« 力がない人とバカ上司 (第二話) | トップページ | バカ上司から受けたストレスを解消する方法 »

2012年1月18日 (水)

日清どん兵衛 東西仕様を食べ比べた。

関東と関西ではカップ麺の味がちがう。
ちょっと物知りのあなたならば、聞いたことがあるだろう。

以前、衆議院の委員会答弁で聞いた談によると
「三重県には東西、両方の味が売っている」
とのことだった。

東西の食文化を研究した書物でも、浜松・豊橋・三重がその境界線としてよく登場する。

「関東の汁なんて辛くて食べられないよ」
「関西の薄い汁なんて食べた気しないよ」
といった会話が、古から数多く繰り返されてきた。

そこに一石を投じるのが「どん兵衛」の東西食べ比べ販売である。

Don1

そこで、カップ麺にはうるさい一郎くんとケイコさんに来ていただき、食べ比べをした。

お湯を入れて待つこと5分。
一見しただけで、どちらが東かわかる。
それでも、一応目隠し試食ということで、一郎くんには「東」ケイコさんには「西」から食べてもらった。

Don2 どちらが東?(正解は末尾)

一郎くん「あ、両方食べるまでもないよ。こっちがうまいんじゃね?」
ケイコさん「これはこれで美味しいけど?」

そこで東西を交換

一郎くん「あぁこの味ね。確かにこういう味のもあるよね」
ケイコさん「うーん確かに美味しいけど、さっきのもいいけど」

食べてみると、確かに圧倒的に美味さの濃さが違う。
カツオ出汁の東仕様のほうが、食べた実感がある。
一方、こんぶ出汁の西仕様。西日本で育ったので、確かに昔は、これがうどんだったな~と懐かしむ味。
これにとろろ昆布が入っていたな・・

一つ言えるとすれば、いずれも美味いということだ。
東を2回に西1回というローテーションで食べたい。

どん兵衛の食べ比べは、渋谷駅山手線ホームにある店舗でできる。
お近くのスーパーで売っていない場合は、ウェブサイトの日清eめんショップで食べ比べセットが不定期で販売されている。

*正解:右が東です。
カップ麺の歴史

|

« 力がない人とバカ上司 (第二話) | トップページ | バカ上司から受けたストレスを解消する方法 »