« モノを買う手順 | トップページ | 王道を往く耳鼻科とジェネリック医薬品 »

2010年12月23日 (木)

きーん →耳鳴り →耳鼻科

きーん

アラレちゃんではない。
高いところに上って耳抜きができない時みたいに、耳がきーんと鳴っている。
ほぼ日手帳の記録を見ると、始まったのは14日前だ。

はじめは風邪かなと思っていた。
だが、いっこうに風邪はひかない。

なんだろう??
重い腰を上げてではなく、重い指の封印を解いてネットでしらべる。
「耳鳴り」というらしい。
耳鳴りという言葉は聞いたことがあるが、耳が「がんがん」と鳴るものだと思っていた。
きーんのことだとは知らなかった。

ネットには無数の医療情報がある。
「インターネットに書いてあることは、全部本当とは限らないから、自分で真偽を判断する力、情報を取捨選択する力が必要だよ」
学校の先生や評論家、エッセイスト
多くの人が語り尽くしてきた「ネットのホントと嘘」
そのテーマを最も突きつけられるのが「病気」の対処方法だ。

数ある情報の中から
「できるだけ早く耳鼻科にかかった方がよい」
を採用。仕事を早く終えて、耳鼻科に行くことにする。

きーん
 ↓
耳鳴り
 ↓
耳鼻科

インターネットがなければ、この関係を知ることはもっと多くの労力を要しただろう。
ありがとうインターネット。

耳鼻科行きを決めたら、安心して耳鳴りが治まった。
などということはなく、さらに耳鳴りがひどくなった。
仕事に集中できない。
ここで、パブロンを飲めば神経が麻痺して音は治まるのだろう。
だが、病院の問診票にある「今なにか薬を飲んでいますか?」を思い出して我慢する。

帰宅して保険証を持ち、以前に
「耳に水が入った時」

に行った耳鼻科へ。
こぎれいで好感の持てる病院だが、お客は少なかったので時間つぶしの本も持たずに。

病院の前でちょうど今、耳鼻科を終えて子どもをチャリの荷台に載せた親子と入れ違う。

きっと、最後の客が引けて、あぁぁ今日もヒマだな。この先やっていけるのかなと店主 じゃなくて医者が
嘆いているだろうから、ボクが行って喜ばせてあげよう。
と思い、自動ドアのボタンを押したら

待合室に30人くらいの親子
合わせて60の瞳が一斉にボクを見た。

わっ

思わず本当に言ってしまった。

「1時間40分待ちくらいですけど・・」
と受付嬢。

え゛じゃやめときます。
ところで、なんでこんな多いんですか?
風邪?

「それもありますけど、予防接種が・・」

そうか、世間では耳鼻科も予防接種で稼いでいたのか。
知らなかった。

かくして、今時の予防接種はせず、耳鼻科にかかりたい患者のために、王道だけを進む耳鼻科探しが始まるのであった。

つづく

|

« モノを買う手順 | トップページ | 王道を往く耳鼻科とジェネリック医薬品 »