« 下りA席 本日のメインイベント 「左富士」 | トップページ | 歴史に学び、高台に立つ工場、風力発電の風車 »

2011年9月29日 (木)

富士山空港の下を抜けると、浜岡から最も近い線路

8:14
ようやくコーヒーに口を付けると同時にトンネルに入る。
この真上に富士山静岡空港がある。

富士山静岡空港は2009年6月に開港した静岡県初の空港。
開港前に、立木の伐採騒ぎがあったことで知られている。
空港近隣の立木が高さ制限を超えていたため、一旦滑走路は短縮。開港も延期されていた。
しかし、県知事が辞職することを条件として立木は伐採された。
2009年3月に県知事が辞任。
6月に2,200m滑走路で開港。
8月には2,500m滑走路となり、ジャンボ機の離発着が可能になった。
だが、2011年3月には小松便が廃便になるなど、活況は呈していない。

静岡県には東海道新幹線の駅が「熱海」「三島」「新富士」「静岡」「掛川」「浜松」と5つあり日本一多い。
そして、静岡県は空港利用者を増やすため、さらに富士山静岡空港のそばに6つめの駅を要求している。
新幹線が通っていながら、駅が一つもない茨城県とはえらい違いだ。

8:16
新横浜から47分。
空港の下を通り過ぎてから7km。
菊川市あたりが最も浜岡砂丘から近い。その距離は直線で18km。

海側にはYAMAHAリゾート「つま恋」がある。
ここは、4月の「掛川新茶マラソン」のスタート/ゴール地点として使われている。
掛川の茶畑をフレームに収めたところ、偶然に撮れていた。

818_tsumagoi

8:18
「掛川」通過
いつか、掛川新茶マラソンを走りに来た時、この駅のお世話になることだろう。
と思っていたら、となりの兄ちゃんが僕の肩により掛かってきた。
男だろうが女だろうが、見知らぬ人の枕代わりになるのは、あまり嬉しくはない。
すみません・・・
と言おうか、迷っているうちに、だんだんと兄ちゃんの剛毛の頭が僕の肩にめりこんでくる。

8:23
天竜川通過
このあたりでトンネル責めが終わり、ようやく視界が開けてきた。
ということは、このあたりも海が近いと言うことだ。

824_coffee 赤いのが「旅のしおり」

8:25
「浜松」通過

8:28
兄ちゃんが気づいて頭を離す。
すみません・・
の一言はない。
すぐに反対側に寄りかかって寝た。
親の顔が見たい、と言いたいところだが、そのとなりC席に座っているのが父親のようだ。
彼が立派な躾をしたのだろう。

こだま のぞみ ひかり みずほ さくら つばめに一日ですべて乗る品川-新鳥栖の旅

|

« 下りA席 本日のメインイベント 「左富士」 | トップページ | 歴史に学び、高台に立つ工場、風力発電の風車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 下りA席 本日のメインイベント 「左富士」 | トップページ | 歴史に学び、高台に立つ工場、風力発電の風車 »