« 500系→700系→N700系 玉突きで決まっていくダイヤ | トップページ | 旅は臨機応変を楽しむ! »

2010年7月23日 (金)

うどん屋で初対面のキノコモルグ

キノコモルグはリアルタイムで見た。
山口県の盆地に住んでいた頃のことだ。
といっても火曜の6時に数ヶ月遅れで再放送していたほう。
土曜の7時にやっていた最新の放送は電波の状態が悪くて、うちのテレビでは映らなかった。
今ならば、なんとか映るまで対策を講じるだろうが、子どもというのは諦めが早い。
不可能なものは、自分には縁がないものだと考えていた。

仮面ライダーを見始めたのが、キノコモルグの前編から。
友達の間で「仮面ライダー」というのが話題になっていて、初めてチャンネルを合わせたその日。
いきなり、ライダーが負けて処刑台に乗せられたライダーに電動のこぎりが迫る・・
というシーンで「つづく」
一気に引き込まれてしまった。

ある日曜日、下関の親戚の家に遊びにきていた僕は、いとこのカズ兄ちゃんが「マリンランドにスケートに行く」という言葉に鋭く反応した。
サンデンバスで下関に向かう途中、下関マリンランドに「仮面ライダーショー開催」の垂れ幕が出ているのを見ていたからだ。

一生に一度、仮面ライダーをこの目で見たいと切々と親に訴える。
「あんなもん、つくりもんじゃないかね。カズちゃんに迷惑やろ」
親は相手にしてくれない。
だが、少年の心を忘れていなかったカズ兄ちゃんが
「ええよ。オレが滑るあいだ待っちょってくれたら、連れてったげるよ」
ということになった。

カズ兄ちゃんがアイスリンクで華麗なステップを踏んでいる。
時々僕に向かって手を振るのに笑顔で応えながら、今日はどんな怪人が来るのか。もしかして一文字隼人役の佐々木剛が来ていたらどうしよう。と妄想にふけっていた。

「腹へっちょるんやないんか?」
アイスリンクから引き上げてきたカズ兄ちゃんが僕に問いかける。
「おごっちゃるで、遠慮すんなや」
そうは言われたものの、連れて来てもらっただけで、もう一生この人には足を向けて寝られないと思っている。とても、それ以上の施しを受けるわけにはいかない。

「お菓子を買ってあげるから、着いておいで」
と誘われた子どもが誘拐された事件を新聞で読んで以来、僕は"タダほど怖いものはない"を座右の銘としていた。

うどん屋の友達の家に遊びに行き、
「motoちゃん、うどんしてあげようか?」
という申し出を固辞。
さらに「じゃぁ10円あげるから、お菓子でも買い」という申し出も拒否。
ひねくれた意固地な子どもだと思われたこともあった。

頑なに申し出を固辞する僕をしりめに
「ほいじゃ、オレうどん食うけぇ、ヨコにおり」
と連れられて入って行ったステージ袖のうどん屋。

なんとそこに、うどん屋のおばちゃんと談笑するキノコモルグ。
他に2~3人?の怪人もいたのだが、キノコモルグしか見えない。

「おばちゃん、天かす多めね」

とは言ってなかったが、間近でみるキノちゃん。
あまりの出来事に呆気にとられてしまい、サインももらえなかった。
ってもらってどうする。

キノコモルグにちなみ、来週につづく。

ど素人!仮面ライダー講座

|

« 500系→700系→N700系 玉突きで決まっていくダイヤ | トップページ | 旅は臨機応変を楽しむ! »