« 5時間切りはマラソン界の鬼っ子なのか | トップページ | e3グリップを4ヶ月使った感想 »

2010年4月 7日 (水)

たま川で花と人を見る

4月第1週
多摩川は花見ウィーク
この週に満開を迎えることが多く、花見の人で賑わう。

今年はまだマラソンの最中
ゆえに「花見」ではなく「花見RUN」
桜を見る
桜を見る人を見る
桜を愛でている人たちは皆幸せそうで、それを見ているこちらまで幸せな気分になる。
花見RUNの楽しみは、どちらかというと「人」を見るほうだ。

Sakurazaka 多摩川土手へ出る前に「さくら坂」を下る。


福山雅治の曲で有名になったらしいが、どんな曲なのかを知らない。

誰もが道路の上にかかる赤い橋から桜を見ているが、あの橋から見る景色を見たことがない。
さくらの区間は短く、それほどの桜の名所と思えない。

この写真を見て不思議だったのは、信号色が映っていないこと。
LED球はある種のカメラには映らないのだろうか。

と思って調べたらわかった。
LEDは目に見えない速さで点滅しており、写真に映らないことがあるということだ。
さほどシャッタースピードが速くないデジカメで撮って、こうして映らないのだから、まずどのカメラにも映らないといえるだろう。

Tamagawa

多摩川土手には「たま川」の看板と「多摩川」の看板がある。
それがなぜか
こちらは、ネットで調べたがわからなかった。

去年花見をした時、事前の下見で露店が少ないことがわかっていたので、近くのスーパーへ買い出しに行った。
今年は、去年と比べると露店の数が増えていた。

Yakisoba

Hanami 走ったのが早い時間帯と言うこともあって、お目当ての「花見の人」はまばら。
その代わりに、人を待つ場所取りのシートやビニルテープが目立った。
ブルーシートは恐らく朝早く「先乗り隊」が置いていったのだろうが、ビニルテープは前夜の設置か。
そうであれば、それはちょっと世知辛い。



|

« 5時間切りはマラソン界の鬼っ子なのか | トップページ | e3グリップを4ヶ月使った感想 »