« 東名と中央の選択 | トップページ | 2サイクルのバイクでツーリングして何が悪い »

2009年1月 2日 (金)

ラーメンの替え玉とユースの連泊

 今日は諏訪湖で泊まっていけというおいちゃん。
 おい、宿を聞いてやれよという指示を受けて、スタンドの兄ちゃんが諏訪湖のユースホステルに連絡をとる。
 もう19時を回っていたが、空きがあった。
 今すぐくれば夕飯も残しておくから。
 そう聞くと急に腹が減った。

 

 RZ350でユースに泊まるのはこれが三度め。
 初回は九州一周ツーリングの高千穂。
 延岡から電話して、夕飯に滑り込んだ。
 ライダーの到着を先客が全員縁側に出て、出迎えてくれた。
 オーナーらしき人が声をかけてきた。
 「うなぎ、食べれますか?」
 その質問の意図がわからず、とまどった。
 てっきり貧乏学生だから、うなぎの料金が払えるか?と尋ねているのだと思った。
 「いくらですか?」
 と聞きたかったが、大勢が見ている前で恥ずかしくて言えなかった。
 ずいぶん後にユースホステルガイドを見てわかったのだが、うなぎは高千穂YHの名物だったのだ。

 うなぎが苦手で食べられない人がいることには、考えが及ばなかった。
 「うなぎはヘビみたいでダメ~」
 という人が世の中にいることを、この時はまだ知らなかった。

 

 2回めのユース泊はその翌日、別府。
 やまなみハイウェイで出会った2人連れのライダーと意気投合して、同宿を取ることにした。
 あいにくの雨に濡れる草千里。
 少し早めに走りをきりあげ、16時にはユース入り。
 一番乗りした三人のライダーを待っていたのは、風呂掃除だった。
 皿洗いや風呂掃除、できることを手分けしてする。
 そうして低料金が保たれている。
 だからあてのない旅先で、その日の宿に困った時、懐を痛めずに食事と寝床を確保できる。
 このような仕組みは経験してみなければわからない。
 「可愛い子には旅をさせよ」
 という言葉の意味がわかった気がした。

 

 特権の一番風呂をいただき、夕飯になる頃には、満床になるほどの大勢の客がやってきた。
 神戸から来たバイク屋に勤めるライダー。
 サラリーマン。
 グループで旅をする女子学生。

 

 夕飯後の皿洗いが終わると、ミーティングはお遊戯。
 なんでこんなことをせにゃならんのか?
 と一人の時には思うのだが、人はその環境に身を置くと「いい人モード」にチェンジできる。
 20代の15人ほどの男女が、旅の恥はかきすてとばかりにお遊戯に興じる。
 恥ずかしさを共有した男女は、見る見るうちに意気投合していった。
 部屋に戻ってからも、ライダー同士で遅くまでバイクの話が続く。
 ただ、僕には専門的な技術用語はなにもわからなかった。
 **のチャンバーは音がどうだとか、キャブのオーバーフローがどうしたという話になると、一人取り残された気がした。

 

 朝起きると、しとしと降った前夜の雨が嘘のように、別府の空は快晴。
 やまなみから同行してきたライダーやバイク屋の兄ちゃん、女子学生らは昨晩のうちに連泊を決めていた。
 マイクロバスを借りて、一日別府巡りをするという。

 

 「連泊」という言葉を知らなかった。
 それは言わば、初めて入った博多ラーメン屋で「替え玉」を知らないようなものだ。
 替え玉ならば、たかが知れている。
 100円程度の予算。ラーメン玉1個の分量。
 替え玉の存在を知った直後でも 「じゃ僕もそれ」と順応することができる。

 

 だが、連泊はそうはいかない。
 1日という時間、これは学生だからなんとでもなる。
 つづいて予算。1泊費用+1日の行動費。そこが厳しい。
 九州一周をぎりぎりの予算でやってきた最終日だっただけに、おいそれと「じゃ僕もそれ」とは言えなかった。

 RZ350で宿を発とうとする僕を真ん中に据えて、皆が記念写真を撮ってくれた。
 今その写真を見ると、当時流行っていた聖子ちゃんカットの女の子が目立つ。そのまっただ中で、ただ一人垢抜けない自分がおかしい。

|

« 東名と中央の選択 | トップページ | 2サイクルのバイクでツーリングして何が悪い »

自動車/交通」カテゴリの記事