、図書館で工具の本を眺めていた。
 自動車整備専門書コーナーにあった。
 レンチ、プライヤー、スパナあらゆる工具が並んでいる。
 そうか。スパナという手があった。

 スパナは机の引き出しの上から5番め、一番手前にいつも入っている。
 だが滅多に出番はなく、最後に使ったのがいつだったのか記憶がない。
 このように、いつかの出番のために一等地を占有しているモノは少なくない。
 TOYOTA MOTOR と刻印されているので、恐らくAE86の車載工具だったのだろう。

 重さ240g
 思ったほど重くない。さすが車載工具。だが一直線の形状はまさに文鎮そのもの。
 しかしずっと机の上に置いておくのは、美観を損ねたためすぐ元の引き出しに戻った。

 4つめの文鎮は 2008年夏。
 ハウステンボスのエッシャーショップ「メタモルフォーゼ」
 ハウステンボスはM.C.エッシャーの国内版権を持っている。
 人面鳥の置物。
 一目惚れした。
 店員さんに尋ねると栓抜きだという。
 一度だけ栓を抜いてみた。確かに栓抜きであった。
 重さは100g
 机に置いたときの存在感は抜群なのだが、今度はデザインに寄りすぎていた。

 もう、クジラの文鎮から11年が過ぎている。
 曖昧な探索をやめて、本腰で探す時に来ている。

 決意を決めると、5つめの文鎮は 5分で見つかった。
 さすが、インターネット時代。

 「小さくて重い文鎮」でのヒット数は
 Yahoo! 18,000
 Google  5,010
 Googleの2番めにその品はあった。

 その名も「文鎮地蔵」である。

 12月9日につづく

|

2008年12月 7日 (日)

フロントをチェックアウトするジェラード

10月22日(水)
CL2008-09グループリーグ3節 ローマ (home) ○1-0
勝ち点7で単独首位。デコフル出場。
この試合はJスポーツ4局ともにテレビ放送なし。
CLの興味はこの時点では、いつA組1位通過を決めるかに移っている。

10月26日(日)
プレミアリーグ9節 リバプール (home) ●0-1
ビッグ4との対戦その2
今期マンUとの第1戦は引き分けている。
チェルシーはビッグ4との対戦カード3つの第1戦をいずれもホームで戦う。

リバプールはビートルズでお馴染みの街リバプールに本拠地を置くクラブ。
ホームユニフォームが赤なので、愛称は浦和と同じレッズ。
CLでは一流のクラブだが、英国内リーグでは長らく優勝していない。

1892年
クラブ設立

1983-84
チャンピオンズカップ(現在のCL)4度目の優勝。PK戦となりGKグロベラーがトリッキーな動きでシュートを止めた。

1984-85
ユベントスとのチャンピオンズカップ決勝戦前にファンが暴動を起こし死者を出した。
この事件は「ヘイゼルの悲劇」と呼ばれている。

1997年
スティーブン・ジェラードが入団

Steven Gerrard
1980年5月30日、イングランド生まれ。
1997年、リバプールと契約
1998年11月、プロ試合初出場
2000年5月、英国代表として試合初出場
2001-02シーズン、CL1次グループリーグでは得点の半数に絡む活躍。攻撃の起点としての地位を確立。
2002年、W杯予選は出場したが、本選は怪我のため不出場。
2003-04、リバプールのキャプテンに就任。
2004年9月左足骨折、全治2か月と診断される。

2005年2月、FIFAオールスタースマトラ沖地震慈善マッチに欧州選抜で出場。
得点なし ゼッケン6(いつもつけている8番はバルセロナのジュリがつけた)
この日仕事で泊まったバルセロナのホテルに、出場選手たちも泊まっていた。翌朝フロントに降りるとチェックアウトしていく大男をみた。

「いかにも追っかけです」という風情の日本人女性が、彼にサインを求めていた。
サインをゲットして、余裕の表情を見せるその女性に名前を尋ねて、その男がジェラードだという人だと知った。
まさか、3ヶ月後にテレビで食い入るように見る選手になるとは、その時思っても見なかった。

2005年5月25日、CL決勝戦 0-3から追いつく1点めをヘッドで決め、3点めのPKを得た。
CLベスト8の段階のインタビューで「チームが優勝を狙える補強をしてくれることが残留の条件」と答えていたが、CL優勝直後は「出て行く理由はない」と答えていた。

7月5日、一端退団を表明したが、翌日撤回。結局残留した。

2006年6月10日、W杯グループリーグ第1戦イングランド対パラグアイ戦でW杯初出場。
同 6月15日、対トリニダード・トバゴ戦でW杯初ゴール



|

2008年12月 6日 (土)

小さくて重い文鎮

 小さくて重い文鎮を探して 11年になる。

 探し始めた動機は読書にある。
 実用書を読んでいて、役に立つ記事をみつけると、パソコンに向かってメモを取る。
 しかし、キーボードに両手を置くということは、本から手を離すということで、本は閉じてしまう。
 裏返して置くと内容が読めない。

 上向きに置いたままで、本が閉じないようにできないか。
 手当たり次第に、身近なモノを置いてみたが、どれも用を足さない。

 容積は小さいがずっしり重い。
 といえば文鎮である。
 だが、小学生の時に習字で使っていたような文鎮を、いつも机に置いておくのは見た目が貧しい。

 [選ぶ基準その1]
 平綴じの本が閉じないこと。
 平綴じには、無線綴じと針金綴じがある。
 無線綴じは、ページを重ねて、その背を糊で綴じる製本の方法。
 針金綴じは、背の近くを表面から裏面へ針金で刺して綴じる方法。
 新書、文庫本、タウンページ、「週刊少年ジャンプ」などの少年週刊誌が平綴じである。

 [選ぶ基準その2]
 底面積が小さく場所をとらないこと。
 一辺が10cmを超えたら邪魔でしかたがない。

  [選ぶ基準その3]
 見た目の美しさ。
 文鎮として設計されたものではなく、置物として設計されたものが望ましい。

 1個めの文鎮を手に入れたのは 11年前。
 和歌山県に旅した時、太地町立くじらの博物館。
 旅のガイドブックに載っていた時点で目をつけた。
 長年のクジラファンとしては、重さは別として、置物として所有したい。

97306041

 博物館のミュージアムショップに、その姿を見つけた時は実に嬉しかった。


 買った当時に 25万画素のデジカメで撮った写真を 今見るとぴかぴかに光っている。
 11年経った現在は、ほどよく くすみいい色になった。

 今、台所の秤で量ってみると 180g
 ずっしり重いとは思っていたが、意外に目方がない。
 平綴じの場合、本の持つ強さでページが閉じてしまう。
 180gでは中綴じの本を押さえるのが精一杯だ。

 中綴じとは、真ん中を針金または糸で綴じ、二つに折って仕上げる製本の方法。
 「週刊ポスト」などの成人向け週刊誌や、フリーペーパー、電気製品のカタログなどがこの製本による。

 その5年後、2つめの文鎮を手に入れた。
 この文鎮はある意味で強力だった。

 12月8日につづく

|

2008年12月 5日 (金)

キスもハグもない家庭に育つと

 その役者が苦手である。
 CS放送でこれからどの映画を見ようかと選んでいる時、出演者リストに彼の名が出ているだけでパスする。

 きっかけは軽自動車のCM
 そのCMはシリーズもののストーリー展開になっている。
 登場人物はボクサーの兄と妹。

 兄が妹に「お前デートでもして来いよ」と声をかける。
 どうやら、妹はいつも兄の練習に付き添っている様子。

 妹が焦点がぼけた遠い目で言う。
 「お兄ちゃんみたいな人がいたらね」

 その途端 兄は、水を得た魚のように元気を出してシャドーボクシングを始める。
このシーンだ。

 このフォームがあまりにもひどい。
 おまけに 口から「しゅっ しゅっ」と言っている。
 ボクサーなのに、動揺すると下手になる情けない兄貴であるという役作りなのか、
 実際にセンスがないのか・・・
その境界がわからない。

 だいたい、なぜ「兄ちゃんの夢が妹の夢」なのか
 自分に妹がいなくて、軽自動車の購入を検討したことがない男性にとっては、意味不明だろう。
 このCMのターゲットは、妹のいる兄貴なのか、それとも兄貴のいる妹なのか。
 それらのターゲットの人には、このキャッチコピーが共感を呼ぶのか。

 そもそも、シャドーボクシングが嫌いだった。
 学生の時、学食で久しぶりに会った仲間に
 「このこの」
と言いながらパンチを繰り出し、ボクシングの真似をする男がいた。

 心底、彼の気持ちがわからなかった。
 真夏でも零下5度くらいに感じた。

 いきなり、肩をもむ人も同類である。
 体育会系でバンカラな人に多いかと思うと、気が弱そうで虚勢を張って生きている人が、突然肩を揉んできてびびる。
 腰が引けていて 「肩なんか揉んで、今の僕大丈夫なのかなぁ」と、反応を探っているのが伝わり、痛々しい。

 然るに、彼らはスキンシップ三昧の家庭に育ったのかも知れない。
 体と体の接触、それに類する行為が親愛の情を表すとすり込まれたのか。
 キスもハグもない家庭に生まれ、育った人間にはわからない。

|

2008年12月 4日 (木)

RZ350のコレクターグッズ

 YAMAHARZ350は白地に水色のライン(タバコのパッケージの色にちなんでゴロワーズカラーと呼ばれた)という上品なデザインと当時のバイクでは常識はずれの加速性能のアンマッチが受けた。

 2サイクルでガソリンを食うこともあって、当時のバイクの中では格段にガソリンタンクが大きかった。先行発売のRZ250が市販バイク、ガソリンタンク巨大化のはしりである。

 リヤタイヤにはスポーツタイヤの元祖となったダンロップTT100を標準装着。他バイクのオーナーがわざわざ買い換えて付けていたTT100が最初から付いていることで尊敬のまなざしを浴びた。



 タミヤのプラモデル「RZ350」に装着変身仮面ライダー旧1号桜島バージョンを乗せた。


 RZ350のコレクターアイテム

プラモデル
 田宮から初期型のプラモデルが定番で販売されている。カウリング装着、非装着の2通りで作れる。彩色も白、黒系、グレー系と少ないカラーで済み、綺麗にしあがる。

プライズ
 2002年、バンプレストからコンビニキャッチャー用アイテムで「YAMAHAイグニションライト点灯キーホルダー」が出た。RZ350初期型,250白を含む全5種。ミニキーをタンクに差し込むとヘッドライトが点灯する。ただ残念ながら、タンクのラインがゆがんでいてリアルさに欠ける。

チョロバイRC
 デフォルメ造形ミニチュアバイクのラジコン。実売価格2,980円

チョロバイ
 バンダイのデフォルメ造形の自走ミニチュアバイク。RZ250(白)は発売されている。350の発売を望む。



 RZ350発売当時はカウリングが運輸省から認可される前で、後にアッパー&アンダーカウルセットが4万円でメーカーオプションとして販売された。

 マフラーのネジが振動で落ちサイレンサーがよく外れた。
 燃費は2サイクルのスプリントマシンだけに、いいはずがない。
 長距離ツーリングでは15km/lまで伸びたこともあったが、市街地では5~8km/lと乗用車並みにガソリンを食った。
 前に乗っていたCB50の10分の1だ。
 

つづく

|

2008年12月 3日 (水)

東京マラソン抽選の憶測

東京マラソンを完走したい 【 1 】

 東京マラソンのエントリーは、第1回から第3回までいずれも抽選となった。
 抽選は今回まで3大会いずれも無作為で行われている。
 だが、その内実について様々な憶測がネット上に書き込まれている。

 テレビ局のアナウンサー、スポンサー関係者は抽選していないのでは?
 外国からの参加者は有利ではないか?
 陸連登録者は有利ではないか?

 これらは、どこまでいっても憶測の域を出ない。
 本当にそうであっても、主催者が「その通りです」と認めることはないからだ。
 そして、いずれも、それがどうした?ということである。

 まず、テレビ局やスポンサー枠があったとしても何ら不思議ではない。
 彼らが制作費や広告費を出して大会をもり立てているのだから、一定の出場枠が与えられることは至極当然だ。

 このような商業主義的な特権を不公平だと非難する人がいる。
 だが、そういう人がこの世の中のすべてのルールを守っている聖人というわけではないだろう。
 そういう人は、車を運転すれば横断歩道で歩行者に道を譲り、歩行者の時は信号を必ず守っているだろうか。
 それらは「法律」である。
 法律さえ守っていない人が、法に触れない商業的慣習を批判するのは筋が通らない。

 国外参加者が有利であっても不思議ではない。
 出場者が多国にまたがれば、それだけ海外から東京という町が注目される。
 2016年夏季五輪の選考レースに有利という中期の視点だけでなく、長い目でみて東京の競争力アップにつながるのだ。
 政治学者がよく「都市の国際競争力」という言葉を使う。
 それは簡単にいえば、人と金を集める力。

 「東京だけが儲かっても、僕らには関係ない」
 他の都道府県の人はそう思うかも知れない。
 ただ、現行の日本の制度では、東京が集めたお金が回り回って、地方交付税や補助金で東京以外の都道府県にあてがわれている。
 東京の競争力は事実上、日本の競争力とも言えるのだ。

 外国から来る人は必ず前泊する。大半が当日泊もする。
 東京にお金が落ちる。
 これは、関東以外に住んでいるランナーにも言える。
 より多くの遠距離参加者がいれば、人が長い距離を動くほどに、金が動く。
 そういう視点でいえば
 「地方の人のほうが有利だ」
 という疑念が出てもよいくらいだが、それはなぜか聞かない。

 陸連登録者が有利でもおかしくない。
 そもそも、東京マラソンに応募した人のそのまた一部の人を除いては、どうすれば「陸連」に「登録」されるのかさえわからないだろう。
 陸連に友達はいないので、その風土は計り知れない。
 ただ、どんな組織にも内輪の特権はつきもの。
 そもそも、日本人は内輪の特権が大好き。

 陸連登録者の特別扱いを非難する人も、政治家が
 「あなたを仕事が楽で年収2000万円の大会社に就職させてあげます」
といえば、ごろごろごろと喉を鳴らすだろう。
 友達が**自動車に勤めていて、クルマが2割引で買えるといえば、その特典に預かるだろう。

 「判定に不満を言うのは常に敗者」
 は前FCバルセロナ監督 フランク・ライカールトのことば。
 抽選に不満をいうのは、常に落選者。

 落ちても文句は言わない。
 落ちたら荒川にすぐ申し込めばいい。

 別に東京マラソンは、2009年で終わりではない。
 そうして、11月7日の抽選発表を待っていた。

[ 東京マラソンを完走したい ]
は東京マラソン2009開催まで、毎週水曜に連載する予定です。

|

2008年12月 2日 (火)

焼そば弁当3

 カップやきそば界に異変が起きている。

 朝、家でつくって、お昼に会社で食べる「やきそば弁当」を研究し始めて、2年が過ぎた。
 2008年3月に第2回を紹介してからの8ヶ月で、以下の品を試した。

点数は10点満点で採点


■日清 どん兵衛だし焼うどん旨みソース仕立て 8点
 平打ちのどん兵衛麺は、伸びてからが美味い。ソースが十分に甘く幸せな気分になる。マヨネーズを入れると、また甘くなって美味い。やきそばのマヨネーズというと「一平ちゃん」のせいで印象が悪いが、このマヨネーズは残らずかけても大丈夫。
(2008年9月)

■エースコック ぼてぢゅう 8点
 カップ麺にしては肉が大きく多い。肉に下味がついている。野菜も多い。ソースは甘め。マヨネーズはお昼の食べる直前に絡めたほうがよい。ふりかけはついていない。麺の量が多い。
(2008年5月)

■くじら軒 8点
 油の味付けが美味い。チャーシューもレトルトらしさがなくてよい。2008年10月発売。ずっと定番に残してほしい。
(2008年月10記)

■日清 焼チキン 7点
 あ、チキンラーメンだというわかりやすい味。揚げ玉と胡椒のふりかけは楽しい。すべてのやきそばはこれにしたらよいと思う。作る時、湯切りのお湯をカップに入れてスープにするという趣向は、弁当ではムダになる。
(2008年10月)

■エースコック 濃厚チーズまぜ麺 4点
 "濃厚""チーズ"のネーミングから「チーガリソース焼きそば(マルちゃん)」の再来をかすかに期待したが、チーズらしさはさほど感じられなかった。
(2008年7月)

■明星 十八番しおやきそば 4点
 99shopで104円で売られている。麺が少ない。朝食べても昼食べても味が変わらない。ふりかけ無し。200円超えで虚仮威しのやきそばに比べれば、好感が持てる。
(2008年5月)

■日清 ガテン系まぜそば 4点
 時間をおいて食べるのは向かない。130gの麺はそれほど多い量ではない。
 215円(ローソン売価)にしては、それほど特別な内容ではない。
(2008年5月)

■明星 まぜそば 4点
 かつての「ぶぶか」の焼き直し。あとのせかやくを乗せると味が変わり楽しい。だが、油がべとべと、麺は粉っぽい。
(2008年4月)

■セブンイレブン だしがおいしいソースやきそば 3点
 麺がおいしくない。ソースが心に響かない。かつおぶしに、この濃いめのソースは合わない。
(2008年10月)


 さて、異変の話である。
 この1ヶ月、ぱったりとカップやきそばの新製品が出なくなったのだ。

 カップ麺界は大変な激戦であり、新製品が定番に残るのは至難の業。 上に紹介した9点のうち、現在もセブンイレブン、ローソン、ナチュロ、ファミマの棚に並んでいる品は1点しかない。
 次から次に新製品が出ては3ヶ月以内に消えていく。
 その繰返しだった。

 コンビニに行くと必ず、カップやきそばの新製品をチェックする。
 いつもならば、セブンイレブン、ローソン、ナチュロ、ファミマの何処かで、週に1銘柄は新製品に出会える。
 ところが、この一ヶ月ぱったりと新製品が並んでいない。
 どこのコンビニも置いてあるのは、がちがちの定番ばかり。

 なぜだろうか?しらべるの仮説は次の2つ。
1,春から夏にかけて、原材料の値上がりのため、新規開発を見合わせた。その影響が今になって現れた。
2,冬は焼きそばが売れないシーズンである。今年に始まったことはなく、例年この時期は新製品が出ない。去年まで自分が気づいていないだけ。

 この謎をこれから、春の「日本やきそば弁当学会」に間に合うように、追求したい。

ありませんから・・

|

2008年12月 1日 (月)

「国会便覧」には自宅住所が載っている

 2002年に現職の衆議院議員が殺されたことがある。
 現場は自宅前だった。

 2008年11月、厚労省の官僚が殺された。
 現場は自宅。
 容疑者は「便覧で住所を確認した」と供述した。

 「国会便覧」は日本政経新聞社が発行している出版物。
 最低年1回 出版されており、現在は平成二〇年二月新版が出ている。
 市販されているので、書店で買うことができる。
 amazonでも購入できる。
 図書館にも置いてある。

 2003年3月に初めて国会便覧をみた。
 「国会便覧平成15年2月新版」だった。
 そして、これはいいのか?と驚いた。
 そこには、国会議員の氏名・経歴・自宅住所と電話番号、官僚の役職・氏名などが網羅されていた。
 国会便覧に官僚の自宅住所は載っていないが、中央省庁が発行する便覧には載っていた。それで2008年11月の犯行は可能になった。

 公人だから載せるということなのだろうが、
 こんな危なっかしい公人ならば、なりたくない。

 著名人本人、あるいはその家族が亡くなると、喪主の自宅住所番地が新聞に掲載される。
 お悔やみに行く人への親切のつもりなのか。
 その後も、そこに住み続けることを考えれば、これも怖い。

 以前、作家岸本葉子のコミュニティを開設していた時のこと。
 岸本葉子に関する mixiでは最初のコミュニティだった。
 ある時、岸本葉子の父親が亡くなり、新聞に岸本家の住所が掲載された。
 その情報をそのままコピー&ペーストでコミュニティに書き込んだ人がいた。

 すると、他のメンバーの一人から
 「あんなことを書くなんて信じられない。退会する」
 とメッセージが来て、退会した。
 それをうけて、書き込んだ人に、個人情報でもあるので、削除してもらえないか?と頼んでみた。
 管理者には削除権限があるのだが、その前に本人に促したのだ。
 すると、返事は
 「新聞に書いてある公開情報を書いて何が悪いのか。言っている意味がわからない」
 ということだった。

 これらの行き違い、思いの違いにおいて、キーポイントは「メディア」
ここでは新聞社、版元の考え方である。
 彼らが「知る権利」に沿って書いた情報で、人が死ぬ。怯えて暮らす。
 でも、当時者以外の人は
 「これは権利だ」
 と考えている。

 2002年に衆議院議員が亡くなった時、容疑者が「国会便覧をみた」かどうかはわからない。
 ただ、国会便覧の編者は、その時、なにかを考え、あるいは何も考えず、結果として、何も変えていない。

amazonで販売されている国会便覧 一覧

|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »