« 国会便覧はまだ売っています。 | トップページ | 優勝ランナーより有名な2位ランナー »

2009年1月13日 (火)

カップヌードルライトとノーマルの食べ比べ実験結果

 カップヌードルライトが店先に並んでいる。

 ライトである。
 ライトなのはカロリーだが、味もライトに決まっている。
 食べれば一発でわかるね。
 きっと美味くないよ。

 そんな自称カップヌードル通の天の声が聞こえた。
 それと同時にライトとノーマルが1個ずつレジかごに入っていた。

Cup_light1

 しらべるでは2008年4月に、カップヌードルがプラ容器から紙容器に移行した際、食べ比べを報告した。
 今回も、前回と同じカップヌードルファン3人にお集まりいただいた。

 レギュレーションは以下の通り。

1.同条件(同じ湯、3分蒸らし、具のとりわけも同じ)で2つの無記名の紙コップに「ライト」と「ノーマル」を取り分ける。
2.試験者はどちらから食べてもよい。
3.一つ食べる度に感想を言い、どちらかを予想する。

Cup_light2



 テスト用に2つのカップヌードルを作って、気づいたことは以下の3点。

1.ライトは必要目安となるお湯の量が20ml多い320ml
2.ノーマルは何度もフタ止めシールが剥がれた。ライトは一度も剥がれなかった。
3.できあがり直後、ライトと比べてノーマルは汁が少なくなっている。

Cup_light3



 では順番に3人の感想を書いていこう。

■サトウさん
[1つめ]
 味が濃い。
 これがノーマルに違いない。
[2つめ]
 スープが薄味野菜スープみたい。野菜ヌードルという言葉がぴったりだ。
 1つめのほうがノーマルである。

■スズキさん
[1つめ]
 あれ・・カップヌードルってこんな味だったっけ?
 どちらなのかは、わからない。
[2つめ]
 あっこれがノーマルだ。
 味が濃い。

■タカハシさん
[1つめ]
 今までとは全然違う
 これがライトだ。
[2つめ]
 (ノーマルって)こんな味だったかな・・
 やっぱりこっちがライトだ。

 さて、予想的中結果だが、3人とも「当たり」

 サトウさん、タカハシさんはノーマル→ライト
 スズキさんはライト→ノーマル
 の順番で食べた。
 1つめを食べた時点で正解を導いていたのはサトウさんだけ。

 食べ比べればはっきりとわかる違いでも、古い記憶との比較では判別は難しいということが言える。

 こうして実際に食べ比べる人は少ないだろう。
 ただ、一度食べ比べた人は、いくらカロリーがライトと言えども、ライトには手が伸びないと推察する。
 数ヶ月後、激戦のコンビニ定番を「ライト」が守っているか注目していく。

|

« 国会便覧はまだ売っています。 | トップページ | 優勝ランナーより有名な2位ランナー »