« 焼そば弁当6 | トップページ | 日本人唯一 ナイキのシグネチャーモデル »

2011年8月19日 (金)

焼そば弁当7

炭水化物多めのカップ焼そばは、1食で600kcalを超えるものが多い。
そろそろこの企画も終わりにして、カーボローディング時の限定にしようか・・・
ここらで、そんな気持ちをぶっ飛ばす、新作を期待したいところだ。

 

 

●汁なし黒胡麻担担麺 黒そば 4点

 

色が焦げ茶色。イカスミのように黒いわけではない。
見た目の色に恐れをなして運んだ一口めが辛い。
これを最後まで食べきれるだろうかと不安になったが、すぐに慣れた。
慣れると粉っぽいだけの焼そば。
にんにくの風味が強く後味に残る。
2011年7月

 

 

●日清 どん兵衛焼きうどんお好みソース味 4点

 

和風仕立てのソースがおいしくない。
麺が太いので、ほうとうを食べているような麺の圧力を感じる。
2008年夏に出た「どん兵衛だし焼うどん旨みソース仕立て」は、甘いソースが美味かったが、この夏のどん兵衛は期待が外れた。
2011年7月

 

 

●サッポロ一番 B級グルメ団 上州太田焼そば 4点

 

あとのせかやくでポテトを入れた焼きそばは初めて。
ただそれが成功しているとは言えない。
あとのせかやくの刻みショウガは味を引き立てていた。
2010年8月

 

 

●日清 オホーツク北見塩やきそば 3点

 

北海道北見市の名物を再現・・といっても、元の味がわからないので、この企画が成功しているかはわからない。ホタテの味がする薄味という以外、特別な感想をもつことが難しい。
2010年9月

 

 

●マルちゃん ごつ盛りソース焼そば 3点

 

麺130g 量は多いが、それ以外に長所はない。
2010年8月

 

 

●エースコック沖縄バーベキュー味 3点

 

沖縄バーベキューを食べたことがないので、これがどういう味なのかがよくわからなかった。
2010年7月

 

 

●ペヤング HOTスパイシーサラミ風味やきそば 2点

 

食べ始めて「あれ、これ何の味だったっけ」とふと考え、あぁサラミ味だったなと思い出しても、1分後には「あれ、何の味だったっけ?」と同じ疑問がよみがえる。
それくらい味の印象が薄い。そして喉ごしがいやな辛さだ。
2010年7月

 

 

そして最後は、マルちゃんが年4回年発売している季節シリーズ「四季物語」

 

●マルちゃん 四季物語 秋のときめき焼そば 6点

 

味付鮭ほぐし身、紅葉を模したかまぼこという視覚に走ったやきそば。
味は他のどこかの商品に似ている中華の味。
2010年9月

 

●マルちゃん 四季物語 冬のときめき焼そば 4点

 

味は他のシーズンと同じ薄口の中華味。
2010年11月

 

●マルちゃん 四季物語 春のときめき焼そば 6点

 

具材の主役はタケノコ。
味は他のシーズンと同じ。
めん100g 549kcal
2011年3月

 

●マルちゃん四季物語夏限定焼そば 5点

 

この夏も昨年同様の水色パッケージ。
去年夏と同様にあっさり味で品よくまとまったが、特筆する美味さとまではいかない。
2011年5月

 

季節シリーズ化しているのは「四季物語」だけ。
パッケージの色を"焼きそばらしくない色"にして、消費者の目を惹いているがそれだけにとどまっている。
季節定番という発想がいいだけに、味にもさらなる工夫を期待したい。

 

凡例
●メーカー 商品名 10点満点で採点

|

« 焼そば弁当6 | トップページ | 日本人唯一 ナイキのシグネチャーモデル »