« 猛暑 炎天下、停まってしまったみどり号 | トップページ | 東京発-鹿児島行きのダイヤが運行されない理由 »

2010年11月12日 (金)

九州新幹線の歴史

--------------------------------------------------
"九州新幹線"を追っかけるばい
--------------------------------------------------

九州新幹線が2011年3月12日に全線開通する。
今回開通するのは博多-新八代間。
先行して開通していた新八代-鹿児島中央とつながり「九州新幹線」が完成する。
そこで、これからしばらく九州新幹線を追っかけていく。

■ダイヤ名:さくら、みずほ、つばめ
■使用車両:N700系7000番台、N700系8000番台、800系
■運行最高時速:260km

【 九州新幹線の歴史 】
1972年
6月「全国新幹線鉄道整備法」で基本計画が決定。

1975年
3月10日、山陽新幹線全線開業。新幹線が博多まで来た。

1991年
8月、新八代-西鹿児島間着工。

2001年
博多-船小屋(福岡県)間の42キロ認可、着工。
4月、船小屋-西鹿児島間は既にスーパー特急方式(フリーゲージトレインを想定)で部分的に着工していたが、フル規格の整備新幹線に格上げされた。

2004年
3月13日、新八代~鹿児島中央 開業。

新八代~鹿児島中央(旧名称:西鹿児島)の所要時間は39分。在来線より86分短縮した。
全行程の7割がトンネルで眺望はよくない。
ダイヤの愛称は在来線特急と同じ「つばめ」
800系車両が新規投入された。
指定席の場合の運賃5,330円(2004年5月)
博多から新八代までは「リレーつばめ」が運行された。

リレーつばめは九州新幹線全面開業とともに廃止される。
その車両はJR他区線へ転用される予定。

2004年
10月1日、ダイヤ改正。
薩摩田上トンネル騒音苦情による減速のため、運行時間が1分延びて40分になった。

2009年
2月、新大阪~鹿児島中央のダイヤ愛称が「さくら」に決まる。
8月、新800系<800系1000番台>が走り始めた。

2010年
8月31日、熊本駅で記念式典をおこなった後、試験走行を開始。熊本総合車両基地-筑後船小屋間、60kmを時速30kmで走行した。
9月15日、開業日を2011年3月12日と正式発表。博多駅にカウントダウンボードを設置。
11月、運賃決定予定
12月、ダイヤ決定

2011年
3月12日(土)、2001年の認可、着工から10年。
博多-新八代間 130kmが開業。博多-鹿児島中央間が全線開通する。

2011年夏
映画「奇跡」公開

「"九州新幹線"を追っかけるばい」は開通まで不定期で続けます。



九州新幹線を追っかけるばい!目次

|

« 猛暑 炎天下、停まってしまったみどり号 | トップページ | 東京発-鹿児島行きのダイヤが運行されない理由 »