« 「ダイヤモンドダスト」南木佳士 の意外な展開 | トップページ | さださんへのはがき #3 »

2012年1月 2日 (月)

5分でわかる箱根駅伝のルール

※2019年大会ルール確認済

箱根駅伝は 1月2日(往路)1月3日(復路)に開催される。
日本テレビ系列が全国放送するので全国的な大会のようであるが、関東地区の大学だけが参加する駅伝である。
正式名称は「東京箱根間往復大学駅伝競走」
特に大会出場枠を示す「日本」や「関東」といった言葉は入っていない。

箱根駅伝におけるヴェイパーフライ 4%フライニットとその販売計画(2019/1/3)


箱根駅伝のルール

■区間:往路5区 復路5区 合計10区
■往復共に同じコース
■中継所:往路・復路ともに 鶴見、戸塚、平塚、小田原 の4カ所

■1~10区はすべて違う選手が走る
■メンバーは事前提出。ただし、補欠との交替が認められている

 有力選手をどの区間に走らせるかが駆け引きのポイント
 有力選手を補欠で登録しておいて、当日交替させることで手の内を明かさない大学がある

■争う優勝は3つ
「往路」「復路」「総合」

●1月2日の往路では「往路優勝」が決まる
往路で途中棄権したチームは、復路はオープン参加(優勝争いとは無関係)

【往路】

●「繰り上げスタート」
往路中継所では、トップ通過から10分(小田原の中継所は15分)を過ぎると号砲が打たれ、前区間選手の到着を待たずに、次の選手が繰り上げスタートを切る。
そのチームは棄権扱いとなるが、オープン参加で引きつづき走ることができる。

●1区では給水できない

3分でわかる箱根駅伝往路(詳細)

【復路】

●1月3日の復路は、往路ゴールタイムで生じた時間差による順次スタート

●往路ゴールタイム差がトップと10分以上あるチームは、一斉スタート。実際のタイム差との差分は、ゴール後、計算して加算される

●復路中継所では、トップ通過から20分を過ぎると号砲が打たれ、前区間選手の到着を待たずに、次の選手が繰り上げスタートを切る。そのチームは棄権扱いとなるが、オープン参加で引きつづき走ることができる

●大手町で復路のトップ選手がゴールした時点で即決するのは「総合優勝」
「復路」優勝は、全チームがゴールした後、一斉スタートの誤差を算出して判明する

3分でわかる箱根駅伝・復路(詳細)

 

●完全優勝
①全区間区間賞の優勝
②全区間トップ中継優勝
①②のいずれかを指す
①はまだ1度もない

箱根駅伝用語(50音順)

●10位以内のチームに、翌年の出場シード権が与えられる。
シード権を獲得すれば、10月に行われる「予選会」に出なくて済むので、本選に照準を絞った調整ができる。

総合優勝争いが一段落した後"シード権争い"という2つめの山場がある。

●シード権争いの後方、3つめの山場は"たすきがつながるか?"
中継ポイントにおける、たすきリレーの時間制限は、1位のチームがリレーしてから20分以内。

20分を過ぎると号砲が打たれ、前区間選手の到着を待たずに、次の選手が繰り上げスタートを切る。
そのチームは棄権扱いとなるが、ゴールまで走ることはできる。

●6区は給水できない


かつて1区、10区にあった蒲田踏切は渋滞対策のため高架化されて、2012年度中に廃止。
箱根駅伝の選手が蒲田踏切を渡る姿は、2012年の第88回大会で見納めとなった。


5時間で走る!マラソン講座
ホームページ連続更新 日本一「しらべる」
ブログ連載 日本一「しらべるが行く」

しらべる箱根駅伝記事
箱根駅伝用語箱根駅伝ミュージアム箱根駅伝 蒲田踏切箱根駅伝予選会箱根駅伝で履くヴェイパーフライ 4%快走つづく

★このページがお役に立ちましたら、ぜひ、リツイートをお願いします!

|

« 「ダイヤモンドダスト」南木佳士 の意外な展開 | トップページ | さださんへのはがき #3 »

スポーツ」カテゴリの記事