« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の28件の記事

2010年2月28日 (日)

今日は第4回東京マラソン

今大会開催までの流れ。

2008年
12月15日
東京マラソン2010の日程を、2010年2月28日<日>に内定。
3月開催は2009年の第三回大会だけ。2010年は再び2月開催に戻った。

2009年
6月22日、主催者が概要を発表。2010年版ウェブページ開設。

8月1日、エントリー受付開始
8月31日、エントリー締切

10月5日、ボランティア募集開始 ~先着順 5日で定員に達した~
今回は、第1回~第3回大会を支えてきた笹川財団のサポートを受けず、事務局が独自に募集した。
スポーツボランティアリーダーは過去に東京マラソンでリーダー経験がある者に限られる。

10月中旬、抽選実施、当選者一次発表

2010年
2月25日-27日、事前受付 EXPO(お台場 東京ビッグサイト)
2月28日(日)9:10 スタート

■コースは前回までと同じ。
■制限時間:7時間
■参加費:10,000円(+手数料500円)

■募集定員:32,000人 対前年+2,000人
■申込者数:272,134人 (2009は226,378人)
 2009年大会エントリーの際、過去の当落を抽選に勘案したほうがよいか?というアンケートがあった。
 2010年の抽選方法に、それが採用されたのかはわからない。

■テレビ中継:日テレが生中継
  9:00-11:50
 12:00-16:30
 東京マラソンは、フジテレビと日テレが第一回以降交互に中継している。
 前回日テレが担当した第二回。
 局アナを大量に走らせて、その走りに密着。まるで「日テレ陸上部中継」だった。
 日テレアナウンサーのご家族は喜んだかも知れないが、一般参加者のご家族は誰も喜ばなかっただろう。
 今回はどのような趣向で中継するのかが、見所である。

沿道で応援する場合、声をかけるだけではなく、プラカードを出すとよい。
走っていて、プラカードは必ず読むし、笑える内容だと気分が変わり、疲れが和らぐもの。
わざわざ、プラカードの準備なんてできないよと言う方は、ランナーとハイタッチを。
疲れて走っていると、早く終わりたくて、走ることなんてどうでもいいと思える時間帯がある。
そういう時、沿道の方が手を上げて待っていてくれると「マラソンを楽しむ」という気持ちを呼び起こしてくれる。

ただし、応援者はハイタッチの手に力を入れてはいけない。
中には、勇気を与えようと思っているのか、ランナーの手を押し返してくる人がいるが、あれは怖い。
前に向かって走っている時、思い切り前から押されるのだから、肩を傷めそうな気がするし、リズムが狂うのである。

今年も「東京が一つに」なりますように。



ど素人!マラソン講座 「マラソン講座」で検索!

|

2010年2月27日 (土)

マラソンの前日にすること ペース・カリキュレーター

いよいよ、マラソン前日。
午前中の早い時間に受付会場へ足を運びます。
午後からは受付が混雑します。
遠方から来て前泊するランナーは、午後に集中するからです。

混んでくると、クルマで行く場合、駐車場がいっぱいになることがあります。
去年の東京マラソンの場合、11時過ぎに行くと 会場のすぐ裏の駐車場がまだ空いていました。

受付を済ませた後、順路に沿って進むと、運動メーカーのお店がいくつか出ています。
レースでいつも使っている「ペース・カリキュレーター」は、ここでもらいました。
これは、ど素人には必須の品。

カリキュレーターといっても、電子的な計算機ではありません。
レース本番で腕に巻く、スプリットタイムの目安を書いた紙を収める腕輪。
走行中は思考力が低下するので、前もって目標ラップタイムを書いた紙をつくり、ブレスレット状にして腕に巻いて走るわけです。
マジックテープでとめる腕輪をナイキが製作して、ランニング・イベントで配布しています。

2006年、初めてもらった時は「スプリット・ブレスレット」
2008、2009の東京マラソンEXPO会場では「ペース・カリキュレーター」という名前で配布していました。
タイムを申告すると、その場でペース表を作ってくれます。
ブレスレットは他のレースにも使い回しが効くので、一生ものです。

受付からの帰りは、レース当日の朝ご飯などを買い出しにまわります。
ある程度歩き回り、ほどよく疲れることで、寝付きがよくなります。

帰宅してからは、自分のペース表をつくります。
使うソフトはエクセル。

【 例 】
入りのペース遵守のため、 5kmまでは1km刻み
そこからは5km刻み という場合

1km  :  :
2km  :  :
3km  :  :
4km  :  :
5km  :  :
10km  :  :
15km  :  :
20km  :  :
25km  :  :
30km  :  :
35km  :  :
40km  :  :

関門の制限時間一覧
ゴールまで 1km何分何秒ペースで走ったら(歩いたら) 制限時間に間に合うかを、35km から1km刻みで書き出す
・・・といったことも有効です。

印刷したペース表は、ハサミで切ってブレスレットに ぎりぎりで入る大きさに調節。
タテヨコの幅が決まったら、メンディングテープを上から貼り、雨で字がにじむことがないよう加工します。
そして、ブレスレットに入れたら、雨が滲入しないよう、入り口をメンディングテープでふさいで完成。

さらに、同じペース表をもう一つ作っておき、ウェストポーチにも1枚入れます。
なぜかというと、レース当日は舞い上がっているので、このブレスレットを付け忘れることがあるからです。
転ばぬ先の杖。
ポーチにも入れておけば安心です。

当日の往路交通機関は、乗換案内サイトで時間を調べ、クレジットカード程度の大きさの紙に書き出しておきましょう。
ダイヤは最も早いパターンから、次発、次々発まで、3パターンを書き出しておく。
レース当日朝は、この紙を上着ポケットに入れて、すぐ取りだせるようにします。

靴は一度インソールを出して、ガムテープで靴の中の砂を丹念に取り除きます。つま先は割り箸の先にセロテープをつけてとるとよいです。
レース中は微細な砂でさえ、大きな石のように感じることがあります。
レース中に靴を脱いでいたら、時間のロスもさることながら、気が動転して、スタミナを失います。

キネシオテープのテーピングについては、血行を流れを損ねない場所だけ、就寝前にテーピングを済ませておいても構いません。
テーピングテープ、テーピングテープ(伸縮)を貼るのは当日朝です。
レースではいつも「手で切れるテーピングテープ」をウェストポーチに入れています。
いざという時のための備え。お守りです。
1巻きまるごとだと かさが張るので、ある程度使い減りして、巻きが小さくなったものをレース用にとってあります。

そして就寝。
レース号砲 3時間前に食事を終えておくために およそ 4時間前に目覚ましをセット。
東京マラソンならば 5:00
それから逆算して、就寝時間を決めます。
寝過ぎて調子が出ないと言うことはないので、長く寝るに越したことはない。
レム睡眠、ノンレム睡眠の周期に照らすと、1時間半の倍数で寝ると目覚めがよいので、7時間半または 9時間睡眠。
21:30 または 20:00 に寝るとよいでしょう。

ど素人!マラソン講座 「マラソン講座」で検索!

|

2010年2月26日 (金)

マラソン 読むだけで10分速くなる方法 2

読むだけで10分速くなる方法 その2は
「逆キャイーン」

漫才コンビ、キャイーンの決めポーズは腰の前で腕を突っ張りますが、あれを腰の後ろでやるから逆キャイーン。

手を腰の後ろで組み、伸びをする。
肩胛骨が開くと呼吸が楽になり、気分が変わる。
また、このポーズをとると、肩胛骨が前傾し、お尻が突き出る。
これが、ヌデレバモード。

ケニアのマラソン選手キャサリン・ヌデレバのランニング・フォームをヨコから見ると、骨盤が前傾している。
まるで、足が体の軸より1人分後ろから生えているように見えます。

ケニアの選手が、マラソンを速く走れる理由は、体の特徴にあります。
 ■ひざ下が長い。
 ■赤血球の数が多い。
 ■ヘモグロビン数値が高い。

「ケニア人は元々、骨盤が前傾しており、マラソン向き」
という説は、後に日本人のそれと大差がないことがわかっています。
つまり、骨盤を前傾させるのは日本人にも、容易にできるわけです。

30kmを過ぎ、ペースが落ちて来たなと思ったら、腰が落ちているのです。
そこで「ぬでればっ」と叫んで、骨盤を前傾させるフォームに戻す。
もちろん、レース中は周囲の人が気味悪く思うので、心の中で叫んだほうがよいでしょう。

Pyonkichi ヌデレバではイメージが沸かないという方にお勧めなのが「ぴょん吉モード」
ど根性ガエルの「ぴょん吉」です。

疲れてくると、骨盤の前傾を忘れ、猫背になり腰が落ちます。
そこで、シャツの鳩尾あたりにいる「ぴょん吉」に、ぐいぐい引っ張ってもらうイメージを持つのです。

そこに、ぴょん吉がいると思えば、あら不思議
もう一度、腹筋に力が宿ります。

マラソンを走ったことがない方は、ギャグだと思うかも知れませんが、W振り、ヌデレバモード、ぴょん吉モード、いずれも実際に走ってみて、効果があったもの。
東京マラソンを走る皆さん、ぜひお試しください。

ど素人!マラソン講座 「マラソン講座」で検索!

|

2010年2月25日 (木)

マラソン 読むだけで10分速くなる方法

東京マラソンまで、あと3日。

出場される皆さんの中には、7時間ぎりぎりで なんとか完走しようという方もいるでしょう。
今日のお話は、読むだけで10分速くなる方法。
これを読めば、7時間 9分かかるはずのところが、6時間 59分となり、制限時間内にゴールへ滑り込めます。

またマラソン経験者で、以前のレースでは、30km過ぎにへこたれてしまったという方もいるでしょう。
今日のお話は、読むだけで10分速くなる方法と銘打っていますが、実のところは、苦しい時のギアチェンジ方法。
これを読めば、少しは立ち直れるでしょう。

結論「腕はWに振る」

自分がどのように腕を振っているか知っていますか?
今、鏡に正対して立ち、歩く時の腕振りをやってみてください。
それから続いて、走る時の腕振りをやってみてください。
腕振りは同じですか?

マラソンが終わると、スポーツ写真業者がレース中に撮影した写真が公開されます。
このサイトはゼッケン番号で検索する仕組みになっているのですが 「ゼッケン不明」というグループに分類された写真がとても多い。
なぜでしょうか?

それは、振った腕がカラダの前に回り、ゼッケンを隠しているからです。

そこで、ご提案したいのが「W振り」
振った腕は 前を広く、後ろに引いた肘は狭く
真上から見た時、腕振りが「W」字を描くように振る。
「V」字でもいいのですが、カラダが真ん中に入っているので、イメージとしては「W」が描きやすい。

ポイントはカラダの後ろ。
カラダより後ろの振りを狭くすることで、肩胛骨が後ろに大きく引かれます。
すると 胸が開き、呼吸が楽になります。
それと同時に、肩が前後に回転運動します。

肩が回転する動きをすると、その捻りを戻すために、骨盤が回転します。
そうすれば、ストライドが伸びる。
同じピッチで、遠くへ移動できるわけですから、速くなります。
これが、マラソン雑誌や専門書に書いてある「体幹を使った走り」です。

2ヶ月間、体幹を使った走りとは何か?
本で研究しては走り、また研究して、たどり着いたのが「W振り」
それまでは、腕が前に回り込み、後ろが大きい 「逆W振り」でした。
マラソン関連書籍はすべてと言っていいほど読みましたが、このことはどの本にも書いてありません。

ほとんどのど素人ランナーは、歩いている時は腕をまっすぐ振っているのに、走っている時は腕を前に巻き込んでいます。
また、腕を振っていても、肩が動いていません。
その腕振りでは、走る推進力にはなっていないのです。

鏡と直角に立ち「W振り」と「逆W振り」をやってみるとよいです。
W振りでは大きく肩胛骨が引かれる一方、逆W振りは腕を振っているだけで肩が全然回っていないことが一目瞭然です。

この時、力を抜いて肩を落として振ってみてください。
続いては、肘の角度を90度にして振ってみてください。
どの振り方が最も、肩胛骨を引けるかがわかるはずです。

つづく

ど素人!マラソン講座 「マラソン講座」で検索!

|

2010年2月24日 (水)

東京マラソンの誇り、苦い思い出

35km
築地を左折したところで、近所の飲食店が暖かい飲み物を配っていました。
翌日のバラエティ番組で 「おにぎり 1500個と、みそ汁を振る舞った」ことが 取り上げられていました。
個人のお店で 1500個のおにぎりは大変な量。敬服します。
さすがに、遅いランナーにおにぎりは残っていませんでしたが、みそ汁には多くのランナーが立ち止まっていました。

ここからはお台場エリアに向けて いくつかの橋を渡るために、アップダウンが続きます。

去年は 入り船橋の手前で、沿道からロッキーのテーマが聞こえてきました。
ランナーは 音楽を聴かずに走っている人が大半。
そういう人にとって、沿道で音楽をかけてくれる応援はありがたい。
ランナーの多くは歩いていて、勇ましいロッキーのテーマにそぐわぬ体たらくに、皆 苦笑いでした。

毎回、マラソンレースは音楽を聴きながら走っています。
音楽とテーピングは、ど素人マラソンには欠かせません。

→ど素人!マラソン講座

入船橋の信号を右折すると、道路は上り坂。
最大の難関とされている佃大橋。
確かにここの上りが最もきついです。
99%の人が歩いていました。
統計を取ったわけではないですが、自分以外に走っている人がいなかった・・・。
上り坂の橋がウォーキングの人で埋まっているのは異様な光景でした。

ここは、歩かずに走り通すための最大の関門と言えるでしょう。
ただし、この橋に備えて、日頃坂道を上る練習をしていた人にとっては楽勝です。

橋をいくつか渡り、豊洲二丁目の信号を過ぎても、応援が途切れることはありません。
新宿、銀座や浅草で応援してくれた方は、おでかけの "ついで" が多いですが、ここ臨海地域で応援している皆さんは、わざわざ応援のために来た方が多い。
かける言葉が具体的で、思わずにっこりします。

40km
あと 2km より、あと*km表示が始まります。

首都高速湾岸線を立体交差するため、りんかい線「国際展示場」駅のところに登り坂。
これで坂は終わり。あとはゴールまでフラットな道。
道路を左折、右折する度、歩道から大歓声が飛ぶ。

最後になって、縁起でもないですが、マラソンではゴール間際がもっとも突然死の多いところ。
無理なラストスパートが原因です。
最後だけでも全力疾走しようという気持ちはわかりますが、ほどほどにしましょう。

去年はメダル、タオル、バナナ・・を受け取った先に、久光製薬の皆さんが待っていて、エアサロンパスを1缶くれました。
これを、その場で1本使い切りましょう。
おかげで翌日、筋肉痛ゼロでした。

それだけ追い込むこともできずに、レースが終わった・・ということでもありますが。

ゴールには4万個のおにぎりが用意される
と報道されていましたが、探しても どこにも見あたりませんでした。
ランナーは3万人なのに、いったいどこへ消えたのでしょう。
無性におにぎりが食べたくて、ビッグサイト内のコンビニに寄りましたが、今日で閉店かと思うくらい、棚は空っぽでした。

30kmを過ぎてからの終盤、顔をしかめ、歩きたいという欲求に打ち勝ったレースは、長く誇りの気持ちが続きます。
「自分はこんなものだ」と歩いてしまったレースは、長く苦い思い出として残ります。

東京マラソンに出場する皆さんのご健闘と、当日の好天を祈ります。

明日は 「読むだけで10分速くなる方法」

|

2010年2月23日 (火)

東京マラソンという特別待遇

雷門がある浅草寺は観光地です。
沿道の応援がひときわ多い。
ど素人ランナーは そこまでにぐったりしていると思いますが、気分が晴れてきます。
雷門を過ぎれば、ゴールまでは熱い応援の道ばかり。
レースを楽しむことができるでしょう。

雷門から銀座へ戻る道。
このあたりから一気に「私設エイド」が増えるのです。
主催者が設置する給食所が公式エイド。
私設エイドとは、沿道の応援者が私費で飲食物を配ることです。

雷門から銀座に戻る道すがらには目立った観光地はありません。
それなのに、チョコや飴を配っている人が多い。
ということは、その皆さんは私設エイドをするために、ここにやってきているのです。
なんとありがたいことでしょう。

チョコや飴の袋は、投げ捨てずウェストポーチに仕舞いましょう。
去年はボランティアの方があちこちでゴミを回収してくださるので、とても助かりました。

給水所のなかには、ランナーが捨てていった紙コップを箒でかき集めている所があります。
これはかなり邪魔だし危険です。
ボランティアの方にしてみれば、まだまだランナーが来るのでキレイな道を作ってあげようということなのかも知れません。
しかし、走路上に停止した人がいて、箒を振り回しているのですから、ランナーはそれをよけなければなりません。
給水所では何が起こるかわかりません。
慎重に進みましょう。
「一度も歩かず、走り通す」と決めていても、給水所の区間を歩いたからと言って歩いたことにはなりません。
それは徐行ですから。

東京マラソンもご多分に漏れず、業者のカメラマンが至るところでカメラを構えています。
マラソンの記念に、1枚は買うとよいでしょう。
そのためには「ピン」で映る必要があります。
その他大勢を従えて中心にいるという絵では、まだまだ甘い。
自分だけがフレームに収まっていて、他は誰も映っていないくらいの絵を狙わなければなりません。
そのためには、撮影ポイントの予告があったら、

・周囲にランナーがいない。
・カメラマンがいる側の道路端
 この2つを押さえたコース取りをします。
 目線は遙か前方を毅然とにらみつける。
 間違ってもVサインなど、してはいけません。

銀座にさしかかる頃、6時間台の人たちはほとんどが歩いています。
その中を走り続けるのは容易ではない。
東京マラソンは5時間半以上かけて走るランナーには、日本一走りづらいマラソンです。
歩いてしまう人には、その辛さはわかりません。
走り続けているランナーだけが、それを実感します。
顔を上げて、コース取りをしっかりしないと、歩いている人を抜くために自分が疲労してしまいます。

銀座のあたりからは、俄然プラカードが増えます。
応援の方のメッセージに具体性が増すのです。
恐らく、東京マラソンを走りたくて応募したけれど外れた。
ならば、自分の姿をそこに映して、応援しよう。
そんな気持ちを感じます。
プラカードを1枚1枚読んで、ツッコミながら走るとよいでしょう。

銀座から築地まではとにかく人が多い。
去年走っていて可笑しかったのはココ。

ハイタッチをしようと思って左側歩道に夜と
ハイタッチ待ちで並んでいる手の中に、チョコレートや飴が握られている。
素手 素手 チョコ 素手 飴 素手・・
チョコを受け取ると、ハイタッチができないし。
もらわないと、なんだか悪いし。
そんなことも、沿道の方とコミュニケーションを取ろうとしなければわかりません。
タイムは二の次。
この区間だけでも、左端を走りましょう。

ランナーのために敷かれた交通規制。
信号はすべて青。
2.5km毎に水を配ってくれる人がいる。
沿道で、声援を送ってくれる見知らぬ 100万人を超える人々。
恐らく、一生のなかでもこれだけの特別待遇を受ける日はそう訪れない。
銀座から築地を目指していて、去年はそう思いました。

つづく



ど素人!マラソン講座 「マラソン講座」で検索!

|

2010年2月22日 (月)

東京マラソン 銀座→雷門のコースをよく頭に入れておく

22.3km給水所(エイド)
2009年大会でのこと。
ここが初めての給食エイド。
さぁなにか腹にたまるもの食べるぞ~
と思ってすりすりと駆け寄る。

ボランティアが銀色のバットを手にしている。
お、バナナか
と思ってのぞき込んでびっくり。
バナナは1本ではなく、5cm ・・・

東京マラソン前には、いつもバナナ報道がある。
大会前の報道によれば、ドールがラカタンバナナを6万本提供するとあった。
そのうちの3万本はゴールで1人1本配ったのだろう。これはもらえた。
確かにゴール直後の栄養摂取は必要なのだが、それ以上にレース途中の摂取が大切。

あとの3万本、どこでどうやって配ったのか。
とにかく6時間台で走るランナーには 5cm のバナナが一切れ。
結局ゴールまでエイドでもらえた食べ物はこれっきり。
4カ所と周知されていた給食エイドのうち、1カ所は何も置いていなかったし、あとの2カ所はどこにあるのかさえ、わからなかった。

2010年大会は改善されるかも知れないが、何が起こるかわからない。
主催者の目論み通りに、ことは運ばないのだ。
遅いランナーのバナナが 5cmだということは、速いランナーが 1人1本以上食べたという証左。自分がよければそれでいいと考えるランナーのことまで、主催者は読み切れない。

ど素人ランナーは栄養補給は自前で用意する必要がある。
目安としてはスポーツジェルを4つ、ないし5つ持参。
1つはスタート直後に摂り、あとは 5km 15km 23km 30km あたりで1つずつ。
摂取からエネルギーに変わるまで1時間はかかるので、早めにとる必要がある。
「パワーバーパワージェル」ならば1つが薄くて軽いので、ウェストポーチに入れてもさほどかさばらず、重くもない。

27km
「人形焼きが配られる」と報道されていますが、遅いランナーはもちろんもらえません。数量は1万個。
東京マラソンはその人気の上に、あぐらをかいています。

名所を周り、名物を給食に出す。
ランナーはそれを楽しみに参加する。
荒川マラソンでは、終盤のエイドでカップ入りのシャーベット(実際には溶けたアイスクリームのような食感)が全員に行き渡るよう用意されています。
どれだけ遅くても、そこに立ち寄れば、必ずもらえる。
荒川を走った記念がそこで1つできる。

東京マラソン関連書籍によると、製造を依頼しているメーカーの製造能力の限界があり、1万個がめいっぱいらしい。
それならば、複数のメーカーに依頼すればよいでしょう。
いつになったら、最後のランナーが人形焼きを手にできる大会になるのでしょうね。

遅いランナーの心構え その3
「人形焼きはあきらめる」

日本橋から雷門までのコースは右左折が多く、複雑です。
ここのコース図を頭に入れておきましょう。
別に道に迷うからではありません。
銀座までに失速した場合、雷門までがとてつもなく遠く感じるのです。

ここで歩きたくなります。
もちろん「這ってでも完走」が目標の方はそれでもよいでしょう。
しかし、マラソンは走りきってこそ「完走」
初マラソンでは、まずは自分がゴールまでたどり着けるのかが想像できない。
だから、走り通して完走という欲が沸かない。

でも、95%を超える完走率を見ればわかるでしょ。
完走は誰にだってできるのです。
それならば、走り通して完走を目指しましょう。
これは威張れます。
そして、褒められます。

走り通すという気持ちを切らさないためにも、銀座→雷門はコース図でよく確認しておいてください。
雷門から銀座への帰りは、来た道を戻るだけなので、頭に入れなくてもよいです。

つづく



ど素人!マラソン講座 「マラソン講座」で検索!

|

2010年2月21日 (日)

デコのいないユーロ予選

2月7日
ユーロ2012組み合わせ抽選会がおこなわれた。
9組に分かれて、2012年6月に開催されるユーロ2012の出場権を争う。
ポルトガルはH組の第1シード格。
同じ組にはW杯2010の欧州予選でも同組となったデンマークがはいった。
ホームでのデンマークとの初戦で逆転負けしたことが、薄氷を踏む思いの予選展開となり、危うくW杯出場を逃すところだった。

だが、その予選を戦うチームにもうデコはいない。
ポルトガル国民とファンには申し訳ないが、デコのいないチームを応援する気にはなれない。

【 グループA 】
ドイツ
トルコ
オーストリア
ベルギー
カザフスタン
アゼルバイジャン

【 グループB 】
ロシア
スロバキア
アイルランド
マケドニア
アルメニア
アンドラ

【 グループC 】
イタリア
セルビア
北アイルランド
スロベニア
エストニア
フェロー諸島

【 グループD 】
フランス
ルーマニア
ボスニア・ヘルツェゴビナ
ベラルーシ
アルバニア
ルクセンブルク

【 グループE 】
オランダ
スウェーデン
フィンランド
ハンガリー
モルドバ
サンマリノ

【 グループF 】
クロアチア
ギリシャ
イスラエル
ラトビア
グルジア
マルタ

【 グループG 】
イングランド
スイス
ブルガリア
ウェールズ
モンテネグロ

【 グループH 】
ポルトガル
デンマーク
ノルウェー
キプロス
アイスランド

【 グループI 】
スペイン
チェコ
スコットランド
リトアニア
リヒテンシュタイン

2月7日
プレミアリーグ26節 home アーセナル ○2-0
デコはベンチ入りしていたが、そのままベンチで試合を終えた。

2月10日
プレミアリーグ27節 away エバートン ●2-1
デコはベンチにも入らなかった。
公式サイトでは「デコが招集されなかった」ことだけが書かれていて、理由には触れていない。

*次回デコブログは3月7日です。

デコファンサイト

|

2010年2月20日 (土)

500系ラストランと東京マラソン

品川から日比谷公園へと戻る道、ど素人ランナーの皆さんが、対向車線を見やるとそこには「収容」という幕をつけた「はとバス」が走っています。
この日、都心は大規模な交通規制が行われるため、はとバスは商売あがったり。
そこで、空車になったはとバスを「収容」バスとして、チャーターしているわけです。

制限時間を超え関門でせき止められたランナーは、このバスに乗らなければなりません。
一度、乗ったことがありますが、なんとも言えない気分です。
ゴールまで走るために参加費を払っているのに、ルールとはいえ、もうそこからはバスでゴールに走らなければならない。
むごいです。
あまりにむごいので、こういう経験は滅多にできるもんじゃないなと、開き直ることもできます。
一生に一度くらい乗ってみるのも、いい経験です。
「東京マラソンで、はとバスに乗った」
と言えば、呑み会で 5人くらい笑ってくれるでしょう。
ただし、滅多に当たらない東京マラソンで、その経験をするのはちょっともったいないですね。

この収容バスとの追っかけっこは、ど素人ランナーしか味わうことができません。
サブ4、サブ3といった玄人の皆さんは、バスの存在すら忘れて走っているでしょう。
バスとの戦いは、すなわち制限時間との戦い。
完走という勲章との戦い。
これを楽しむくらい、脳が冷静でなければ、この先は乗り越えられませんよ。

2009年大会、このあたりの給水所では既に、アミノバリューが売り切れていました。
アミノバリュー担当のボランティアはもうやることがありません。
そこで、急遽 「ハイタッチ隊」に早変わり。
同じユニフォームで決めた人たちが、手を挙げてハイタッチで迎えてくれる。

プロ野球選手のホームランバッターがベンチ前で迎えられる時は、こんな気分なのでしょう。
「ランナーちゃん ぺっ」
とか言って、パフォーマンスをしたいくらいです。

給水所では、紙コップが散乱しています。
それを、後続のランナーがふんづけていく。
そして、最後にボランティアの方が片付ける。

ゴミ箱は数カ所に置いてあるのです。
それでも、ランナーは足下に投げ捨てる。
「テレビの見過ぎ」です。
テレビのマラソン中継で、ランナーたちが飲み終えたボトルやコップを勢いよく投げていく。
あれを見て "紙コップを投げるのは ランナーの権利" だと思っているのでしょう。
どえらい、勘違いです。

沿道の方からは、チョコや飴をもらうのに、自分が投げるのは 飲み干した紙コップです。
そういうのを、日本では「厚顔無恥」というのです。
ど素人ランナーの皆さんは、タイムは悪くても、マナーだけは良くしたい。

「私は、マラソンでゴミを捨てたことは一度もない」
そう言えるようになるには、初マラソンが肝心です。

21km
日比谷公園を右折すると、いよいよ繁華街 銀座。
ペニンシュラホテルを左にみて、正面に新幹線のガードが見えます。

2010年2月28日、つまり東京マラソン開催日は、新幹線 500系車両の東海道ラストランの日です。

上り のぞみ6号は、12:13東京着
下り のぞみ29号は、12:30東京発

12:10頃、つまりスタートして3時間でここにさしかかると、上り500系がのろのろと右手から現れるでしょう。
応援の皆さんは、ぜひ、ラストランの500系とランナーを1枚の写真に収めてもらいたいものです。

銀座インズの上に作られた無料の高速道路「東京高速道路」をくぐると、そこから一気に人が増え、いよいよ銀座。
和光、三越がある銀座四丁目の交差点を左折。
そこからは、1kmの直線。

最も晴れがましく、楽しみにしていた「銀座」
しかし、去年はここをうつろな気持ちで走りました。
そう。給水所でなにも食べられなかったからです。

遅いランナーの心構え その2
「自分の食べ物は自分で持つ」

つづく



ど素人!マラソン講座

|

2010年2月19日 (金)

東京マラソンで、最も注意を要する区間

3kmすぎ
コース図の高低差をみると、2.5kmあたりから急激に下っているように見えますが、実際に下っていると感じるのは 3kmの距離表示を過ぎてから。
ただし、たいした下りではありません。
東京マラソンでは 「下り坂フォーム」は不要です。

5kmすぎ
第一給水所
オレンジ色のコップはアミノバリュー
白いコップは水
給水所も先に行くに従い、アミノバリューが売り切れて 白いコップ つまり水だけになります。
飲めるうちに、アミノバリューを飲んでおきましょう。
2009年大会の場合、水がなくなった給水所は、最後までありませんでした。

遅いランナーの心構え その1
「水が飲めれば文句は言わない」

7kmあたり
道路右手では、YMCAの応援。
大音量で西城秀樹の「YMCA」が流れています。
ただ、サビのところで、ちょうど通りかからないと 「わーいえむしえっ」 に参加できないのが、辛いところ。

10km
右前方から大量にランナーが流れてきて、一瞬びっくりします。
6時間台のランナーがそこへ来る頃、速い人たちは既に品川を折り返して来て、銀座へ向かうところなのです。
距離が離れているので
"対向車線のランナーから勇気をもらった"
などと、呑気な気分にはなりません。

ここで、10kmレースのランナーが右手のゴールゲートに吸い込まれていきます。
先頭集団ならば「10kmレースのランナーはペースが速くて、調子が狂った」とカッコつけられますが、遅い時間帯のランナーにはまったく影響ありません。

11.7km
御成門の交差点を通過すると、右手に東京タワーが見えてきます。
多くのランナーがカメラで撮影します。
しかし、一生に一度しか東京に来ない人を除いて、走りながら東京タワーを撮ることに、いったいどれだけの意義があるのでしょう。
さっぱり、わかりません。

ここから品川折り返しまでの3kmは全区間で最も応援が少ないエリアです。
35km過ぎの湾岸エリアは応援が少ないというのは、現場を見たことがない人が言っているデマです。
第1回大会が開催される前、こんなことをメディアが書いていました。
「記録を出すために、コースからレインボーブリッジを外した。その代わりに人があまり住んでいない湾岸エリアを通る。35km過ぎの最もきついところの応援が一番少ないのは、市民ランナーにとってつらいところだ」
恐らくそれを読んだ人が、鵜呑みにして今でもそう言っているのでしょう。

この区間を走る時は、楽しいことを考えるとか、極力給水所のボランティアに「ありがとう」と声をかけるなど、気持ちが暗くならないよう心がけてください。
実際に走ってみれば、ここで言っていることがわかるはずです。

15km
品川折り返し
ここから再び日比谷公園に戻るまでの区間は、飛ばしすぎ最大注意区間です。
日比谷公園→品川
品川→日比谷公園
と折り返すわけですから、当然、風が逆です。
さすがに風までは予言できませんが、ここが追い風になる可能性が高い。

子どもの頃からテレビや小学校でマラソンという長距離走に慣れ親しんできた日本人には、折り返し点は中間にあるもので、気分が高揚しやすいのです。
そこに追い風。
「なんだか、調子いいぞ」
と錯覚すると、地獄の銀座が待っているのです。

つづく

ど素人!マラソン講座 「マラソン講座」で検索!

|

2010年2月18日 (木)

東京マラソン 遠回りすると960m

マラソン大会の運営は、あまり几帳面なものではありません。
距離表示:1km毎
と謳っている大会でも、実際には距離表示の看板がない、場所が大きくずれている、風で倒れて見えない・・・
といったことが当たり前。
その中にあって、東京マラソンの運営はとても几帳面。

ところで、マラソンにはGPS機能付きの時計が必須です。
ラップを手押しする場合、レース途中に42回 看板を探し、ボタンを押さなければなりません。
意識が朦朧としてくると、看板を見落とすこともあり、1度見落とすと、その次の 1kmはとても長く感じます。

その点、GPS時計は距離看板を気にせず、手間いらず。
何よりいいのは、リアルタイムで 自分のペースがわかること。
ちょっと、ペースが落ちているなぁと感じた時、今どれくらいのペースで走っているかはとても気になるもの。
それでも、次の距離看板にたどり着くまでペースがわかりません。

「ペースがカラダに染みつくまで、走るんだ」
というのは玄人の皆さんのお話。
素人マラソンには、GPS時計が必要なのです。

マラソンの距離は 42.195kmです。
しかし、去年 GPS時計でとった記録では、走行距離 43.62km
Jブロック最後尾から スタートラインまでが 465m
それを差し引くと、スタートからゴールの間に 960m余分に走ったことになります。

この960mは何かというと「回り道」
もちろん、コースではない道を遠回りするのではありません。
一人でも多くの人とハイタッチをしようとして、常にアウトコースいっぱいを走ったために、こうなったわけです。

960mといえば、タイムにして7分。
「7時間ぎりぎりで完走」
「6時間を切りたい」
こうした時間との勝負があるランナーは、真似をしてはいけません。
右カーブでは右端、左カーブでは左端
最短コースを走りましょう。

新都心歩道橋下をなだらかに右に回り込み、アルタの一本裏、歌舞伎町を走る 1km付近。
9時過ぎというのに、かなりの人が出ています。
恐らく、デパートの10時開店に合わせて、ちょっと早く出てきたのでしょう。
応援の皆さんの顔には 「さぁ、これから楽しい日曜日が始まる」と書いてあって、予想していた以上の高揚感に包まれます。

どんなに冷静沈着な人でも、オーバーペースになりがち。
入りの3㎞は、手元の時計でペースを確認しながら、ジョギングに徹していなければなりません。

2km 付近
このあたりで "自主給水" をお勧めします。
ほとんどのマラソン大会は、最初の給水所が 5km 過ぎ。
そこからは、3km程度の間隔で 給水所が十分に配置されています。
速いランナーはそれでいいのですが、素人ランナーは違います。

整列で 20分、号砲が鳴ってから ロスタイムが 20分、5kmの第一給水所まで走って 35分とすると、およそ1時間 15分。
"水を飲めない時間帯" は、ここが一番長いのです。
そこで、小さいペットボトルに水を入れてウェストポーチに入れておきます。
ペットボトルは、薬局で出る飲み薬のボトルが最適。
それがない場合、コンビニで売っている 130円程度のヨーグルトのボトルが小さいです。
【例】 明治LG21
そのボトルは飲んだ後、手に持って走り、第一給水所のゴミ箱に捨てます。

つづく

ど素人!マラソン講座 「マラソン講座」で検索!

|

2010年2月17日 (水)

東京マラソン スタートラインまでのロスタイム

並び位置は決められていますが、後からきて、割り込んでくるランナーもいます。
去年は ボランティア側の手違いで、ブロックのスタート順が逆になるということもありました。
おこりんぼしていては、いいレースはできません。
笑って受け流しましょう。

7時間ぎりぎり、目標は這ってでも完走
そういう初マラソンの方にとって、スタートラインまでのロスタイムはとても気になります。

関門通過が制限時間ぎりぎりになる遅いランナーの方が、最後尾からのスタートになるところがマラソンの悩ましいところ。
遅いランナーこそ、前に並ばせて欲しいですが、遅いランナーが前をふさぐことで、追突・転倒の危険性があるというのが、主催者側の言い分。

東京マラソンの場合、Jブロックで 20分、最後尾スタートで 最大25分をみておけばよいでしょう。
ここで、少しでも前に並ぼうとしてズルするのはまずいです。
どんな時も 潔く、正々堂々としたマラソンランナーでいなければ、なりません。

カメラを持参して走る方は、スタート前にボランティアの方にシャッターを頼むとよいです。
気軽に応じてくれました。
ただし、初マラソンで 7時間ぎりぎりという方には、カメラ持参はお勧めしません。
過去4度のマラソンのうち、東京マラソンだけカメラを持参したのですが、撮影の度にほぼ立ち止まるため、ペースが狂いました。
途中で歩くことを予定しているならば、カメラ持参もよいでしょう。

6時間かけて走るランナーは、ウェストポーチをつけて、そこにはスポーツジェルなどの食料を入れていなければなりません。
ウェストポーチは前に着けます。
でも、実際にレースでは後ろにつけている人が圧倒的に多い。
これは一度、前・後 それぞれに着けて走ってみればわかります。
マラソンはふくらはぎで走るのではなく、お尻で走ります。
お尻の上に、ポーチを着けるのは、靴の中に重りを入れて走るようなもの。
皆さん、よほど苦行が好きなのでしょう。

途中の給水所(エイド)で食べ物がたくさんもらえるだろう。
沿道の人もチョコや飴をくれるだろう(私設エイド)

去年のレース前、こう考えていたのですが、こと東京マラソンに限って言えば、間違いでした。
いつものレースではスポーツバーを3~4個持って走るところを、ベスパを4個持ってしまったのです。
ベスパはグリコーゲンよりも脂肪を優先的に使うためのドリンクですが、新たな栄養を供給するものでありません。

東京マラソンが「失敗レース」になってしまった原因は、ここに尽きます。
食べ物は速いランナーしかもらえません。
すべて、速いランナーに渡してしまうからです。
速いランナーに罪はありません。
渡されれば受け取るのが、ランナーの性ですから。

さて、いよいよ走り始めです。
9時10分 号砲が鳴ります。
ところが、6時間台のブロックのランナーに その音は聞こえません。
これは、どのマラソン大会でも不満なのですが、主催者は後ろのほうのランナーには、あまり気配りしないのです。

湘南国際マラソンの時は、号砲が聞こえないため計時を始めるのが数分遅れ、頭のなかで足す作業が厄介でした。
手元の時計を「時刻モード」で見ておいて、9:10になったらストップウォッチを押す必要があります。

スタートラインでは、ラップボタンを押します。
そこから、ネットタイム計時の始まり。

 グロスタイム=競技規則による公式の時間 ロスタイムを含む
 ネットタイム=スタートラインからゴールラインまでに要した時間 ロスタイムを除く

スタートラインでは、石原都知事を撮影しようという人と、日本テレビに撮影されようという人で渋滞が起きます。
渋滞は左右の端に起きるので、すんなりと前に出たいならば、中央分離帯に沿って走るとよいでしょう。

つづく

東京マラソン講座

|

2010年2月16日 (火)

東京マラソンを走る方へ

第4回東京マラソンまであと12日。
去年の「第3回東京マラソン」を走った経験を元に、今年走る方へのメッセージを数回に分けて連載します。
前提となる対象は 「初マラソン」 「初東京マラソン」 「6時間台~ぎりぎり完走」 というランナーの皆さんです。

残り2週間で気をつけることなど、一般的なことについては「マラソン講座」をご覧ください。
YAHOO!、Googleで「マラソン講座」です。

まずは、東京マラソン EXPOから。
ここでは、記念グッズの買い物を楽しんでください。

記念に買ったウェアは、来シーズンの練習に役立ちます。
中でも asicsの大会ロゴ入り長袖Tシャツは大活躍。
それまで夏場は半袖と決めつけていましたが、長袖が1枚あるとこんなにいいとは思わなかった。
日焼けしないようジョグやドライブにも。
冷房が効いた部屋での普段着、旅先でのパジャマ代わりにと、重宝します。
そして、冬場はトレーニングウェアとして欠かせない。
寒い日も、この長袖シャツにウィンドブレーカーを着れば十分。
1枚だけでは足りないので、この春にもう一枚買い足しました。

「安全ピンが要らないゼッケンホルダー」
が売っているかも知れませんが、これは "安全ピンが要らない" と言うだけで、"ウェアの生地が傷まない" とは謳っていません。
大切なウェアなので、安全ピンの穴が開かないのはありがたい・・・
そう思って飛びついたのですが、悲惨な目に遭いました。

去年はナンバーカード引き替え所で、ボランティアの方に「おめでとうございます」と声をかけられ、思わずにっこり。
今年は、どんな言葉をかけられるか。
お楽しみに。

当日朝
東京メトロ「都庁前」のコンコースは、朝早くからランナーでいっぱい。
ところが、ランナーたちのマナーの悪さにはびっくり。
券売機に足をかけてストレッチをする女性(推定年齢25歳)
万歳三唱をするグループ
警備員が「構内では待ち合わせ、着替えはできません。ただちに移動してください」とメガホンで警告しても知らん顔。

世界はランナーのために回っているのか・・・
走り終えた後に「沿道の応援に力をもらった」という人が多いですが、自分はそれに見合うランナーであるかという想像力があるとよいと思います。

去年は3月中旬の開催だったがとても寒かった。
今回は再び2月開催。
いずれにせよ、スタート前はかなり寒いはず。
防寒対策として、100円ショップでポンチョを買うとよいです。
去年はこれで、ずいぶん寒さが和らぎました。

問題はどこで脱いで捨てるかだな・・・
と思っていたら、スタートラインに行くまでの間、数カ所にゴミ箱がありました。
第一給水所までは着ていこうと思っていたので、これは大助かりです。

ミールサービス会場では、アミノバリュー、スポーツバーを配っています。
「朝ご飯を食べてから、まだ 2時間も経っていないので、終わってから食べよう」
その考えが命取りです。
去年、これで失敗しました。
詳しくは、レース編のなかで述べますが、ここで受け取ったものは、必ず食べましょう。

スタート前のトイレ
去年は行列に30分かかってしまいました。
ところが、ガード下のトイレはがらがら。
スタートブロックへの順路にあるトイレは混みます。
周囲をよく見渡して、少々遠回りでも、列が短いトイレへ行くとよいです。
遠回り5分の時間を惜しんだために、10分余計に並ぶのでは、時間が惜しい。

仮設トイレにはトイレットペーパーがあります。
でも安心したい方はポケットティッシュを持参するとよいです。
スタートラインまでには、数カ所にゴミ箱がありますから、使わなかった場合そこで捨てればよいです。

つづく

ど素人!マラソン講座

|

2010年2月15日 (月)

HIS ハウステンボス支援

長崎オランダ村の駐車場候補地として、針生を視察に訪れた神近義邦は、この地に長年暖めていたプラン、ハウステンボスを作ることを思い立つ。

1992年3月、オープン

2001年3月24日、係留飛行気球ルフティがオープン。

2003年2月26日、会社更生法適用を申請。
営業は継続。創業者で社長の神近義邦が退任。

「ハウステンボスの挑戦」2007年11月の記事

2003年12月、野村プリンシパル・ファイナンスと支援契約。

2004年 ハウステンボス変身中!キャンペーン
4月、新ミュージカル「イースタン・オデッセイ」がスタート

2005年公開、上野樹里主演映画「笑う大天使」の全編ロケがハウステンボスで行われた。
2006年
愛・地球博「三菱未来館@もしも月がなかったら」のソフトを、ノアの劇場跡にIFXシアター「Kirara」としてオープン。

2007年
愛・地球博「三井東芝館グランオデッセイ」のソフトを天星館跡に「グランオデッセイ」としてオープン。

2008年
植物と共生するリゾート「ボタニカルリゾート」をキャッチフレーズに掲げた。

2009年
9月、マイケルジャクソン追悼イベントを開催。

2010年
2月、NHK大河ドラマ「竜馬伝」にちなむ「佐世保・ハウステンボス龍馬伝館」を期間限定公開。

2010年2月12日
旅行業大手 HISが、ハウステンボスの経営支援を発表した。
一度はHISが支援を断念すると報道されていたが、佐世保市が条件面で譲歩した。

HIS沢田会長談。
「早ければ2年後には黒字にしたい。勝算は99%だ」
「3年でうまくいかなければ、新しい会社を探してほしい」

勝算は99%なのに、3年で撤退?
一見すると、この二言の組み合わせは不思議である。

HISは事業検討の試算段階で、修繕費がかさむとして一度は支援断念に傾いた。
それを佐世保市がさらなる好条件を提示。提携にこぎつけた。
ただし、再建が軌道に乗らぬようならば撤退。
そういう意味での「3年でうまくいかなければ・・・」である。

沢田会長は「アジア最大級のアウトレットモールを誘致する」方針に言及。
現在、ハウステンボスの隣りにはJRAのWINSがあり、これにアウトレットモールが加われば、相乗効果が出る。国内外の短中距離客も呼べるだろう。
かつて、オランダ村がそうであったように。

佐世保市が新経営陣に約束した資金援助の原資は、佐世保市民から集めた税金。
一方、ハウステンボスがもたらす経済効果、雇用に関与するのも佐世保市民。
正念場のこの2年に、この近距離の人たちがどう考え、どう動くのかが大切だ。

Htb

ハウステンボスには毎年、夏に行く。
1993年以来、欠かすことのない年中行事。
Tシャツと短パンという出で立ち。ペットボトルを傍らにハンドタオルを握りしめた 九州の夏。
2010年夏も、またそこに立つことができる。

HISという新たな船長のもと、
千年の時を刻む挑戦はまだまだつづく。

|

2010年2月14日 (日)

デコ ポルトガル代表から引退

2月4日
チェルシーは 2009-10シーズンに入ってすぐ、FIFAから補強禁止の命令を受けていた。
かつて、ランスから獲得したMFガエル・カクタ入団に際して、違反があったとのことだ。

もしも、この裁定が有効ならば、2009-10シーズン終了後、チェルシーは既存選手の引き留めをしなければならない。
それは、少なからずデコの去就にも影響する。
ところが、この日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)が、チェルシーに非はなかったとして、処分取消の裁定を下した。
これで、このシーズンオフも通常通り。
チェルシーはチームの若返りを図るだろう。
W杯を終えた後、デコがどのような選択をするか、注目される。

そして2月4日、とうとうこの日が来てしまった。
欧州の一流サッカー選手に対して、この言い回しをする機会は2度ある。

一度めが、代表チームからの引退
二度めが、クラブチームからの引退、すなわち現役引退

「代表引退」には歳をとってきた選手が、後進に道を譲り、代表チームの新陳代謝を促すという献身的な意味合いがある。
自分はまだまだ主役を張っていられるのだが、それでは、代表チームのためにならない。そこで涙を呑んで身を引こうというわけである。

「とうとうこの日が来てしまった」を日本では 2度いうことはない。
「代表引退」が実際にはないからだ。
日本では代表がクラブチームより、はるかに上に格づけられている。
代表に止まっていることは、個人つまりクラブチームでの現役という立場について、この上ない身分保障となる。

代表の座を自ら手放すことは、クラブチームでの身分保障を手放すに等しい。
別の言い方をすれば、惜しまれて代表引退するほどの特別な能力をもった選手がまだ現れていないということになる。
中田英寿はその能力を持っていたが、彼は代表引退と同時に現役を引退してしまった。

スウェーデンのヘンリク・ラーションは2002年W杯出場後、代表を引退した。
1971年生まれのラーションは当時30歳と9ヶ月。
だが、2003年にはラーションの代表復帰を望む11万人の署名が集まる。
そして、ユーロ2004で代表に復帰。その後、2006年W杯にも出場。二度めの代表引退をしたが、ユーロ2008前に復帰して、ユーロ2008にも出た。

ポルトガルのルイス・フィーゴはユーロ2004を最後に代表を引退。
だが、優秀なアタッカーが育っていなかったポルトガルチームは彼を、2006年W杯予選途中から代表に復帰させた。

「若い選手たちに道を譲る」
「歳をとってきているし、代表の試合を戦うことに疲れた」

デコが2010年W杯後の代表引退を発表した。
「歳をとった」
「疲れた」
という言葉はデコに似つかわしくない。彼はそういうことを言わない男。
違和感がある。
その言外には 体力的なものではない、何かを感じる。

いったん代表を引退すれば、ブラジル人のデコがポルトガル代表に再び戻る可能性は低い。
デコは一本気な男だけに、ポルトガル国民から10万人の署名が集まる・・くらいのことがない限り、一度引いた場所へ戻らないだろう。

6月から始まるW杯
なんとか、デコにW杯を掲げさせてあげたい。

デコファンサイト

|

2010年2月13日 (土)

ハウステンボスの歴史

ハウステンボスに初めて泊まったのは、秋。
テーマパークの園内に泊まるという体験をしたことがある日本人は希だろう。
それは、ハウステンボスでしかできないからだ。
ホテルアムステルダムの窓辺に座り、冷蔵庫に冷えた「ゴールデンホップ」を呑みながら、きつね色の照明に浮かぶドムトールンを見上げた。
その日、ハウステンボスは家族のように感じられる存在になった。

「長崎オランダ村」「長崎ハウステンボス」をたちあげた創業者 神近義邦は、元々は町役場の公務員。
長崎県西彼町役場の農林指導員をしていた。
実業家でもなければ、大手財閥系企業の重役でもない。
たった一人のど素人事業家が、公称4000億円の事業を起こした実話は「ハウステンボスの挑戦」~講談社~に詳しい。

神近は、ハウステンボス開園時、この町に「千年の時を刻む町」という冠を載せた。
千年の時、潮風と風雪にさらされ、やがて本物の町になる。
そこには、子ども達の笑顔があふれている。

未来の町で、子ども達が笑顔に包まれるためには、今の地球の姿が残っていなければならない。
だから、この町は「環境実験都市」の一面をもつ。
上物は、オランダの町並み。いわゆる、テーマパーク。
だが、その街作りの思想は江戸とオランダの治水に習い、それを現代日本のハイテク環境技術で構築した。

今でこそ「環境とか大切だよね」と誰もが言うが、1992年に「環境」を口にする人は滅多にいなかった。
ハウステンボスは、早すぎた環境都市なのだ。

環境ではメシは食えないという時代を経て、ようやく今、時代がハウステンボスに追いついた。

佐世保の冬、九州の西のはずれとはいえ、空気は身を切るように寒い。
この町の暮れは無数の電灯で「光の町」となり、カウントダウンで幕を閉じる。
そして「静かな冬のブルースに眠る、この町のニューイアーズデイ」という 佐野元春の歌 「Young Bloods」 がよく似合う、ぴんと張った空気の正月が明ける。

Dscf0910

Dscf0948 2001年春、係留気球「ルフティ」の名付け親となり、オープニングイベントに参加した。
これが、初めてチューリップの季節の訪問。
町は一眼レフを首から提げたカメラマンであふれていた。
日本には、これほど高級カメラが普及していたのかと驚いた。

Dscf0946

ハウステンボスの原点は長崎オランダ村。
1983年7月22日に神近義邦が立ち上げた。
「テーマパーク」という言葉が一般に使われるようになるのは、1990年代半ばから。
全国のテーマパーク「○○村」の先駆けとなった。

このような遊園地は当時ほかになく、オランダ村は九州だけではなく、本州からも客を集めた。
ところが、そのような事態は想定されていない。
オランダ村への接続道路は、片側1車線の国道が1本あるのみ。
休日になると、周辺の国道は大渋滞。
マイカーでオランダ村へ遊びに来た家族連れも、近隣の住民も困り果てていた。

そこに、佐世保市が目をつける。
遊休地となっていた海辺の空き地「針尾工業団地跡地」をオランダ村の駐車場にして、そこから海路でオランダ村までお客さんをピストン輸送するプランを持ちかけた。

2月15日につづく

|

2010年2月12日 (金)

初売りでエアマックス96

エアマックス1復刻レザーを買ってから3ヶ月。
1998年の正月
地元靴チェーン店の初売りテレビCMをみていて、目を疑った。
一瞬、画面に映ったのは確かにあの靴。
1年前、ナイキ店員に「去年のモデルだから、もうありません」と、勝ち誇ったよう言われたエアマックス96。
それもファーストカラー。

半信半疑でクルマを走らせて、店に着くと確かにあった。

98111014 いったいどこに保管していたのか。生ものである靴を売り惜しんで倉庫にしまうことはあり得ない。恐らく、外国のどこかで倉庫に眠っていたものを買い付けてきたのだろう。

値札をみて、また目を疑う。なんと、初売り価格で 5,000円・・・
プレ値でも 25,000円くらいまでならば出そうと思っていた靴が5分の1の予算で手に入った。


店頭にはUS10しか残っていなかったので、少々大きいのは諦め、試し履きもせずに包んでもらう。

98111016 ところが、この靴、1サイズ大きいのに小さかった。
2サイズ上げなければならなかったのだ。
革を伸ばすクリームと革靴のストレッチャーを買ってきて、なんとか履けるようにと粘ったがダメ。靴はソールの範囲を超えて、大きくはならない。
指が当たる靴は、かつてのテニスシューズで懲りている。
結局これもほとんど実用に供しないまま、加水分解の日を迎えた。

エアマックス96は、レディスのファーストカラーが可愛い。
白いアッパーに青のティアドロップ。
可愛さで言えば、ナイキ史上No.1だと言える。
今でも時々、ヤフオクに出ていて買いそうになるが、履けない靴を買うわけにはいかないと踏みとどまる。
ナイキに復刻して欲しい靴、No.2。
(No.1はノモマックスのファーストカラー *写真下)

Photo

これでエアマックスファーストカラーは11点中4点。
いよいよ、デッドストックと呼ばれている 「旧モデルの売れ残り品」を探し歩くことになる。

つづく

コレクター記事一覧

|

2010年2月11日 (木)

自分発ウィルス感染 防止策2点

このところ、コンピューター・ウィルスが流行しているので、今日は「自分発ウィルス感染」の起点にならないお話。

職場でウィルスをまき散らしたら降格という会社は聞いたことがない。
ウィルスを撒いたら、職場で村八分になったという人も知らない。
要はまき散らしたからと言って、自分の生涯に明確な汚点が残るわけではないが、周りはどえらい迷惑だ。

陰口はたくさん言われるだろう。
尊敬されることはない。
なかには恨む人がいるかも知れない。
要は自分の美意識と羞恥心の問題。

他人に迷惑をかけたくない。
みっともないことはしたくない。
そう思う人のため、次に2つのポイントを挙げる。

【 1 】USBメモリーはスキャンをかけてから渡す。

最近は、USB型メモリーのことを「メモリースティック」という人が居る。
メモリースティックはソニーの規格であり、それを言うならば「スティック型のUSBメモリー」

他人のパソコンの所へ行ってデータを渡す時、その前に USBメモリーは自分のパソコンでスキャンをかけて、安全を確認しておく。
渡す相手が身近な同僚でも、渡す前に自分でウィルスチェックをしておく。

USBメモリーに宿ったウィルスは挿した時点で感染する。
挿した後すぐに、相手のパソコンでスキャンしてももう遅い。

ウィルス入りのUSBメモリーでデータを配って歩き、ついでにウィルスも撒いた人がいた。
その人は今も会社にいるし、降格にも減給にもなっていない。
「いやぁ、えらい目に遭ったよ」
とへらへら笑い、周囲の度肝を抜いている。

【 2 】メーラーのアドレス帳を使わない

10年前から常識だ。
それでもまだ、使っている人は多い。
メールアドレスは、辞書登録しておく。
その方が、アドレス帳から探すよりも格段に速い。
2~3人に一斉発信したいならば「;」セミコロンでつないで登録すればよい。
グループ送信したいならば、MLを使う。

自分ではアドレス帳を使っていないつもりでも、メーラーの設定によっては、知らぬ間にアドレス帳に膨大なリストができていることがある。
試しに今、メーラーのアドレス帳を確認してみるとよい。

Windowsメールでは、ツール>オプション
詳細設定のタブ
アドレス帳の変換 →常に表示する
にチェックすると、ツールメニューの中にアドレス帳が現れる。

アドレス帳に勝手に登録しないようにするには・・
・outlook express
・Windowsメール
 共に

ツール>オプション
 ↓
[送信]タブ
 ↓
返信したメッセージの宛先をアドレス帳に追加する
のチェックを外す
 ↓
[OK]

「アドレス帳を使わない?そんなの常識でしょ」
と言い放った人のメーラーを見せてもらったら、500人を超えるアドレスが登録されていた。
せっかく溜めた送信者一覧。
いや、参ったねと言いながら削除する手に迷いが見えた。



|

2010年2月10日 (水)

捨てると、出会うのか

昨日、本を捨てた
20年前からずっと本棚に立っていた。

なぜならば、図書館で、その本を見かけたからだ。
手にはとらなかったが、遠目にもツメが日焼けしているのがわかった。

いつかまた、読みたくなった時には、図書館で読めばいい。
かつて「捨てる技術」の著者  辰巳渚 の講演を聴いた時、彼女がそう言っていたのを思い出した。

昨日、CD-ROMを捨てた
15年前から、CD-ROMホルダーに入れていた。

なぜならば、久しぶりに見たくなったからだ。
そのCD-ROMはビデオCDで、当時はWindows95で見ることができた。

でも、Windows Vista Home Premium(SP1)では、見ることはできなかった。
東京都は、CD-ROMが燃やすゴミなので、そのままゴミ箱に捨てた。
少し、違和感が残った。

いざ、モノを捨てようとした時、立ちはだかる壁がある。

もったいないという気持ちではない。
捨てた後に限って、必要になり「あの時、捨てなければよかった」と思うことではない。
モノには魂が宿っていて、罰があたるような気がするのだ。
神様がみていて、まだ使えるぞ。捨てるのは不届きだ。と言っているような気がする。

だから、捨てる時には、手を合わせて 「ありがとう」と拝んでから、ゴミ箱へ入れる。

なにかを捨てると、なにかが手に入る。
くされ縁を切ると、新たな出会いがある。

先達の著書や営業の先輩たちの言葉。
本当かどうか、断言できるほど明確な実例にまだ出会っていない。



しらべる

|

2010年2月 9日 (火)

大きめがおすすめは大嘘 復刻エアマックス1

イエローグラデを手に入れたことで、エアマックスのファーストカラーが2足になった。
コレクターにとって「1」と「2」は、えらい違いだ。
持っている数が「1」のうちは、単なる「所有」
だが「2」になった途端 「蒐集」の道が開ける。

そして、運が悪いことに、ちょうどその翌日
エアマックス1がレザー版で復刻されてしまった。

エアマックス1とは、初代エアマックスの通称。
メッシュのクリーム地に赤のスウッシュ。
リアフットにビジブルエア
ナイキおなじみ、見えるエアが初めて搭載された 歴史的な靴だ。

社会科の「歴史」は嫌いだったが、ナイキの歴史は尊敬しなければならない。
コレクター誌を読んでいると、知らぬ間に洗脳されてしまっている。

エアマックス・ブームの頂点 イエローグラデを手にした翌日に、エアマックス1が復刻。
これは、まさに運命的な出会い。

「運命の人はいつ現れますか?」
と言っているうちに、機会を逸してしまう恋愛とは違い、靴の恋は まさに今、目の前にある。
飛びつかないわけがなかった。

97100010 このモデルは 履き心地まで 1987年当時を復刻したのか、あるいはアッパーがレザーのせいか、履くと疲れた。
イエローグラデよりは、少し長持ちしたが、やはり加水分解して 燃えないゴミ(当時)行きとなった。

エアマックス1は、後に多種のカラーバリエーション、レザー版で復刻されている。
2009年、MONO:モノ・マガジン 2009/9/16号の表紙には エアマックス1が載った。
商品名は「エアマキシム1+」

外観は1987年に発売された初代エアマックスとほぼ同じ。
エアなどの構造物、素材は 2009年時点の技術で作られている。
商品名の「+」は、ナイキ+対応の「+」

発売時実勢価格:15,750円
エアマキシム1としての 1シーズンめは赤/白、青/白が発売され、2シーズンめには 黒/白が出た。

サイズは通常のナイキサイズと同じ。
ただし「長さ」は長め。
長さに対して相対的に幅が狭いところまで、エアマックス1と同じ。

ネットショップの中に「エアマキシム1は、1サイズ大きめがおすすめ」と書いてあるサイトがあったが、そんなことをしたら、よほど足幅が狭い人でない限り、指先が大きく余って歩けない。

いつもナイキをUS9.5で買っている人ならば 9.5でよい。ただし、幅はちょうどでも長さが余る。
指先が余る靴を嫌う場合、1サイズ落とし、幅の窮屈さを我慢して履くという選択肢もある。

Maxim1 結局、US9.5が見つからず、長さ優先で US9を購入。
「買い直し エアマックス」 である。

指の余り具合はジャストサイズなのだが、横幅が狭く、甲が低いため、かなりきつい。
この靴を履くために、薄手の靴下を買ってきたが、足が痛くなりそうなので、マラソンシーズンが終わるまでは、実用を見合わせている。

つづく

|

2010年2月 8日 (月)

イエローグラデ 9年1ヶ月の一生

イエローグラデ復刻版発売日は、正規販売店に問い合わせると教えてくれた。
当日は朝から開店に並ぶ。
30分前に着くと、もうそこには50人ほどの列。

「motoさん、遅いよ~」
弓道の先生にも教えてあげたところ、25番めあたりにお弟子さんたちと座り込んでいた。
それでもまだ50人。
1人1足、いや2足だとしても、なんとか買えるだろう。
この時点では余裕の苦笑い。
ただ、自分が買う US9 は最も売れるサイズ。
G-SHOCKなど他のブーム商品と違い、靴にはサイズがある。
自分に合うサイズが残っていなければ、涙をのむことになる。
それが唯一の気がかり。

店が開き、列が進み始める。
G-SHOCKなどと違い、靴の列は進みが遅い。
それぞれが試し履きをするからだ。
靴はモデルによって作りの大きさが違う。
オリジナル(INLINE)では US9だったのに、SCでは US9.5 でジャストサイズと言うこともある。
ただ、この時点ではまだそれを知らない。

10分ほど経った頃、店内から段ボールを抱えた数人の兄ちゃんが、店頭に路駐した軽トラックに箱を積み始めた。

まさか・・

予感は的中した。
イエローグラデ なんちゃって並行輸入ショップによるまとめ買いである。

「おい、なに考えてるんだ?」
「1人1足じゃないのか?」
行列したコレクターから怒号が飛ぶ。そんな中、店内から手ぶらのコレクターが出てくる。
「もう 29cm以上しか残ってないよ」
「ひどいよね」

そこで列は解体。人影もまばらになった店内では、納得のいかないコレクターが店員に詰め寄っている。
だが、終わってしまってから言っても後の祭り。

「彼らも営業努力ですから、認めなければ」
別にイエローグラデがなければ、この世が終わるわけではない。
店員さんによる並行輸入ショップ擁護の発言を聞いて、僕らは店を後にした。

その日のうちに、行きつけの靴屋さんに行く。
ノモマックスを買った後、8ヶ月でずいぶんな量の靴を買い、中でもこの店ではニューモデルのほとんどを買っていた。

朝方の "できごと"を話したところ
「そりゃひどいですね。でもウチにも急遽、入ったから、もってってください」

本来、イエローグラデSCは「ショップ」と呼ばれているナイキ直営店のみの流通とのことだったが、入荷したのだという。
元値での抽選販売を受け付けることにしたらしいが、顔なじみということで用立ててもらった。

これぞ、地獄に仏
「motoさん、US9でよかったですよね」
はいはい・・ 感涙にむせび、試し履きもせず、包んでもらう。

Dsc04595 結局、このモデルは US9.5がジャストサイズだと後でわかる。


ほとんど履くこともないまま、2006年に加水分解の日を迎えた。
9年1ヶ月の命であった。

つづく

|

2010年2月 7日 (日)

何かに向かって急ぐデコ

3-0で勝利した ホームのバーミンガム戦
NHK BS1 
解説は原博実

ボールがよく回りますね
デコは攻撃的だが、守備がうまいんですよ

原さん、デコをべたぼめ

司令塔の位置ではなく、中盤の底に位置したデコは、相手の攻撃の芽を摘むインターセプトを次々に決める。
そして、俯瞰した球出しは相変わらず。

90分
デコがボールを奪い、一気に前線に送った球
ランパードが決めて3点め。
デコのプレー、質はまったく衰えていない。

1月30日
プレミアリーグ24節 away バーンリー ○2-1
デコは休養のためにベンチで控える。
76分にアシュリー・コールと交替で出場。
その6分後にテリーが決勝点を決めた。

2月3日
プレミアリーグ25節 away ハルシティ △1-1
デコ、フル出場。
30分に先制されたが、アフリカ選手権から、この試合より復帰したドログバが同点ゴール。

「ドログバは世界のベストストライカー」
久々に、デコのインタビューが「ザ・ゴール」で伝えられた。

デコは語る。
「プレミアリーグで勝ちたい」
「今、我々はプレミアリーグの行方を決定付けなければいけない」

デコにとってプレミア制覇は、まだ手に入れていないタイトル。
ただ、この言葉には、なにかそれだけではない深さを感じる。
彼は何を急いでいるのだろうか。



|

2010年2月 6日 (土)

ASK じゃないよ、イエローグラデ

エアマックスの歴代ファーストカラーを集めることにした。
集めると言っても、お金さえあれば 買えるモノではない。

欲しくても、お金があっても、売っていない。買えない。
この渇望感が、コレクター魂に火を入れるのである。

正規ショップの店頭に売っているのは現行シーズンの新製品のみ。
当時、ヤフオクはまだない。

発売から2年が過ぎていたイエローグラデは、個人の中古売買市場と、プレ値ショップで流通していた。
当時まだ、インターネットは普及前。
雑誌が広告収入で成り立っていた時代。
プレ値ショップはコレクター各誌に広告を出す。

当時の Get ON! の広告を見ると、いずれも価格は ASK となっている。
とても、雑誌には書けない値段ということだ。
一緒に掲載されているノモマックスが 22,000円(元値は 15,000円)なので、元値が同じイエローグラデは 30,000円以上で売られていたと推察される。

イエローグラデに再発売はあるのか?
コレクター仲間の間には、様々な噂が飛び交っていた。
その中に信憑性の高い情報があった。

「**スポーツが米国でイエローグラデを500足買い付けた。
船便で日本に運んでいる。4月下旬には全国の店舗に並ぶ予定だ」

さっそく、その全国チェーンのスポーツ店に出向き、店員に発売の真偽を吐かせようとしたが、頑として吐かなかった。
思わせぶりな受け答えだったが、結局はガセネタだったため、本当に知らなかったのかも知れない。

SCとしての復刻が決まると、プレ値ショップの値下げが始まった。
靴の場合、時計などと違い、オリジナルに人気が集まるとは限らない。

たとえるならば、靴は豆腐だ。
賞味期限がある。
人気の豆腐も、賞味期限を過ぎると、値引きして売られる。
そして、腐ってしまうともう値はつかない。

加水分解という宿命を背負う、スポーツシューズはまさに 生もの。
古いオリジナルがいいという人もいれば、新しい復刻版がいいという人もいる。
ただし、腐った(加水分解した)後、誰も 飾るためだけのために古いオリジナルを買おうとはしない。

つづく

|

2010年2月 5日 (金)

始まってしまう靴 イエローグラデ

靴の現行品は INLINE と呼ばれる。
これに対して、ナイキの場合、復刻はSC。

INLINE のエアマックス97H が店頭に並んだ時点で、翌月にはあのイエローグラデが復刻することがコレクター仲間では知られていた。
AIRMAX SC である。

Dsc04591 イエローグラデ=イエローグラデーション
1995年に、エアマックスのメンズ・ファーストカラーとして発売されたこの靴は、イエローからグレーへグラデーションするカラーリングがアッパーに施された。
前モデルまで「見えるエア」は後ろ半分だけだったが、このモデルで初めて フォア・フットにも取り入れられた。
品のよい外観、そこそこによい履き心地。

欲しい人は多いのだが、15,000円もする靴を 10代男子の誰もが買えるわけではない。
イエローグラデを履いている男子が襲われて、靴を奪われるという事件が報道された。
「エアマックス狩り」である。
このような、ネガティブ・ニュースをメディアも大衆も大好き。
話題がさらなる人気を呼び、この靴がエアマックス・ブームの発端となった。

遅れてきたエアマックス・コレクターにとって、イエローグラデは「縁起物」と言える。
なくてもいいのだが、やはり、これがなければ始まらない1足。
そして、これがあるがために、"始まってしまう" 1足。

エアマックスは1987年から1996年まで、ほぼ1年に1度のペースでモデルチェンジされた。
1年はSPRING, LATE SPRING, FALL, HORIDAY の4シーズンに区切られているので、シーズン毎に同じモデルの色違いが展開されていた。
モデルチェンジの最初のカラーが「ファーストカラー」
2シーズンめは「セカンドカラー」と呼ばれる。
ナイキのカタログには「ファーストカラー」などの言葉はなく、いずれもメディアと靴業界の人が使う通称である。

また、エアマックスには mens と womens があり、それぞれ色が違うので、ファーストカラーは 2種存在する。

コレクター誌で「エアマックスの系譜」記事を見ていた時、その"集め方"を思いついてしまった。
名付けて「エアマックス・ファーストカラー・コレクション」
この時点で発売済みだったエアマックスは11モデル。
残る 10点を探す旅が始まった。

つづく

|

2010年2月 4日 (木)

「学習」最後の冬号

「学習と科学」は 2000年代以降、学研のウェブサイトで注文すると宅配便で届くようになった。
それと前後して、大手書店の店頭でも売り、従前の訪販も続け、あらゆる経路で売っていたが、今回の休刊となった。

「科学」の最終号は 「3月号(3号)」 2010年2月15日発売。
「1年のかがく」から「6年の科学」まで、6誌が発売になる。
在庫がなくなり次第、販売が終了する。

「学習」は以前の月刊から 季刊に移行しており、2009年12月に発売された「冬号」が最終号。
既に発売されている。

雑誌創刊号と最終号コレクターとしては、
「学習と科学」最終号はコレクションから外せない。
かと言って、小学1年から6年まで 6誌コンプリすることには、収集の意味が見いだせない。
小学1年生に絞って 「学習」「科学」最終号を買うことにする。

まずは、すぐ手に入る「学習」 の冬号をゲット。
注文から 3日で到着。

1g 雑誌と付録がビニルパックに入っているものを想像していたが、本誌と付録が紙ケースにぴたりと収まっている。
外箱には大きく「算国まとめセット」とあり、いわゆる速効教材然としたパッケージ。

「学習と科学」といえば、本誌に対して付録は1つと相場は決まっているが、季刊になった学習には付録(教材)は2つ付いている。

算国さか立ちハムちゃんをすぐにでも組み立てたい衝動に駆られたが、しばらくは開封せずに保管することにした。
一旦開封したことがわかるよう、開け口がシールされているのも時代の流れか。

ふろくの箱をなめるようにチェックしたが、あの「お家で開けましょう」 という文言は、もう書かれていない。

本誌はずいぶんと薄くなった。
幼い頃、付録ばかりに目がいき、本誌はほとんど読まなかった。
そういう意向に沿っていくと、この薄さになったのだろう。

今も本誌の巻末には付録一覧がある。
6年生春号「リアル再現キット高床式倉庫」夏号「リアル再現キット大阪城」に惹かれた。

あとは2月15日の「科学」発売日を待つばかり。
電話受付はなく、ウェブサイトのみの販売となる。

しらべる

|

2010年2月 3日 (水)

国会で問題になった「学習と科学」

「学習と科学」が発売される前日。
小学校の 終わりの会

「明日は「学習と科学」の販売日です。今から袋を配ります。買う人はお金を入れて来なさい」
担任の先生が、こう言って茶封筒の集金袋(紙集)を配る。
表面には、月ごとに領収印を打つようになっていて、何月号を買ったかがわかる。
ラジオ体操のカードで、欄を印鑑で埋めることをすり込まれた世代である。
否が応でも、この欄をできるだけ印鑑で埋めたかった。

ただし、当時の値段で1誌 400円弱。
「学習と科学」両誌を買うと 800円弱。
定期購読制度ではないので、毎月 親にねだってお金をもらわなければならない。
毎月のおこずかいの数倍にあたる金額を毎月ねだるのは、こどもの頭で考えても、気が引ける。
そこで、よりふろくが魅力的な「科学のみ」
しかも、気に入った付録の月だけという買い方になった。

発売日になると、学研の代理店をしているおじちゃんがライトバンを学校の廊下につける。
2時間めが終わると、集金袋を手に一斉にライトバンへ走る。

「おじちゃん、2年の科学ちょうだい」
といって封筒を渡す。
子供が学校で「ふろく」(正式名称は教材)を開けて遊ばないよう、教材の箱には「お家で開けましょう」という注意書きが記されていた。

件の万歩計はプラスチック製で、子供の手のひらでやっと持てるほどの大きさ。
今、定規を片手に想像するに 80×50 mm はあった。
ベルトに付けるのではなく、手に持って計測する。
手を振る毎に振り子状の重りが往復して、カウンターの数字が増える。
筐体のカバーは青がはいった半透明になっていて、中の仕組みが見通せた。
時々、ちゃんと動いているかなとこちらを向ける。
振り子は確かに動いていて、歩数を刻んでいた。

家に帰ると、その日の歩数を日記につける。
ずいぶんと健康的な子供である。

日本じゅうで、科学の子供が使っていた 科学の万歩計
恐らくそのすべては、はるか昔に燃えないゴミに消えてしまったのだろうが、せめて写真だけでもあれば、もう一度みたい。

1972年、国会で「買えない子供が可愛そう」「学校で一企業の商品を売るのはおかしい」と取り上げられたことが契機となり、学研は自主的に学校から撤退。
「学研のおばちゃん」が家庭に届ける方式に移行した。
メディアが報じている「最盛期は 670万部を売った」というのは、この移行後のこと。
学校で売っていたからたくさん売れていたのではなく、女性が訪販で低額の定期商品を売るという商売が、消費者に受け容れられたのである。

この学研のおばちゃんは、名称をコンパニオンといった。
一部の温泉で、希望者に対して 有償でお酒の相手をする女性の名称として使われるのは、ずいぶん後のことだ。

つづく

しらべる

|

2010年2月 2日 (火)

科学のふろく

科学と学習が休刊になる。
2009年12月、学研が休刊を発表した。
雑誌には廃刊と休刊がある。

廃刊は雑誌コードを抹消する。復刊の見込みはない。
休刊は雑誌コードの登録を残しておき、復刊することをかすかに視野に入れる措置。
赤字>発刊とりやめ
という後ろ向きな行動を、さも、後ろ向きでないかのようにオブラートに包む。
ただし、大半は事実上の廃刊。滅多に復刊することはない。

科学と学習は小学生向けの月刊誌。
1年生から6年生まで、6種類が刊行されてきた。

かつては、学習を先に書いて「学習と科学」と表記されていた。
しかし、学習が月刊から季刊に移行した後は、科学を先に書いて「科学と学習」と表記することが増えている。

Googleでのヒット件数
学習と科学 1720万件
科学と学習 479万件

学習と科学は、「ふろく」が人気で子供達に親しまれてきた小学生向け教材。
1946年創刊。
かつては、定期刊行物として配送するには、大きさの制限があった。
適用には制約が多かった国鉄の特運が使えなかったことで、返って自由なふろくが可能になった。

学習と科学の2誌を比べると、圧倒的に科学の人気が高い。
それは科学の「ふろく」が、小学生の心をとらえたからだ。

今でこそ、どでかい付録がついた雑誌が書店にあふれているが、昭和の時代、雑誌の付録はせいぜい厚さ 2cm足らずの箱。
付録の素材は紙、ビニルに制限される。
一方、科学のふろくは何でもあり。
小学館が書店で発売する「小学○年生」の付録には、期待を裏切られることがあったが、科学のふろくにはそれがなかった。

■関連書籍
「科学」のふろく
太田出版 1995年2月
科学の代表的な「ふろく」とその製販過程、科学で育った世代のエッセイなどで構成。

一番思い出深いふろくは「万歩計」
今でこそ、100円ショップで手にはいるほど身近な機械だが、当時は誰も持っていない。
科学の巻末に翌月号の予告がついている。
買わなかった月は友達に見せてもらい、翌月のふろくをチェック。

「万歩計」という名詞が使われていたか記憶がないが、歩数を測れる機械がこの世にあるということに驚いた。
通っていた小学校は越境入学だったため、誰よりも遠い 片道 2.3kmを歩く。
この夢の機械が手に入れば、退屈なひとりぼっちの通学路がバラ色に変わると思えた。

1970年代初頭まで「学習と科学」は、小学校の校舎内で販売されていた。

つづく

教育・常識

|

2010年2月 1日 (月)

エアマックス98の勇姿

「エアマックス97」というように 西暦年号下2桁をつけた呼称は、Boon 、Cool、Get on などのファッション雑誌が名付けたもの。
ナイキのカタログに載っている商品名は AIRMAX だけであり、年号はついていない。
メディアがつけた名前だが、後に Sports Classic として復刻する際、ナイキ自らも airmax95 などの呼称を用いるようになった。

NOMO MAX と TOTAL MAX を手にした後、靴への憧憬が止まらなくなる。
Boon! Cook Get ON! というコレクター寄り三大ファッション誌は、欠かさずチェックして、G-SHOCKとスニーカーの新作を追う。
1997年はスニーカーブームの最盛期となった。

ところで、このブームがなぜ「スニーカー・ブーム」と名付けられたのかはわからない。
ブームの実態は、大半がハイテクなナイキのスポーツシューズである。
正確を期すならば「ナイキのスポーツ・シューズブーム」
恐らく、このブームを取り扱っていた雑誌が 元々は10代のファッション誌であったため、アディダスやコンバースのローテクなシューズまでを守備範囲に含めるために、こう名付けたのだろう。

97819009 1997年初夏、コレクター3誌には 1997ホリデーシーズンで出る「エアマックス98」の勇姿が載った。
靴に対して、勇姿という時点でもうフツーの人ではない。


日常会話で「おい、みたか Get ON! エアマックスの勇姿!」などと言おうものなら、よほど他に楽しみがない人生なのかと哀れまれるだろう。

しかし、その「勇姿」を一足早く見ようと多治見にあるショップまででかけた。
ナイキ社員とコネがある人が事前に見本を入手。それがコレクター誌に載っていたのである。
お店に行くと、撮影用に貸したけどまだ戻ってきていないという。
冷静に考えれば、そういうカタチでの情報リークが怪しいのだが、その時は誰よりも早くこの目で見るということがとても重要だった。

97430035 エアマックス98
銀色のアッパー、初のフルレングスエア(前から後ろの隅々までエアが配置されている)。
コレクター誌では「エアマックス98」と命名されているが、97年FALLの発売。左の写真でカタログ名に「FALL」と入っていることでわかる。当時のコレクター誌では、正確を期して「97H」 H=ホリデー と表記する記事もあった。

これ以前のエアマックスは「リアフット」と「フォアフット」のエアが分割されていた。それが、このモデルでは初めて前後一体となった。
これも冷静に考えればわかるが、靴のセオリーに反している。

97819011 一般人の場合、リアフットで着地、フォアフットで蹴り出している。
フォアフットで蹴り出した時、靴が屈曲しなければ、リアフットがかかとから脱げてしまう。


前後のエアが1部品になったこの靴は、ほとんど曲がらない。
しかも、甲高だった前モデルの97Sと一転、甲が低い。
歩く度にかかとが抜けて、とても履けなかった。
その後、ファーストカラーそのままに復刻されているが、とても買う気になれない。

つづく

コレクター

|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »