« 王さんの五十番に行ってきたぜ | トップページ | レース度外視 37kmの記念写真 »

2010年5月20日 (木)

ホテル元春と元春ビルとライオンの物語だぜ

錦糸町から散歩はつづいているぜ。

仲間の一人が
「人形焼きの美味しい店がある」
というから、錦糸町駅のそば「山田家」へ立ち寄ったぜ。
よく山田屋と書いている人がいるけど、正式には山田家だぜ。
根がまじめだから、つい正確さを期してしまうぜ。

餡の量で値段がちがう。
それによって 紅葉<三笠山<太鼓<たぬき と型も違うんだぜ。
一番大きい100円のたぬき。
相対的に皮が薄く、餡がはち切れそうで美味い。
東京マラソンでは、遅いランナーは食べられない人形焼き
この日は自腹で、目一杯食べてやったぜ。
一個一個、木の引き出しから取り出して包んでくれる。
その素朴さが、老舗の店って雰囲気を醸し出していたぜ。


山田家からの戻り道
歩道橋から見下ろす錦糸町の街は、とても都会的だったぜ。
これなら、東京マラソンが走ったとしても、沿道は十分賑やかになるだろうな。


つづいて、ビジネスホテルへ向かったぜ。
べつに「休憩」しようってんじゃないぜ
所は墨田区錦糸2-4-11

Motoharu ビジネスホテル元春
名前が元春というだけで、一見なんの変哲もないホテル。
実際 どうなのかは、中に入っていないからわからないぜ。

壁には一面の元春アート
流れる音楽は元春一色
冷蔵庫にはデザートのシナモンチェリーパイ(要予約)

そんな「元春部屋」があったら、きっとファンも、何より俺のダチの元春が相好を崩して喜ぶだろうな。

Motoharu_2

ここいらのビルはオーナーが同じらしく 元春で固めていて、2軒どなりは「元春ビル」だったぜ。

仲間はここで「赤い靴」 *1 よろしく記念写真を撮ったが、個人情報だから見せられないのが残念だぜ。

*1 赤い靴 「Back to the street」のアルバムジャケットに映っている横浜の雑貨屋。元春ファンの聖地。既に取り壊されていて現存しない。

Ebi

さて、次なるお目当ては 三時のおやつに「言問団子」

怪しげなリサイクルショップをのぞいたり、ロブスターのオブジェに感動しつつ、少し汗ばみながら、スカイツリーに向かう一本道を北上していくんだぜ。

ふと、目をとめたのは 業平小学校の校門前に出ていた掲示板。
「校長コーナー」
というのがあったぜ。まぁあえてコメントは自粛するぜ。
「考えには個人差があります」
って、さだまさしも言っているからな。


錦糸町から言問団子は、歩くにはちょいと遠過ぎた。
団子屋はまだかよと思っていたら、突然に仲間が わ~っと声を上げながら神社の境内に走り込んだぜ。

Lion 何事かと思ったらそこは 三囲神社(みめぐりじんじゃ)
でっかい、ライオンが横たわっていたぜ。
元春ファンだからライオン?

かと思ったら、これはかつて、閉店した池袋三越にあったらしい。
仲間の江戸っ子たちは、このライオンの銅像に思い入れがあるらしく、三十年ぶりに同窓会で出会った旧友のように、懐かしんでいたぜ。

たぶん、あさってあたりに続きは書くつもりだぜ。

明日はまた motoが書く、マラソン日記ってやつだぜ。

|

« 王さんの五十番に行ってきたぜ | トップページ | レース度外視 37kmの記念写真 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 王さんの五十番に行ってきたぜ | トップページ | レース度外視 37kmの記念写真 »