« 伝統の「銀ブラ」コースを歩く 慶應の裏門とは? | トップページ | 第二部 銀ぶら »

2011年9月 7日 (水)

カフェーパウリスタまで、3.5km

伝統の銀ブラは、慶應の裏門を出てから30分、国道15号線を北に向かっている。
STARTSは主に不動産業を営む、東京都中央区の会社。
東京マラソンのスポンサーであり、年に一度レースの日は一気に名前が売れる。

Staarts

金杉橋は海から400mほどの場所にかかる橋。
川には屋形船が係留されている。
川の上には首都高都心環状線が走っており、川面が暗い。

Kanasugi

ここから、およそ20分は、特にツッコミどころもなく、ひたすら15号線を銀座に向かって歩く。

山手線・新幹線のガードが近づいてくるともうすぐ銀座。
右手にはJR操車場跡にできた汐留のビル街。
その手前に日比谷神社。
あれ?ここって日比谷だっけ?
日比谷公園からは800mほど離れている。
建物が新しく、周りの風景に馴染んでいない。

どうやら移設されたらしく、その経緯が「散歩の達人 新橋 有楽町」2010年12月号 に書いてあったと、その日のうちに報告があった。

Hibiya ビルに沈む神社

ゆりかもめの始発「新橋」駅をくぐると、銀座はすぐそこ。
ここからは同じ15号線が、中央通りと名前が変わる。
巨人の優勝パレード、東京マラソンのコースに使われ、休日には歩行者天国となる銀座の目抜き通りである。

Hyoshiki

第一部・伝統の「銀ブラ」の目的地であるカフェーパウリスタは、銀座にはいってすぐ銀座八丁目にある。ここで店が見つからず、皆が携帯サイトやGPSを駆使して店を探す。7分迷った後、お店が見つかった。

ここまで 1時間17分 手元のGPSによると 歩行距離は 3.57kmだった。

Pau

カフェパウリスタが入っているのは「長崎センタービル」
長崎新聞の出先などが入っている雑居ビル。
1階には長崎・卓袱料理の老舗「吉宗」よっそうが入っている。

Yosso

カフェーパウリスタの店内は広く、コーヒーは美味しかった。
僕らは20分かけて、お目当てのブラジル珈琲を片手に、第二部「銀ぶら」の計画を練った。

Coffee

つづく

|

« 伝統の「銀ブラ」コースを歩く 慶應の裏門とは? | トップページ | 第二部 銀ぶら »

コメント

ども!
銀ブラ(第1部=前半)のいちばんの見どころは、慶応義塾裏門から芝公園の弁天池へ!(藤の季節はとくにオススメ) そこから増上寺境内へ進入して、三門から大門方面へ抜けていく正規ルートも、次回ぜひ!かつて文人達は、銀座をめざすそのルートを辿りながら文学談義などに花を咲かせたようです。

投稿: 語源ハンターわぐりたかし | 2011年9月 7日 (水) 08時09分

確かに今思うと「銀ブラ」コースへのこだわりゼロでしたね^^;)
お昼の献立のことで頭がいっぱいだったもので・・

投稿: moto | 2011年9月 7日 (水) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伝統の「銀ブラ」コースを歩く 慶應の裏門とは? | トップページ | 第二部 銀ぶら »