« ドミノピザ250万円アルバイトに採用される人はこんな人? | トップページ | 九州新幹線の歴史 »

2010年11月11日 (木)

猛暑 炎天下、停まってしまったみどり号

14:40
特急みどり号は鳥栖-博多間で停まってしまった。

「ただいま、信号機の安全確認を行っています」
車内放送がはいる。

14:42
天井の電気と空調が復旧した。恐らく、非常用電源で稼働するように設計されているのだろう。
こまめに車内放送が流れて、情報がもたらされる。
「安全確認の最終チェックをおこなっています」
「前方の列車、当列車、すべての列車が止まっています。ただいま調査中です」

14:49
「まもなく復旧作業が完了します」
車内に安堵の空気が流れ・・(たような気がした)
10分ほどの遅延ならばご愛敬の範囲内。なにも問題ない。
だが、その10分後、状況は逆転する。

15:00
「再度トラブルが発生した模様です」
情報が錯綜しているようだ。
今この周辺にいる列車がすべて止まっていること。電池が切れたような止まり方からして、電気的なトラブルであることは容易に想像できる。

15:04
「まもなく運転再開の模様です」
と放送がはいったかと思うと、間もなく電車がゆっさりと動き始めた。
およそ25分の遅延。
自分は飛行機の出発時刻にまだゆとりがあるが、タイトな乗り継ぎを予定していた人にはぎりぎりの線だ。

それについて、放送がはいる。
「新幹線の指定席をお持ちの方は、駅で係員にお申し出ください」
お盆ウィークの新幹線は、ほぼ満席で走る。
指定席をもっている便を逃せば、次の列車で立って行かなければならない。
相談された係員はどのような対応をするのだろう。
いずれにせよ、何らかの面倒を見てもらえるのはJRだけ。
これから飛行機に乗り継ごうとしている乗客には、なんの手当もない。

15:05
走り出して、わずか1分。
車窓の景色がほとんど変わらぬうちに、みどり号は再び止まる。
「信号トラブルのため、停車しております」

信号トラブルという説明は疑わしいな。
根本的な原因は別にあるはずだ。
百歩譲って放送が事実を伝えているとするならば "まだ再スタートすべきではないのに、信号が青になってしまった" ということであり、それはそれで気味が悪い。
後ろからずどーんと後続の列車につっこまれるシーンを想像して、思わず身を固くした。

列車は再び走り出したが、すぐにまた止まる。

15:09
「信号停車です」
今度止まったのは駅のホーム。駅名を示す看板にはひらがなで「はるだ」と書いてある。家に着いてからネットで引くと、
筑紫野市の原田駅はるだえき)鹿児島本線と筑豊本線の接続駅とあった。
ホームで若者が一人メールを打っている。
前に座っていた客がトイレに立つ。
それを見ると急に尿意を感じた。
もしかして、長丁場になるのか?
水分の温存と、尿意を押さえるために、お茶を飲むのを控える。

15:14
再び、走り始める。
この時点で遅延は30分を超えている。
もう停まらないで!
エアチケットがパーになった時、JRは補償してくれるのだろうか?

15:19
「二日市」に到着。
赤ん坊が泣いている。

15:26
二日市を出た後も「みどり号」は断続的に停車する
周辺の列車が恐る恐る動き出している。
下りの「ゆふいん号」とすれ違う。いつもより緑色の車体が長く見えた。

15:27
「信号停車です」
これ以上止まらないでくれ。電車の神様に祈っている。

つづいて「46分遅れで博多に到着します」

15:39
博多着
定刻ならば105分で着くところを151分かかった。43.8%オーバーである。
以前、新幹線の特急料金を払い戻してもらったことがあるが、どれくらい遅延したら特急料金を払い戻してもらえるのかわからない。これも、ネットで引くと「2時間遅れたら全額払い戻し」だったので、46分遅れでは1円も返ってこない。
そもそも、飛行機の時間が迫っており、払い戻しの列に並んでいる時間はない。

15:50
博多駅発

16:00
スカイマークは、地下鉄の駅から一番遠い第3ターミナル。
必死に歩いて、搭乗手続き完了。
受付終了時間まで、あと15分だった。
博多駅の散策ができなかったが、空港の売店を冷やかす時間はあった。

この日の出来事は、毎日新聞が次のように伝えている。

毎日新聞
16日午後2時半ごろ、JR鹿児島線千早駅(東区)-荒尾駅(熊本県荒尾市)間で送電トラブルが発生し、約1時間列車がストップした。
中略
JR九州は「変電所の変圧の異常で電気の供給ができなくなったため」としており、詳しく調査する。

旅は「準備」「実行」「回想」で三度楽しい。
6月10日に思いついた「全部の旅」で5ヶ月間楽しんだ。
書いてばかりで読んでいないので、これからじっくり読み返そうと思う。

「新幹線・全部乗る旅」 旅日記を読んでいただき、ありがとうございました。
目次ページはこちらです。
100系 300系 500系 700系 レールスター N700系に一日ですべて乗る品川-博多の旅日記


|

« ドミノピザ250万円アルバイトに採用される人はこんな人? | トップページ | 九州新幹線の歴史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドミノピザ250万円アルバイトに採用される人はこんな人? | トップページ | 九州新幹線の歴史 »