« こだま 録り鉄の旅 始まる | トップページ | 新横浜駅 のぞみ B、C列の落胆 »

2011年9月19日 (月)

カップヌードルプラ容器 2008年ものを2011年に食べてみた。

2011年9月18日
カップヌードルは発売から40年を迎えた。

2010年、39周年の時もそうだったが、40周年も記念パッケージが売られている。
いずれも日清からの仕切りが低いのだろう。
スーパーでは、標準価格よりも安く売られている。
コンビニでは見かけなかった。

Cup40

パッケージには9月17日、横浜みなとみらいにオープンしたカップヌードルミュージアム(安藤百福発明記念館)があしらわれている。

安藤百福発明記念館は、作る・遊ぶ・食べるを体験する日清食品の博物館。
内容は大阪府池田市にある体験型の食育施設「インスタントラーメン発明記念館」(1999年オープン)とほぼ同じである。

カップヌードルが今の紙容器に変わったのは2008年だった。

紙容器カップヌードルの食べ比べ


当時、プラ容器のカップヌードルを3個買い、食べ比べに1個使った。
ということはあと2つ残っている。

ということで、それは非常食ストック袋の底から出てきた。

0813

カップヌードルプラ容器
賞味期限 2008.8.13
すでに賞味期限から3年の月日が流れている。

Bottom

紙容器ではインクがのりやすくなったのか、賞味期限は本体底に印字してある。

Ps

カップヌードルは麺を中空に保つ"中間保持"のため、麺の圧力で容器の中ほどが膨らんでいる。
「賞味期限なんて目安だから、食べたって平気だよ」
と言う人は多いが、これにはさすがに二の足を踏むだろう。
だが、それを試して書くことにした。

Before

ふたを開けると心なしかエビに元気がない気がするが、気のせいかも知れない。
最初は賞味期限前の現行品「40周年記念パッケージ」と食べ比べようと思っていた。
恐らく"2008年もの"は、一口食べたところで断念→廃棄になると予想していたのである。

ところが、一見して"2008年もの"は十分食べられそうに見える。
いくらカロリー低めのカップヌードルとはいえ、一度に2個は多い。
そこでまず"2008年もの"だけを作った。

After

蓋を開けてすぐ、香りがいつもと違う。
やっぱりやばいのか。
一口食べる。
麺の風味が悪い。
油が酸化しているのだろう。
エビと肉は味が抜けている。
玉子は違和感がない。
麺は全部食べたが、最後まで風味の悪さが口に残る。
汁はいつもと同様、飲まずに捨てた。

それから半日、ずっと喉の奥に風味の悪さが残っている。
だが、それも翌日には消えていた。
そして一週間が過ぎたが、体に変調はない。

プラ容器最後の一個は"飾る"コレクター品として、残しておくことにした。

|

« こだま 録り鉄の旅 始まる | トップページ | 新横浜駅 のぞみ B、C列の落胆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こだま 録り鉄の旅 始まる | トップページ | 新横浜駅 のぞみ B、C列の落胆 »