« 日本初の公式サイト インターネットの歴史 | トップページ | ファンが踏み出した一歩 佐野元春公式ウェブサイト »

2009年1月30日 (金)

ニフティサーブのホームパーティ

 1994年冬
 インターネットは産声を上げていたが、まだ誰もがその実態を把握していなかった。

 

 「インターネット」「www」「モザイク」
 今ならあなたは、この3つの単語の関連性を、理路整然と話せるだろう。

 

 え、話せない?
 それでは 解説すると
 「インターネットの情報を表示している技術が www。インターネット=www といってよい。モザイクは1993年当時のブラウザー」

 

 当時、これらの単語は、その意味さえよくわからず、ましてや、どう関連づいているかなど、皆目検討がつかなかった。
 とにかく、パソコン通信仲間で語られていたのは
 「インターネットは、スゴイらしい」
 ということ。
 もちろんそれは、パソコン通信と比べて・・という意味である。

 

 それはかつて、マルチプランが主流だった1990年頃、天然記念物レベルに希少だった、表計算の使い手の間で
 「ロータスは、すごいらしい」
 という会話が交わされていた状況に似ていた。

 

 1994年暮れ、パソコン通信NIFTY-Serveに、元春HPはあった。
 ニフティにはフォーラムという会議室があった。
 これは、ニフティが有志の会員に管理を委託する許認可制になっており、一部の既得権益者が牛耳る不自由なものだった。
 一方「HP=ホームパーティ」というサービスは、毎月2,000円を払えば、誰でもCUGを持つことができた。

 

 Crosed User Group =直訳すると、閉じられたユーザー・グループ
 インターネットなどのコンピューター・ネットワークで、参加が許可されている人だけが利用できるサービス。

 

 「フォーラム」は、ニフティの審査を受けなければ作ることができないが、ホームパーティは、私信扱い(メールと同じ扱い)で、誰でも審査無しで開設することができた。
 ホームパーティは、1997年11月にサービス終了となり、パティオ(月額500円)に移行。
 そのパティオも2005年5月末日でサービスが終了した。

 

 ホームパーティという名称は、今思えば、牧歌的で素敵だ。ただ、その名前ゆえ内容が伝わらないこともあった。
 ある時、熊本に住む元春ファンに、元春ホームパーティに入りませんか?というメールを送ったことがある。すると、その返事には「家が遠いので、なかなか参加できないと思いますので、今回は失礼します」と書いてあった。

 

 今も主宰者のカサノバ氏(通称:店長)が、1992年9月にスタートさせたのが、元春HP。
 「身近に元春のことを話せる友達がいない」
 という共通の飢餓感にぴたりとはまり、全国の元春ファンがここに集った。

 

 東京、名古屋、大阪という拠点ごとに、定期的なオフライン・ミーティングが行われ、実際に会うことで、さらに関係は緊密なものになっていく。
 ・・・と、ここまでならば、他にも例がある話。
 このグループが、日本で唯一違っていたのは、勇気をもって一歩を踏み出したことだ。

 

|

« 日本初の公式サイト インターネットの歴史 | トップページ | ファンが踏み出した一歩 佐野元春公式ウェブサイト »