« Nike iDでオリジナルのナイキフリーを作った | トップページ | エリート川内優輝が、エリートランナーに勝った日 »

2011年3月 3日 (木)

淡々と柴又を歩く

散歩仲間が揃ったところで、憧れの町 柴又に繰り出します。

T1

帝釈天につながる参道の左右が商店街。その入口には駄菓子屋さん。

T2

観光地お約束 顔出しボード!もちろんこの後、代わりばんこに顔を入れて撮りました。できれば寅とさくらの2ショットボードが欲しいところです。

T3

土曜日のお昼前。この日は寅さん記念館が休館だったにもかかわらず、これだけの人出で賑わっています。

T5

高木屋は寅さんの実家「とらや」のモデルになった 老舗の団子屋さん。

T6

草団子にあんこ、この組合せは団子界最強です。ナチュロでもいくつか種類がある中から、やはりこれを選んでしまう。

T7

ほんの少し歩くとすぐ。見えてくるのは寅さんが産湯を使ったと口上をのべる帝釈天。

T8

東京のあちこちにある寺のなかでも、このくたびれ感は格別。しかし、帝釈天にはやはり源ちゃんがいないと、なにか物足りない。

T9

訪れた日は紅葉の終わりがけ。晴れ男と女が揃ったせいか、絶好の日本晴れ。

T10

いつも、寅さんが旅から帰ってくるシーンは、この江戸川の河川敷。川を渡ると向こうは千葉県。

寅さん記念館には振られたものの、僕らは柴又でおいしいそばを食べ、そばアレルギーの僕は仲間が買ってきてくれたシュークリームをたらふく、たいらげて。

バスで押上へ移動して、この時はまだ、かわいらしさが残るツリーを愛でて、夕暮れの駅で解散したのでした。

T11


|

« Nike iDでオリジナルのナイキフリーを作った | トップページ | エリート川内優輝が、エリートランナーに勝った日 »