« マットアロー1号発進! | トップページ | 光前頭が光る!長さ56cm 巨大な「大人の超合金 新幹線0系」 »

2011年10月17日 (月)

0系の団子鼻 その名は光前頭

メインフロアに入ると新幹線が待っていた。

ここだ。
写真で紹介されていたのは。

1008_1st

300系、100系、0系
オリジナルペイントの車両が並ぶ。
ありとあらゆる角度から撮っておかなければと気がはやる。
入場口が行列していた割には、さほど人は多くない。

1010_1f

在来線の名車も並んでいるが、こちらには興味はない。
僕は新幹線限定鉄道ファン、新鉄なのだ。

1013_zairai

N700系シミュレーターの抽選結果が出るまでまだ少し間があるので、1つ上のフロアへ上がってみる。

1015_2f

おぉ、新幹線入れ食い!
ここは撮りやすいじゃないか。
300系が2本あるのは、いずれ引退してきた700系を置くためのスペース確保だろうか。

1017_2f

ほとんど誰もいないので、撮影ポジション選び放題。
フローリングの床に0系が映えている。
ここに住みたい。

1021_dy0

やや、あれに見える黄色いやつ
0系ドクターイエローではないか。
そうか、キミもここにいたのか。
よし、今すぐ行くからね。

独り言が増えて、だんだん、思考回路がおかしくなってきている。

1021_isu 休憩の椅子

0系展示コーナーも人影はまばら。
0系の愛くるしさの象徴である「団子鼻」
後で思いがけずしらべる機会があり、コレは光前頭という名前であることがわかった。

1024_sento

試作車では標識灯の燈火とは別に、先頭がほのかに光る仕様だったが、本番車両では電灯は外された。

1024_sisaku

「開業20年」「JR誕生」「さよなら運転」などの折りには、期間限定で光前頭に文字が描かれた。
光前頭は蓋になっていて、その内部には連結器が上方に折り畳まれる形で格納されている。

1025_0model

0系新幹線の模型
両手で抱えるほどの大きさ。

そういえば、子どもの頃ブリキのおもちゃの新幹線を持っていた。当時まだ「0系」という言葉はなく、「ひかり号」「とうちょっきゅう」(超特急の言い間違い)と呼んでいた。あれよりも、さらに一回り大きい。
穴が開くほど見てももらえるわけではないので、写真を1枚撮ってすぐにその場を去った。

まさか、これが後日発売されるとは思いも寄らなかった。


こだま のぞみ ひかり みずほ さくら つばめに一日ですべて乗る品川-新鳥栖の旅


|

« マットアロー1号発進! | トップページ | 光前頭が光る!長さ56cm 巨大な「大人の超合金 新幹線0系」 »