« 岐路に立つ地獄から天国をみた投手 | トップページ | 全国のバカ上司に悩む皆さんへ! »

2012年1月14日 (土)

新鳥栖駅でトッスィを探せ!

10ヶ月前視察に来た新鳥栖駅。今日はようやく駅内をチェックできる。

まずは島式2面4線のホームをチェック。望遠レンズをもってきていないので、X字のシーサスをとらえることはできない。

2305

九州新幹線の開業日、2011年3月12日開業。
九州新幹線、JR在来線長崎本線の駅「新鳥栖」が併設されている。
在来線「鳥栖」駅は、去年歩いたところ40分かかった。
所在地:佐賀県鳥栖市原古賀町

駅舎は鳥の羽をモチーフにした美しいデザイン。
2011年には、第11回ブルネイ賞駅舎部門を受賞した。

2307

同じ立ち位置で、カメラを右に45度振ったところに、在来線JR「新鳥栖」駅がある。

2308

再び構内に戻り、お目当てのアレを探すのだが、なかなか見つからない。
在来線のほうへ歩き出したところで、それは見つかった。

2311

拡大してみよう

2312

これが、新鳥栖駅PRキャラクター「トッスィ」だ。「スィ」には長崎線との乗り換えで西九州の玄関口となる便利さや、全国各地にスイスイ移動できる意味を込めている。

佐賀県庁内にある「新幹線さが未来づくり協議会」へ申請すれば、版権使用は無料とのことだが、これまでに関連グッズの話を目にしていない。熊本駅の「くまモン」は、ゆるキャラコンテストで優勝したというのに、トッスィは完全に出遅れてしまった。いったい、どこに原因があったのだろうか。これからの巻き返しに大いに期待したい。

駐車場100円とあるのは、1時間ではなく1日である。
駅周辺には650台の駐車場が整備されており、カー&トレーンを実現している。

西口駅前広場駐車場
30分~1時間100円 3時間以内300円 6時間以内600円

その他4つの駐車場
1日100円 1日ごとに100円追加
ちょっとだけ離れた所に駐めれば1日100円で駐められるということ。
これならば、確かにスイスイ移動できる。

在来線のホームで「みどり」を待っていると、予想に反した姿の電車が暗闇から現れた。

こだま のぞみ ひかり みずほ さくら つばめに一日ですべて乗る品川-新鳥栖の旅

|

« 岐路に立つ地獄から天国をみた投手 | トップページ | 全国のバカ上司に悩む皆さんへ! »