« 長崎国際マラソンinハウステンボス佐世保 正式発表! | トップページ | チーズ星人 地球侵攻作戦! »

2011年8月10日 (水)

ローマ字入力が、何もしていないのに、突然、カナ入力に替わってしまった時は

ある日、パソコンのキーが言うことを聞かなくなった。

ローマ字変換なので、キーボードの[A]を押下すると「あ」が出るはずなのに「ち」が表示される。
なぜだ!

ちちちちちちち

チーズ星人かっ

こういう時は、しらべるを見るのが早い。
50音「ろ」をクリック>ローマ字入力⇔カナ入力 切替方法

毎日のことならば、この指が覚えている。
だが、ちょっとしたトラブルは間を空けて起こるので、前回どのように対処したかを覚えていない。
パソコンを使っていると、そのようなことは日常茶飯事。
困った時に頼る備忘録を引く手順を決めておくとよい。

ローマ字入力⇔カナ入力の切り替えに慣れているのは"カナ入力"の人。
会社の共用パソコンや、図書館などの公共の場に置いてあるパソコンでは、誰かがカナ変換に切り替えてしまうと"ローマ字入力の人"は考え込んでしまう。
切り換え方法をテプラか、小さい紙に書き、キーボードまたはディスプレイのそばに貼っておくとよい。

さて[Ctrl]キーを先に押しながら [Caps Lock]キーを押下
よし、これでオーケー。

ちちちちちちち

チーズ星人かっ!

言ってる場合ではない。

このキー操作で直らない場合は、言語の設定を確認するとよい。

スタート>コントロールパネル
>時計、言語、および地域の設定
>地域と言語のオプション
>キーボードと言語タブ
>[キーボードの変更]クリック

インストールされているサービス欄で"言語"を選択
ATOKならば"ATOK****"をクリック ****はバージョン
[プロパティ]をクリック
入力欄の方法が"ローマ字入力"にチェックが入っているかを確認
*WindowsVISTA HOME PREMIUMで検証

ここが替わっていると、[Ctrl]キーを先に押しながら [Caps Lock]キー押下では直せないことがある。

さぁ、これでどうだ!

ああああああ

すると、あいつが現れた。

Ch1

つづく

|

« 長崎国際マラソンinハウステンボス佐世保 正式発表! | トップページ | チーズ星人 地球侵攻作戦! »

パソコン」カテゴリの記事