« 元春30周年ファイナル 「見る元春」 「聴く元春」 | トップページ | 佐野元春 30周年ファイナル 元春ホームパーティの誇り »

2011年6月24日 (金)

mixiプレミアムのメリットと退会について

mixiがつまらなくなった
あなたのマイミクさんもそう言っているだろう。

 2011年6月13日、リアルタイムの足あと表示がなくなり、前週分の「先週の訪問者」に移行。
一週間で名前が羅列されるだけで、時間軸がなくなった。

 日記を書いた後、誰が読みに来てくれたかな?と見る楽しみがなくなった。
とても、がっかりな仕様変更だが、無料で使っている分には文句も言えないか・・・というところだ。

 だが、有料会員は違う。
mixiプレミアムは、300円を払って享受する ミクシィの特典。
果たして、毎月300円、1年で3,600円の出費に見合うかを考えた。

 

2011年6月現在の「mixiプレミアム」特典は以下の通り

 ■日記検索
 自分の日記が、キーワードで検索できる。

■メッセージ検索
 送受信したメッセージが、キーワードで検索できる。

■画像動画容量 1000MB

■日記容量 1000MB

■日記装飾
 ただし、IE7以降のブラウザーでは正常に動作しないことがある。

■アンケート作成
 コミュニティでアンケートを作ることができる。自分のホームでアンケートを作れるわけではない。

■任意の文字を指定したOpenID
 数字ID→任意の文字に変更できる。

 

現在、mixiプレミアムにお金を払っている人の中には
「メッセージが60日で消されるのは嫌だから」
という理由で、止められない人がいるだろう。

だが、これは当初の特典。
2008年11月1日、この特典は全ユーザーに開放されており、現在は無料会員でもメッセージ保存期限は無期限である。

そうすると現在、300円を払うメリットは日記とメッセージを全文検索できることくらいだ。検索のために年間3,600円を払いつづけることが妥当だろうか。
日記やメッセージの検索を毎日する人がいるとは思えない。
使うとしても数ヶ月に一回ではないか。
それならば、使いたくなった時にもう一度mixiプレミアム会員に変更すればよい。

 

つづいて、mixiプレミアムを外す方法を整理する。

1,ホーム メニューバーの[設定変更]
2,パスワードを入力して[ログイン]
3,mixi有料サービス クリック
4,mixiプレミアム右の[詳細]
5,ステータス欄 解約する クリック
6,解約理由を記入(任意)
7,[確認]クリック

月の途中で解約しても、手続きは月末処理なので、mixiプレミアムは月末まで使える。
忘れないうちに、今すぐ手続きをしておけば、月末には解約されて、翌月から課金は発生しない。

6,の解約理由欄は必須項目ではないが、mixi発展のために是非とも書いてあげたい。

 

 →2012年12月 mixiプレミアムに315円を払う価値があるかを再検証した。

 →ミクシィの歴史

|

« 元春30周年ファイナル 「見る元春」 「聴く元春」 | トップページ | 佐野元春 30周年ファイナル 元春ホームパーティの誇り »