« 人生最良の日 | トップページ | お上下々 官尊民卑 はどーもならん »

2009年8月 5日 (水)

焼そば弁当4

 2008年12月に 「カップやきそば界に異変が起きている」と告発した。

焼そば弁当3

 だが、時代は再び、カップやきそばに舵をきった。

 要は、カップやきそばの新製品は、初夏にたくさん出て、それ以外の季節には、ほとんど出ないということがわかっただけだが、それがわかっただけでも、大きな進歩だ。

 この一歩は、ボクにとって小さな一歩かも知れないが、人類にとっては・・ いや、全国のカップやきそばファンには、大きな一歩だ。

0906_yakisoba




 さぁ、さっそく新製品の評価 いってみよ!

■エースコック 島焼そば 9点

 素朴な味の塩焼きそば。2009年発売の新カップ焼きそばでは 最も「焼きそば弁当」に適している。
 胡椒スパイスは、途中からかけるとよい。スパイスをかけた途端に、口いっぱいに昔懐かしい味が広がる。
 スパイスに含まれるほのかな甘さは、シナモンの香りのよう。
 麺どうしがくっつかなくて、切れがよい。まさにやきそば弁当にぴったり。
 2009年5月に登場。7月末現在もローソンの定番に残っている。
 カップ麺の店頭寿命は短く、いつ果てるともわからない。今のうちに買いだめしておきたい銘柄である。

■マルちゃん<東洋水産> 復刻版 焼そばバゴォーン 9点

 焼そばバゴォーン発売から30年経過を記念した復刻版。
 甘くてあっさりしたソースで、後味がよい。
 恐らく30年前にも食べていたのだろうが、昔懐かしい味という印象はない。
2009年5月 

■エースコック ドライカレー大盛り焼そば 8点

 ドライカレーのざらざらした食感が、よく表現されている。
 麺が130gというのも、食べ応えがあってよい。
 スパイスはお昼に食べる直前にふりかける。
 ファミマ限定商品。
2009年7月 

■マルちゃん 黒い豚カレーやきそば 8点

 カレーがつぶつぶで舌触りが良く、味にきれがある。
 麺はわずか 90g。もう少し麺が多いと、なおよい。
2009年6月

■明星 一平ちゃん夜店のやきそば大盛130g 8点

 あとのせかやくに青海苔が入っていなくて良い。あとのせかやくの揚げ玉が芳ばしい。
 以前は、コーンが入っていたが、なくなった。
 辛いマヨネーズも朝混ぜておくと、お昼頃には隠し味程度に収まって、具合がいい。
2009年5月 

■エースコック ツナマヨネーズ 7点

 ツナが本当にしっかり入っている。ツナに目がないという人にはよいかも知れない。
 一緒にご飯をたべたくなった。ソース、マヨネーズ共に並の味。マヨネーズは、お昼に食べる直前に入れる。
2009年6月

■エースコック 大盛博多風とんこつ焼きそば 5点

 博多屋台の焼きラーメンを研究してつくった焼きそば。
 作ってすぐ食べると味の印象が曖昧だが、お昼には味が落ち着いてとんこつの風味が漂う。
 かなり薄味の塩焼きそばと言える。麺の量が多い。
2009年7月

■マルちゃん<東洋水産> 俺の塩たらこ味 4点
 たらこをまぶして食べる「スパ王」と同じ趣向。
 「俺の塩」だからもう一ひねりあるかと期待したのが悪かったか、味が平凡に感じられて、物足りない。
 麺の量も極端に少ない。
2009年5月

■サッポロ一番 スパイシー特製オタフクソース仕上げソース焼そば大盛 4点
 「極太麺」という特徴は特長になっていない。
 そもそも甘さゆえに美味しいオタフクソースを、スパイシーにするという企画に誤りがある。
 早晩、市場から消えるだろう。
2009年6月

|

« 人生最良の日 | トップページ | お上下々 官尊民卑 はどーもならん »